NEWS

  • 2019.5.10
  • CATEGORY : AOYAMA

田澤祐介・木工 × 西本卓也・金工 二人展 / 青葉、深まる頃 / AOYAMA / 19.5.18-19.5.26 / EVENT


田澤 / サクラ丸猪口 薪地漆 透白 (左)、サクラ筒片口 薪地漆 透白 (右)


田澤 / 曲敷板 小 (左)、中 (中央)、大 (右)


田澤 / ウォールナット材 土器写花器 オイル仕上
田澤 / 珈琲杓 (サクラ楢、神代ケヤキ)


田澤 / 桜節有 隅切一文字盆 細雨彫 ガラス塗料、西本 / 箸
西本 / 箸 


西本 / 箸、デザートスプーンデザートフォーク


田澤 / 栗丸盆 薪地漆 濃錫錆(左上)、尺一 隅切盆 ホワイトオーク ガラス塗料 (中央下)、楢トレー 節有矧板 アンモニア燻蒸 オイル (右)
田澤 / 楢トレー 節有矧板 アンモニア燻蒸 オイル
田澤 / 尺一 隅切盆 ホワイトオーク ガラス塗料
田澤 / 尺一 隅切盆 ホワイトオーク ガラス塗料、西本/ コーヒー匙  


田澤 / 栗丸盆 薪地漆 濃錫錆
西本 / コーヒー匙
西本 / 一輪挿し

神奈川県・海老名市で活動する木工作家・田澤祐介さん。日本に古くからあるものを尊重しながら手と刃物だけで形作っていく繊細な技術と感覚、そのフォルムをさらに引き出す蒔地漆やオイル仕上げを用いた多彩な表現により、研ぎ澄まされた造形美を作り上げます。自然に密に接し、様々な角度から木材を見てきた氏だからこそ、環境や素材への尊さが作品に反映されているのです。

かたや、京都・宇治市より海に囲まれた奄美大島へ拠点を移し、無垢真鍮を用いた建築金物、生活金物の制作など広い分野で活躍する西本卓也さん。鋳型を用い流し固める鋳造に機械加工や溶接など独学を組み合わせ、様々な製法で自らの形を求めています。無駄なデザインや機能を出来るだけ排除する考えは、手作業でありながらプロダクト、工業製品に近いミニマムな佇まいを持ちます。

月日と共に真鍮が美しい変化を遂げる頃、時代を超えてきたかのような蒔地漆作品との関係性がより深まることがイメージできます。万物が満ちあふれ、青葉深まる頃、相反する材が同じ空間で向き合い、時間をかけてゆっくり寄り添っていく過程を存分にお楽しみください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

【田澤祐介・西本卓也 / 青葉、深まる頃】
会期:5月18日(土)〜5月26日(日)
内、18日(土) 田澤氏、西本氏 在廊
場所:BLOOM&BRANCH AOYAMA / 〒107-0062 東京都港区南青山5-10-5 第1九曜ビル101
TEL:03-6892-2014
営業時間:11時〜20時

WEB SHOP / 田澤祐介西本卓也

BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram
THE BAR by Brift H
COBI COFFEE Facebook / Instagram

一覧ページに戻る