BLOG

PHLANNÈL SOLという豊かな大地を

PHLANNÈL SOL / Evening Shirt / 22,000+tax

フランス語で土壌を意味するSOL。鮮やかに花が開く過程には、日光・水、そして土の存在があることを私たちは知っています。誰もが時代のスポットライトがあたる新しいものに目を奪われがちですが、そこに隠れた変わらない事象にこそ目を向け丁寧に価値を見出していきたい。Phlannèlの土壌となるような、シンプルで美しい究極の日常着を提案していきます。
(written by Phlannèl designer)

この地球に豊かな緑や食物を育み、私たち人間やいきものたちの命を形成してくれる母なる大地。その大地を守ること、正しい形で後世に残し続けることが、恩恵にあやかった我々がするべき最低限の恩返しだと思っています。

大地を豊かに永続させていくためには、自然界にないものを人間の都合で加えてはならず、例えば農薬や除草剤や、栄養剤だって本来であればいらないのでしょう。豊かな大地に余分な栄養が撒かれたなら、きっと大地は自ら栄養を作り出す力を弱めてしまうのではないでしょうか。

そしてそこに芽生えた食物や実った果実は、正しい時を待って収穫されるべきで、私たちは四季を巡る大地の席替えを潤滑に行っていく手助けをしていくべきなのです。そのための方法として出来ることは、旬のものをありがたく大地から頂戴すること、そしてその栄養を自らに蓄えて、その健康な身体で次なる大地に育まれるべき種を、責任を持って蒔くことです。

単純なこと、当たり前のこととして私たちの先祖が続けてきた慣習は、長い長い月日の中でいとも簡単に忘れ去られてしまっているように思います。けれども、長い長い月日をかけて人間の遺伝子に組み込まれた情報や先祖の経験は、ほんの0.0001%だとしても私たちの身体からは消えずに残り続けているはずなのです。そんなことを思い出させてくれるような、豊かな大地を体現したPHLANNÈL SOL。今私たち消費者は、このPHLANNÈL SOLという大地を長く育てていくために正しい消費を繰り返し、慣習として残していくべきではないでしょうか。(守屋)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannel Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram

夏の太陽を待ちわびながら

YLÈVE / CIRCULAR SKIRT / 42,000+tax

ファッションに少しでも興味のある男性なら概ねの方々には通用するであろう「ベンタイルクロス」という素材。雨風を防ぐ強靭な素材は今でもアウトドアシーンで使用されることを想定したアイテムにしばしば使用されるだけでなく、ファッションシーンにおいても実直な印象のステンカラーコートやミリタリーテイストを盛り込んだジャケットに使用されています。

そんな「ベンタイルクロス」は正直言って女性らしいアイテムに相性が良いわけでは決してなく、質実剛健な強さやメンズライクな端正な顔立ちを演出することが多いと思います。そんな素材をあえてエレガントなスカートに使うという発想が、このありそうでなかった「芯の強さを持った女性像」を作り出す要となっているかもしれません。

一見するとノーマルで特段目を引く異色さはないので、「どこにでもあるアイテム」と認識されるかもしれませんし、なおかつ「どこにでもいる普通の女性」が身に纏う姿を想起させるかもしれません。ただ一度だけ、実際に素材に手を触れてみれば、目の前にいた「どこにでもいる普通の女性」像は、しとしとと降る雨の中にぼんやりとその姿をくらまし、雨が止んだ時には初めからそこにいなかったかのように、すっかり晴れ渡った太陽の光の中に消えていることでしょう。

そう、何となくですが、私にとって「芯の強さを持った女性」像とは、湿気をもろともせずからりと空気を変えてくれる夏の太陽のようなイメージなのです。そしてそういう女性はやっぱり、男性らしいニュアンスのある洋服でも、きらきらと輝きを放ちながら素敵に着こなすのが上手だと思います。(守屋)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannel Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram

誰かにとっての定番であるために

自分の定番アイテムとして買い続けているものはありますか。

「インナーのカットソーといったらPhlannèl 」「靴下は昔からFALKE」「Levi'sのビンテージは絶対あの古着屋で探す」「お気に入りのジュエリーは全てあの人にオーダーする」など、私にとって個人的な定番は思い浮かべてみると意外とたくさんあって、それぞれに買いに出かける店は決まっています。

BLOOM&BRANCHで定番になっているformeとの別注アイテムも始まって一年が経ち、それまでに革を変えたりアイテムを変えたりの仕様変更はありましたが今やずっと続いている店の顔となるアイテムの一つです。このプロダクトが店に到着して思うことは、誰かにとっても「財布ならforme」だし「formeならBLOOM&BRANCHに行けばいい」と思ってもらえているかなということです。

forme × BLOOM&BRANCH / Hand Wallet Buttero Exclusive / 26,000+tax

その為に私たちは、「formeだったらあそこに行けば間違いない」と思ってもらえる商品量を常に提供し、なおかつ「formeのあの素晴らしいプロダクトはあそこにしか売っていないんだ」という店として認識されるまで出来る限りを尽くしてそれを伝えていくことが使命だと思っています。

forme × BLOOM&BRANCH / Hand Wallet GUIDI Vachetta Exclusive / 26,000+tax

そしてその先に、「使い古してきたから同じものを買い直そう」と思っていただいたお客様が生まれ、ご来店された際には、必ずこのアイテムを同じようにご紹介しなければならないことも同様に不可欠なことと認識しています。「あそこに行けばある」という信頼と安心を提供して初めて「定番」を求めるお客様が店にはやって来ますし、そこに到達せずして「誰かにとっての定番」を販売する資格はないと思っているからです。

職人の生産状況などにより長く完売している期間があり申し訳なく思いますが、「formeといったらあそこ」と思ってもらえるいつかまで、私たちは欠かすことなくこの商品を皆様に伝えていきたく思っています。使い古した3年後、私たちを試しにご来店してみていただけたら嬉しい限りです。(守屋)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannel Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram

夏のドレスの魔法

elsa esturgie×BLOOM&BRANCH / Attache / 33,000+tax

十把一絡げにしてはいけないでしょうが、女性の多くは「女性らしくありたい」という気持ちを大小様々であれ心の中には常に持ちあわせているのではないでしょうか。私自身、女性らしい服装が好きではないし、背景のある服が好きなので必然的にメンズライクな服装が多くなり、メンズブランドを纏っていることが多いです。それでも、その中に最低限の女性らしさは保っていたいという感情はあって、着こなしのバランスだったり、加えるジュエリーやシューズでそのニュアンスを保っているつもりいつも洋服を選んでいます。

真夏の暑い日は殊更、少しでも楽な服装を選びがちで、女性らしさの優先順位は下がる一方です。それでも、決してそのエッセンスは忘れたくないし女性として、そんな不安定でありながらバランスを保つ着こなしが楽しさであったりします。そんな私にとって夏のドレスは頼もしく、楽したい時にさらりと1枚で完成するスタイリングのなかに、もちろん女性らしさをのぞかせることができます。

このドレスは昨年から愛用していますが、エレガンスがいい意味で抑えられていてカジュアルシーンで何気なく着やすいことがまた大変有難いポイントです。コットンなのでざくっと洗ってしまっても心配がなく、シルクなどの揺蕩う表情の美しさとはまた異なった、健全でさわやかな魅力があります。何より女性にとってドレスを纏うということは、どんなシーンであれ、少し自分に自信が持てるような、小さな魔法を振りかけてくれる特別感がありますよね。(守屋)

日本人であることについて

児玉美重 / 鉄鉢盛りかご 特大 18,000+tax / 鉄鉢盛りかご 大 / 10,000+tax

小さな茶室の床の間に一輪だけの朝顔が生けられている姿に心奪われるように、我々日本人には「侘び」「寂び」という優れた美的感覚が脈々と受け継がれています。それは日常の生活のおいても、心地よい生活を送るために欠くことの出来ない感覚です。

例えば卓上にはものが置かれていない方が良いし、何もない卓上に品の良い箸置きと箸が並べられるからこそ、それらの美しさは際立ちます。いくら貴重な職人技術を駆使して精巧に作られた作品があったとしても、雑多なものに溢れかえった家の中でそれを見ても本来の価値や美しさを感じ取ることは非常に難しいでしょう。

そういった意味で我々日本人の多くは、美しいものを美しいと感じられる必要最低限の基準を大きく超えてものを持ちすぎているように思います。あれやこれやと便利そうなもの、必要そうなものに気を取られてついつい購入してしまう。結果として、本当に価値ある美しいものが生活の中に埋もれ、それらを本当に美しいと感じられる感性もどこか引き出しの奥底にしまわれてしまうのです。

ござ目バッグ 大 / 28,000+tax

それを未然に防ぐための策として、我々は常に正しい消費者である必要があります。廃棄が運命付けられ大量生産・大量消費されるものを、購買という行動で後押しする消費者になってはならないのです。それが正しいものの価値を認めるという行為であり、「本物の価値あるものを買う」という行為に繋がります。それらのものを長く使うことが、結果として不要なものの排除に繋がり、その生活の中でこそ初めて、本物の美しさを享受することが出来るのです。

何もない部屋にある美しいかごの佇まいにはっとする。その編みの美しい模様に見惚れる。それを日常の生活の中で感じ取ることが出来る感性こそ、我々が日本人であることの誇るように思います。(守屋)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannel Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram