BLOG

パリでも、ニューヨークでもなく

Phlannèl / Baby Alpaca Multi Border High-neck Sweater / 34,000+tax

空気がすっと澄み渡って、頰をかすめる風の中にほんの一握りのひんやりとした心地よさを持ちながら、それでも太陽の温もりを目一杯抱え込んだ空気の柔らかさで溢れる秋の空気が、私は一番好きです。夏のくっきりとした世界の色は、一転してその彩度を下げながらも透明度を増してきらきらと輝き、全てがグラデーションの中で一体感を持ってすっぽりと在るべき場所に在るような、そんな心地良さがありませんか。

今年は関東をはじめ全国的に見てもなかなか紅葉が始まらなかったばかりか、夏の終わりと秋の始まりを行ったり来たりするようなどちらともつかない、よく言えば気持ちの良い暖かさが続く気候でしたのでなかなか秋の実感も湧かないままにとうとう11月を迎えてしまいました。ぽっかりと大事な季節を噛み締め忘れてしまったような不意を突かれたような感覚です。

そんな日々の中にでも少しずつ色づく街路樹の黄色やオレンジがあり、そしてそれを映し出すキャンパスとしての空は、青さを落ち着かせて街の色を引き立ててくれるような、薄いベールを纏った美しい青に変わりました。街のコンクリートも、からからと干からびてしまった素っ気なさから、本来あるべき潤度を取り戻したようにそこにある空気を集め、時折落ち葉のアクセサリーを纏って街にしっかりと同化しています。

Phlannèl / Wool Yak Cable V-neck Knit / 32,000+tax

夏にはきっぱりとそれぞれの色と個性と質感を主張しあって賑やかだった大地も自然も街も、秋にはそれぞれが調和し丸さを帯びて母のような寛大さと温かさを持ち、来るべき冬に備えているような、そんな感覚を覚えます。そのグラデーションを帯びる季節の色を目の当たりにし、日本ならではの秋の色と空気を感じながら、それらを忠実に再現しているPhlannèlのアイテムをふと思い出す。クローゼットを開けて、去年の冬に自分の身体を温めてくれていたニットを思い出す。

今年もようやくそんな季節がやってきました。このグレーを帯びた青は秋の空の色、もしくはグレーの濃さを思うとこれから寒さの増す季節の色かもしれません。ここにはパリの空の色はなく、ニューヨークもシアトルも、プーケットもハワイもリオデジャネイロもありません。ここには、確かな日本が表現されています。(守屋)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH Instagram
Phlannel Instagram

RECENT POST
KIJI / TAMOTO BAG / Adachi
今見ているもの
Antique watch / ROLEX, Cartier, JAEGER LECOULTRE / Ouchi
melissa joy manning / New Arrival / 19.12.7- Release / Kasuya
Scye / Wool Cashmere Melton Long Peacoat / Osaka
ARCHIVE

RSS Feed