BLOG

新しい季節の手触り

OUTIL / ROBE LOISIN / 50,000+tax

日本の夏はじめじめと湿度が高いことが気候的特徴であったはずなのですが、近年加速する地球温暖化の例外にもれず、そこに亜熱帯地域のような気温と日差しもそこに加わってきました。暑さにやられて何もする気が起きない中で、ぼーっとする頭を無理やりにどうにか叩き起こしながら仕事をしたり、黙っていても流れ出る汗をやり過ごして大勢の人でごった返す電車に乗り込んでいくという季節がやってきます。

そういった私たちの思い描く季節の風景が、一つも余すことなくこれまで通りやってくることは現状を見るにまずないことなのだろうと思います。ましてや、ぎゅうぎゅうの人混みをかき分けて仲間と共に見上げる花火や、食べ物と汗と夜の匂いが混ざった祭りの空気を感じることも出来ないかもしれません。これまで私たちが抱えていた夏の記憶の中には、そのどこかしこに人混みと湿度と、太陽があったことを、今更ながら思い知らされました。

パートナーと共に、あるいは家族と共に、そしてもしかしたら友達と共に過ごすこれからの季節は、べたべたしたりじりじりしたり、そういったこれまでの手触りとは全く別の感触を持ったものになっているかもしれません。べたべた、ひりひり、じりじりしない季節を、その季節たらしめるための新しい手触りを、是非今から探してみましょう。

しっかりと汗を吸ってくれるパイル生地や柔らかく肉厚で肌に纏わり付かないコットンや、カリカリとしたリネンの生地がこれまでの手触りなのだとしたら、例えば風のようにふんわりとしたシルクや、ひやっと肌に触れるレーヨンや、柔らかいのにドライタッチなラミーなど、新しい季節の手触りは、決して文字通り新しく作り出さなくても、周りを見回すと意外とたくさんあるものです。(守屋)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH Instagram

RECENT POST
forme×BLOOM&BRANCH / Hand Wallet,Short Wallet Exclusive / 20.7. 4 - / Release / Hirado
Summer Dress Collection / Adachi
横長の記憶
Paris Vintage / New Arrival / 06.27 Release / Suzuki
PHLANNÈL SOL / Stand Collar Shirt Dress / Shinohara
ARCHIVE

RSS Feed