BLOG

今見ているもの

灰釉粉引花入(松) / 10,000+tax

自然のものが絶対的な善であるとは限らない。自然から採取される天然の塩は、ミネラル由来の旨味と塩味を持つが出汁のような複雑さを伴う味わい深さを増進させることは出来ない。バランスよく整えられて用意された人工調味料は、それだけで味の濃さや旨味、重層感全てを増進させることが出来得る。

青灰稜花六寸台皿 / 5,500+tax

利便性と手軽さを重視すれば、もしかすると自然のものよりも人工のものの方が理に叶っていると言える場合もある。ただ、本当に身体が心地よく健やかに感じるものはどちらだろうか。そこに正解はなく、全ては個々人の感覚に委ねられる。

灰釉粉引片口(大・淡緑) / 7,500+tax

自然のものが絶対的な善であるとは限らない。自然から採れるものだけを調合した釉薬は色が安定せず、思った通りの色彩表現をなし得ないこともある。同じものを複数生産するためには、化学に頼り、色を安定させて思い通りの仕上がりを叶えてくれる釉薬の方が適していることは言うまでもない。

思っても見ない仕上がりを自然物ならではの表情と喜ぶか、色合いの異なる対のマグカップに違和感を覚えるかは感性の違いでありどちらも正解や不正解の価値指標には則らない。全ては個々人の感覚に委ねられる。

淡緑三島大皿 / 30,000+tax

自然のものが絶対的な善であるとは限らない。人工物が絶対的な悪であるとも限らない。ただ、自分の持つものや当たり前に世間に広まっているものたちを全て手放してみると、そこにただ在る自然のありのままの姿を、そのまま受け入れることが出来るようになるのかもしれない。不便も歪さも何もかもが、心地よく手を取り合って自分の中で成立するようになるのかもしれない。全ては、個々人の感覚に委ねられている。(守屋)

【川口武亮 / 今見ているもの】
WEB SHOP個展会期:12月7日(土) - 9日(月)
個展作品ページはこちら

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH Instagram

RECENT POST
Phlannèl / 20SS Collection vol.2 / 20.1.18- Release / Adachi
forme -made to order- vol.4 / 20.1.18-20.1.26 / Kasuya
Phlannèl / 20SS Collection vol.2 / 20.1.18- Release / Koumura
Phlannèl 20SS Collection vol.2 / 20.1.18- Release / Ogawa
Phlannèl 20SS Collection vol.2 / 20.1.18- Release / Osaka
ARCHIVE

RSS Feed