COBI COFFEE

  • 2019.4.5
  • CATEGORY : COBI COFFEE

COBI COFFEE AOYAMA・box / Guest Beans “Cafe tenango”

中米コーヒーのスペシャリスト、栢沼良行氏の買い付けによるコーヒーの中から、品種や精製に目を見張る2種をピックアップし、COBI COFFEE両店にて販売いたします。

栢沼氏は都内有名自家焙煎店にて焙煎士を務めたのちに、単身中米へ。グアテマラ、コスタリカ、ニカラグア、メキシコなどでホームステイをしながら、コーヒーの栽培や精製、流通を学び、現地農園主らとの交流を深めます。その後、エルサルバドルのコーヒー学校、Escuela de Cafeに日本人として初めて入学し、2008年にはエルサルバドルでは初めての外国人審査員としてカップオブエクセレンスへ参加を果たしました。帰国後は中米スペシャルティコーヒー専門店「カフェテナンゴ」を東京深沢にオープン。現在のスペシャルティコーヒーのシーンでは、産地へ買い付けにいくコーヒー店が増えたものの、その多くはいくつかのお店で買い付けグループを組むものか、現地でアテンドを受けるものでした。栢沼氏は自身の経験から築いたネットワークをもとに現在でも単独での買い付けを行い、グアテマラを代表するコーヒー農園、エルインヘルトのプライベートオークションに参加するなど造詣の深い買い付けを行っているのです。

栢沼氏のコーヒーの中から選んだ2種は、COBI COFFEE両店ともにドリップコーヒーでのご提供と、コーヒー豆での販売のご用意となります。

「ホンジュラス ロスピノス農園 パライネマ種」
2017年ホンジュラスCOEでナショナルウィナーとなったロットです。ホンジュラスのコーヒー機関 IHCAFEが作った注目の新品種〝パライネマ〟は、プロのバリスタでも未体験の方が多いのではないでしょうか。

「ニカラグア カサブランカ農園 パカマラ ナチュラル」
様々な精製、品種、テロワールから生み出される個性でこちらも近年注目度の高まるニカラグアのコーヒー。ナチュラルプロセス特有の、甘さと発酵感、赤ワインのような風味はCOBI COFFEEのお客様で好まれる方が多いと感じています。

また、4月6日(土)、7日(日)の2日間におきましては、エスプレッソドリンクにも「ニカラグア カサブランカ農園 パカマラ ナチュラル」を使用します。ナチュラルプロセスのコーヒーとミルクドリンクの相性は良く、このコーヒーで作るカフェラテやカプチーノはとても甘さが際立つものになるはずです。こちらは店内、テイクアウトともにお召しがりいただけます。どちらのコーヒーも是非皆様に体験していただきたいおすすめのコーヒーです。

今週末は是非COBI COFFEEで新しいコーヒーをお楽しみください。

※4月6日、7日のエスプレッソドリンクでの提供は無くなり次第終了となる場合がございます。予めご了承ください。

 

COBI COFFEE AOYAMA
営業時間:平日9時~20時、土日祝10時~20時
〒107-0062 東京都港区南青山5-10-5 第1九曜ビル 101
TEL03-6427-3976

COBI COFFEE box
営業時間:11時~21時30分(平日)、11時〜21時(土日祝)
〒160-0022 東京都新宿区新宿4-1-6 NEWoMan新宿 4F
TEL03-5379-2016

COBI COFFEE Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannel Instagram
THE BAR by Brift H

一覧ページに戻る