BLOG

糸を巡る旅

Phlannèl / Wool Mohair Mockneck Sweater / 36,000+tax

まだまだ小さいブランドながらも、しっかりとその世界観に触れ、出会いを発見し、魅了されている人によって確実に広がりを見せているPhlannèl。シーズンを重ねる毎に確実に、「Phlannèlらしさ」のようなものは備わり、アイテム数の幅は広がれども薄まることのない強固なブランドの魅力を持っています。現在開催中の18AWシーズンのCollection Previewには、その豊かな素材の表情を生かした多彩なアイテムが揃います。

Phlannèl / Shetland Wool Crewneck Sweater / 21,000+tax

今シーズンよりBasic Lineに新たに加わるのは、シェットランドウールを使用したクルーネックニット。王道のニットの原産国ですが、紅葉を思わせる赤や黄色、そして日本の苔のような深みのあるグリーンなど、日本らしい色彩が揃っています。これを見たとき、なんと安定したPhlannèlの世界だろうと、心地良い安堵の気持ちを覚えました。

Phlannèl / Mohair Loop Cut Cadet Coat / 88,000+tax

尾州産のウールモヘア素材を使用したカデットコートは、その軽さに本当に驚かされるはずです。温もりのある着心地と絶妙なクールさを持つカラーとのコントラストも楽しい一品。

Phlannèl / Cashmere Wool Turtleneck Sweater / 88,000+tax
Phlannèl / Cavalry Twill Pinafore Dress / 88,000+tax

Previewでの人気が既に確実なものとなっているキャバルリーツイルシリーズも、尾州の素材を使用しています。インナーに合わせたニットは、モンゴル産の希少なホワイトカシミヤを使用することで、カシミヤ独特の生成りの色味が抑えられ、綺麗な発色を可能にします。

その他、Phlannèlの代名詞的アイテムであるインド綿由来のSuvin Cottonを使ったカットソーや、柔らかなタッチが最大の魅力であるオーストラリアのジーロンラムウールを使用したアイテムなど世界各地の厳選素材を使用した今コレクション。一通り見て、触れて、袖を通せば、糸を巡る世界旅行が実現します。(守屋)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannel Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram

こうして季節は秋になる

Le Yucca's / Ghillie Boots / 138,000+tax

風の隅に、微かな秋を見つけた昨日。まだ日中は眩しい太陽が容赦無くアスファルトを熱している8月ですが、着々と店には秋の洋服たちが届いています。そして、心待ちにしていたスペシャルオーダーシューズも無事に本日リリースとなりました。

Le Yucca's / U-tip Shoes "Tegu" Custom Order / 188,000+tax

テジューを用いた定番のU-tipは、存在感のあるレザーの風合いとアンティークのような発色に目を奪われます。テジュー独特の粒の揃った体鱗の生み出す豊かでな表情は、クロコダイルよりもふっくらと柔らかな印象を与えてくれます。ビンテージデニムに合わせて野暮ったくスタイリングしたり、スラックスと上品に合わせたりとコーディネートが楽しい一足。

Le Yucca's / Cap-toe Slipon Shoes Custom Order / 140,000+tax

一見難しそうなキャップトゥも是非足を入れてみて頂きたいです。さらりと着こなしに馴染みつつも只者ではない存在感を放ってくれる一足は、必ず履いた人を虜にするでしょう。期待を裏切ることのないとっておきのシューズを準備し、サンダルからレザーシューズに履き替えましょう。ファッションを楽しむ人の秋の正しい迎え方です。(守屋)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannel Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram

責任を果たすこと

AURALEE / SILK SATIN GEORGETTE BAND COLLAR SHIRT / 36,000+tax

気がつくと、空に大きく描かれ、どしりとその存在感を示す夏の雲のように、AURALEEの存在感も、気がついた時には想像以上の大きなものになっていました。知る人ぞ知るブランドだったように思いますが、当店でお買い上げくださるお客様も、ブランドを目当てに探しに来られる方も本当に多くいらっしゃり、驚くばかりです。

「知る人ぞ知るブランド」というのは、なぜ「知る人ぞ知る」ことになるかというと、まずは誰も持っていない、知らないという希少性。それが「知る人」に知られるためには、ブランドの広告などではなく口コミで、感度の高い人からそのまた感度の高い人へと伝染していく。故に「知る人ぞ知る」ことになるのだと解釈しています。AURALEEはその破壊的な伝染速度によって今では多くの人から支持を集めるまでになりました。

私が「知る人ぞ知る」ブランドが大衆のものへと変化してく過程であまり好まなくなるのはやはり品質のクオリティです。市場のニーズや金額面など作り手の思い以外の雑多な要素が、ものづくりのクオリティを損なっていくという悲しいストーリーは、残念ながらしばし見られるものでしょう。ですが、AURALEEの頼もしいところは、クオリティを損なわず、ブランドらしさを損なわず、より多くの人からの支持を得るブランドへと変化していること。

前回の洋服の素材の話ではないですが、洋服のみならず、食べ物も雑貨も住居でも、ものを作る作り手には、嘘偽りなくひたむきに作るもののクオリティを追求する責任があり、そして小売りには、より良いものを選ぶ審美眼を常に磨き続けて、よりクオリティーの高いものを、真摯に提供していく責任があると思います。(守屋)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannel Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram

ささいだけれど大切なこと

KIJI / KAYA / 23,000+tax

「見かけのデザイン在りきの洋服が散見される中、我々は素材に拘りがないものには納得が出来ない」。先日同行した買い付け先で交わされた何気ない会話の端っこに、忘れてはいけないことが添えられていました。気の利いた喫茶店で頼むコーヒーに添えられるお茶菓子のような、ささいだけれど欠かせない大切なものです。

今週発売になったKIJIの新デニム「KAYA」。以前からの定番モデルも同時入荷しておりますが、驚くべきはやはりその素材感の変わりようではないでしょうか。以前の素材でも、ヴィンテージデニムさながらのタテ落ちを楽しめ、それでいて履き心地は軽やかで美しい光沢は高級感を演出してくれており、個人的にも気に入りのアイテムの一つでした。

ただ、前述の通り、素材に拘りを持つことを忘れないデザイナーの手によって、更なる進化を遂げています。一度実物を目にして頂ければ、言葉の通り「一目瞭然」にその良さがわかるはずです。そして新たに登場したモデル「KAYA」はすっきりとした美しいシルエットをもってそのデニムの素材を存分に活かしてくれています。

見る人が見なければ、その良さはわからないからこそ、多くの場合は後回しにされがちですが、言わずもがな「服」は「生地」で出来ているので、そこを拘らないなんてことがあるでしょうか。(守屋)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannel Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram