BLOG

POLYPLOID / New Arrival vol.1 / Yoshimoto

BLOOM & BRANCH 初の取り扱いとなる、ドイツのユニセックスブランド「POLYPLOID」。

「There are no facts, only interpretations.(=事実は存在しない。あるのは解釈だけだ。)」というコンセプトのもと、一つのパターンに対して、異なる素材と色を使用し複数のバリエーションを提案しています。

ナイロン素材のキルティングジャケットは、カーキとブラック、二色のご用意です。
Jacket / POLYPLOID / 1 / Nylon / 64,000+tax
Shirt / Phlannèl / 0 / 13,000+tax
Pants / KIJI / 1 / 22,000+tax
Shoes / forme / 24 / 52,000+tax
Pieces / SIRISIRI
Height / 165 cm


Coat / POLYPLOID / 1 / Nylon /  82,000+tax


Coat / POLYPLOID / 1 / wool / 96,000+tax
Skirt / YLÈVE / 1 /42 ,000+tax

スタンドカラーのコートはナイロン素材とウール素材でご用意しています。
こうして着比べてみると、素材や色も印象を大きく左右することに、改めて気づかされます。長年、デザイナー・パターンナーとして洋服に携わってきたデザイナーが生み出すPOLYPLOIDのお洋服は、日々の生活に取り込み、長く使うことで、その良さがよりわかってくるのだと思います。

最近ではわかりやすい情報が先走りし、惑わされそうになってしまいますが、それでも、自分の身体や感覚だけはうそをつきません。朝晩は幾分か涼しくなってきましたが、本格的な秋が訪れるまでには、もう少し時間がありそうです。お店で実際に袖を通し、ご自分の感覚と相談しながら、一枚いちまいじっくりと選んでみてはいかがでしょうか。(AOYAMA 吉本)

(※POLYPLOIDは、青山店でのお取り扱いとなります。)

MARIA RUDMAN / SAMI Collection / 19,8,24- Release / Tomita

本日は8月24日(土)リリースの MARIA RUDMAN (マリアルドマン)をご紹介させて頂きます。
デザイナーの MARIA RUDMAN はスウェーデン生まれ。1966年にスウェーデンのサミ族の伝統工芸の力を借りたデザインを発表し始め、現在に至ります。1000年以上の伝統を持つスウェーデンのSAMI(サミ族)に依頼し、伝統工芸からなるモダンなアクセサリーが特徴です。
SAMI L 1 / 102,000+tax
存在感のあるトナカイレザーにピューター(刺繍)と呼ばれる銀糸を織り込んだ独特なブレスレット。
トナカイの革は年を重ねるごとに朽ちた色に変化し所有者の色に染まる美しいナチュラルカラー。
SAMI N 14 / 48,000+tax
重ね付けにもおすすめなシリーズ。男女問わず身に着けて頂きたいアクセサリーです。
SAMI N 15 / 48,000+tax


留め具はトナカイの角を使用。削って艶を出した繊細な素材は職人の技術が物語っており、マリアルドマンのブレスには欠かせないキーマテリアルとなっています。
SAMI L 2 / 102,000+tax
SAMI M 3 / 68,000+tax
シンプルながらスタイリングを選ばないこちらの形は通常のラインよりクラシックなスタイルで、生産が追い付いていない希少なモデル。秋冬はヴィンテージデニムに白シャツで袖は短くめくり、時計や無駄な装飾は一切身に着けず、このマリアルドマンだけ付けた着こなしがおすすめです。
SAMI M 5 / 68,000+tax


SAMI M 12 / 68,000+tax

こちらもベースはトナカイレザーにデザイナー自らが厳選したカラーフェルトを挟み、クラシックなディティールですが、どこか温かみのあるデザイン。それぞれの作り手により柄や色も様々で生産数も限られており、単なるアクセサリーという枠を超えたマイヴィンテージに成り得る作品。デザイナーマリアルドマンの感性とサミ族伝統的な技術を存分に感じていただける究極のブレスレットに仕上がっております。是非、青山店にてご覧下さい。(AOYAMA 冨田)

BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannèl Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram

BLOOM&BRANCH AOYAMA

 

情報とロマンスを一手に

Le Yucca's / Ghillie Shoes (Womens) / 118,000+tax

船でしかたどり着けない最果ての南の島で営まれる小さなホテルだろうと、田舎の山の上でひっそりとあかりを灯すレストランだろうと、今の時代はそれを求める人がいる限りにおいてはどんなものでも必ず発見されます。情報発信なんてしないで、ただその静けさや異質性をそのままの姿で保ち続け、そこに密やかにおいておけば良いのです。

知らず知らずのうちにそれを必要とする誰かが何かの拍子に見つけ、口伝いなのかインターネットというフィールドなのかの形をとって求める人の所に更に発信されていくでしょう。そして媒介方法は数多あれどそれを必要とする誰かに伝搬していきます。溢れかえる情報の波に飲み込まれまいと必死に舵を取り、疲弊してしまう世の中ではありますが、そんな今だからこそそのようにして物体や場所の情報はその所有者が発信せずとも誰かの手により発信され、巡り合わせでそれを必要としている人の元へたどり着くのだという面白さはあります。

私自身も、Le Yucca'sとの出会いはそのような必然なのか偶然なのかの情報との巡り合わせによるものでした。こうして今度はBLOOM&BRANCHという東京に2店舗しかない店の発信する、誰の元へ届くか分からない小さな小さな情報が、きっともしかすると、それを必要とする人の元へ届くのではないかというロマンを抱きながら、私もその伝達役の一役を務めています。

巡り合わせという面白さを味わっていただくためにも、そんな巡り合わせによりリアリティのある気持ちを抱いていただくためにも、単なる情報発信ではない生の人の声を届ける限定コンテンツも立ち上がっています。8月31日までのLe Yucca's Size Order Event期間中、毎週水曜日と木曜日に新しい記事をご覧いただけます。是非ご覧ください。(守屋)

Stories of Le Yucca's

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannel Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram

内田悠 / -revive- / 木工・個展 / 19.8.17-19.8.25 / AOYAMA / EVENT

本日より内田悠さんの個展 -revive- をAOYAMAにて開催致しております。作品が一斉に並び、店内は木の温もりと、爽やかな風が吹いているかのような心地の良い空間となりました。板屋楓や桜、朴の木や楢など、それぞれの木の特徴を活かし、鉄媒染や柿渋染、草木染で仕上げています。内田さんが作品を作りあげるに当たっての根本的なテーマ「rivive=甦る」が伺え、北海道の大自然が一つのうつわに集約されたと言って良い、大らかで深く静かな強さを感じる作品です。是非、お手に取りご覧下さい。(AOYAMA 平戸)

BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannèl Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram

BLOOM&BRANCH AOYAMA

内田悠 / -revive- / 木工・個展 / 19.8.17-19.8.25 / AOYAMA / EVENT


盆 260 イタヤカエデ 鉄媒染 ガラス塗装(欠け) / 18,000+tax


盆 260 イタヤカエデ 柿渋染 ガラス塗装 / 14,000+tax


盆 260 ニレ オイル仕上げ / 13,000+tax、盆 260 キハダ オイル仕上げ / 15,000+tax


盆  300 鉄媒染 ガラス塗装 / 19,000+tax、盆 300 ホオ オイル仕上げ / 19,000+tax、盆 300 サクラ 黒染 ガラス塗装 / 19,000+tax


平皿 270イタヤカエデ 鉄媒染 ガラス塗装 / 15,000+tax、平皿 イタヤカエデ 柿渋染 ガラス塗装 / 15,000+tax


板皿 S,M イタヤカエデ 鉄媒染、渋柿染 ガラス塗装 / 6,000+tax

明日より当店で初となる内田悠さんの個展 -revive- をAOYAMAにて開催いたします。広大な北海道の木々の個性を存分に生かし、力強い生命力を感じさせる内田さんのうつわ。そんな自然の魅力が美しい艶やかなガラスコーディングの内部に閉じ込められています。グレイッシュな色調、渋柿染めの深い味わい、オイル仕上げの素朴な風合い。楓や楢、桜などの木々が内田さんの手によって新たな息吹を吹き込まれています。是非、この機会にお手に取りご覧下さい。(AOYAMA 香村)

BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannèl Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram

BLOOM&BRANCH AOYAMA
TEL 03-6892-2014

総動員させるのは知識ではない

TENDER Co. / Long Sleeve Boomerang Shirt / 48,000+tax

青写真をテーマに染め上げられた鮮やかなブルーは絵画や図面にも採用されるプルシャンブルーの染料で染め上げられ、さらに斜めにストライプ柄の入る変わったパターンはブーメランのようなパーツを中央で縫い合わせて作られていたり...というようにTENDER Co.のアイテムは「語ることの出来る」要素がふんだんに盛り込まれています。

このことを販売員の目線から考えてみると、悪い言い方ですが「語り口が豊富で有難いアイテム」だということです。もし仮に自分にコーディネート提案力が欠けていたり、ブランドの世界観への理解が浅かったりしても(そんなことはあってはならないのですが)、服自身が、語るべきお題を自らで発信してくれるので、接客の際に完全に服に寄りかかってしまうことも出来てしまうのです。

勿論私は、それは服のプロフェッショナルとしての販売員という仕事を全うする上では間違った方法であると思っています。ましてや当店をご利用いただくお客様に対しては特に、買い物経験や洋服に対する知識が豊富なのでそんなごまかしは通用しないでしょう。そんな中で知識に頼った接客やご紹介をしたところで、お客様の買い物のサポートなど出来るわけがなく、満足いただく体験を提供することなど不可能なのです。

私たちはプロフェッショナルである以上、知識以上の付加価値を提供することこそが、遂行するべき「絶対的な職務」であるのですが、ではそれは何を持って示すべきなのでしょうか。

私たちは日々圧倒的な量の衣服に触れ、試着をすることで肌感覚に裏付けされた経験と知識を持ちます。そして私たちは、十人十色なスタイルを持つお客様の着用のサポートをすることでサイズ感や似合わせる色に関する経験と知識を持ちます。また、それらの経験の中で培った独自の美意識や価値観を持ちます。

私たちはそれらを総動員させて、お客様と衣服との出会いの場に立会い、サポートをすることで、与えられた職務を全うします。だからこのブログにおいても、インターネットで検索すれば簡単に手に入るウンチクや商品情報を書くことは何の付加価値も生まないと思っています。このブログを見たお客様に、あるいは紹介したアイテムを欲しいと思っていただくことは出来ないかもしれませんが、洋服選びのサポートが出来る指針のようなものとして機能すればいいなと思っています。(守屋)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannel Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram

Phlannèl 19AW Collection vol.2 / 19.8.10- / Release / Yoshimoto

おなじみのPhlannèlより、秋の新作第二弾が到着いたしました。
定番のコートとスウェットも、今期よりスタートしましたPHLANNÈL SOLのラインとして、顔を揃えています。

Coat / PHLANNÈL SOL / 1 / 60,000+tax
シャンブレーギャバ素材による、奥行きのある色味と光沢感が特徴的な今季のコート。より上質な仕上がりとなりました。シルエットの安定感はそのままに、サイドにはベルトをしまえるファスナーが加わったりと、細部の変化もお楽しみいただけます。

Scarf / Phlannèl / 14,000+tax
Sweat / PHLANNÈL SOL / 1 / 17,000+tax
定番のスウェットは、今季はベージュ・ブラウン・ブラックの三色でご用意しております。小物をアクセントにしながら秋色で統一し、パンツやアウターとの濃淡や素材の違いを味わうのも楽しみの一つになりそうです。


Pants / Phlannèl / 1 / 33,000+tax
それから、メンズ・レディースともに、セットアップでご用意しているベルベットシリーズ。ベルベットの生地が秋冬感を主張しつつも、生地自体は厚すぎず見た目以上に軽いため、ぜひ秋のはじめから着用いただけたらと思います。ぜひ店頭にて袖を通され、それぞれの良さをじっくりと味わってみられてはいかがでしょうか。(AOYAMA 吉本)

BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannèl Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram

BLOOM&BRANCH AOYAMA
TEL 03-6892-2014

COMOLI / New Arrival Vol.1 / Koumura

Shirt / COMOLI / 2 / 28,000+tax
Shirt / COMOLI / 2 / 38,000+tax
Shirt / COMOLI / 2 / 22,000+tax
Pants / COMOLI / 1 / 43,000+tax
HEIGHT / 168cm

COMOLIの洋服の秋冬物の第一弾が入荷しました。絶妙な色合いと、背中の空気感が他には無い仕上がりとなったダンガリーシャツ。シルクウール素材が心地よく、赤のチェック柄に微起毛した素材感がヴィンテージのような風合いのプルオーバーシャツ。そして「日本の気候に合う」を体現したレギュラーカラーのシャツ。日々の生活でストレスを感じることなく、且つ着ていて心地の良い洋服はどんな時でも手が伸びてしまいがちです。四季折々の日本の気候に沿ったものであれば、それは尚更です。(AOYAMA 香村)

BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannèl Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram

BLOOM&BRANCH AOYAMA
TEL 03-6892-2014

SEEALL POPUP STORE / 19.8.10-8.18 / Osaka

Jacket / SEEALL / 36 / 53,000+tax
Inner / Phlannèl / 13,000+tax
Pants / SEEALL / 36 / 18,000+tax
Bangle / MARIA RUDMAN / 63,000+tax
HEUGHT / 165cm

人やものの間にある見えない関係性をも含んだ「ものの価値」すべてを見ることをコンセプトに、19AWより立ち上がる「SEEALL (シーオール)」。上質なウールを使用したジャケットは、パターンの美しさはもちろん、サイジング、着心地の良さ。ダブルジャケットのメンズライクな雰囲気はそのままに肩やウエストのさり気ないフィット感が女性らしさを演出します。インドの手紡ぎ・手織りのkhadiを用いたボトムスも生地の表情や、そのシルエットが存在感のある一着です。この他にもたくさんのアイテムが並ぶSEEALL  POP UP STORE、明日10日(土)よりスタートです。是非この機会に店頭にてご覧ください。(TOKYO 大坂)

BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannèl Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram

BLOOM&BRANCH TOKYO
TEL 03-5379-2016

SEEALL POPUP STORE / 19.8.10-8.18 / Ogawa

Shirt  / SEEALL / 46 / 22,000+tax
Shirt / SEEALL/ 46 / 18,000+tax
Pants / SEEALL  / 44 / 37,000+tax
Shoes / STUDIO NICHOLSON/ 27 / 16,000+tax
HEIGHT / 170cm

人やものの間にある見えない関係性をも含んだ「ものの価値」すべてを見ることをコンセプトに、19AWより立ち上がるSEEALL 。あらゆるサブカルチャーから着想を得たユニバーサルなもの作りと、世界中の継承していきたい素材を贅沢に使用した、デビューコレクションをBLOOM&BRANCH TOKYOにて8月10日(土)~8月18日(日)の期間POPUP STOREを開催いたします。たくさんのご来店お待ちしております。(TOKYO 小川)

BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannèl Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram

BLOOM&BRANCH TOKYO
TEL 03-5379-2016

KIJI / Smock Onepiece / Kim

Onepiece / KIJI / 36,000+tax
Bag / dragon / 38,000+tax
Shoes / porselli / 29,000+tax
HEIGHT / 168cm

KIJIの新作スモックワンピースはヴィンテージのギャザースモックからインスパイアされた一着。ロング丈にすることで一枚でさらりと纏え、フロントのリボンは結んでも開けたままにしても具合が良く、前後を逆にしてバックリボンでもお楽しみいただけます。奄美大島伝統の泥染めを施し、手染めならではの風合いと回数を重ねることによる色合いの変化も魅力的です。是非店頭にてお手に取ってご覧ください。(TOKYO キム)

BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannèl Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram

BLOOM&BRANCH TOKYO
TEL 03-5379-2016

KIJI / WW Ⅱ Lerther Jacket / Tomita

本日リリースとなりました、“KIJI”より新作のジャケットとパンツのご紹介です。ジャケットは1940年代の第二次世界大戦モデルである U.S.NAVY 、 DUNGAREE DENIM JACKET をレザーで再現しました。当時、初期のモデルに用いられていた真鍮チェンジボタンは全てナットにて再現。ショールカラーが、ライダースジャケットとはまた別物として着ていただけるレザージャケットに仕上がりました。

パンツには同じく新作の“KIJI”の“TUCHI”から新色の Black が初登場です。昔のリーバイスのスタプレパンツ Black を彷彿させてくれるようなデザイン。高めのウエスト位置とバックポケットにしセンタークリースを入れ、さらにキレイなシルエットを追求したデザイン。

Jacket / KIJI / 3 / 110,000+tax
Knit / PHLANNÈL SOL / 3 / 14,000+tax
Pants / KIJI / 4 / 22,000+tax
HEIGHT / 171cm

“KIJI” オリジナルのデニム地を程良いフレアにし、足元を選ばずに、レイヤードにも使いやすいデザインは野暮ったさの一切を排除された大人のフレアパンツ。無類のフレア好きの僕としてはデニムでブラックというだけで気持ちが高まります。世には出ていないリーバイスの Black 646 フレアシルエットが存在していたらこんな感じなのかなと想像も膨らみます。店頭にて“KIJI”の新たな世界観と新作を目で見て手で触って是非感じて下さい。

BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannèl Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram

BLOOM&BRANCH AOYAMA
TEL 03-6892-2014

既視のデザイン

KIJI / 2WAY COLLAR LEATHER JACKET WOMENS / 95,000+tax

革を身に纏うという衣服の形態はおそらく狩猟時代からあったのであろうと想像できます。食物の副産物として手に入るそれは高い保温性、防風防水性を発揮し、人々の身体を自然の猛威から守ってきたことでしょう。ですがそれが発展し誕生したレザージャケットというものの起源については、その痕跡を辿るための資料などが乏しく幾分不明瞭なところがあります。それはレザージャケットというものがフォーマルウェアとしてのスーツやシャツ、はたまた軍用のアーミージャケットとは異なり商用の消費物として生まれたことに起因しているのでしょう。

では、そんな消費物として誕生したレザージャケットは、その時の流行の産物として廃れていき、時代に置いていかれてしまったものであるのかというとその答えはもちろん“NO”です。バイカーのためのジャケットとしてハーレーダビッドソン社が生み出したとされるそれは、革本来のもつ高い耐久性を存分に生かしたものであり、それは当時のバイカーのみならず世の人々に広く受け入れられ発展を遂げてきました。

時代を超えたその発展とアイテムの存在の継続は、本来持ち合わせたその圧倒的な有用性があったからこそ成立したものであると同時に、デザインの寄与するところは非常に大きいのではないかと思います。

KIJI / WWⅡ LEATHER JACKET MENS / 110,000+tax

無から有を生み出すことこそ最も創造的なデザイン活動であると思われがちですが、それと同時に、既存のものに価値を見出すその再発見の視点や感覚もまた忘れがたく創造的な活動であって、その創造活動の連続によって、既に存在していた「レザージャケット」というものが、大きく形を変えることはなかったにせよその時代時代にフィットするように価値を柔軟に変容させながら生き延びてきたのではないかと、私は思っています。

KIJIから新たにリリースされたそれらも、既視のものを全く新鮮な目で見つめ直し、新たな価値を付与したデザイナーの創造力の賜物ではないでしょうか。こうしてまた一つのアイテムが次の100年も消えることなく存在していくことになるのです。(守屋)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannel Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram

KIJI / WW Ⅱ Leather Jacket / Ogawa

Jacket / KIJI / 4 / 110,000+tax
T-Shirt / PHLANNÈL SOL / 3 / 14,000+tax
Pants / NICENESS / M / 58,000+tax
Ring / GIGI / 58,000+tax
Ring / GIGI / 46,000+tax
Shoes / DIMISSIANOS & MILLER / 40 / 50,000+tax
HEIGHT / 170cm

地中海沿岸産の原皮をトルコにて鞣し、国内で有数のドメスティックブランドの皮革衣料を手掛けている工場にて縫製されています。軽くて柔軟なため、動きがとりやすいのが魅力のレザーです。40年代第二次世界大戦モデルのU.S.NAVY ダンガリーデニムジャケットをベースに、シープスキンで再現されています。ショールカラーが柔和な表情へと昇華し、ライダースジャケットなどに見られるハードな一面を抑え、別物として着用していただける一枚です。8月3日(土)より展開いたしますので、是非店頭でお試し下さい。(TOKYO 小川)

BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannèl Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram

BLOOM&BRANCH TOKYO
TEL 03-5379-2016

elsa esturgie / New arrival vol.1 / 19.8.3- / Release / Yoshimoto


baccarat / 43,000+tax
elsa esturie(エルサエストロジー)から、8月3日(土)より展開いたします秋の新作のご紹介です。
フランス・パリのデザイナーの手掛けるelsa esturieは、淡い色使いやディティールから生み出される女性らしさに惹きつけられます。


bouquet / 45,000+tax


bruine / 27,000+tax
三種類のワンピースは、一口に「ワンピース」とまとめてしまうのがもったいないほど、ビスコースなどの繊細な素材が存分に生かされています。フランス語で「霧雨」や「花束」という名前がつけられているのもまた可愛らしく、長く大事に着続けたい一枚になりそうです。


brio / 43,000+tax
それから、V字の襟が特徴的なオールインワン。その襟がデコルテをきれいに見せてくれることで、メンズライクなオールインワンも、丁度良いバランスで着こなしていただけます。袖を通したときの、上質なウール素材の肌触りもとても心地よいです。どれも、涼しくさらっと着ていただける一枚です。まだまだ暑さは続きますが、好みの一枚をお選びいただき、お洋服とともに秋の訪れを待たれてみてはいかがでしょうか。(AOYAMA 吉本)

BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannèl Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram

BLOOM&BRANCH AOYAMA
TEL 03-6892-2014

GALLEGO DESPORTES / New arrival vol.1 / 19.8.3- / Release / Adachi


chemise enus ML / 34,000+tax
pantalon charlot / 32,000+tax

GALLEGO DESPORTESから2019年秋冬物の新作が到着しました。襟元にある細やかなフリルデザインが特徴的なポプリンシャツ。丈が短く、幅広のシルエットが一枚でも存在感を際立たせます。ウエストにデザインがあるパンツやハイウエストパンツとのメリハリのあるスタイリングがお勧め。


chemise emmanuelle / 36,000+tax
pantalon angele / 28,000+tax

顔周りにまでかかるハイネックが特徴的なビッグシャツはオーバーサイズな分、一枚で主役なスタイルに。キュプラ100%のパンツは今時季も軽やかに着用して頂けて、秋冬はローゲージのニットとの組み合わせも素敵です。一点一点細やかなデザインと肌にフィットするノンストレスな着心地はGALLEGO DESPORTESの特徴の1つ。8月3日より展開いたしますので店頭にてGALLEGO DESPORTESの世界観を感じて下さい。(AOYAMA 安達)

BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannèl Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram

BLOOM&BRANCH AOYAMA
TEL 03-6892-2014

機能とデザインの共存するところ

Porter Classic for BLOOM&BRANCH / Fleece Shirt Coat Exclusive / 38,000+tax

アウトドアウェアの前提条件として、ごく控えめに言っても「過酷な環境下での使用」は絶対でしょう。0℃を下回る外気や、それを伴って吹きすさぶ雨や風、かと思えば照りつける太陽が酷暑を誘い、汗の滴る身体は己の力のみならずその外に纏った服に解決策を求めます。そんな状況の中で着用されることを踏まえて生み出されるアウトドアウェアを街で着用するとどうなるのでしょう。

勿論、たとえ山の上でなくてもその持ち前の機能美はいかん無く発揮されることでしょう。そして圧倒的な快適性を提供してくれることは目に見えています。それでも何故ほとんどの人々は、街でそんなに便利なアウトドアウェアを着用していないのでしょうか。私自身も、登山用のウェアを買いに出かけた店で、「これは街で着用しても最高の着心地なので是非デイリーに使ってください」と言われた経験があります。この時スタッフの方が発したその言葉は疑う余地なく100%正しいものだと分かってはいたのですが、やはり街で着たことは今のところありません。

それは、街で着るには過剰すぎるスペックや街にそぐわないデザインに依る所が大きいでしょう。白い雪山の斜面や暗い山道の中での視認性を重視した赤や黄色の目を引くカラーはデイリーな場面では着用場所を選ぶ場合もありますし、ワードローブに馴染ませることは容易ではありません。止水や防風を最低条件として考案されたディティールのデザインも、街で着るときには「不要な飾り」と化してしまいます。

とはいえ驚くほどの軽量化を実現しながら保温性や通気性の優れた機能を持ち合わせた素材は是非とも街でも活用したいしその快適な着用感を日々体感していたいと思うものです。そのための解決策として一つ言えることは、アウトドアウェアに対して「機能とデザインとの共存可能性」を最大限に探って行くべきなのです。

"コンクリートジャングル"の中に馴染むシックなカラーやミニマルなデザインを、ポーラテック社製のフリースという頼もしい生地が下支えしているこの一着の、細かなデザインの拘りはここでは取り上げませんが、「機能とデザインの共存可能性」について究極まで考え抜き一つの答えを出した一着の存在自体に、まずは注目していただきたいと思います。先行予約は7月31日を持って締め切りとなります。(守屋)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannel Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram

KIJI / Samue Jacket / 19,7,27- Release / Koumura

Jacket / KIJI / 2 / 38,000+tax
Shirts / THE INOUE BROTHERS / XL / 7,000+tax
Pants / Phlannèl / 3 / 26,000+tax
Shoes / Le Yucca's /39,5 / 235,000+tax
HEIGHT / 168cm

7月27日(土)よりKIJI 19AW Collectionが立ち上がります。美しい光沢が特徴のDUPION SILK STRIPE シリーズは、経糸に均一なポリエステル、緯糸にスラブ感のある玉糸シルクを使用。通常、繭は1匹の蚕から作られますが、偶然2匹の蚕から作られた希少な繭があり、そこから紡いだ糸を玉糸と呼びます。全体の2~3%しか作られない希少な玉糸で、ランダムなスラブ感のある表情が魅力的です。作務衣のような楽に羽織れる一枚仕立てのジャケットは、夏から秋にかけての羽織物としても重宝します。是非、一度袖を通してみて下さい。(AOYAMA 香村)

BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannèl Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram

BLOOM&BRANCH AOYAMA
TEL 03-6892-2014

KIJI 19AW COLLECTION vol.1 / 19.7.27- / Release / Adachi


Jacquard Smock Onepiece / 46,000+tax

南アフリカで伝統的に手書きで行われている泥染めの柄を、日本のジャガードにて再現。ネック部分にたっぷりギャザーの入ったワンピースは前後を逆にして着用して頂けます。これからの時季は一枚で、秋冬にはタートルネックのインナーを着用するのも素敵です。


Sleeveless Dress / 33,000+tax

レーヨンとシルクが使用されたワンピースは、生地感で伝わる女性の軽やか感と膝から斜めに切り替わるギャザーは一枚で可愛らしさを演出してくれます。デニムパンツやレギンスとの合わせも。


Smock Onepiece / 36,ooo+tax

Jacquard Smock Onepieceと同様のデザインですが、より軽さのある生地なので着用した際のドレープ感は特徴の1つになっています。前後逆にし、ネックをつめて着用するのもお勧めです


Wide Easy Trousers Womens / 30,000+tax

今回ご紹介した、KIJIの新作アイテムは奄美大島特有の泥田に含まれる鉄と化学反応させて染色する伝統技法、「泥染め」を採用したものです。車輪梅(シャリンバイ)から輸出したタンニンを何度も素材に染み込ませます。回数を重ねるごとに濃いカラーに。泥染めならではのグラデーション、ムラ感は着用するたびに楽しんで頂けるコレクションになっています。店頭にて手に取ってご覧下さい。(AOYAMA 安達)

BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannèl Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram

BLOOM&BRANCH AOYAMA
TEL 03-6892-2014

 

 

Phlannèl Special Interview vol.2 - 生活とデザインは繋がっているということ

Phlannèl / Cool Cotton 2B Sack Jacket / 58,000+tax

じわじわと実感する良さ

ご自身でいつもPhlannèlのアイテムを良く着られているのを見ますが、それはやっぱり作る服が好きだからでしょうか。それとも検証のためでしょうか。(守屋)
--両方です。この職業の醍醐味の一つは自分でデザインした服が着られることです。自分が生み出す服ですから、好きということは当然ですし、何より自分が一番の味方でいないとお客様に勧めることも失礼になってしまいます。
そしてもちろん検証も大事です。着ることでその時の気持ちや着心地、そして経年変化などがわかります。素材がベースにあってそこから製品を企画しているので、特に着心地と経年変化には興味がありますね。

私は、初めて着た時がベストの状態の服ではなく、着るほどに良さを感じられる服を作りたいと思っています。実際、Phlannèlの服を着ると、2回目以降からじわじわ良さを実感します。(Phlannèl 浅川)

Cool Cotton Balloon Tapered Trousers / 34,000+tax

洋服というのは着るという行為を通して、着る人の気持ちを上向きにしてくれたり、着飾ることの高揚感を楽しませてくれるものですよね。でもPhlannèlの服は私にとってはそうではなくて、生活の軸になるものであり、不可欠性の強いものです。デザイナーとして、Phlannèlの服が担う役割についてどう考えていらっしゃいますか。(守屋)
--道具のように、使えば使うほど馴染んで、良さを感じ、日常になくてはならない存在になっていく。そんな役割です。そして、日常を豊かにしてくれる服と言いますか、例えば体調がなんだか優れないけれどお仕事へ行かなければならないときがあったとして、その時にPhlannèlの心地良い服を着用することで癒しを得ることが出来たり。シンプルで、地味に見えてしまう洋服ですが、先ほども言ったようにじわじわと良さを感じられるのがPhlannèlの服です。(浅川)

健全な身体と精神と、デザイン

聞けば聞くほど、Phlannèlへの愛情と洋服への一貫した視点があるなあと感じます。こうして好きなことを追求し、自分にとってのアイデンティティーや自分のSOL(土壌)となるものを育んで来られた過程で、そのSOLを豊かにするためにやって来られたことってあるのでしょうか。(守屋)
--私の場合はとにかく洋服が大好きで、デザイナーになりたい!と中学生の頃に決めてからは、ぶれることなく、たとえ才能がないと言われようが諦めずに粘り続けて、今でも大事な家族以外は仕事一筋です。(笑) ですのでこの職業を豊かにするために、それにまつわることにずっとアンテナを張り、インプットとアウトプットを繰り返し実践してきました。
それに加え今企画を練るために大切にしていることは、日常をなるべく丁寧に過ごし、また、心と身体を健全に保ち、デザインを考えるときの勘みたいなものを鍛えることです。以前、ベルリンにあるバウハウス資料館へ行った時に、「健全な身体と精神を持たないと良いデザインは生み出せない」という考えからバウハウスの校舎の横には運動場が設けられていたと聞き、感銘を受けました。

日常を丁寧に楽しく過ごし、日々の生活の中にデザインのヒントが沢山潜んでいると思うのでそれを見逃さないということです。つまり、生活とデザインは繋がっているということ。(浅川)

前半を読む)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannel Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram

Le Yucca's / Vintage Slip-on / Tomita

Shirts / Phlannèl / 2 / 26,000+tax
Pants / 20s Vintage / 43,000+tax
Shoes / Le Yucca's / 122,000+tax
Eyewear / Lunor / 37,000+tax
HEIGHT / 171cm

イタリア、ENZO BONAFE社の工房で職人の手により作られる、デザイナー村瀬由香氏によるLe Yucca's(レユッカス)。誰しもが一度は履いてみたいと思うローファー。名前の通りヴィンテージのローファーを意識したデザイン。低めなトップフォルムに美しく伸びるトゥ、横から見るとエレガントなヒールカップは時空を超えたアンティークのような佇まい。他のローファーを寄せ付けないオーラを身に纏い、唯一無二のローファーが出来上がりました。こんな色気のあるローファーにはパンツにフレンチヴィンテージのファイヤーマンパンツを合わせ、さり気ないドットが溶け込むコットンウールのシャツでスタイリング。リラックス感のあるスタイリングにぜひ足元はこちらのローファーを。素材は夏でスタイリングは秋へ。ぜひ店頭でご確認ください。(AOYAMA 冨田)

BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannèl Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram

BLOOM&BRANCH AOYAMA
TEL 03-6892-2014

Le Yucca's Exclusive for BLOOM&BRANCH / 19.7.20- Release / Koumura

7月20日(土)よりLe Yucca's Exclusive for BLOOM&BRANCHを発売いたします。今回は、AOYAMAとTOKYOそれぞれ異なるデザインのエクスクルーシブモデルをご用意いたしました。


U-Tip Shoes Crocodile Exclusive  / 235,000+tax

こちらは、定番のUチップにクロコダイルのコニャックカラーをのせたスペシャルな一足。クロコダイルの臀部から僅かにとれる綺麗な箇所の革を使っています。大きな革を使わなければならないプレーントゥなどと異なり、接ぎの多いUチップだからこそ小さな臀部の革を使え、通常のレユッカスのクロコダイルよりも価格を抑えた製品化を可能にしています。

うっとりするほどの艶やかなクロコダイルのレザー。大小異なった鱗がまた味わい深いです。色香の強いイメージのクロコダイルですが、Le Yucca'sらしい女性的な木型の為、自然にスタイリングへ落とし込めます。


Vintage Slip - on / 122,000+tax

19AWの新作ローファー。ヴィンテージの雰囲気を醸すデザインで、低めなトップラインが上品な仕上がりに。さり気なくあしらわれたグログランパイピング、爪だしのコバがアクセントになります。

デザイナー村瀬氏の感性を存分に感じていただける今までにはない格別の2足が仕上がりました。尚、TOKYOでは新作の2型に加え、Womensモデルもご用意しておりますので、是非、ご覧下さい。(AOYAMA 香村)

BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannèl Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram

BLOOM&BRANCH AOYAMA
TEL 03-6892-2014

Le Yucca's Exclusive for BLOOM&BRANCH TOKYO / 19.7.20- Release / Yonamine


Ghillie Shoes Exclusive  / 128,000+tax


デザイナー村瀬由香氏により手掛けられ、イタリアの名門ファクトリーであるENZO BONAFE社の工房で熟練の職人たちにより作られているLe Yucca's。当店でも毎シーズンご好評頂いているLe Yucca'sですが、この度7月20日(土)より、Le Yucca's Exclusive for BLOOM&BRANCHとしてTOKYO店エクスクルーシブモデルをご用意させて頂きます。ブランド定番のGhillie Shoesを、今回の別注ではトゥ部分のメダリオンを省き、ヒール部分のみのワンポイントに。そして1番の特徴として定番のKARENAラストから新型のBOWIEラストへ仕様変更し、エレガントな5㎝ヒールが特徴的。鏡面仕上げはデザイナー自らが行っています。オーセンティックかつ艶やかな表情は、今までにないGhillie Shoesの魅力が存分に楽しめる1足です。


U-Tip Shoes Caviar / 124,000+tax


定番のUチップは通称キャビアと呼ばれる型押しのカーフでご用意いたしました。こちらもBLOOM&BRANCH TOKYO店のみの展開となります。KARENAラストの上品且つ快適なフィッティングが特徴的な1足。型押しの落ち着きあるクラシックな表情に、上品なラストが合わさり絶妙なバランス感を生み出しています。デニムやチノ等のカジュアルはもちろん、ドレスライクなスタイリングにもいかがでしょうか。どちらのモデルもそれぞれの特徴により存分にお楽しみいただけるかと思います。是非店頭にてご覧ください。(TOKYO 与那嶺)

BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannèl Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram

BLOOM&BRANCH TOKYO
TEL 03-5379-2016

 

Phlannèl Special Interview vol.1 - 繊細で真面目な日本人の気質

Phlannèl / Cotton Pin Tuck Dress Shirt / 29,000+tax

今19AWシーズンより新たなレーベルも立ち上がり更なる世界観の追求を続けるPhlannèl。そんなPhlannèlの変わらない価値観や、洋服の持つ役割についての独自の解釈など、幅広いお話をデザイナーに伺いました。

決まりごとと、それを貫くことで見える独自の個性

19AWシーズンのPhlannèlのテーマや試みについて教えてください。(守屋)
--毎シーズン特にテーマは設けていませんが19AWは本来のPhlannèlに立ち返って、シックで渋めな色合いで組み立てました。また、昨今の気候変動が今までとは変わってきていることもあり、シーズンレスで長い期間活躍する素材とアイテムを提案することを意識しました。(Phlannèl 浅川)

19AWにPHLANNÈL SOLが新たにローンチしましたが、それによってPhlannèlのコレクションラインの立ち位置や役割に変化はありましたか。(守屋)
--SOLは日常の道具に近い立ち位置のアイテムで、よりプロダクト的な意味合いが強いです。そんなSOLがあることでコレクションラインではこれまでより一層上質でスタイルのあるPhlannèlの表現が出来るようになったと思います。実際に、コレクションラインで使用する素材のクオリティーはアップグレードしています。(浅川)

より一層スタイルの表現が出来るようになったとのことですが、それでもPhlannèlの服にはどこかいい意味で無個性さや無名性を感じます。そんな印象の中に「Phlannèlらしさ」を成立させることが出来る所以はどんなところにあるのでしょうか。(守屋)
--Phlannèlの企画をする上でいくつかの決まりごとを作りました。例えば「天然素材しか使わない」など。その決まりごとを守り、貫くことで、ブレない「らしさ」を保っています。かといってこれを一寸違わず守り続けるだけでは新鮮さもなくなってしまうので、新しい挑戦をいつも試行錯誤しながら繰り返しています。もしPhlannèlらしからぬアイテムを見つけたら、その挑戦と思ってください(笑)(浅川)

Phlannèlらしさ、日本人が作ることの意味

そもそも「Phlannèlらしさ」についてなのですが、いつもこうしてブログ記事を書く時や人に伝える時などに言語化するのが難しいと感じます。「日本人に馴染むニュアンスの色表現」とか「職人並みに拘り抜く素材」がPhlannèlの良さだという個人的な解釈はあるのですが...(守屋)
--よく「どこの国の服ですか」と外国の方にも聞かれますが、色はヨーロッパをベースに日本人なりの解釈で組み立てています。素材については、新人時代から国内外問わず本当にたくさんの素材を見せていただける環境にいましたので、その中で素材を選ぶ基準やテイストが培われてきました。今はそれに裏打ちされた感覚や勘を大切にして、こだわる部分は拘り抜いて素材選定をしています。ただ、拘りが強すぎても逆に伝えたいことが伝わりにくくなったりもするので、やはりバランスが大事だとは思います。(浅川)

そんな「らしさ」のあるPhlannèlを一言で表現するならどんな言葉を使いますか。(守屋)
--「生真面目な日本人が作る服」、「日常を品良く丁寧にしてくれる服」...。
Phlannèlはユーロビンテージなどヨーロッパをベースに日本人がデザインし、日本人が作ることで、繊細で真面目な日本人の気質が出ている服です。日本人でも勿論いろんな気質の方がいて、大胆でパンチの効いているデザインもあります。良くも悪くも真面目なデザインは 面白みが足りないとも思われてしまうかもしれません。でもそれくらい、着る人の個性を大切にし、そっと寄り添う服、でもなくてはならない存在でありたいと思っています。(浅川)

(後半へ続く)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannel Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram

Phlannèl / 2019AW New Arrival 7.13.(sat).Release / Tomita

Knit / Phlannèl / 2 / 15,000+tax
Shirts / Phlannèl / 3 / 29,000+tax
Pants / Phlannèl / 3 / 34,000+tax
Outer / Phlannèl / 3 / 58,000+tax
Shoes / Le Yucca's / 118,000+tax
Eyewear / Lunor / 53,000+tax
HEIGHT / 170cm

本日は7月13日リリースのPhlannèl(フランネル)新作のご紹介です。1920年代のフランスヴィンテージから着想を得たサックジャケットとテーパードパンツはゆったりしたボックスシルエットが特徴。肩落ちしたようなサイズ感と昔ながらのゆったりした絶妙なバランスを追求したジャケットは袖を通して頂くと良さが分かって頂けるはず。ジャケットの中にはタートルネックで品良く着て頂くのも良し、シャツを重ねて渋めに着て頂くのおすすめです。パンツも腰回りはゆったりとし足元にかけてバルーンシルエットになっていく形は軽さをもたらし、革靴にとても合います。フランネル秋冬のコレクションをぜひ店頭にてご覧下さい。(AOYAMA 冨田)

BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannèl Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram

BLOOM&BRANCH AOYAMA
TEL 03-6892-2014

Phlannèl / Cotton Wool Double Breasted Dress / 19,7,13- Release / Osaka

One piece / Phlannèl / 1 / 48,000+tax
Ring / GIGI / 46,000+tax
HEIGHT / 165cm

70年代のヴィンテージドレスから着想を得たダブルブレステッドドレス。防縮性のあるウールと超長綿とのブレンド糸で織られたソフトでバルキーさのあるツイル生地を使用しています。オープンカラーとダブル釦のデザインがマニッシュでフェミニン、ハンドプリント工場にてシルクスクリーンでプリントされたドット柄が目を惹きます。一枚ではもちろん、夏と秋の間の軽めのコートとしてもお使いいただける一着です。明日13日(土)よりPhlannèl 2019AW 1st Collectionが店頭展開致します。是非この機会に店頭にてご覧ください。(TOKYO 大坂)

BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannèl Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram

BLOOM&BRANCH TOKYO
TEL 03-5379-2016

 

北岡幸士 シンプルであること、心地よいこと / 陶・個展 / 19.7.13-19.7.21 / AOYAMA

マグTALL 線紋 / 3,000+tax


マグL 鎬 / 2,500+tax


デミカップ 鎬 /2,200+tax、デミカップ 線紋 / 2,400+tax


そば猪口カップ 線紋 / 1,800+tax、そば猪口カップ / 1,500+tax、


カフェオレボウル 鎬 / 2,200+tax


カフェオレボウル 線紋 / 2,200+tax

 


一輪挿し / 3,200+tax、花器 中 / 6,000+tax

明日より当店で初となる北岡幸士さんの個展 シンプルであること、心地よいこと をAOYAMAにて開催いたします。整った形に、独自の釉薬、適度な焼成、全てが調和させたバランス感覚に優れた北岡さんの作品は、どなたが手に取っても心地よく感じていただけるうつわです。九州で採れる黒土と白土を使用した、マットな質感の美しいコントラストにも惹かれます。700点以上にも及ぶ、多数の作品をご用意していただきました。是非、この機会にご覧下さい。(AOYAMA 香村)

BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannèl Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram

BLOOM&BRANCH AOYAMA
TEL 03-6892-2014

蝶野秀紀 / 拭漆箸 / Hirado


拭漆四角箸  / 3,000+tax

拭漆五角箸 / 3,500+tax

大変ご好評頂いております蝶野秀紀さんの拭漆箸が入荷致しました。毎日必ず使う箸は、「消耗品」の部類に入り、ある程度の使用で処分してしまうことが多いかと思います。ですが、蝶野さんのお箸は見た目はもちろん、実用性も兼ね備え、長く使える箸を制作しています。四角と五角の二種類があり、それぞれ黒と灰色の錆漆で滑り止めを施すことで使い心地と見た目を両立させています。表面の劣化を補修しながら長くご愛用頂けますので、是非日々の食卓に品を添えてくれる蝶野さんの箸を、ご自分用、そしてご家族用、大切な方への贈り物としていかがでしょうか。(AOYAMA 平戸)

BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannèl Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram

Phlannèl / Washi Cotton Basque Short Sleeve Shirt / Sasaki


Washi Cotton Basque Short Sleeve Shirt / 14,000+tax

日々気兼ねなく使えるボートネックシャツ。何枚あっても助かるところ。適度に肉厚でそれでいて通気性の良いものをお探しの方へPhlannèlの Washi Cotton Basque Short Sleeve Shirtは丁度良いのではないでしょうか。空紡糸と美濃和紙を拘りの比率で練り上げたからこそ袖を通せばすぐにわかる柔らかさとシャリ感の絶妙さには素材の良さが伺えます。ゆったりめのサイジングはリラックスして着て頂け、浅めの前下がりのシルエットを活かしてスカートでバランスの良く甘めに着こなしても良し。勿論パンツでミリタリーさを纏って頂いても。是非店頭にてご覧ください。(TOKYO 佐々木)

BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannèl Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram

BLOOM&BRANCH TOKYO
TEL 03-5379-2016

Cristaseya / Washi Paper Pleated Skirt / Osaka

T shirt / Phlannèl / 0 / 14,000+tax
Skirt / Cristaseya / 87,000+tax
Bag / CECCHI DE ROSSI / 27,000+tax
Bracelet / GIGI / 64,000+tax
HEIGHT / 165cm

和紙の素材を織り上げた独特な雰囲気を放つニットスカート。腰から落ちるプリーツとその素材の持つ表情の豊かさが印象的な一着。程よく透け感のある軽さのあるニット地は、所作を女性らしく演出しシンプルな着こなしでも華やかさが感じられるものへ。爽やかさの中にも深みのあるシックなブルーのお色目、ワンランク上の夏のスタイリングが楽しめます。(TOKYO 大坂)

BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannèl Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram

BLOOM&BRANCH TOKYO
TEL 03-5379-2016

CATEGORY
RECENT POST
POLYPLOID / New Arrival vol.1 / Yoshimoto
MARIA RUDMAN / SAMI Collection / 19,8,24- Release / Tomita
情報とロマンスを一手に
内田悠 / -revive- / 木工・個展 / 19.8.17-19.8.25 / AOYAMA / EVENT
内田悠 / -revive- / 木工・個展 / 19.8.17-19.8.25 / AOYAMA / EVENT
ARCHIVE

RSS Feed