BLOG

MARIA RUDMAN / Collection / Ito

真夏の灼熱の暑さは、人々から何かをする気力や行動力を奪います。さらに今年は、外に出かけて何かをすることを自粛されたり、何かと制限がある事でしょう。自身が好きな洋服を着てファッションを楽しむことですら、ままならない、そんな気さえします。

SAMI L 1 / 100,000+tax
SAMI M6 / 68,000+tax
SAMI M3 / 68,000+tax

MARIA RUDMANの装飾品はファッション性もさることながら、1000年以上の歴史を持つサーミ族の伝統工芸品で、ファッションの枠を超えた絶対な存在感を持つ逸品群。

捨てるところの無い資源として、長きに渡り共存しているトナカイは、サーミ人にとって非常に大切にされてきた生き物。自然由来の鞣しを施したトナカイの革を用いた装飾品は、何百年と続く伝統的な刺繍技法によって、手作業で一点ずつ作られています。サーミの装飾品は自然の産物から作られており、この装飾品たちも年月を重ねる毎に変化していきます。

伝統を継承しつつも、そこに様々な経験をしてきたMARIAの現代の要素を加えた独自のセンスが加わり、唯一無二のMARIA RUDMANの装飾品は完成されます。4色のリボンはRED: Heart / YELLOW: Sun / GREEN: grass / BLUE: Skyを意味します。

長い歴史を超えてきた装飾品たちは、そこに存在するだけで生命力に満ち溢れているように感じます。

SAMI M 2 / 68,000+tax
SAMI M8 / 68,000+tax
SAMI M10 / 68,000+tax

JUNE ZIGZAG SAMI / 68,000+tax
Bracelet Tor / 63,000+tax
Bracelet January / 46,000+tax

山岳サーミ人が遊牧という特性から銀の運搬を請け負っていたことで、銀がサーミにとって富の象徴とされてきました。太陽の様に光り輝くシルバーバングルたちは、サーミ人と共にくらしてきたトナカイの革と組み合わせて欲しい一品。
この装飾品たちは長い歴史を超えてきたサーミの人々にとってのお守りとしての身に付けてきたもの。その生命力の溢れる装飾品が、遠い地の私達のこれからの暮らしに活力を与えてくれるでしょう。(AOYAMA 伊藤)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH AOYAMA Instagram

BLOOM&BRANCH AOYAMA
TEL 03-6892-2014

CATEGORY
RECENT POST
forme×BLOOM&BRANCH / Hand Wallet,Short Wallet Exclusive / 20.7. 4 - / Release / Hirado
Summer Dress Collection / Adachi
Paris Vintage / New Arrival / 06.27 Release / Suzuki
Phlannèl / 20AW Collection vol.1 / 20.6.24- Release / Koumura
MARIA RUDMAN / Collection / Ito
ARCHIVE

RSS Feed