BLOG

鈴木盛久工房 / 色なき風、茶愉 / 鉄瓶、鉄小物、陶磁器・企画展 / 19.9.21-19.9.29 / AOYAMA / EVENT


鉄瓶 霰平宝珠形 小 / 80,000+tax、鉄瓶 霰平宝珠形 大 / 90,000+tax

鉄瓶 亀甲霰平宝珠形 小 / 80,000+tax、鉄瓶 亀甲霰平宝珠形 大 / 90,000+tax

鉄瓶 水玉紋丸形 / 80,000+tax、鉄瓶 霰丸形 / 80,000+tax

明日9月21日(土)より、鈴木成朗さんの企画展、色なき風、茶愉をAOYAMAにて開催致します。鉄器製造を生業とする鈴木盛久工房は、盛岡にて江戸時代より十五代受け継がれています。この鉄瓶は草案から完成まで一貫生産を基本とし、伝統工芸品としての高いクオリティーを誇っています。熟練の技術が必要な作業工程を踏まえつつ、独自の感性を取り入れ挑戦的に制作されており、それが伝統的な霰の紋様に留まらず、水玉模様であったり、多種多様な形からも伺えます。四百年の伝統を背おう圧倒的存在感を放つ鈴木盛久工房の作品に、今回四名の作家さんが華を添えます。


色絵ポット / 19,000+tax

ドリッパー / 5,000+tax、黒注器 / 10,000+tax

大村剛さんは、陶芸家である岩田圭介氏に弟子入りの後、岐阜県多治見市にて活動を始めました。その後故郷である福岡へ戻り現在作陶されています。大村さんのうつわは、錆びた鉄・ブリキなどから影響を受け、どこかヴィンテージ感も漂わせます。自身で調合した釉薬のマットな色味、独特な形からも拘りが感じられ、使い込む毎に艶が増す経年変化を楽しめます。


カップソーサー / 6,200+tax、丸ポット / 16,000+tax

筒湯呑 小 / 2,500+tax

角田淳さんは愛知県常滑市にて制作活動をされた後、大分県へ拠点を移し、自然豊かな環境の元で作陶されています。角田さんの作品は、女性の持つ感覚が成せる繊細な曲線美があり、角田さんの感性と技術が柔らかさとシャープさの絶妙なバランスを生み出します。華奢な雰囲気がありながらも凛とした強さを感じます。


炭化切立湯呑 / 2,500+tax、炭化茶托 / 2,300+tax、貫入切立湯呑 / 2,500+tax、貫入茶托 / 1,800+tax、貫入ポット / 12,000+tax

貫入茶杯 / 2,000+tax、炭化茶杯 / 2,500+tax

林拓児さんは、愛知県瀬戸市で長らく制作活動をされていましたが、2016年より岡山県へ拠点を移し、新たな地で勢力的に作陶されています。林さんの作品は、大胆なフォルムに細かな貫入が入ったもの、炭化のマットな質感が力強くも感じるものなど、メリハリのあるうつわが特徴です。


藁白茶杯托 菊文 / 6,000+tax、菱花 / 6,000+tax、藁白茶壷 梨型 水平 / 25,000+tax

灰粉引茶杯 / 3,000+tax、黄石釉土瓶 丸 / 25,000+tax

三笘修さんは京都にて陶芸を学んだ後、愛知県常滑市にて制作活動を行い、現在は出身の大分県を拠点に作陶されています。中国の古い茶器に影響を受けながら独自の解釈を入れ、静かでありながら芯のある強さを放つうつわを作ります。

各々の作品が見事に融合し、今回とても見応えのある企画展となっております。これからの秋支度のご提案を致します。是非この機会に店頭にてお手に取り、作品の良さを感じて頂きたいです。(AOYAMA 平戸)

BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP Instagram
KIJI Instagram
Phlannèl Instagram
THE BAR by Brift H Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram

BLOOM&BRANCH AOYAMA
TEL 03-6892-2014

CATEGORY
RECENT POST
Cristaseya / Light Cotton Caftan Dress / Osaka
YLEVE / New Arrival / 20.2.22- Release / Ouchi
創造のいれもの
KAPTAIN SUNSHINE / New Arrival Vol.2 / Kasuya
大村剛 - pause - / 陶・個展 / 20.2.15-20.2.23 / AOYAMA / EVENT
ARCHIVE

RSS Feed