BLOG

名もなきストライプは誰かの手によって

Phlannèl / Stripe Poplin Band Collar Shirt / 24,000+tax

チョークストライプは几帳面で硬派な大人の、どちらかといえば男性的な印象を与える柄で、ピンストライプは感性に優れた少し物腰が柔らかいけれど芯のある、どちらかといえば現代的な女性をイメージさせる柄。ロンドンストライプは少しファッショナブルで個性的な、拘りの強い印象を与える柄。

一口にストライプと言ってもその柄の種類はごまんとあり、与える印象も多岐に渡るという非常に奥の深い柄です。チェックも同様にそのバリエーションの豊かさは言わずもがな周知のことですが、チェックに比べて私はストライプに惹かれ、興味を持ちます。理由はいくつかありますが、一つにはその控えめでトレンド性に欠ける存在感ながら、ストライプこそそれを扱う人の性格が一目で伝わる繊細な柄だと思うからでしょうか。チェックは毎年トレンドの一つとして挙げられやすく、マドラスチェックばかりが目に入ったシーズンもあればギンガムチェックのような至極普通と言えなくもない単調なチェックを着てる人ばかり見かけたシーズンもありました。

ただストライプは、これと言ってビッグトレンドになりにくい印象がある一方、毎年どこかで必ず見かけ、さらにその柄は、リリースしているブランドらしさやデザイナーの内面性すら浮かび上がらせているような内包する個性が爆発した印象がありとても興味をそそられます。そしてそれらを身に纏った人には、その人の個性との相互作用もあってまた違った個性と印象を爆発させる化学反応が起こります。

控えめで一見個性がなさそうに見えるPhlannèlのストライプは、頭でっかちなデザイナーの思考回路の複雑さがぎゅっと詰め込まれ、計算しつくされた理性あるデザインを優れた感受性による独特のセンスでまとめ上げられています。柔和だけれど真面目で、更にファッショナブルだけど昔からあったような気もする不思議な感覚は心地よく今の感覚にフィットします。そしてこれを誰かが着ることで、新しい価値が加わるその化学反応が楽しみな一着です。(守屋)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannel Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram

RECENT POST
Phlannèl / 19AW Collection vol.4 / 19.9.12- / Release / Adachi
Phlannèl / Wool Yak Cable knit Short Cardigan / Kim
Phlannèl 19AW Collection vol.4 / 19.9.12- / Release / Ogawa
CASEY CASEY / New Arrival Vol.1 / Tomita
Phlannèl / Wool Mohair Long Mantle Cardhigan / 19.9.12- Release / Osaka
ARCHIVE

RSS Feed