BLOG

比例関係

Phlannèl / Cotton Silk Airy Dress / 40,000+tax

良い服の持つ「着るほどに深まる良さ」というのは、決して自然発生的に現れるものではない、と私は常々思っています。そしてその「深まる良さ」を作り出す上で、その洋服に対する「着る側の愛着」というのが、忘れられがちですが決して外せない重要な構成要素であると考えています。

もちろん上質な素材であることは大前提として、作る側が「長く着られることを想定していない」服であれば、着るほどに深まる良さなど存在するわけもありません。ですが、そのように大切に選び抜かれた上質な素材の変化を、単なる劣化に留めてしまうのか、はたまた「深まる良さ」に昇華させるのかは「着る側の愛着」に依存します。

良い服だけれどカジュアルなシーンで着ることができる服は、現代の市場には数え切れないほどに溢れています。ですが、そんな上質な服たちを着る側は当たり前に享受し、心なくそれらを洗濯機に放り込んでしまったなら、きっと滲み出るはずの「味わい深さ」さえも強力な漂白剤によって消されてしまうのです。

当たり前に手に入るものかもしれないけれど、それらと共に過ごす日々をしっかりと大切に過ごし、そしてそんな日々を重ねることが出来たときに初めて、洋服たちの中から「深まる味わい」は生まれ、育って行くものではないでしょうか。

「着る側の愛着」によって服が見せる表情は変化し、「味わい深さ」は言わずもがな愛着の度合いに比例します。服の良さに甘んじてしまっては結局何も生み出せません。(守屋)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannel Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram