BLOG

スキップして帰ろう

40's CJF Double Jacket Dead Stock / 96,000+tax

自分がまだ高校生で、洋服の知識なんてまっさらないけれどどうにかお洒落をしたかった時代、友達を誘って必死に流行りのビンテージショップを巡ったり、そこで出会った見たこともない不思議な洋服にワクワクしたり、思わず購入したとっておきの一着を片手にほくほくと温まった心でスキップしながら帰ったりしたことがありました。

今ではなんて事のないリバースウィーブのスウェットも、M-47も501も、知らないからこそ全てが貴重な出会いの数々で、自分だけがとんでもないお宝を掘り当てた気持ちになる買い物の楽しさが存分に味わえた頃だったと思います。今ではそれなりに服を見てきて、知らないことが減っていって、それでもまだ見たことがない服があるけれど、以前ほどには毎回の買い物にお宝発掘のワクワク感を感じることがなくなりました。

30's Black Moleskin Jacket Dead Stock / 39,000+tax

だから今回は是非、そんな初々しい気持ちを思い出して一つ一つの洋服たちを見てみていただきたいと思います。定番となりつつある「ベーシックビンテージ」もありますが、これまで見たこともなかったようなお宝も沢山入荷していますのでこれまでとは全く趣の異なる品揃えです。だからこそ普段とは少し違った買い物の楽しさを感じていただきたいのです。

80's - 90's French Breton Shirt / 11,000+tax

オンラインでも展開していますので、画面を見ながら一つ一つ吟味して探し当てていただくのもいいですが、お近くの方は是非お店に足をお運びいただいて、ラックにかかって自分のオーディションの順番を大人しく待っている洋服を一つ一つ手で触れてやり過ごしながら、次に自分の前にやってくるものとの出会いに少しドキドキしてみて下さい。

そして自分が探していたビンテージだったり、とにかく今価値があるだけの貴重な一着を掘り当てるのではなくて、「見たこともなかった、あるいは欲しいとなんて思ってもみなかったけど私だけが今見つけてしまった掘り出し物」を探し当てて下さい。最近味わった事のなかった満足感と、思わずスキップしたくなるウキウキした気持ちを合わせてお持ち帰り下さい。(守屋)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannel Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram

人間らしいでこぼことした何かを感じたら

MARIA RUDMAN / SAMI M'6 , SAMI NM , SAMI M'2 , SAMI M'1 / 68,000+tax

言葉少なな人物の饒舌な表情であるとか、自己発信を積極的に行わない静かな生活を尊重する人物の持つ唯一無二の豊かな知恵やセンスやオーラが、多くを語り多くを表現する人の「言葉」や「文字」以上に、ありありとその人らしさを主張し多くの人々を翻弄するということは決して珍しくないかと思います。

決して、積極的な表現をする人物を非難する訳ではなく、そういったポジティブな性質を持つ人々がメジャーな人々に及ぼす影響は特に情報社会の昨今ではいつどんな場面でも重要視される「他者の意見」の一つであるとも感じています。ただ私にとって、そういった性質を持たない人の根底から湧き出るピュアな感情は、前者に比べてよりリアリティのある生々しさだったりでこぼことした歪さだったり、鋭角に訴えかける熱量の高さを持っていると感じずにはいられません。

SAMI M'8 , SAMI M'7 , SAMI M'10 / 68,000+tax

そしてそのピュアな感情のもつ熱量は、それを希求していた人々の心を奪ってしまうほどの強さを持っていると思います。だからこそ私は、誰かの表情やスタイルや、誰かの手によって作られたプロダクトや作品に、人間らしいでこぼことした何かを感じた時、心にふっとろうそくの炎が灯ったような熱さを感じるのです。そして魔法にかかったように虜になり、その人の頭の中や考え方、価値観のかけらを共有出来たような気持ちになれます。

SAMI L'3 / 92,000+tax

私が世界に溢れるモノの中で出会いたいのは、ピュアな熱量を持ったモノであり、感じたいことは人間らしい「でこぼことした何か」であり、更に誰かに伝えたくなることはその「でこぼこ」の持つ魔力とそれの持つ生々しい温度であり、伝えた相手が手にして欲しいものはそこに芽生える新しい価値観です。

寡黙な人の発信する「でこぼこ」を正に感じたからこそ是非伝えたいと思ったのですが、その感情をここに「言葉」として表現することへの矛盾に疑問を抱きながらも、伝えたい温度と感情を記してみました。個人的な記録にもなりかねませんが、読んで下さった誰かが実際にアイテムに触れて、その先に新しい価値観を得て頂けたなら幸いです。(守屋)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannel Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram

欲望と理性と価値と機能

Phlannèl / UTO × Phlannèl Canvas Bag S / 16,000+tax

年齢はどう抗おうとも確実に一年毎に積み重なり、誰しもが纏っているオーラを朧げに少しずつ変化させていきます。それにより気をつけるべきは服装をはじめ身の回りの物、いわゆる自分を表現する物たちで、今までは出来ていたはずのカジュアルなお洒落を楽しむことが難しくなったり、「敢えて」持っていたキッチュなアイテムもただ単純に自分の価値を下げかねない物へと成り代わってしまったりすることでしょう。

私自身もいい大人の年齢と言えるべきか否かは自身の判断が出来かねますが、そうは言っても持つべき財布や鞄、ステーショナリー、そして洋服ももちろん変化を必要とする場面が増えました。特にバッグは、プライベートでも仕事でも大容量が嬉しいキャンバスバッグを愛用していますが、それを持って向かう場所や会う相手によってはそぐわないと感じることが本当に多く、そうは言っても大容量を叶えてくれる大人の鞄は希望に叶うものを探すのは困難を極め、結局小ぶりな「それなりの革の鞄」を持ったり別の手提げに荷物を分けたりと試行錯誤してどうにか切り抜けている苦し紛れの毎日です。

大人が持ってもいいキャンバスの鞄を手に入れるのか、キャンバスのバッグ以外の上品な鞄を持つのか、若しくは荷物をとことん減らす努力をするのか、選択を迫られてどれくらいの日々を過ごしているでしょう。そんな思いを持った方も決して少なくないと思いますが、是非一度選択肢の一つに挙げていただきたいのは「味方にしておくときっと助かる」Phlannèlの一品です。

大人たちの欲望と理性を叶えて、価値と機能を持ち合わせたその鞄は、「味方にしておくときっと助かる、けれど、敵に回すと少々厄介」な存在として、知らず知らずのうちに物語のキーパーソンになっているようなバッグだったというのが、その存在を気に留めていなかったために自分自身の盲点を突かれた私自身の感想です。(守屋)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannel Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram