BLOG

矛盾の中に見出す女性像

YLÈVE / COTTON TYPEWRITER SK / 45,000+tax

ジェンダーレスが叫ばれて久しい今、女性がメンズアイテムを着用することも、逆に男性がレディースアイテムを着用することも珍しくない時代になりました。最近は男性がヒールシューズを履いている姿を東京のど真ん中では見かけるようになり、ファッションの際限のない多様性には走り続けても追いつけないスピード感と他を顧みない潔い主観性が見受けられます。

そんな中、女性らしさのあり方も少しずつではありますが変化をしているように感じます。「女性らしさ」とは可憐で弱く繊細で、美しく、そして華やかであるものだった時代、フリルやレース、そして柔らかな素材感が一般的でした。それから社会に女性が進出するようになり「強い女性像」が確立され、パワーショルダーのジャケットなどが脚光を浴び、男性と女性の対等性が強まったように思います。

そして今、男女の境なく服を楽しむ時代に、男性的な洋服の中に女性らしさを見出す一種の矛盾とミックス感が新しい価値を持っているのではないでしょうか。ただ、メンズライクな着こなしやアイテムの中に女性らしさを見出すバランス感覚はなかなか難を極めるもので、それを完璧なまでに形にしたのがYLÈVEだと思います。(守屋)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannel Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram