NEWS

  • 2016.3.23
  • CATEGORY : AOYAMA

佐々木 毅 / 木工 / 入荷のお知らせ

佐々木 毅<br />
しゃもじ 山桜 (手前)<br />
PRICE / 4,400+tax<br />
しゃもじ クルミ (奥)<br />
PRICE / 4,000+tax<br />

佐々木 毅
しゃもじ 山桜 (手前)
PRICE / 4,400+tax
しゃもじ クルミ (奥)
PRICE / 4,000+tax

東京・調布市にて家具製作を主に活動する木工作家の佐々木毅(ささきつよし)さん。木材への愛情に溢れ、精緻を極めた確かな手仕事で美しさと堅牢なつくりを体現している作家さんです。

佐々木氏は画家に師事し壁画制作に関わった後、バイクメッセンジャーとして生活。その後、2009年より家具製作を学び独立という異色の経歴をもっています。木という自然有機素材の美しさを生かすよう、材料の買い付けから、選定、デザイン、設計、加工まで一貫して製作にあたられています。

通常、佐々木氏は家具の制作を主としておりますが、その細かな手仕事にディレクターが惚れ込み、新しいお取り組みをさせていただきました。細かい意見交換により、試作を繰り返して出来上がったのがこのしゃもじです。荒取りを機械で行った後は、自身の手と勘を頼りにイメージした形状まで手彫りで削り出していきます。刃の跡が残っているのも手仕事だからこその風合いであり、この凹凸がご飯をしっかりと受け止めてくれます。繰り返し使用することで米の糊が付着し、次第にお米がくっつきにくくなるという天然素材ならではの味わい深い使用感を得られることでしょう。山桜とクルミ。異なる魅力をもつ2つの材をご用意させていただきました。また、佐々木家の家紋をモチーフにした刻印もさりげなく入っております。

佐々木 毅<br />
しゃもじ 山桜 (手前)<br />
PRICE / 4,400+tax<br />
しゃもじ クルミ (奥)<br />
PRICE / 4,000+tax<br />

カッティングボード(小)
PRICE / 6,000+tax
カッティングボード(大)
PRICE / 8,500+tax

続いて、無垢の山桜の木目の表情に身を任せた美しいカッティングボードです。まな板は通常、檜などの針葉樹を使用されるのですが、これは和包丁に最も適したものです。ステンレス鋼の包丁が一般的になってきた今、山桜のちょうど良い硬さがリズミカルな返りを生み、かえって使い易さを感じさせてくれます。小サイズはパンやチーズ、フルーツなどを切ってそのまま食卓へ、大サイズは重量感がありまな板としての用途にも対応してくれます。大サイズは取れる材によって大きさが変動しますので、ご家庭にあったサイズや木目の表情でお好きなものをお選びください。最終仕上げにはくるみ油を塗っていますので、しっとりとつるっとした感触です。

日々の生活に欠かせない食という文化の中で、木工品と共に時を刻みたいものです。忘れかけていた、温もりが感じられることでしょう。3月22日(火)よりBLOOM&BRANCH AOYAMA、3月25日よりBLOOM&BRANCH TOKYOにて展開となります。

是非、店頭でお手に触れてみてください。ご来店をお待ちしております。

BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram
Phlannel Instagram
THE BAR by Brift H

 

 

一覧ページに戻る