BLOG

無駄なく生きるとは何のためなのか

Gallego Desportes / Mantear Burby / 60,000+tax

自分自身の身なり、着こなしに無頓着である人たちが強い味方を得たように「スティーブ・ジョブズのように」という合言葉を口にしてその無頓着さを正当化する感性が一種のトレンドのようにもなっている昨今では、いかに効率的に生きるか、無駄を省いて生活を豊かにするかという視点が重要視されているように思います。

これまでと比べて圧倒的に速度は速く、密度は濃い現代社会にあっては、効率を求めていかないと時代に追いつくことすら難しかったり、仕事の場面のみならずプライベートの時間も十分に謳歌することが難しい場合もあるでしょう。そうして効率性を追い求めた結果、毎日着る洋服に悩む時間を無駄と見なし、削減するべく「スティーブ・ジョブズ的な」着こなしをする人が増えたのだろうという背景も容易に想像が出来ます。

一方で、自分自身への配慮の一端を省略するという決断は、果たして誰の為に、何の為に生きているのかという本質的な部分への問いかけを残すものであるようにも思います。「衣服は一番外側に表れるその人の内面である」と言われるように、それは本来自身の内面をじっくりと見つめ、問いかけ、答えを出して表現するツールの一つであるはずなのです。

Gallego Desportes / OOOOOO /

身なりへの配慮を排除することは、毎日の微妙な心境の変化をキャッチする機会をみすみす逃している、あるいは初めからないものと見なしていると考えることも出来ます。洋服を選ぶ以外に、自分を省みる方法なんていくらでもあると思っている人も多くいるかと思いますが、ではこんなに簡単に毎日の生活の一部として自身の内面の省察の機会があるのにも関わらずそれを排除することは、果たして100%の効率性を獲得する答えになっているのでしょうか。

全てはあくまで個人個人の価値観に委ねられた話にはなってしまいますが、自身を省みることをせずに日々効率を求めて生きることは、果たして誰の為なのでしょう。または何の為なのでしょう。考えたことはあるでしょうか。(守屋)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannel Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram