BLOG

Phlannèl Special Interview - 新たな挑戦の話

Phlannèl / Goat Suede French Army Vest / 70,000+tax

3回目を数えるPhlannèlデザイナーへのインタビューを2020SSシーズンアイテムの発売と共に掲載いたします。今シーズンより遂にレザーアイテムを手掛けるなど、これまで以上に深みを増し独自の色彩を帯びた新シーズンのコレクションを是非お楽しみください。そして、こちらの記事を通して現在のPhlannèlが見つめる視線の先を共有出来ればと思います。

 

生地は生き物

20SSシーズンのアイテムがリリースとなりましたが、今季のコレクションで新たに取り組んだこと、意識したことなどあれば教えてください。(守屋)
─この後の質問でも出てきますが、formeさんとのコラボレーションシューズの制作やレザーアイテムの制作が新たな試みです。あとはPHLANNÈL SOLのラインナップを増やしました。PHLANNÈL SOLだけでもよりブランドとして成立するようになったと思います。(Phlannèl 浅川)

意識的になのか、結果的になのか、今シーズンは前回よりもまた更に素材のクオリティの高さを感じました。展示会でどの素材のアイテムに触れてみても、すごく肌馴染みがよかったことが印象に残っています。
─19AWでもそうでしたがPHLANNÈL SOLが存在することで、Phlannèlコレクションの方は素材をアップグレードして制作しています。今季はそれに加えて、春夏のコレクションということもあり夏に快適な薄手の素材の使用を意識しました。軽やかさがありながら、その中でもテクスチャーなどではバリエーションを増やして、抑揚のあるコレクションに仕上げました。(浅川)

今シーズンのアイテムで特に作るのに苦労したアイテムはどれですか。(守屋)
─実は、洋服というのはデザインはあまり変えていなくても、そのデザインを新しい生地に乗せると突然何かしらの歪みが出てしまったりするもので毎回違う苦労があります。生地は生き物なのだなあと、そういった時にいつも実感します。ただ20SSは比較的作りやすい素材が多く、順調でした。敢えて挙げるとすれば、やはりレザーです。中々思うような仕立てにはなりませんでした。(浅川)

例えばどんな部分でしょう?(守屋)
─断ち切りの縫代始末のレザーは、なるべくその部分の幅が均一にいくように気をつけたり、前端や袖口カフス端などは特にですが、出来る限りフラットに仕上がるようプレスをかけたりなど綺麗に仕上げるのに細かく細かく注意して制作しました。これまでもお付き合いがあり信頼している先に縫製依頼をしていますが、また新たな課題も見えてきたりもします。(浅川)

そうは言ってもPhlannèlらしく無駄の削ぎ落とされた簡潔なアイテムの顔が見えて、とても素敵な仕上がりだと感じました。(守屋)
─同じパターンでも縫製工場や作り手によってやはり仕上がりの顔は全く別のものになります。日本人は良くも悪くも生真面目なので、綺麗に綺麗に仕上げることだけに気を取られると、悪くいうとつまらない、雰囲気のないものになってしまいます。例えばBLOOM&BRANCHにあるヨーロッパの服は、縫製が優れて美しい訳ではないものがあったとしても他にはない雰囲気を持っていますが、そういうバランスの取り方一つにも個性は表れます。(浅川)

すごく勉強になります。そんな中で今季どうにかリリースを叶えたレザーアイテムなのですね。(守屋)
─今季は今まで手を出してこなかったアイテムに挑戦しようと決め、Phlannèlらしいレザーアイテムを作ることに挑戦しました。素材は、ヌバックのようなゴートスエードを採用。Phlannèlらしい赤みのあるベージュ色をつけました。裏側をナッパラン加工という表革のような加工を施し、裏地をつけず、一枚仕立てにし、軽やかに着ていただけるように仕上げました。レザーアイテムはまだまだ開発模索中ですが、これから定番にしていきたいと考えています。(浅川)

Phlannèl / Cotton Cashmere Lily-yarn Knit Cardigan / 38,000+tax

「白」の明るさ

本来のPhlannèlらしさに立ち返ったとお話していた19AWのものよりも20SSはまたカラーパレットががらりと変わった印象ですが、今季はどんな気分や思いが反映されていますか。(守屋)
─大理石や鉱物などの石の色目を中心に据え、それを支えるベーシックカラーとして黄味の強い生成りを提案しています。 この「黄味の強い生成り」はベーシックカラーでありながら、全体のコレクションを明るく華やかにする役目も果たしています。ヴィヴィットな色を好まないPhlannèlとしては、白や生成りの分量を増やすことで明るさを表現しています。Phlannèlはどうしても渋めの色を好んでしまいますが、春夏のコレクションは秋冬よりも少し明るくなるような色目をつけたくなります。そのような中でPhlannèlらしさを保ちながら、とてもバランスの良いカラーパレットになったと思っています。(淺川)

Phlannèl / Cotton Cashmere Lily-yarn Knit Pullover / 38,000+tax

今季はバリエーションが増えたというPHLANNÈL SOLですが、定番アイテムのアップデートはありましたか。(守屋)
─Tシャツとチノパンをアップデートしました。まずTシャツの方は、今までは肌触りの良いスビンコットンをメインとしていたのですが、ある程度定着してきてリピートしてくださる方も増えたので、バリエーションとして真逆のジャージ素材を新しく作りました。空紡糸を度詰して、カリッとしたタッチのハリのあるジャージです。70年代のフルーツオブザルームのTシャツ生地をイメージし、それをPHLANNÈL SOLのフィルターを通して上品に仕上げています。特徴としてはシルエットが立体的に出ること、そしてハリ感によって身体から自然に離れるので夏に風通しがよく、涼しいです。今回はまだですがこれからリリースになるので楽しみにしていてください。

PHLANNÈL SOL / FW-128 / 22,000+tax

チノパンは新型を1型増やしました。20世紀初頭のワークパンツから着想した「FW-128」というモデルです。深い股上とゆったりした腰回り、裾にかけて緩やかにテーパードするシルエットなどベースの部分はそのまま活かしましたが、シルエットを現代的にアレンジしています。(淺川)

現実と非現実の均衡

19AWシーズンからPHLANNÈL SOLが始まったり、日本人モデルを起用したビジュアル制作だったりと、リアリティに寄り添う一方で非現実的なロケーションでのイメージビジュアルがあったりして、「リアリティ(=生活の一部)」というPhlannèlの芯の部分と同時に進む新しさのある独自世界の広がりが引き続き新鮮な20SSコレクションですね。(守屋)
─イメージビジュアルやカタログの作成は毎シーズン、アートディレクターの方を中心に更新し続けています。皆さんプロの方ですから色んな引き出しが沢山あり、毎回楽しみなお仕事でもあります。日常に寄り添う服だからこそ、ロケなどで非日常な空間と組み合わせることで、リアリティになりすぎない表現を用いたりというのも意識はしています。(淺川)

アンテナを張り続けること、インプット・アウトプットの継続を前回述べられていましたが、淺川さんご自身の中でそれらの方法の変化や意識の部分での変化などはあったのですか。(守屋)
─意識していることはこれまでと全く変わっていません。Phlannèlのデザインにおいても、長く着れる服を作りたいという根底の思いは変わっていませんが、ブランドに携わる時間が長くなればなるほど、それを忘れずにブレずにいることの方が大変になります。なのでそのブレを作らないよう意識しながら、それでもPhlannèlは自分自身の感性と感覚を頼ってデザインしています。一方でPHLANNÈL SOLは、より他にはありそうでないもの、そして長きに渡ってベストセラーになるような名品を生み出したいと考えながらの開発です。が、中々難しいです。頑張りたいですね。(淺川)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH Instagram

RECENT POST
HERILL / Suvin BD Shirt / Ogawa
安定と不安定の間に感じるもの
角田淳 / 思いのままに / AOYAMA / 20.8.8-20.8.16 / EVENT
KIJI / Cotton Nep Gather Blouse / 20.8.8- Release / Osaka
KIJI / Cotton Nep Gather Blouse / 20.8.8- Release / Okawa
ARCHIVE

RSS Feed