BLOG

MARIA RUDMAN / SAMI Collection / 19,8,24- Release / Tomita

本日は8月24日(土)リリースの MARIA RUDMAN (マリアルドマン)をご紹介させて頂きます。
デザイナーの MARIA RUDMAN はスウェーデン生まれ。1966年にスウェーデンのサミ族の伝統工芸の力を借りたデザインを発表し始め、現在に至ります。1000年以上の伝統を持つスウェーデンのSAMI(サミ族)に依頼し、伝統工芸からなるモダンなアクセサリーが特徴です。
SAMI L 1 / 102,000+tax
存在感のあるトナカイレザーにピューター(刺繍)と呼ばれる銀糸を織り込んだ独特なブレスレット。
トナカイの革は年を重ねるごとに朽ちた色に変化し所有者の色に染まる美しいナチュラルカラー。
SAMI N 14 / 48,000+tax
重ね付けにもおすすめなシリーズ。男女問わず身に着けて頂きたいアクセサリーです。
SAMI N 15 / 48,000+tax


留め具はトナカイの角を使用。削って艶を出した繊細な素材は職人の技術が物語っており、マリアルドマンのブレスには欠かせないキーマテリアルとなっています。
SAMI L 2 / 102,000+tax
SAMI M 3 / 68,000+tax
シンプルながらスタイリングを選ばないこちらの形は通常のラインよりクラシックなスタイルで、生産が追い付いていない希少なモデル。秋冬はヴィンテージデニムに白シャツで袖は短くめくり、時計や無駄な装飾は一切身に着けず、このマリアルドマンだけ付けた着こなしがおすすめです。
SAMI M 5 / 68,000+tax


SAMI M 12 / 68,000+tax

こちらもベースはトナカイレザーにデザイナー自らが厳選したカラーフェルトを挟み、クラシックなディティールですが、どこか温かみのあるデザイン。それぞれの作り手により柄や色も様々で生産数も限られており、単なるアクセサリーという枠を超えたマイヴィンテージに成り得る作品。デザイナーマリアルドマンの感性とサミ族伝統的な技術を存分に感じていただける究極のブレスレットに仕上がっております。是非、青山店にてご覧下さい。(AOYAMA 冨田)

BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH AOYAMA Instagram
KIJI Instagram
Phlannèl Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram

BLOOM&BRANCH AOYAMA

 

CATEGORY
RECENT POST
Phlannèl / 19AW Collection vol.4 / 19.9.12- / Release / Adachi
CASEY CASEY / New Arrival Vol.1 / Tomita
Pèro / New Arrival Vol.1 / Koumura
OUTIL / New Arrival vol.1 / Adachi
Phlannèl / 19AW Collection vol.3 8.31.(sat).Release / Tomita
ARCHIVE

RSS Feed