BLOG

浜田窯 / Household

浜田窯                                 浜田窯<br />
青磁釉(せいじゆう) 柿釉(かきゆう) 段付皿大           柿釉(かきゆう) 型皿小<br />
価格 各3,000円(税別)                         価格 各1,000円(税別)<br />
<br />

浜田窯                                 浜田窯
青磁釉(せいじゆう) 柿釉(かきゆう) 段付皿大           柿釉(かきゆう) 型皿小
価格 各3,000円(税別)                         価格 各1,000円(税別)

こんばんは、スタッフの野田です。
新しい器が入荷いたしました。栃木県・益子焼を日本屈指の焼き物産地まで押し上げた、濱田庄司氏が開窯した『浜田窯』です。柳宗悦と共に民藝運動をおこし、現在は孫の濱田友緒氏に引き継がれています。浜田窯の魅力は益子焼らしいボテッとした厚みと重量感のおりなす存在感です。

浜田窯                                 浜田窯<br />
青磁釉(せいじゆう) 柿釉(かきゆう) 段付皿大           柿釉(かきゆう) 型皿小<br />
価格 各3,000円(税別)                         価格 各1,000円(税別)<br />
<br />

浜田窯(濱田庄司デザイン)
飴釉ビアジョッキ
価格 3,000円(税別)

こちらは濱田庄司氏がデザインしたもので、今も受け継がれている稀少なデザインのひとつであり、長年におけるベストセラーです。これからの季節、仕事帰りのホッと一息美味しいビールを飲むのに最高なビアマグです。

浜田窯                                 浜田窯<br />
青磁釉(せいじゆう) 柿釉(かきゆう) 段付皿大           柿釉(かきゆう) 型皿小<br />
価格 各3,000円(税別)                         価格 各1,000円(税別)<br />
<br />

浜田窯
青磁釉(せいじゆう) 柿釉(かきゆう) カップ&ソーサ
価格 各4,000円(税別)      

そしてディレクターが数ある品の中からバイイングしたものが、茶色の柿釉と、薄い青緑色の青磁釉のもので、こちらも益子を象徴する代表的な釉薬です。特に柿釉は他の焼物産地ではほとんど使われません。益子の土は焼くと黒味がかかります。それをカバーするために釉薬の開発が盛んになり、カバーしやすい茶の柿釉が広まったと言われています。また、青磁は中国発祥の綺麗な緑みの青色ですが、高温焼きで色を出していき同じ色が出しずらい釉薬のひとつです。色目が各々に違います。最後に浜田窯の特徴をもうひとつ。こちらの窯は薪を使って登り窯で焼き上げます。色目同様、大きさ、形もすべて違いますので、ご自身のお気に入りを見つけて下さい。ご来店お待ちしております。

スタッフ 野田

CATEGORY
RECENT POST
良き所有者としての責務
Phlannèl 20SS Collection vol.4 / 20.2.29- Release / Ogawa
Phlannèl 20SS Collection vol.4 / 20.2.29- Release / Koumura
Phlannèl 20SS Collection vol.4 / 20.2.29- Release / Osaka
STUDIO NICHOLSON / New Arrival Vol.2 / Osaka
ARCHIVE

RSS Feed