BLOG

時間の価値とその使い方、そして丸い鍋を囲むこと

林 拓児 / 土鍋 平 大 / 25,000+tax 大村 剛 / 黒手付小皿 / 4,000+tax 醤油差し / 3,500+tax

冬のこの時期の我が家では、奥に潜んで休憩する間も無くスタメン選手としてガス台の上で活躍し続ける土鍋。電化製品を減らすことを目的として土鍋でお米を炊く生活を数年前に始めたのですが、そんな習慣も相まって欠かすことの出来ない大切なポジションを担っています。そして土鍋ご飯は、慣れてしまうと炊飯器にお米をセットするよりも簡単で、何より初めて自分で炊いた炊きたてご飯の美味しさには文字通り目を丸くして驚きました。

もちろんそれだけではなく、野菜や肉団子やお豆腐など好きな具材をこれでもかと放り込んでぐつぐつ煮立つ鍋で温めて食卓にそのまま出し、誰かと一緒に鍋を突く晩御飯も冬ならではの楽しみです。共働き家庭の増加とともに家族皆で食卓を囲むことが当たり前でなくなった家庭も少なくないかと思いますが、誰かと一緒に食事をすること、一つの鍋を一緒に突くこととその時間の共有は、おろそかにしてはいけない大切な時間の過ごし方であり家庭の本来あるべき姿なのではないかと思います。

 

食卓の真ん中に丸い鍋を置き、あたたかな部屋で毎日追われていた仕事から束の間の解放を得て、心からゆっくりと過ごしてみることは、時間に追われる日々の中の贅沢な贅沢な自分へのご褒美にもなるでしょう。そして新たな気持ちでまた次の日の朝目覚め、健やかな気持ちで家を出て、出来る限り懸命に誰かのため、何かのため、そして自分のために働き、またあたたかな家へ帰ること。その繰り返しの困難さを可能にするのは、きっと心休まる家での時間があるからに違いないと、そう思っています。

新しい年こそ、そんな日常の大切な時間をもっと尊ぶ心の余裕を持ちたいと、自分自身に言い聞かせる思いで本年最後のブログ記事を終えようと思います。本年もBLOOM&BRANCHをご愛顧頂き、またこのような拙文のブログをご覧頂き、誠にありがとうございました。(守屋)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannel Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram