BLOG

CASEY CASEY / New Arrival vol.1 / 20.2.1- Release / Ito

明日2月1日(土)よりCASEY CASEYの2020年春夏物が展開致します。今回もCASEY特有の素材使い、絶妙なパターンニングが独自の世界観を表現しています。

Oli Coat / S / 140,000+tax
HEGHT / 164cm
ワックスコットンを採用したコートは高密度ゆえに見た目以上に着応えのある一着。素材ならではの経年変化と、独特なパターンニングながらも長く着用したくなる着心地は他にはない素晴らしい仕上がりになっています。目を惹くイエローカラーも年を重ねるごとに、汚れやあたりが出てくることで落ち着きのある佇まいになっていくでしょう。

Garden Shirt / M / 52,000+tax
今シーズンのシャツは比翼仕立てのものに。紙のようなパリパリとした素材がvintageのような質感をもたらしています。普遍的なアイテムもCASEYのフィルターを通すと一枚でも存在感溢れる物に。先のシーズンではデニムやチノトラウザーにシンプルに合わせたくなります。

Verger Bis Shirt / M / 62,000+tax
カバーオールのようなデザインのシャツはワックスコットンならではのムラ感が洋服好きを唸らせる一着ではないでしょうか。ラフに羽織れる洋服は重宝頂けるかと思います。メゾンのスカーフや、品のあるスラックスでドレッシーにコーディネートするのも面白いと思います。

Waga Shirt / M / 60,000+tax
昨シーズンからある、ドロップショルダーの形が特徴的なWaga Shirtは新色のストライプカラーでご用意。ブラウンベースの配色が新鮮です。

CASEYの洋服は総じてファッション性もさることながら、普段の生活に馴染む、リラックス且つタイムレスなものだと私は感じます。着るたびに心踊る、安心する、そんなCASEYの洋服を是非、直に体感して下さい。(AOYAMA 伊藤)

BLOOM&BRANCH AOYAMA Instagram

BLOOM&BRANCH AOYAMA
TEL 03-6892-2014

KIJI / BIG WAFFLE SWEAT / 20.2.1- Release / Ouchi

2/1(土)より、定評のあるKIJIのスウェットをワッフル地を使用したサーマル生地と掛け合わせた新作が入荷致します。少し太めのリブネック、立体感のある袖ふりと定番スウェットの形をそのままに再現した一品。通常、縦に伸びていき横に痩せていくワッフルの特徴を利用し、ボディは横目にワッフルを使用しているのも長く着用するものとして嬉しいところです。

Sweat / KIJI / 2 / 16,000+tax
Pants/ KIJI / 1 / 24,000+tax
Belt / KIJI / 16,000+tax
Shoes / E.PORSELLI / 38 /29,000+tax
HEGHT / 161cm

コットンのみではワッフルの重さに限界のある極太番手の糸を仕様し、また双糸に仕様することでワッフル特有のだれを防ぎ膨らみが失われないようにしている為長く愛用できます。
ブルーカラーはインディゴの濃いKIJIのデニムと組み合わせ、色合いのコントラストを楽しんでみました。

Sweat / KIJI / 2 / 16,000+tax
Pants/ Phlannèl / 0 / 32,000+tax
Bag / UTO × Phlannèl / 16,000+tax
Shoes / E.PORSELLI / 38 /29,000+tax

程よく肩の向けたシルエット、詰まった首元とラグラン袖が特徴的で、VINTAGEのお洋服が好きな方にもお勧めしたい一着に仕上がっております。ホワイトは、VINTAGEライクな色合いのPhlannèlのワイドパンツと合わせ、シルエットにメリハリを持たせました。

Sweat / KIJI / 2 / 16,000+tax
Onepiece / R&D.M.Co- / M / 59,000+tax

裾リブに長さをとっている為合わせるボトムやワンピースによって上にたくし上げての着用も決まりが良い一着。
ワッフル地は柄物と合わせても馴染むので万能選手なアイテムです。今気分のシルエットや度詰めの素材を是非袖を通し感じてください。スタッフ一度お待ちしております。(AOYAMA 大内)

BLOOM&BRANCH AOYAMA Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH AOYAMA
TEL 03-6892-2014

STUDIO NICHOLSON / New Arrival Vol.1 / Osaka

Coat / STUDIO NICHOLSON / 95,000+tax
Knit / STUDIO NICHOLSON / 39,000+tax
Pants / STUDIO NICHOLSON / 43,000+tax
Shoes / forme / 3h / 52,000+tax
HEIGHT / 165cm

20SS STUDIO NICHOLSONの新作のご紹介です。今季もミニマルでクリーンな雰囲気はそのままに、季節を感じさせる素敵なコレクションです。首元のギャザーから身頃に流れるドレープが印象的なARAGON TECHNICAL PARACHUTE OUTERWEAR。ポリアミドの軽量で速乾性にも優れ、カジュアルさとモード感を持ち合わせたバランスに魅了されます。きめ細やかな表情のテンセル混の伸縮性のあるシルクコットンのリブタートルに、毎シーズン人気のハイウエストのツイルパンツを合わせました。


柔らかさのあるトーンとダークトーン、全て2色展開となっております。この他にもレディース、メンズ共に新作が入荷しましたのでサイズ、お色目がお揃いのうちに是非店頭にてご覧ください。(TOKYO 大坂)

BLOOM&BRANCH TOKYO Instagram
KIJI Instagram
Phlannèl Instagram

BLOOM&BRANCH TOKYO
TEL 03-5379-2016

PHLANNÈL SOL / Anonymous Shirt / Kasuya

Shirts / PHLANNÈL SOL / 2 / 20,000+tax
Pants / PHLANNÈL SOL / 3 / 22,000+tax
Shoes / Le Yucca's / 38.5 / 118,000+tax
Bracelet (Leather) / MARIA RUDMAN / 36,000+tax
Bracelet (Silver) / MARIA RUDMAN / 59,000+tax
HEIGHT / 165cm

PHLANNÈL SOLより毎シーズン定番のAnonymous Shirtが入荷しております。その名の通りわかりやすいデザインや強い主張はないですが、毎日のように袖を通してしまう不思議な魅力があります。
シャツである以上一番大事なのは着心地。トルファン綿を使用したしなやかな肌触りは皮膚に纏わりつかず、そして離れずの程良い距離感を保ってくれます。また洗濯を繰り返すほどにフワッとした膨らみが生まれるので一回目より二回目、二回目より三回目と、徐々に肌触りの良さが増していきます。
シルエットは日常着として使い易いバランスに。身幅やアームホールのやりすぎないゆとり、パンツを選ばない着丈の長さ、カフスに向かって徐々に細くなり、品良くまとまるアーム。どのデティールも着心地と日常使いしやすいバランスを追求した先のシルエットになっていて、一度袖を通すと虜になってしまう程です。


柄はブラックに近い濃いネイビーベースに生成りのドットと、生成りベースにネイビーのドットの2種類。ドットと聞くと可愛らしい印象、もしくは前衛的な印象がありましたがPHLANNÈL SOLのドットは玉自体が小振りであること、そして玉同士の感覚が空いていることで抵抗なく取り入れらます。
Shirt / PHLANNÈL SOL / 2 / 19,000+tax
Pants / PHLANNÈL SOL / 2 / 22,000+tax


無地はグリーンと生成りの2色。淀みが一切なく、光沢感あるグリーンは綾目の綺麗なチノやスラックスなどと合わせたくなるカラーです。ジャストサイズのPHLANNÈL SOLのFW128にタックインし現代的なワークスタイルをイメージしました。ちなみにネイビーのFW128はワンサイズアップして尾錠をぎゅっと締めています。お好きなシルエットに合わせてサイズを選べるのもFW128の魅力です。


Shirt / PHLANNÈL SOL / 2 / 19,000+tax
Pants / Phlannèl / 2 / 38,000+tax
生成りは黄色味のやや強い独特なカラー。ナチュラル、ベージュ、ホワイト、どれにも近くどれとも違う不思議なカラーリングはビンテージにも良く合いますし、ドレススタイルの外しにも最適です。

ビンテージのオーバーパンツって見かけは凄く雰囲気があり、魅力的なのですが元々パンツの上から履く目的で作られたため実際に着用するのは難しい。だけどそのデザイン、雰囲気で履きたい、というわがままな発想から生まれたこちらのPhlannèlのパンツ。股上が深く設定されているのでタックインが良く映えます。今回はビンテージライクに馴染ませましたがセットアップの外しに使うのも面白そうです。服そのものには個性はなさそうに見えますが、着用することで各々の個性を引き出してくれる、言わば着用者を引き立てるシャツは何枚あっても困りません。是非お試しください。(TOKYO 粕谷)

BLOOM&BRANCH TOKYO Instagram
KIJI Instagram
Phlannèl Instagram

BLOOM&BRANCH TOKYO
TEL 03-5379-2016

ふつうが普通でなくなった今

knitbrary / Two-tones Fisherman Sweater / 90,000+tax

欲しいコートを試着してみて、同行している友達やパートナーに感想を尋ねたとき、「ふつうだよ」と言われたりしたことはありませんか。恋人や家族と食事に出かけて、同じ皿を味わっている時に「ふつうに美味しいね」と感想を述べあったりしたことはありませんか。

私が接客業をしていた時に良く耳にしていたのは「ふつうのニットが欲しいのに探すとないんです」、あるいは「ふつうに使いやすいバッグでおすすめはありますか」といった声でした。「ふつう」とはつまり可もなく不可もなく丁度良い具合である様を表す言葉ですが、今日において「ふつう」が示すニュアンスは肯定的でポジティブな意味合いが強いように思います。

knitbrary / V-neck Cables Sweater / 110,000+tax

とびきり美味しいパスタではなく安心感があって幸福感が得られる「ふつう」に美味しいパスタ。品質が良く見劣りしない、袖を通した人だけが黙って肯いてしまうような満足感があり、そして長持ちするけれど特別目を引くわけではない「ふつう」に素敵なニット。要は何て事のなさを持ち合わせた「良いふつう」を求めているだけのことなのです。

少しのデザインや個性や利便性など思いつく限りの付加価値たるものを付加させようとこぞって社会が動き続けた代償は、どこにでもあったはずの「ふつう」が消えてしまったことなのだと私個人としては感じています。「ふつう」は今日では「ふつう」ではなくなり尊く稀な存在になってしまいました。なんて事のない、「良いふつう」はどこにあるのでしょうか。(守屋)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH Instagram

三笘修 / ふつうのうつわ / 陶・個展 / 20.1.25-20.2.2 / AOYAMA / EVENT

黄石釉花入 / (左から)16,000+tax、15,000+tax、16,000+tax、18,000+tax

1.25(土)より三笘修さんの個展、‟ふつうのうつわ”を開催したします。3年前の蝶野さんとの二人展ぶりとなる今展では、日常使いし易いうつわにフォーカスし、制作を依頼いたしました。三笘さんがそのイメージを元にご自身の作品を眺めていたところ自分の器は本当に何でもない器だなぁと改めて感じたそうです。ふつうのうつわ。三笘さんは、普通とは仰られますが、趣のある豊かな釉薬の表情、きりっとした美しいフォルムなど、どの角度から見ても私には他とは一線を画す、普通ではないうつわに感じられます。しかし、そんなご自身のうつわを普通と思われる所以には、自ら山で原料を調達し、大分の風土の恵み、静かな景色のありのままを表現しているただただシンプルな想いがあるからではないでしょうか。変哲の無い普通の裏側には、三笘さんにしか出来ない特別な感覚、技術、想いが詰まっています。


黄石釉花入 / (左から)16,000+tax


黄石釉茶碗  / 4,000+tax、黄石釉深丸碗 / 5,000+tax


黄石釉輪花台皿 / 25,000+tax


灰粉引汲み出し / 3,000+tax、灰粉引猪口(中) / 3,000+tax、灰粉筒湯呑 / 3,000+tax


灰粉引深小皿 / 3,500+tax、灰粉引浅鉢(中) / 5,500+tax


藁白葵口小碗 / 4,000+tax、藁白葵口鉢 / 5,500+tax、藁白輪花深五寸皿 / 4,000+tax、


朧釉盤 / 6,000+tax、朧釉皿 / 6,000+tax
朧釉高台小碗 / 4,500+tax、朧釉碗 / 7,000+tax


鉄釉リム皿 (22cm) / 5,500+tax、鉄釉リム皿 (22cm) / 7,000+tax
玄釉輪花小皿 / 4,500+tax

轆轤でなく、石膏の型で製作される三笘さんうつわは、侘び寂びを感じさせる端正で静かな佇まいです。黄石釉、粉引き、藁白など定番のシリーズのものから玄釉など新たな三笘さんの表現や茶器以外にも今回は日常使いし易い、お皿を多くご用意していただきました。派手さはなくとも、ふつうのうつわの魅力を存分に感じていただけるかと思います。皆様のご来店心よりお待ちしております。(AOYAMA 香村)

BLOOM&BRANCH Instagram
BLOOM&BRANCH AOYAMA Instagram

BLOOM&BRANCH AOYAMA
TEL 03-6892-2014

SEEALL / New Arrival Vol.1 / Kasuya

2シーズン目を迎えるSEEALL。初めての春夏となる今シーズンですが秋冬で感じたブランドの色をより濃く感じられる内容になっています。
Jacket / SEEALL / 46 / 42,000+tax
Shirt / PHLANNÈL SOL / 2 / 20,000+tax
Pants/SEELALL/46/37,000+tax


経糸にリネン、緯糸に伸縮性に優れたポリエステルを用いた生地にバイオ加工を施すことでリネンの節などが無くなり、滑らかな表面になります。そしてリネンを使用しているとは思えないほどのバルキーな弾力性を持っているのも特徴です。この生地、触って着てみると凄く不思議に感じ探求心がウズウズします。「伸縮性のある、気の利きすぎた楽な服が好きじゃない。」と言う方でも(僕もその中の一人です)これに関しては一度試して頂きたいです。

そしてインナーにはドットシャツ。台衿が無く首元に余裕があるジャケットには、シャツを入れると台襟分だけ柄が見えるのでそこで遊びました。勿論タイドアップでも良さそうです。ジャケットよりもインが見える範囲が少ない分、大胆に攻めてみて下さい。


パンツはややルーズ気味なイージーパンツ。ウエストからヒップに余裕があるので腰で履くのがおすすめです。ハイウエスト全盛の今、真逆の提案にはなりますが今だからこそ新鮮に感じられるはずです。


センターの生地が裂けるようにカッティングされることでシルエットを立体的に見せてくれます。センタープレスではなく手の込んだ仕様にしている点は流石の一言です。
Shirts / SEEALL / 46 / 17,000+tax


Jacket / SEEALL / 46 / 32,000+tax
厚さのあるしっかりとしたインド生地のシャツとダブルジャケット。シャツはボックスシルエットで台襟の無い仕様。生地の厚みが程良く、ブルゾンとしても使えそうです。ジャケットも絞りの無いボックスシルエットです。胸の開きやラペルよりも先に目に付いたのは生地やシルエットに対して小さめな釦。ドレスのジャケットには見られないバランスに心を掴まれました。その他にもロロピアーナのセットアップなど、20SSのアイテムは全て入荷しております。是非店頭でご覧ください。(TOKYO 粕谷)

BLOOM&BRANCH TOKYO Instagram
KIJI Instagram
Phlannèl Instagram

BLOOM&BRANCH TOKYO
TEL 03-5379-2016

PHLANNÈL SOL / Motorcycle Coat / 20.01.25 Release / Adachi

毎シーズン好評を頂いているPHLANNÈL SOLのモーターサイクルコートが1月25日土曜日より発売いたします。同じくPHLANNÈL SOLより展開しております、イブニングシャツワンピースと共にご紹介いたします。

高密度なシャンブレ―ギャバ素材を使用し、経糸、緯糸で色を変え深みのある色合いを表現しています。撥水加工を施された生地は程よいハリ感がありつつも、身体に馴染むコートになっています。

Coat / PHLANNÈL SOL / 0 / 60,000+tax
One Piece/ PHLANNÈL SOL / 0 / 27,000+tax
Shoes / E.PORSELLI / 36 / 29,000+tax
HEGHT / 158cm

宮城県の仙台にあるセレクトショップnariwaiの開店5周年記念の別注品として以前に展開した「黒のモーターサイクル」が今回、BLOOM&BRANCHでも数量限定でリリース致します。メンズのSサイズにあたるsize2を着用してみました。女性が大きめにメンズサイズを着用しても素敵です。

Coat / PHLANNÈL SOL×nariwai / 2 / 62,000+tax
HEGHT / 158cm

フランス軍のバイク兵が着用していた、無骨なモーターサイクルコートもPhlannèlらしいモダンな仕上がりになっております。今時季では厚手のニットにベルトを締めてレザーブーツを合わせ、春先にはシャツに軽やかなレザーシューズを合わせることで、様々な着こなしを楽しめます。1月25日より男女共に展開いたしますので、是非店頭にてご覧下さい。(AOYAMA 安達)

 

BLOOM&BRANCH AOYAMA Instagram
Phlannèl Instagram

BLOOM&BRANCH AOYAMA
TEL 03-6892-2014

PHLANNÈL SOL / Motorcycle Coat / 20.01.25 Release / Ogawa

PHLANNÈL SOLより、毎シーズンご好評頂いておりますMotorcycle Coatを1月25日(土)から展開致します。また今回は、宮城県・仙台にあるセレクトショップnariwaiさまの開店5周年記念の別注として誕生した「黒のモーターサイクル」も数量限定でリリース致します。


Coat / PHLANNÈL SOL×nariwai / 3 / 62,000+tax


Coat / PHLANNÈL SOL / 3 / 62,000+tax
フランス軍のモーターサイクルコートをデザインベースにディテールを少し省きアップデートさせたコートは、正統派なレギュラーコットンの高密度シャンブレーギャバ素材を採用。経糸と緯糸の色を変えており、独特な表情も魅力の一つです。サイドにはコンシールファスナーがあり、ベルトを内側に収納できる仕様で着用し易くなっております。また撥水加工を施しており、長期に渡って着用できるように仕上がっております。
Knit / Phlannèl / 3 / 38,000+tax
Pants / Phlannèl / 3 / 34,000+tax
HEIGHT / 170cm
コットンとカシミヤの混紡したリリヤーンで編んだニットは、見た目以上に軽く風合いの良さが特徴です。ふっくらゆったりとしたフォルムは、太め細めなど様々なパンツのシルエットに対応しやすい汎用性の高さも魅力的。まだ寒い今の時期から春時期まで着て頂ける万能アイテムです。(TOKYO 小川)

BLOOM&BRANCH TOKYO Instagram
KIJI Instagram
Phlannèl Instagram

BLOOM&BRANCH TOKYO
TEL 03-5379-2016

「はずす」ための訓練

Le Yucca's / Le Yucca's Sneaker / 148,000+tax

「はずす」「着崩す」「抜け感を出す」など、近年消費されるようになってきた言葉がありますが、ともするとそれらの言葉達は勝手に一人歩きを始めていて、そもそも根元にあったはずである「はずす」ためのルールというものが全く見えていない着こなしを街で散見するようになったと私個人としては感じています。

ファッションにおける「はずす」という言葉は「ルールから外れる、逸脱する」ことを指しているのでしょう。つまりはずすということは、いわばバランスボールの上に真っ直ぐに立ち上がっている状態から、片足を持ち上げて立てるようになるというようなもので、勿論その難易度は上がり、そして卓越した体幹やバランス力が必要になるはずなのです。

ここで言うところの体幹とはつまり着こなしにおける「ルール」に対する理解度のことであり、スーツスタイルの原点的着こなしのルールやアイビールックの原点的着こなしのルールを心得ていることがその体幹の強さに当たります。そしてバランス力とはそこから外れる塩梅を見極める能力のことであり、適度にルールから逸脱するセンスのことです。

Le Yucca's / Suede Ghillie Shoes / 118,000+tax

それだけ洋服や着こなしに対する前提理解や、繊細で熟練した技もしくは先天的な能力が必要であるはずの行為を、その先端だけ掻い摘むことで達成しようとするのは少し横柄で強引で短絡的に過ぎるところがあるのではないでしょうか。着こなしとは本来コミュニケーションツールであり、自分がどんな人間でどんな価値観を持っているのかを一番外側で表現するものであるはずなのだから、そんなに簡単に小手先で完成させてしまっては非常に勿体無いと思わずにはいられないのです。

おそらくこのスニーカーやスエード靴も「はずし」のアイテムとして一役買ってくれることは間違い無いのですが、上記のように短絡的に考えていてはきっと「はずれ」ないままに終わってしまいます。バランスボールに片足で立ち上がって不自由なく読書でも出来るような技を身につけるくらいに、理解を深めて技を磨いた人に是非おすすめしたいと思います。それだけ、Le Yucca'sのシューズは単純なものでは無いといことだけをお伝えしたい次第です。(守屋)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH Instagram

Phlannèl / 20SS Collection vol.2 / 20.1.18- Release / Adachi

1月18日(土)よりPhlannèl 20SS Collection vol.2の展開がスタート致します。今回は暖かい季節に映える、淡い色味のセットアップのご紹介です。

リネン、コットン、ウールを使用しているセットアップは着心地の軽やかさと清涼感のあるルックスが特徴。メンズライクなテーラードジャケットはセットアップで着るのも良し、スカートやワンピースに合わせてたりとコーディネートの幅が広がるアイテムです。

毎シーズンご好評を頂いておりますイブニングシャツは、無地のホワイト、クリーム、ブラックに加え、新しくドット柄もご用意いたします。細かいドット柄になっておりますので、一枚でもキレイめ且つモダンさを漂わせます。

 

浅草の職人が手掛ける「forme」からは初の別注企画として、ビンテージのダンスシューズをモチーフにした革靴がメンズサイズと共に2色展開で発売されます。forme定番のダンスシューズは他の物よりヒールが低く、夏でも気楽に履ける軽さ、足を通した時の柔らかさ、着用時のスマートさが特徴です。革靴に慣れていない方にもお勧めです。

ご夫婦が岡山県で鞄や雑貨を手仕事で製作している、「UTO」との別注は今年で4弾目。A4書類、パソコンが縦に入る実用的なバックは短期間の旅行にも活躍します。肩掛け、ショルダー、手持ちと3wayで使用していただけます。

Jacket / Phlannèl / 0 / 52,000+tax
Shirts / PHLANNÈL SOL / 0 / 23,000+tax
Pants / Phlannèl / 0 / 32,000+tax
Shoes / forme × Phlannèl / 54,000+tax
Bag / UTO × Phlannèl / 16,000+tax
HEGHT / 158cm

 

モード、ナチュラル、クラシックなど着る人やスタイリングによって様々な表情を見せれてくれる20SS Collection vol.2。一見堅くみえるジャケットも女性の柔らかさを演出する柔らかな色味、質に拘った生地の着心地の良さは暖かくなる季節を待ち遠しくさせます。店内の雰囲気も段々と春めいてきていますので、是非店頭にてご覧下さい。(AOYAMA安達)

 

 

BLOOM&BRANCH AOYAMA Instagram
Phlannèl Instagram

BLOOM&BRANCH AOYAMA
TEL 03-6892-2014

forme -made to order- vol.4 / 20.1.18-20.1.26 / Kasuya

暦の上ではもう少し冬が続きますが、店頭には既に春物が並んでいるので洋服好きからしたら次のシーズンへ踏み込み始める大事な時期ですね。着たい物やイメージが固めて、それに沿ってアイテムを集める方、またオンタイムでの気分を大事にしてアイテムを集める方と様々な買い物の仕方がありますが、共通して皆さんが大事にしているのは足元。次の秋冬に向けて、オーダー品が上がってくる夏に合わせて、ご自身だけの一足をオーダーして頂けるイベントを是非ご利用ください。本日は多数あるモデルの中から男女数点ずつピックアップしてのご紹介です。
Blucher
mckay / 58,000+tax
goodyear / 66,000+tax

新木型を使用したBlucher。従来のformeの木型よりもトゥのボリュームを抑え、メリハリをつけたシルエットにすることでセミドレス寄りになっています。しかしウエストでホールドする点は変わりないので快適な履き心地はそのままです。スラックスなどジャケパンスタイルにも良さそうです。

Balmoral Straight Tip
mckay / 58,000+tax
goodyear / 66,000+tax


Side Gore Boots
mckay / 65,000+tax
goodyear / 74,000+tax


Balmoral Ankle Boots Plain Toe
mckay / 60,000+tax
goodyear / 69,000+tax

そして当店で人気の高いBalmoral Straight Tip、Side Gore Boots、Balmoral Ankle Boots Plain Toe。ボリュームのあるトゥ、長めに取った捨て寸などブランドらしさを存分に味わえるモデルです。
Blucher
mckay / 57,000+tax
goodyear / 63,000+tax

ここからは女性モデルとなります。こちらはメンズ同様にトゥのボリュームを抑えた新木型。踵を包み込むようなヒールカップは女性靴では目にする機会は少ないように感じます。このような形状のヒールカップはフィット感は勿論のこと、バックシルエットが美しく、足元周りを華奢に見せてくれます。

Button Up Shoes Straight Tip
mckay / 68,000+tax
goodyear / 76,000+tax


Blucher Plain Toe
mckay / 59,000+tax


T-Strap
mckay / 53,000+tax
goodyear / 64,000+tax
※フリンジ付き / 各+2,000+tax

クラシカルなButton Up Shoes Straight Tip、安定感あるヒールと際立つヒールカップの美しさのBlucher Plain Toe、オーダー品が上がってくる頃に丁度履きたくなるであろうT-Strap。どのモデルも気張らず着用できるので普段革靴を着用しない方にもおすすめです。

forme×Phlannèl Dance Shoes / 54,000+tax (Mens&Womens)


また今回初めての作成となるforme×PhlannèlのDance Shoes。通常formeでは展開していないヌメ革とホワイトレザーを使用した特別なモデルを18日より発売いたします。履き口が低く、ヒールの高さも抑えたその控えめな表情は様々なスタイリングに化学反応を起こすでしょう。個人的には白いコットンパンツを雑にロールアップして素足で履きたいです。(TOKYO 粕谷)

【forme -made to order vol.4-】
会期:1月18日(土)〜1月26日(日)
内、19日(日) 11:00-16:00 デザイナー小島氏在店
場所:TOKYO / 〒160-0022 東京都新宿区新宿4−1−6  NEWoMan新宿 4F
TEL:03-5379-2016
営業時間:11時~21時30分(平日)、11時〜21時(土日祝)

BLOOM&BRANCH TOKYO Instagram
KIJI Instagram
Phlannèl Instagram

BLOOM&BRANCH TOKYO
TEL 03-5379-2016

Phlannèl / 20SS Collection vol.2 / 20.1.18- Release / Koumura

1月18日(土)よりPhlannèl 20SS Collection vol.2の展開がスタート致します。今シーズン一押しのリネン、コットン、ウールの3種類を織り交ぜた素材を使用したセットアップやPhlannèlとして初となるシューズなど豊富なラインナップでご用意いたします。

こちらのセットアップは、リネン、コットン、ウールのそれぞれ良さがミックスさせた清涼感のなかにも柔らかくバルキーな風合いとなっているツイル素材を使用しています。

ジャケットは、ウエストの絞りのないルーズシルエットのサックジャケットをベースに制作されています。身頃では大身返しの1枚仕立てですが、袖には裏地が付いており、滑らかな着心地です。

アメリカ軍のサバイバルベストをシンプルにデザインしたこちらのベストは、ジャケットのインナーとしても、上からレイヤードしても楽しめ、ユーティリティに優れています。

ジャケットの上からのベストを合わせるレイヤードもお勧めですが、シンプルにインナーに差し込んでも収まりが良く、肌寒い日や荷物が多い日にも重宝します。

パンツは、70年代~80年代のイタリア軍のミリタリートラウザーをモチーフとしています。サイドに付けられたアジャストバックルが特徴。太めの丸みのあるデザインに、テーパードをかけたモダンなシルエットでクラシックなアイテムをベースにしながらも新鮮味を感じていただけます。

浅草にて日本の熟練された職人たちが作り上げるformeとの初の別注企画となるダンスシューズ。ヴィンテージのダンスシューズをモチーフにしたこちらの定番のシューズをタンとホワイトの2色で展開いたします。タンは、しなやかなヌメ革を表面を細かく擦ることでヌバックのような質感を表現。ホワイトは、ステアレザーを使用し、自然なシボ感を出しています。Phlannèlの繊細な美意識を宿したformeのダンスシューズは、春先の足元に最適な1足です。

チャコールブラックとがらりと印象の変わるクリームカラーもご用意しております。黄味帯びた綺麗な色で、セットアップで着用すると春らしい軽快なスタイリングが完成します。

Jacket / Phlannèl / 2 / 54,000+tax
Vest / Phlannèl / 2 / 36,000+tax
Shirts / PHLANNÈL SOL / 2 / 22,000+tax
Turtle neck / PHLANNÈL SOL / 2 / 22,000+tax
Pants / Phlannèl / 2 / 34,000+tax
Shoes / forme × Phlannèl / 54,000+tax

HEGHT / 168cm

その他にもTシャツ類やPHLANNÈL SOLのシャツなど春夏アイテムが一挙に出揃います。まだまだ、寒さが厳しい日が続いておりますが、AOYAMAで一足早い春を感じていただければと思います。是非この機会にご覧下さい。

(AOYAMA 香村)

BLOOM&BRANCH AOYAMA Instagram
Phlannèl Instagram

BLOOM&BRANCH AOYAMA
TEL 03-6892-2014

Phlannèl 20SS Collection vol.2 / 20.1.18- Release / Ogawa

1月18日(土)よりPhlannèl 20ss Collection vol.2の展開がスタート致します。今回のデリバリーでは、黄味の効いた生成り色が印象的な、Linen・Cotton・Woolの3つの素材を使用したシリーズとなっております。


Vest / Phlannèl / 3 / 36,000+tax
アメリカ軍のサバイバルベストをシンプルなデザインにアレンジ。インナー使いは勿論、ジャケットの上から重ね着もできるユーティリティーベストは、Phlannèlらしいレイヤードスタイルを楽しんでいただけます。


Jacket / Phlannèl / 3 / 54,000+tax
ウエストに絞りがないルーズシルエットなサックジャケット。身頃は大見返しの一枚仕立てですが、袖には裏地が付いている仕様になっております。清涼感のなかにも柔らかくバルキーな風合いがあり、抜け感のあるジャケットに仕上がっています。


Pants / Phlannèl / 3 / 34,000+tax
70~80年代のイタリア軍のミリタリートラウザーをデザインベースにしており、太目のベルトや両サイドにアジャストバックルを施したディテールが特徴的。股上をさらに深くし、太めで丸みのあるシルエットでテーパード感のある現代的な雰囲気にアップデートした一枚。


Shoes / Phlannèl×forme / 54,000+tax


どのアイテムも経糸には防縮性のあるウールと超長綿の混紡糸、緯糸にリネンとの交織によって3素材のそれぞれの良さがミックスされたツイル素材となっており、これからの季節に重宝すること間違いなしです。是非店頭でご覧下さい。(TOKYO 小川)

BLOOM&BRANCH TOKYO Instagram
KIJI Instagram
Phlannèl Instagram

BLOOM&BRANCH TOKYO
TEL 03-5379-2016

Phlannèl 20SS Collection vol.2 / 20.1.18- Release / Osaka

1月18日(土)よりPhlannèl 20ss Collection第二段が店頭展開致します。天然素材の魅力が溢れるLinen Cotton Woolシリーズ、3種類の素材が混ざり合ったPhlannèlならではの空気感を肌で感じて頂きたいです。

One piece / Phlannèl / 1 / 44,000+tax
Knit / Phlannèl / 1 / 24,000+tax
Pants / Phlannèl / 1 / 32,000+tax
Neckless / MARIA RUDMAN / 25,000+tax
Bangle / MARIARUDMAN / 59,000+tax
Shoes / forme / 52,000+tax
HEIGHT / 165cm

経糸には防縮性のあるウールと超長綿の混紡糸、緯糸にリネンを用いたツイル生地。清涼感と柔らかくバルキーな風合いが特徴です。羽織としても最適なドルマンスリーブのワンピースはVネックの開きが美しく、凛とした印象に。大胆なボリュームのワイドトラウザーは前身ごろに大きくタックをとった表情豊かな一本です。


Bag / CHECCI DE ROSSI / 64,000+tax

初めにご紹介したクリーム色とはまた一味違ったチャコールブラックはワンピースで。奥行きのあるカラーリングと素材の心地よさが思う存分楽しめます。早くも春夏物が続々と入荷しています。是非この機会に店頭にてご覧ください。(TOKYO 大坂)

BLOOM&BRANCH TOKYO Instagram
KIJI Instagram
Phlannèl Instagram

BLOOM&BRANCH TOKYO
TEL 03-5379-2016

不要なパンデミックを起こさぬよう

KIJI / OUDO - Natural / 28,000+tax

次の秋冬シーズンに向けた別注商品のご相談をさせていただくため、先日あるブランドの方とお話をしていたところ「別注商品の依頼は多く受けるがBLOOM&BRANCHのように継続してリリースしているお店は決して多くはない」ということを伺いました。我々は何かを始めるときは必ず「継続すること」を意識しているので、そのお話は少し意外でした。

何かを続けるということは良く見える側面も、その反対の側面も勿論持ち合わせていて、例えば長期的な視野を持つためには流行だけを見つめることは不要になり、じっくりと腰を据えて安定的な取り組みを行うことが出来る良さがあります。生産者やどこかのブランドの協力を得てものづくりをする際も、お互いに消費されることを恐れず、長く続く良いものを作ることだけを考えて膝と膝を付き合わせて話を進めることが出来ます。

KIJI / SHIMA - Natural / 25,000+tax

反対に、「継続=変化がない」ということになるとどうしても市場からは飽きられてしまい、せっかく良いものを発信していてもそれを適切に伝える機会を逃してしまうことになります。変化がないことは惰性と取られてしまうことは往々にしてあるでしょう。それを逃れるためには、少しずつ少しずつ、変化させ成長させながら地道に何かを続けていくという、いわゆる忍耐力のようなものも同時に必要になります。大きな社会的影響は起こせなくとも、良いものを適切に伝えられれば良く、そしてその波及力は継続することで徐々に大きくなれば万々歳といったところでしょうか。

イノベーションは私たちの生活の余分な隙間に入り込んでせかせかと生活の速度を上げ、得られる情報量を圧倒的に増大させ、そしてそれらの及ぶ広さは想像も出来ないところまで広がっていますが、そんな経済やビジネスのダイナミズム主義のような感覚から程遠いところにいる我々の現在地について、先述のお話を伺い改めて認識するに至りました。

我々はこれからも少しの成長と変化を伴って少しでも長く継続させることをミッションとし、不要なパンデミックを起こさぬよう、地道な活動を続けていくことしか出来ないのだと思います。お陰様で継続しているKIJIのデニムシリーズも、見えにくくはありますが少しずつ成長をさせている商品です。そしてコットンそのものの糸の色を活かした新色のNaturalカラーをリリースする取り組みは、継続する為の少しの変化の証です。(守屋)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH Instagram

KIJI / 20SS New Arrival vol.2 / 20.1.11- Release / Adachi

1/11(土)より、毎シーズンご好評を頂いているKIJIのコットンテンセルデニムシリーズから新色のホワイトが入荷いたします。メンズではジャケットとのセットアップでご紹介していますので、レディースでは春夏の新作ブラウスと合わせたご紹介を致します。

新型のSHIMAはKIJIのパンツの中で一番のワイドシルエットになっております。ワイドシルエットを活かし、広がりのある女性らしいブラウスや、タートルと合わせたりとカジュアルなパンツとのバランスを楽しんではいかがでしょうか。

サイドポケットにはスマートフォンの収納も可能。

Pants/ KIJI / 1 / 25,000+tax
Blouse / Scye / 38 / 32,000+tax
Shoes / E.PORSELLI / 36 /29,000+tax
HEGHT / 158cm

KACHI / 24,000+tax

KIJIのパンツの中で人気の高いKACHIはテーパードが効いているカジュアルすぎないデザインが特徴です。

MOEGI / 22,000+tax

50年代のランチパンツを元にハイウエストなデザインが特徴のMOEGI。サイズ調整はサイドのボタンで2段階の調整が可能です。

明日から入荷しますKIJIのパンツは新色のナチュラルに加えて、定番のインディゴも再入荷いたします。ナチュラルのカラーは今時季は暖かみのあるニットとの合わせも素敵です。メンズサイズでは、裾がダブルになっているKAYAの入荷もございます。他にも春夏のお洋服が新たに入荷しておりますので店頭にてご覧下さいませ。(AOYAMA安達)

BLOOM&BRANCH AOYAMA Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH AOYAMA
TEL 03-6892-2014

KIJI / 20SS Collection vol.2 / 20.1.11- Release / Ogawa

1月11日(土)よりKIJI 20SS Collection vol.2の展開をスタート致します。ブランドの代表的存在である「COTTON TENCEL DENIM」は、定番色のINDIGOにプラスして新色のNATURALをリリース。また、新型トラウザーとして「SHIMA」も登場致します。では早速ご紹介致します。


KACHI / 4 / 24,000+tax
20世紀初頭のフランスの尾錠付きパンツを焼き直し、深い股上とゆったりとした腰回りからテーパードをつけたシルエットが特徴的なモデル。フロントよりバックの生地分量を多く取った独特なパターンとなっており、ゆったりとしたトップスなどをタックインして後ろの尾錠で絞って履いていただきたいアイテム。

T-Shirt / PHLANNÈL SOL / 12,000+tax
Shoes / forme / 5 / 77,000+tax
HEIGHT / 170cm


KAYA / 4 / 23,000+tax
US MILITARYである45-KHAKI CHINOをデザインベースに、サイドシームにはステッチを入れないことでカジュアルさを抑えています。裾をダブル使用にアレンジしているのもポイントの一つで、スラックスのような感覚で革靴を合わせて履いていただきたい一枚です。


SHIMA / 4 / 25,000+tax
40'sのペインターパンツをベースに、ワタリや裾巾を最も太くしたモデル。細かいディテールは継承しつつ、現代の日常生活では使用頻度が薄れてきているハンマーループを省き、ツールポケットはスマートフォンが丁度収まるサイズへとアップデートをし、現代版ペインターパンツとしてモダンに仕上がっております。


OUDO / 4 / 28,000+tax
Wranglerの初期モデルのGジャンを焼き直したOUDOは、アクションプリーツやフロントポケットなどのディテールを省き、同色のステッチを用いてカジュアルさを軽減しています。脇線にポケットを付けアップデートしており、使い易さもプラスされています。
通常14oz程で肉厚ながらも、とても軽く柔らかいオリジナルのデニム地は、吸湿性も備えた快適な着心地で、ハリ・光沢感も楽しんでいただけます。緯糸のテンセルは双糸を使用し、より毛羽立ちをなくし丈夫でしなやかなになっております。是非店頭でお試しください。(TOKYO 小川)

BLOOM&BRANCH TOKYO Instagram
KIJI Instagram
Phlannèl Instagram

BLOOM&BRANCH TOKYO
TEL 03-5379-2016

KIJI / 20SS New Arrival vol.2 / 20.1.11- Release / Koumura

KIJI 20SS New Collection COTTON TENCEL DENIM シリーズが1月11日(土)より発売開始いたします。今シーズンは、従来のインディゴに加え、ナチュラルカラーを制作。また、新型のSHIMAをご用意し、既にKIJIのデニムシリーズをお持ちの方にも新鮮に感じていただけるアイテム群となります。

新色のナチュラルカラーは、コットンそのものの経糸の色味に、緯糸に白のテンセルを打ち込んでいます。生成りの馴染の良い色に経糸のコットンのまだらなネップが自然な風合いを醸し出します。

Jacket / KIJI / 3 / 28,000+tax
Shirts / TENDER CO. / 3 / 33,000+tax
Pants / KIJI / 3 / 25,000+tax
Shoes / Le Yucca's / 143,000+tax
HEGHT / 168cm


SHIMA / 25,000+tax

新型のSHIMAは、40’sのペインターパンツをベースにしたこれまでのKIJIのパンツの中でも最も太いモデルです。ペインターパンツの細かいディテールは残しつつも、現代の日常生活では中々使わないであろうハンドルループは省き、スマートフォンがちょうど収まるツールポケットを備え付けています。


OUDO / 28,000+tax

Warngler初期モデルのGジャンをベースのOUDOは、ディテールを極力省き、モダンな印象に昇華させています。立体感のあるシルエットで太いボトムとの相性も良いです。今回は、脇線にポケットを配置し、使い勝手の良い仕様に変更いたしました。


KACHI / 24,000+tax

KIJIのデニムの中でも定番として人気の高いKACHI。20世紀初頭のフランスの尾錠付きパンツを今に焼き直し、深い股上とゆったりとした腰周りからテーパードをつけたパンツです。1サイズアップし、尾錠を強く締め、履いていただくのもお勧めです。


KAYA / 23,000+tax

KAYAは、US MILITARYの45-KHAKI CHINOをベースしながらもサイドシームのステッチを入れず、フロントに1タックとセンタープレス、裾はダブル仕様にした品を感じさせるモデルです。スラックスのように革靴と合わせてもよりこのパンツの良さが引き立つかと思います。

これらのKIJIのデニムは、コットンにテンセルを加えており、14oz程の肉がありながらも、軽く、柔らかい履き心地で春に向けて最適なパンツ。新色のナチュラルも柔らかい印象を受けますが、程よい光沢もあり、幅広いスタイリングはまるカラーも魅力的です。定番のインディゴも再入荷し、レディースサイズも同じくMOEGIを加えて、展開いたしますので、是非この機会にご覧下さい。(AOYAMA香村)

BLOOM&BRANCH AOYAMA Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH AOYAMA
TEL 03-6892-2014

KIJI 20SS COLLECTION vol.2 / 20.1.11- Release / Osaka


Jacket / KIJI / 1 / 28,000+tax
カウボーイのために作られたとされるヴィンテージデニムジャケットを焼き直した人気モデルOUDO。アクションプリーツやフロントポケットを省き、細めのベルト幅や同色ステッチを用いてカジュアルな印象を軽減した一着です。オリジナルのデニム地はインディゴ染めコットンと木材パルプを原料としたテンセルを経緯に用いた丈夫でかつ立体的なシルエットを楽しめます。


Denim / KIJI / 2 / 25,000+tax
大胆な太さが印象的な今季の新作モデルSHIMA。40’sのペインターパンツから着想を得た最もワタリや裾幅が太いデザインです。細かなディティールは再現しつつ、現在の日常生活ではなかなか使わないであろうハンマーループを省き、ツールポケットはiPhoneが丁度収まるサイズという現代に寄り添ったペインターパンツに仕上がっています。


Denim / KIJI / 2 / 24,000+tax
20世紀初頭のフランスの尾錠付きパンツをモチーフに、深い股上とゆったりとした腰回りからテーパードをつけた人気モデルKACHI。前後の生地の分量に変化をつけた独特のパターンは、体型問わずその雰囲気を堪能することが出来ます。後ろの尾錠でグッと締めた時の雰囲気は春夏のトップスインをより深みのあるスタイリングにしてくれます。KIJI特有の遊び心と機能性、普段の生活に溶け込むデニムシリーズ、是非店頭にて手に取ってご覧ください。ニュースページにて詳細もご覧いただけます。(TOKYO 大坂)

BLOOM&BRANCH TOKYO Instagram
KIJI Instagram
Phlannèl Instagram

BLOOM&BRANCH TOKYO
TEL 03-5379-2016

肩書きというのは非常に曖昧なものである

TENDER Co. / COTTON MOHAIR TAMMY YOKE POCKET SHIRT #1 / 48,000+tax

洋服をデザインする人の中には、構築的なパターンと立体的なシルエットを作り出す建築家のようなデザイナーや、美しい絵画を描くように色彩と操り眼前にその表現を魅せる芸術家のようなデザイナーもいます。そしてウィリアム・クロール氏のように対象物に対しての溢れ出るほどの探究心を持って向かい合う研究者のようなデザイナーもいます。

もともと持っている彼の探究心の深さは言うまでもなく、その研究者としての眼差しは、きっと彼がセントマーチンでの教授職についているという彼自身の生き方が寄与するところが大きいのかと思います。学びの場に身を置くということは、実際的にも多くの文献に触れる機会が多いのではないか、そういった現実は彼の持つ研究熱心な姿勢をより加速させるのではないか、ということは容易に想像が出来ます。

そしてそういった研究者のような眼差しを持つデザイナーが生み出す服はアーカイブの単なるサンプリングに終始することは決してなく、例えば労働服としてデニムが機能していた時の時代背景、その時代の人々の生活、その土地の風景全てがしっかりと咀嚼されていて、彼の中で醸成され、彼のフィルターを通して、全く新しいものとして生み出されているのです。

また、いつも実験的な植物染料などを用いた染色は研究者としての実験の様子を想起させます。そしてそれによって表れる見たこともないような色彩は、化学反応を起こした実験結果のようです。良い結果がもたらされた際にはその染料は長く使用されますが、それが使用できなくなった際には新しい染料を求めて新しい実験がまた繰り返されます。研究と実験は終わることがありません。(守屋)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH Instagram

CATEGORY
RECENT POST
YLEVE / New Arrival / 20.2.22- Release / Ouchi
創造のいれもの
KAPTAIN SUNSHINE / New Arrival Vol.2 / Kasuya
大村剛 - pause - / 陶・個展 / 20.2.15-20.2.23 / AOYAMA / EVENT
Cristaseya / New Arrival / Ito
ARCHIVE

RSS Feed