BLOG

西山芳浩・ガラス × 大山求・鉄器 二人展 / 夏至、涼音 / EVENT


フラワーベース琺瑯 / 13,000+tax(左)、琺瑯皿 S / 3,800+tax、鍛金琺瑯皿 / 12,000+tax
フラワーベース琺瑯 / 13,000+tax(左)、9,500+tax(右)、琺瑯皿 S / 3,800+tax、鍛金琺瑯皿 / 12,000+tax
フラワーベース黒錆 / 11,000+tax、コンポート皿 L / 16,000+tax

虫喰い黒錆皿(手前左) / 6,000+tax、鍛金黒錆皿 S(奥) / 8,000+tax、 黒錆カトラリー / 3,400+tax、鍛銅皿 / 12,000+tax(手前右)、鍛銅スプーン / 4,800+tax
鍛銅スプーン / 4,800+tax
黒錆カトラリー / 3,400+tax

現在、AOYAMA店では、西山芳浩氏、大山求氏による二人展「夏至、涼音」を開催しております。詳しくはこちらをご覧ください。当店で初めてのお取り扱いとなります大山さんの鉄器。BLOOM & BRANCHにてここまでの規模で鉄器をご用意することも初めての試みとなりますが、西山さんのガラスとの相性も良く、多くのお客様にご好評いただいております。陶磁器とは一線を画す鉄器ですが、ご紹介させていただいた黒錆シリーズ、新作である鍛銅シリーズともに表面に漆が塗り込まれており、日々の食でもお使いいただけます。漆を焼付けている鍛銅は深みのある独特の表情を持ち合わせており、工業的で綺麗なイメージの強い琺瑯も大山氏の手にかかることで古びたような質感から儚ささえうかがえます。大山さんの鉄器は、使うごとに錆付いた表情が増し、唯一無二なうつわへと姿を変え、年数を重ねた頃には鉄の息吹を感じ取れることになるでしょう。数も残り僅かになっておりますので、是非この機会に店頭でお手に取りご覧ください。(AOYAMA 香村)

BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannel Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram

BLOOM&BRANCH AOYAMA
TEL 03-6892-2014

 

 

西山芳浩・ガラス × 大山求・鉄器 二人展 / 夏至、涼音 / EVENT


別注ワイングラスA 高 / 6,000+tax、別注モールかき氷鉢 / 3,800+tax、別注葛餅皿 / 4,500+tax
江戸グラスB / 2,600+tax、八角冷茶 / 3,000+tax、江戸グラスG / 2,800+tax、江戸グラスM / 3,100+tax
角ボトル/ 10,000+tax、花器 クリア / 15,000+tax、ピッチャー 高 / 8,500+tax

四角猪口 小 / 2,700+tax、角ぐい呑み D / 3,800+tax、丸瓶 / 3,000+tax、角小ビン 大 / 3,000+tax

本日より西山芳浩氏、大山求氏による二人展「夏至、涼音」がAOYAMA店にて開催しております。詳しくはこちらをご覧ください。当店でもお馴染みのうつわである西山さんのガラスは、力強くも凛とした表情をもち、光が差し込むと綺麗なゆらめきが生まれます。今回はグラス、鉢、花器など豊富なラインナップでご用意しており、小瓶やぐい呑みなど新にお取り扱いさせていただく型、BLOOM & BRANCH限定の別注品も多く入荷しております。大変貴重な機会となりますので、是非店頭でお手に取り、夏至を間近に控えるこの時期に夏の涼を感じていただければと思います。(AOYAMA 香村)

BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannel Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram

BLOOM&BRANCH AOYAMA
TEL 03-6892-2014

西山芳浩・ガラス × 大山求・鉄器 二人展 / 夏至、涼音 / AOYAMA / 17.6.17-17.6.23 / EVENT

力のない風に風鈴がちりんと鳴る。花の水をかえよう。茎が水を切る涼しい音。グラスに氷とレモンを落として、鉄のコースターに。こんと乾いた音。溶け出した氷がそっと音を奏でる。

夏至の候、初のお取り組みとなる大山求さん、既知にお馴染みの西山芳浩さんによる作品をBLOOM&BRANCH AOYAMAにて、一堂にご紹介いたします。

大山さん1

大山・西山3

大山・西山2

西山さん1

山口県・光市の鉄作家、大山求さん。広島県福山市に生まれ、東京にてファッションデザイナー、フリーのイラストレーターを経て鉄を使った立体作品づくりを始められました。その後、2007年に山口県に移住すると光市にて倉庫を改装した工房を構え、周辺の海や山、森の中で生まれる小さな命・芽吹いているもの・自然の循環などからインスピレーションを得て日々制作に励まれています。大山さんの研ぎ澄まされた感性と、緻密な手作業を経て完成する作品は、月面や岩山のような壮大な自然を思わせる表情に美しいかたちを備え、硬く冷たい鉄が言葉を発するような温度感をもちます。また、鉄の素地を雨ざらしなどで放置することで発生する赤錆のように、鉄は空気の中で呼吸をし自然の摂理を纏う姿は、せつなさ、儚さ、移ろいを感じさせ、無常であること、自然と道具の関係性を改めて教えてくれるようにも思えます。今展では、普段使いしていただける鉄製の皿やプレート、茶托、コースターをはじめ、写真の琺瑯シリーズや花器、コンポートなど、大山さんの世界観を存分にお愉しみいただけるラインナップをお届けしてまいります。

石川県・金沢市で制作されているガラス作家の西山芳浩さん。当店ではCOBI COFFEEで使用するかき氷鉢やグラスなど、密なお付き合いをさせていただいており、今展で3回目の企画展となりました。長年培ってきた技と愛情に偶然をも味方にしながら出来上がる彼の作品は、同型でさえも一点一点異なる個性を備えています。水や光を帯びるごとに揺らぎ、陰影となり、毎朝の一杯のお水がより特別なものに感じられることでしょう。今展では、定番を含めましたグラス各種、冷製の前菜が一口サイズで収められるキューブ、様々な形の花器など豊富なバリエーションをご用意しております。

_MG_1235

_MG_1801

この期間中、COBI COFFEEでは自家製レモネードを発売します。提供する際のグラスは、西山さん作の背高な別注ワイングラス。さらに大山さんの粋なはからいで鍛銅の別注コースターをご用意していただきました。鍛金にて成形し漆を刷り込み、銅の深みをさらに奥深いものにした表情はまるで月面のよう。もちろん、小皿としてもご使用いただけます。
西山さんからは既にリリースし完売しております当店別注3型、ワイングラス高、モールかき氷鉢、葛餅皿すべてがこのタイミングに入荷予定です。

夏至、そして夏本番の暑さを少しだけ和らいでくれる鉄とグラス。涼音、光と陰の妙が織りなす青山へ、どうぞお出かけください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

【西山芳浩・ガラス × 大山求・鉄器 二人展 / 夏至、涼音】
会期:6月17日(土)〜6月23日(金)
内、17日(土) 大山氏 在廊
場所:BLOOM&BRANCH AOYAMA / 〒107-0062 東京都港区南青山5-10-5 第1九曜ビル101
TEL:03-6892-2014
営業時間:11時〜20時/BLOOM&BRANCH AOYAMA
平日9時〜20時・土日祝10時〜20時/COBI COFFEE AOYAMA
12時〜20時(月曜定休)/THE BAR by Brift H

BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannel Instagram
THE BAR by Brift H

 

 

須藤拓也・陶磁 個展 / 恵みの筆致 / AOYAMA / EVENT

_MG_0332

_MG_0329
ルリ釉楕円皿 / 3,500+tax、ルリ釉楕円小皿 / 2,000+tax_MG_0323
ルリ釉六角鉢/ 3,800+tax、ルリ釉角皿/ 4,500+tax_MG_0327
ルリ釉しのぎ小皿 / 2,000+tax、ルリ釉猪口/ 3,000+tax、ルリ釉小湯呑 / 2,500+tax_MG_0314
ルリ釉六寸皿 / 3,800+tax、ルリ釉七寸皿/ 6,000+tax、ルリ釉八寸皿 / 8,000+tax

只今、5月27日(土)~6月3日(土)までBLOOM & BRANCH AOYAMAにて開催されております、須藤拓也氏の個展「恵みの筆致」より一部のうつわをご紹介させていただきます。詳しくはこちらをご覧ください。瑠璃のシリーズは、料理の色合わせは勿論、他のうつわとも色馴染みが良いのが特徴です。どこか落ち着いたやさしい印象の須藤さんの瑠璃色。光の加減で一味違った見え方を楽しめるのも面白いです。使い勝手の良いかたちに、スタッキングのし易さ。会期は6月3日(土)まで、素敵な作品をご用意しております。瑠璃の他にも染付け、白釉、黒釉のシリーズもご覧いただけます。是非、スタッフ一同ご来店お待ちしております。(AOYAMA 早川)

BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannel Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram

BLOOM&BRANCH AOYAMA
TEL 03-6892-2014

 

須藤拓也・陶磁 個展 / 恵みの筆致 / AOYAMA / EVENT

染付盃 / 5,000+tax

染付盃 / 5,000+tax

002_convert_20170530133707
染付七寸皿 / 8,000+tax
003_convert_20170530133755
染付猪口 / 4,000+tax、ルリ釉しのぎ小皿 / 2,000+tax004_convert_20170530133841
ルリ釉猪口 / 3,000+tax、ルリ釉しのぎ小皿 / 2,000+tax005_convert_20170530133925
染付楕円小皿(唐草) / 3,000+tax
006_convert_20170530134011
染付楕円小皿(蝶) / 3,000+tax、染付楕円小皿(鳥と蓮) / 3,000 +tax
007_convert_20170530134052
ルリ釉楕円皿 / 3,500+tax008_convert_20170530134150
白釉楕円皿 / 3,500+tax、黒釉楕円皿 / 3,500+tax

BLOOM & BRANCH AOYAMAにて開催されております、須藤拓也氏の個展「恵みの筆致」より一部のうつわをご紹介させていただきます。詳しくはこちらをご覧ください。小ぶりな染付盃は、日本酒はもちろんのことちょっとした肴の小鉢として、小皿はお醤油や薬味入れなどにもいかがでしょうか。表側だけではなく、お猪口の底や裏など細部まで丁寧に描かれた染付けは、眺めているだけでもほころびが生まれる魅力があります。完売してしまった型もございますが、まだまだ豊富な品揃えで須藤さんの美しい筆致のうつわをご覧いただけますので、是非この機会にご覧ください。皆様のご来店、心よりお待ちしております。(AOYAMA 香村)

BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannel Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram

BLOOM&BRANCH AOYAMA
TEL 03-6892-2014

須藤拓也・陶磁 個展 / 恵みの筆致 / AOYAMA / 17.5.27-17.6.3 / EVENT

万葉の地、自然豊かな東京・国分寺市にて活動されている須藤拓也さん。1972年福島県に生まれ、多摩美術大学を卒業後にグラフィックデザイナーの道を歩み、より自分の好きなものを自由に表現したいと陶磁器の世界に飛び込みました。描くキャンバスを陶磁に変え、身近にある様々な草花や生きものからイメージを見出し思いのままにフリーハンドで描いていきます。自然の恵み、生きとし生けるものを優しく見つめる眼差しが、一枚のうつわに投影されているかのようです。

今回初の開催となる須藤拓也氏の個展「恵みの筆致」では、風光明媚かつ自由自在な染付文様の新作をはじめ、柔らかな瑠璃単色のシリーズなど須藤さんの世界観を一堂にご紹介いたします。磁器のうつわを中心とし、繊細さと温かさが共存する使い勝手の良いかたちに、彼にしか成し得ない瑠璃色の筆致。心待ちになられていた方のみならず、その魅力をとくとご堪能くださいませ。

_MG_5644 2
染付長皿 (蝶・ストライプ) / 各4,200+tax_MG_5651 2
染付楕円皿 (唐草・蝶・鳥と蓮) /各 3,000+tax_MG_5609 2
染付六角皿 (鳥と兎・唐草) / 各6,000+tax
_MG_5628 2
瑠璃釉しのぎ小皿(左) / 2,000+tax、瑠璃釉楕円皿(右) / 3,500+tax

須藤さんのうつわは、なんといっても丁度良いサイズ感と料理の邪魔をしないバランスのとれた絵柄が嬉しいところ。長皿には、夏野菜のお浸しや出汁巻卵を。ソースやタレ・薬味入れとしてはもちろんのこと、ちょっとした晩酌のおつまみ・梅干しなどを楕円小皿に添えて。代表作の六角皿には季節の和菓子をおもてなし時にご使用されて見るのはいかがでしょうか。他にも様々な絵柄と型をご用意しております。

初日は須藤さんが在廊して下さる予定です。是非、この機会にご来店下さい。心よりお待ちしております。

【須藤拓也・陶磁 個展 / 恵みの筆致】
会期:5月27日(土)〜6月3日(土)
内、27日(土) 須藤氏 在廊
場所:BLOOM&BRANCH AOYAMA / 〒107-0062 東京都港区南青山5-10-5 第1九曜ビル101
TEL:03-6892-2014
営業時間:11時〜20時/BLOOM&BRANCH AOYAMA
平日8時〜20時(6/1より9時〜20時)・土日祝9時〜20時(6/1より10時〜20時)/COBI COFFEE AOYAMA
12時〜20時(月曜定休)/THE BAR by Brift H

WEB SHOPにおきましても、一部展開いたします。こちらもどうぞご利用くださいませ。

BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannel Instagram
THE BAR by Brift H
COBI COFFEE Facebook / Instagram

児玉美重 / 竹かご / 入荷のお知らせ / 17.5.13 / AOYAMA

茶碗かご (大) / 12,000+tax<br />

茶碗かご (大) / 12,000+tax

新緑燃ゆる皐月の空に映え、四方八方どこから見ても申し分なく、美しくしなやかに鎮座する児玉美重さんの竹かご。

来たる、5月13日(土)よりBLOOM&BRANCH AOYAMAにて初めてお取り扱いをさせていただく運びとなりました。

埼玉県に生を亨け、次第に竹に魅了され虜となった彼女は、100年以上の歴史をもつ竹工芸の名地大分県・別府市へと2008年に赴きます。その地で業と鍛錬を積み上げ、2011年より自分らしいもの作りを志し同県北東の城下町である杵築市を活動拠点としました。古民家を改装した竹工房「東雲」にて、大分近郊で採れる状態の良い竹材を厳選し、伝統的なスタイルに児玉さんらしいアレンジを加えながらかご作りに日々励んでらっしゃいます。竹かごの制作は、先ずひご作りから始まります。粘りがあり竹細工に適している真竹(白竹の状態のもの)を厳選し、手間暇惜しまず丁寧にひごにしていく。その工程は私たちの想像をはるかに超えた根気の要る作業であり、全体の7割もの時間をここに費やしていきます。その竹ひごを用い、デザイン用途によって編み方を選択し、丁寧に丁寧に仕上げていきます。その細やかな手作業と心配りからなされる故、日用品であると同時に息をのむほどの秀麗さを伴うのです。

その中で一つ目にご紹介しますのは、六つ目編みがベースとなる「茶碗かご」。籠上には、色とりどりの茶碗・木椀がお行儀よく整列し、美味しく炊けてくるであろうご飯を待ちわびているようにも思えます。陶磁器のように高台がつき、編んだ竹ひごを斜めに巻きつける共縁 (ともぶち)仕上げのため、継ぎ目の見えない一体感を成す設えです。古き良き時代に多く見受けられた日本家庭の食卓を懐かしく思い浮かべながら、現代の暮らしに加えてみてはいかがでしょうか。

_MG_5946

_MG_5866

茶碗かご (大) / 12,000+tax<br />

鉄鉢盛かご
中 / 8,000+tax
大 / 9,000+tax
特大 / 15,000+tax

続いて、繊細な編み目と柔らかな丸型が魅力の「鉄鉢盛かご」。古のインドより伝来した、僧が食物を受けるために用いた丸い鉄製の鉢に似ていることからからその名がついた別府の竹細工を代表する伝統的なかごの一つでもあります。学びの背景からもこの型は彼女の代表作となり、胴体を囲む補強を兼ねた胴輪という仕様も相まりモダンな印象に。底部分は麻の葉編みがなされ、輪弧(りんこ)編みで立ち上げたその姿は、一目瞭然優美そのもの。茶碗かご同様共縁仕上げとなっており、引っかかりのないスムースな手触りは竹材を厳選しているからこその仕上がりです。写真のようにフルーツを入れたり、キッチンクロスを畳んで収納道具として多用途使いにも。また、編み目に光を纏うことでオブジェのような存在として目を楽しませてもくれることでしょう。

茶碗かご (大) / 12,000+tax<br />

亀甲盛皿
小 / 7,500+tax
中 / 8,500+tax

最後に、幾何学的に連なった模様が普遍的な美しさを醸し出す「亀甲盛皿」。しっかりとした強度の竹ひごを用い、複雑な法則の編み立ては、古くから日本人に愛され、現代でも褪せる事のない編み地です。この美しい均一な目を成せるのは、前述しているように全ては竹ひごが整っているからこそ出来る業。木は本からとはよく言うもので、竹も本から。こちらの盛皿にはお蕎麦や、天ぷら、鍋に使用する野菜等、天然素材と食材の相性の良さを存分に活かしてみるのもおすすめです。また、キッチンの名脇役として水切り皿としても。さらには、亀の甲を模した由縁ある柄で縁起物でもありますので、贈り物としても喜んでいただけるのではないでしょうか。

児玉さんは言います。「手間を惜しまず、丁寧で美しいもの作りをしたい」と。その言葉と信念を裏付けるかのように、竹のような芯の強さと優しさが共存するかごを、心ゆくまで当店にて触れてみてください。その繊細な作りに驚きと発見があるはずです。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

BLOOM&BRANCH AOYAMA
営業時間:11時〜20時(BLOOM&BRANCH AOYAMA)、
平日8時〜20時・土日祝9時〜20時(COBI COFFEE AOYAMA)、
12時〜20時/月曜定休(THE BAR by Brift H)
場所:東京都港区南青山5-10-5 第1九曜ビル101
TEL:03-6892-2014

WEB SHOP
(※4/13以降ダイレクトページに移行いたします。)

BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannel Instagram
THE BAR by Brift H
COBI COFFEE Facebook / Instagram

 

Takuya Sudo For KIJI / 桃太郎シリーズ六角皿(4枚組み) / Household

Takuya Sudo for KIJI<br />
桃太郎シリーズ六角皿(4枚組)<br />
COLOR / Mix<br />
PRICE / 24,000+tax

Takuya Sudo for KIJI
桃太郎シリーズ六角皿(4枚組)
COLOR / Mix
PRICE / 24,000+tax

こんにちは、スタッフの与那嶺です。本日は、明日4月29日(土)にローンチいたします、BLOOM&BRANCHの新たなレーベル「KIJI(キジ)」より、プレミアムな桃太郎シリーズ六角皿のご紹介をいたします。KIJIのローンチ記念モデルとして、当店でも馴染み深い陶磁器作家の須藤拓也氏に特注いたしましたこちらの六角皿は、日本の国鳥である雉から着想を得たブランドネームに合わせ、古来より語り継がれる「桃太郎」より、桃太郎と雉、猿、犬がデザインされた4種の皿をセットにてご提案いたします。

WEB SHOP

Takuya Sudo for KIJI<br />
桃太郎シリーズ六角皿(4枚組)<br />
COLOR / Mix<br />
PRICE / 24,000+tax

高台の内側にあります、桃から気持ちよく伸びる唐草模様がとても特徴的なデザインです。元々グラフィックデザイナーをされていた経験を持つ須藤氏ならではの独特な表情を醸し出す染付けを、是非細部までお楽しみください。明日4月29日(土)のローンチと共に、WEBSHOPでも販売開始となります。是非合わせてご覧くださいませ。お待ちしています。

スタッフ与那嶺

KIJI Instagram
※KIJIのインスタグラムも開設されました。こちらのフォローも宜しくお願いいたします。

BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
Phlannel Instagram
THE BAR by Brift H
COBI COFFEE Facebook / Instagram

BLOOM&BRANCH AOYAMA
TEL 03-6892-2014

KIJI New Brand Release / 2017.4.29- / INFORMATION

KIJI<br />
Cotton Tencel Denim<br />
MOEGI (Left) / 20,000+tax<br />
KACHI (Right) / 23,000+tax<br />
<br />
COLOR / INDIGO<br />
SIZE / 1,2,3,4,5 (Unisex)

KIJI
Cotton Tencel Denim
MOEGI (Left) / 20,000+tax
KACHI (Right) / 23,000+tax

COLOR / INDIGO
SIZE / 1,2,3,4,5 (Unisex)

_MG_4133

_MG_4142 2

春の花々の蕾が膨らみを満たし山笑う頃、当店は青山の地に扉を開きました。あれから丸三年が経ち、今春4月29日(土)よりBLOOM&BRANCHのメンズ、ウィメンズ両バイヤーによる新たなレーベル「KIJI (キジ)」が鳥の囀りと共に誕生いたします。

美しい緑を主に、様々な色彩を纏った日本の国鳥“雉(キジ)”より命名されたブランド名。一見、合いそうもない色と色が化学反応を起こしたように美しく同調し、新しく見えるさま。ルーツ、歴史を重んじ、日本の真面目なモノづくりを背景にしつつ、時には定説を斜めから見て意表をついた“生地(キジ)”を用い新たな可能性を引き出していく。この2つのKIJI(キジ)が、ブランドの物作りの真髄と言えます。

先ず、世界に誇るデニムの産地・岡山にて仕上げられたKIJIオリジナルのグリーンセルビッチデニム。作りたかったのは“四季を通して心地良く履けるデニム”です。決して過ごし易いとは言えない高温多湿な日本の夏にも、冷える冬にも対応するには、適度に重みを残したオンス選択と、素材使いが肝と考えました。KIJIのデニムにはコットンの縦糸に対し、緯糸にテンセルを打ちます。木材パルプを原料としたテンセルは、最終的に土に還るほど環境にも優しい素材です。コットン65%に対しテンセル35%が加わることで、吸湿性を備えた快適な履き心地、履くたびに感じられる柔らかさと清涼感、適度な光沢感が付加されます。縦糸がコットンであるためデニム本来の美しいたて落ちも損ないません。随所に散りばめたブランドカラーのグリーンセルビッチ、ブランドロゴを施したオリジナルボタンにもご注目下さい。

50’sのデュード・ランチパンツをベースにすっきりしたフロントと高めのウエスト位置がモダンな“MOEGI”、20世紀初頭のフランスの尾錠付きパンツを今に焼き直し、深い股上とゆったりとした腰回りからテーパードをつけた“KACHI”、孤高の名作・スタプレストから着想した細身スラックスタイプの“KOGANE”の三種をユニセックスデニムとしてリリース。唯一ウィメンズのみのモデルとして、ウエストサイドのセルビッチアジャストをポイントに、ボリューミーなわたりとワイドシルエットを備えたマリンパンツ“HAKUJI”をご用意しております。履き込む毎にしなやかになる素材と、色味の変化をお楽しみいただける新たな切り口のデニム。自分らしい1本を、是非新たなワードローブに追加してみてください。

KIJI<br />
Cotton Tencel Denim<br />
MOEGI (Left) / 20,000+tax<br />
KACHI (Right) / 23,000+tax<br />
<br />
COLOR / INDIGO<br />
SIZE / 1,2,3,4,5 (Unisex)

KIJI (From top to Down)
POLO CAP (Top) / 10,500+tax
OLD FISHERMAN CAP (Under) / 10,500+tax

COLOR / Indigo,Black
SIZE / 57cm,59cm (Unisex)

先に述べましたコットンテンセルデニムを用い、ヨーロッパのフィッシャーマンキャップをベースに形状調整したものと、キッズ用の古いポロキャップを大人のフィッティングに再構築した二種類のキャップをユニセックスでご用意いたしました。ことにポロキャップは、乗馬の際の脱げにくさとフィット感を構造に落とし込んでおり、現代の生活においては自転車に乗った際など、強い風を受けても脱げにくいよう考えられています。芯にウレタン素材を用いていますので、鐔が折れずに携帯できるのも機転のきくポイントです。ヘリンボーンのコットンリネン地を用いたものも後日入荷してまいりますので、季節ごとに被る素材を変えて選んでみてはいかがでしょうか。

KIJI<br />
Cotton Tencel Denim<br />
MOEGI (Left) / 20,000+tax<br />
KACHI (Right) / 23,000+tax<br />
<br />
COLOR / INDIGO<br />
SIZE / 1,2,3,4,5 (Unisex)

Tricker's for KIJI
VICTORIA (Women's)、CHURCHILL (Men's)
COLOR / Green,Navy,Black
SIZE / 4, 4.5, 5, 5.5(Women's) 7, 7.5, 8, 8.5 (Men's)
PRICE / 46,000+tax

オープン当初から所縁のあるTricker’sとのコラボレーションシューズ。吟味されたベロア素材と職人技を以って、伝統を守り続けているブランドの名品ルームシューズに、本国のみで保有している刺繍のアーカイブより雉モチーフを特別に取り寄せ別注しました。ライナーは上品で深みのあるネイビーに統一しています。また前述しています、KIJIデニムとのコーディネートを念頭におきながら制作しており、ブランドカラーであるグリーンをはじめ、シックでスマートなネイビーとブラックのボディを融合することで、シンプルでジェンダーレスな装いのスパイスとしての一役に。無論、1829年の創業から現在に至るまで、英国王室御用達の紋章を掲げもつクオリティーの高さは、貴方の足のみぞ知ることでしょう。シーズンごとにカラーチェンジをしながら展開していく予定です。

KIJI<br />
Cotton Tencel Denim<br />
MOEGI (Left) / 20,000+tax<br />
KACHI (Right) / 23,000+tax<br />
<br />
COLOR / INDIGO<br />
SIZE / 1,2,3,4,5 (Unisex)

Takuya Sudo for KIJI
桃太郎シリーズ六角皿(4枚組)
COLOR / Mix
PRICE / 24,000+tax

最後に、KIJIのローンチにおける記念モデルとして、当店でも馴染み深い陶磁器作家の須藤拓也氏に限定品「桃太郎シリーズ六角皿 」を特注いたしました。日本の国鳥である雉から着想したブランドネーミングに合わせ、古来より語り継がれる寓話「桃太郎」より、主人公が引き連れる雉・犬・猿の四種をセットでのご提案です。そのキャラクターを引き立てるかのように囲う唐草模様も、キャラクターが引き立つよう何度となく調整いただき完成しました。高台の内側に在する桃から気持ちよく伸びる唐草。皿に盛られる食材とも相性よろしく微笑ましい限りではないでしょうか。グラフィックデザイナーとしての経験を持つ須藤氏の愛くるしいタッチの染め付けを、細部までご堪能ください。

今までの当店のイメージにある、クリーンでシンプル・上質で品のあるアイテムにプラスしていただけるような、攻守バランスの整った品々をユーモアと愛情たっぷりにご提案して参る所存でございます。引き続きのご愛顧をいただけますよう宜しくお願い申し上げます。

皆様の暮らしにお役立ていただけましたら幸いです。ご来店を心よりお待ちしております。

※KIJIのオフィシャルInstagramも開設し、ランダムにアップしております。フォローしていただけますよう宜しくお願いいたします。

《BLOOM&BRANCH SHOP INFORMATION》
AOYAMA
場所:〒107-0062 東京都港区南青山5-10-5 第1九曜ビル101
TEL:03-6892-2014
営業時間:11時〜20時(BLOOM&BRANCH AOYAMA)、平日8時〜20時・土日祝9時〜20時(COBI COFFEE AOYAMA)、12時〜20時/月曜定休(THE BAR by Brift H)

TOKYO
場所:〒160-0022 東京都新宿区新宿4-1-6 NEWoMan新宿 4F
TEL:03-5379-2016
営業時間:11時〜21時30分(BLOOM&BRANCH TOKYO / COBI COFFEE box)

WEB SHOP KIJI (MENS)
WEB SHOP KIJI (WOMENS)
WEB SHOP Takuya Sudo for KIJI (HOUSEHOLD)

KIJI Instagram
BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram
Phlannel Instagram
THE BAR by Brift H

BLOOM&BRANCH / 白線刻マグカップ / Household

照井壮<br />
白線刻マグカップ<br />
PRICE / ¥3,200+tax<br />
Made In Japan

照井壮
白線刻マグカップ
PRICE / ¥3,200+tax
Made In Japan

こんにちは、スタッフの香村です。本日よりBLOOM&BRANCH AOYAMAとWEB SHOPにて発売開始になりました白線刻マグカップのご紹介をいたします。こちらの初のオリジナルマグカップは、以前からお取り扱いのございます佐賀県・有田町の磁器作家である照井壮さんに手掛けていただいております。今回の制作におきまして、照井さんとディレクターとの間で何回もサンプルを制作しては再考の繰り返し、完成したのがこちらの白線刻マグカップです。洋のプロダクトであるマグカップに和の繊細な表情が美しい、当店の和洋折衷のコンセプトに通ずるうつわが仕上がりました。WEB SHOP

照井壮<br />
白線刻マグカップ<br />
PRICE / ¥3,200+tax<br />
Made In Japan

乳白釉による柔和な白と光沢を抑えた質感は、BLOOM&BRANCHの漆喰の外壁を彷彿とさせるものです。さらに大きなハンドルを背負った美しいデザインは、安定感のあるグリップを備えた持ち易さだけでなく、熱いものを注いでも指が胴にあたらない理に適った構造です。

照井壮<br />
白線刻マグカップ<br />
PRICE / ¥3,200+tax<br />
Made In Japan

底には、木の枝のような模様が入っています。これは、轆轤をひく際に模様を施した土台を使用することによりできる跡です。照井さんは幾つか土台を使いまわしておりますので、それぞれに跡が異なります。見えづらい箇所ではありますが、好みの跡をお選びいただき、うつわ選びを楽しんでみてはいかがでしょうか。

照井壮<br />
白線刻マグカップ<br />
PRICE / ¥3,200+tax<br />
Made In Japan

照井壮
乳白釉デルフト皿(小)
PRICE / ¥2,500+tax

乳白釉デルフト皿(中)
PRICE / ¥3,000+tax

乳白釉デルフト皿(大)
PRICE / ¥4,000+tax

白釉変形小皿(八角、輪花)
PRICE / ¥1,500+tax

フチサビフリーカップ
PRICE / ¥4,000+tax

青線刻カップ
PRICE / ¥4,000+tax

Made In Japan

また、今回オリジナルマグを制作していただいた照井壮さんのうつわも多数ご用意しております。春の訪れと共に新生活のうつわをこの機会に買い揃えてみてはいかがでしょうか。皆さまのご来店心よりお待ちしております。

スタッフ 香村

BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram
Phlannel Instagram
Phlannel
THE BAR by Brift H

BLOOM&BRANCH AOYAMA
TEL 03-6892-2014