BLOG

Vintageは両義的

Vintage / Herringbone Fireman Trousers

Vintageの魅力の一つは、その一期一会の刹那性です。これを逃すともしかしたらもう一生出会えないかもしれないという、何とも所有欲・購買欲を掻き立てられるワードに幾度となく遭遇し、自制心を闘わせ、そして惨敗してきたことでしょうか。そんな方も多いと思います。 では何故、「もうこんなものに一生出会えないかもしれない」と思うのでしょうか。希少であればあるほどその思いは強いかといえば実はそうではなくて、あまりに希少すぎるものはかえって自分では所有してはいけないような気分にさせられます。誰か、もっとVintageを愛してやまない誰かか、熱烈なコレクターの元へ届くべきだと思ってしまいます。

Vintage / 50's Blue Cotton Jacket / 18,000+tax

Vintage / 50's French Hospital Military Coat / 18,000+tax

「こんな素敵なものに出会えてよかった」と思えるポイントはいくつかありますがその最大のポイントは、目の前にあるそのものの持つ、ちょっとした色褪せ、ほころび、傷、前の所有者が書いたかもしれないサイン、そんな所にあると私は思います。私ではない誰かから見るとそれは単なる汚れで、そんな一着は「綺麗ではない普通の古着」になるのですが、そこに魅力を見出してしまったらそれが「私にとって特別な一着」になるのです。

Vintage / Blue Patchwork Jacket / 33,000+tax

Vintage / 40's French Army Motorcycle Overpants / 16,000+tax

「汚れ」「傷」「破損」そんな様々なポイントが何物にも代え難い魅力になる。そういった意味でVintageは両義的なものであり、それがたくさんの人を虜にしているのでしょう。そんなことを考えながら、宝探しをするような気持ちで古着を見ると本当に幸せな気持ちになれます。そしてそんな気持ちで少し眺めていただきたいなと思っています。(Pari Vintage Market Vol.3)(守屋)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannel Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram