BLOG

SOSO PHLANNEL / Cable Knit / Women's

はじめまして、スタッフの小泉です。
やっと寒さも和らぎ、いよいよ春本番の到来です。今回はBLOOM&BLANCHのWomen'sハウスブランドのひとつである、“SOSO PHLANNEL”のケーブル編みニットシリーズをご紹介いたします。綿100%の柔らかな糸で編まれたニットは、肌触りが抜群です。BLOOM&BRANCHの提案するトラッドスタイルにぴったりのニットです。さらに肘あてがクラシカルな雰囲気を演出します。

SOSO PHLANNEL
Cable Knit Crew Neck
COLOR / Red,Green
SIZE / 34,36
Made in JAPAN
PRICE / 22,000+tax


デコルテをきれいに見せてくれるクルーネックです。

SOSO PHLANNEL
Cable Knit Cardigan
COLOR / Red,Green
SIZE / 34,36
Made in JAPAN
PRICE / 25,000+tax

SOSO PHLANNEL
OX Bi-color Shirt
COLOR / Blue,Stripe
SIZE / 34,36
Made in JAPAN
PRICE / 24,000+tax

型ちがいでカーディガンもご用意しています。シャツやTシャツの上にさらりと羽織られます。コーディネートは、シンプルにインディゴやホワイトデニムをロールアップして、白いソックスにパンプスがおススメです。VINTAGEのショートパンツもおススメです。春先のニットにいかがでしょうか。骨董通りをお散歩されながら、当店へ遊びにいらしてお試しなさってください。

スタッフ 小泉

THE BAR by Brift H

店内の最奥、シューズコーナーの中央に鎮座するTHE BAR by Brift H(ザ・バー バイ ブリフト アッシュ)は、靴磨き職人が常駐するこれまでのセレクトショップ史上でも例のない試みとなりました。スーチングを展開しているわけではありませんが、トラッドを根底に置くショップとして革靴の存在は欠かせないものと考えています。

例えば、オックスフォードのシャツをクローゼットから取り出し、それにデニムやチノ、カーゴといったミリタリーやワークをルーツとしたカジュアルなボトムスを合わせようとした場合、革靴を履いて少しでも品良くコーディネイトしたくなると思います。そこでこの革靴の表情が、色が抜けコッペパンのようになっているのか、良く手入れされ眩い光沢を放っているのか、これは見た目に歴然とした差を生み出します。シンプル、カジュアルな着こなしである程、靴の存在が全体の印象を決めてしまいますし、逆を言えば良い靴を良い状態で履いていれば極めてシンプルな装いでも上品に見え、説得力が出るものです。

今回、同じ骨董通りに店舗を構えるBrift Hに客として訪れ、代表の長谷川氏に自前のコードバンシューズを磨いてもらったことで、このコラボレーションが具現化していきました。それまでは趣味とまで思っていた靴磨きが、どれだけ自己流で本質からかけ離れているのか思い知らせれるきっかけとなったのです。

コバ、インソール、アウトソールの手入れ、乳化製クリームでの保湿、ワックスでの鏡面磨き。少しでも靴が好きな方であれば、職人の一連の流れを目の前にして圧倒されてしまうことでしょう。汚れ落としや栄養補給などの面を考えると定期的にプロにお任せ頂くのが靴にとって1番良いのですが、ご自宅でのケア方法や磨く術を覚えて実践してみるのも良いと思います。ご希望ありましたら、職人が丁寧にレクチャー致します。もちろん、靴磨きだけでなくソールの張り替えや傷補修など、様々な修理にも対応しております。

この春夏、ウィメンズではSARTORE、Trickers、メンズではHeinrich Dinkelacker、Paraboot、SANDERSといったブランドの他ではあまり見かけない通好みなモデルを中心にご用意致しました。今後、シューズに関してはさらに充実させる予定です。ご期待下さい。

new balance M2040 GL2 / Men's

こんにちは、スタッフの梶原です。
今期のnew balance新作の中でも1番の話題作"M2040 GL2”がBLOOM&BRANCH AOYAMAにも入荷して参りました。
ブランド側に許可された限定店舗のみの発売という大変貴重なモデルになります。

new balance
M2040 GL2
Made in USA
価格 39,000円(税別)

2012年秋冬に登場したMR2002、その後のM2040のGRY、BLACKの発売を経て、今までメッシュとのコンビだったアッパーは、ヌバックのオールレザー仕上げにアップデートされました。このレザーこそアメリカ・シカゴのタンナー"HORWEEN社"のものを使用したもので“N”マーク含めて同色仕上げで、もはやドレスシューズ然とした高級感を感じます。

そして、今までのモデル同様にミッドソールには最新テクノロジー「レブライト(REVLITE)」を搭載し、とにかく軽量で高水準の耐久性やクッション性をキープします。アウトソールはこれまで使用していたランニング中に起こる過度な足の捻れを抑制し軽量性と安定性を兼備したカーボンファイバーを採用。インソールには快適で通気性・防臭性に優れるオーソライト(ORTHOLITE)社製のフットベッドを使用し、細部に至るまで機能性を高めています。

生産は、ボストンのスコヘーゲン工場にて30年以上の経験を備えた熟練の職人が手掛けており、フラッグシップモデルとして高い品質を保ちます。1度履いたら病み付きになる最高の素材、最高の履き心地を是非、お試し下さい。

 

スタッフ 梶原

與那原正守 特注ペルシャンブルーマグ / Household

3月1日にBLOOM&BRANCH AOYAMAはオープン致しました。生憎の雨模様ではありましたが、初日よりたくさんの方々にお越し頂き有り難うございます。このショップブログでは入荷情報、商品情報をメインに更新させて頂く予定です。お時間ある際に是非、ご覧下さい。

まず、オープン記念別注品としてご用意した商品、與那原正守(よなはらまさもり)さんに制作頂いたマグカップをご紹介致します。

與那原正守
特注ペルシャンブルーマグ
価格 4,000円(税別)

與那原さんは沖縄読谷村・北窯の陶芸家です。13連窯共同釜で4人の名工による北窯は、その温かさと存在感で全国的にファンの多い窯元と言えます。その4人の中で唯一“ペルシャンブルー”と言われる鮮やかな色を表現できる與那原さんに今回、BLOOM&BRANCH特注デザインのマグを制作頂きました。

バイヤーが現地の工房を訪ねた際、小さなメモ用紙にものの数分で描き上げたそうです。多忙な方なので本当に出来上がるのか半信半疑といった具合でしたが、その数ヶ月後にはとても素敵なマグが到着しました。上から見るとペルシャンブルーの花弁、胴部分には葉を見立て焼締めたもので、これはショップ名の『BLOOM=開花』から膨らませたデザインとのことです。登り窯特有で1点1点微妙に形、大きさ、厚さ、発色も異なり、それがかえって複数並べた時に自然の中で花が咲いている情景と重なります。與那原さんの自由で独創的な作風が表れたメモリアルなマグとなりました。

限定数につきお1人様2点までとさせて頂いておりますが、初日から相当な数が動き残り点数僅かとなっております。完売の際はご了承下さい。別注ではありませんが、與那原さんオリジナルの長角皿もございます。オープンしたばかりのBLOOM&BRANCH AOYAMAに是非、遊びにいらして下さい。

スタッフ 野田

CATEGORY
RECENT POST
角田淳 / 思いのままに / AOYAMA / 20.8.8-20.8.16 / EVENT
KIJI / Cotton Nep Gather Blouse , Cotton Nep A-Line Dress / 20.8.8- Release
Le Yucca's / Ghillie Shoes , Bit Loafer / 20.8.1- Release / Adachi
R.ALAGAN 20AW Collection / Adachi
COMOLI / 20AW New Arrival vol,1 / Ito
ARCHIVE

RSS Feed