NEWS

  • 2018.1.12
  • CATEGORY : AOYAMA

田澤祐介 / 木工 / 入荷のお知らせ / 18.1.14- / AOYAMA

片口 uronge 蒔地漆 18,000+tax / 丸ぐい呑み 蒔地漆 6,500+tax / 丸盆 9寸 蒔地漆 白研拭漆 19,000+tax

片口 uronge 蒔地漆 18,000+tax / 丸ぐい呑み 蒔地漆 6,500+tax / 丸盆 9寸 蒔地漆 白研拭漆 19,000+tax


5寸LC鉢 蒔地漆 9,500+tax (右上) / SQ120八角皿 ナラ オイル仕上 3,300+tax (手前)


隅切一文字盆 ナラ オイル仕上 8,300+tax / 隅切一文字盆 蒔地漆 (錆白溜) 14,000+tax / 隅切一文字盆 蒔地漆 (薄白) 13,000+tax

7寸T45 浅鉢 蒔地漆 14,000+tax

1月14日(日)より、初の常設展開となります。神奈川県・海老名市で活動する木工作家・田澤祐介さん。日本に古くからあるものを尊重しつつ、自らの視点、感性、技術をもって今に焼き直し、研ぎ澄まされた造形美を作り上げます。

長く自然環境調査の仕事に従事する中で「違う角度からのアプローチで自然や木に関わりたいと思うようになった」と話す田澤さんは、その長年の経験を携え、2002年に飛騨高山の森林たくみ塾に入塾。2年間みっちりと家具・小物製作を学んだ後、北欧のアンティーク家具に関わる仕事をしながら独立への準備を整え、2006年に家具制作を主とした作家活動を開始しました。2010年には有力なクラフトフェアへの出店をきっかけに小物制作へと幅を広げます。田澤さんの作品を一言で表現しようとするならば“佇まいの良さ”という言葉がしっくりきます。手と刃物で美しく形作っていく感覚と技術、そのフォルムをさらに引き出すオイル仕上げや漆を用いた多彩な表現により、洗練された作品を生み出します。中でも当店ディレクターの眼を魅了したのが“焼きもの”のような表情をもつ蒔地漆の作品です。田澤さん自身、憧れを抱いてたという陶芸への想いも重なり、年数を追う毎に作品のバリエーションが広がっていったそうです。ざらっとしたテクスチャーに奥行きのある表情は、あたりの温度を変えてしまうような凛とした空気を纏っています。

自然に密に接し、様々な角度から木材を見てきた田澤さんだからこそ、環境や素材への尊さが作品にも反映されているのでしょう。初回は薪地漆の酒器、浅鉢、盆や、オイル仕上げの隅切、八角皿など生活に寄り添った品を厳選しご紹介いたします。是非、この機会にお出かけ下さい。

スタッフ一同、お待ちしております。

BLOOM&BRANCH AOYAMA
営業時間:11時〜20時(BLOOM&BRANCH AOYAMA)
平日9時〜20時・土日祝10時〜20時(COBI COFFEE AOYAMA)
12時〜20時/月曜定休(THE BAR by Brift H)
場所:東京都港区南青山5-10-5 第1九曜ビル101
TEL:03-6892-2014

WEB SHOP / 田澤祐介

BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannel Instagram
THE BAR by Brift H
COBI COFFEE Facebook / Instagram

一覧ページに戻る