BLOG

THE BAR by Brift H / LADY'S SHOES

職人の嶋香です。蒸し暑い日が続き、行き交う方々の装いや靴は軽く涼し気なものが増えてきました。今回はレディースシューズのお修理について紹介致します。
ここ数年でレディースでもメンズタイプのオックスフォードのデザインをよく見ますが、やはりこの時期履きたくなるのはサンダルやパンプスではないでしょうか。華奢なデザインの靴は脚を綺麗に見せてくれる一方で、靴への負担も大きくなります。一般的な紳士靴と比べても歴然ですが、ソールは薄く、足を覆う箇所も少なく、ヒールも細かったり、とにかくガシガシ履いても大丈夫、という靴ではありません。しかしきらびやかで美しいハイヒールの靴を目の前に履きたくなる気持ちはとても共感できます。出来る事をしっかりやって長く履けるように、尚且つ履くだけで気持ちの上がるような靴を選ぶのが最善かと思います。

ヒールの靴で多いのは、大事に履こうとしていても1度道路の溝などにはまってしまいヒールがガリっと削れてしまったという事例です。女性の方なら1度は経験したことがあるのではないでしょうか。革巻きが捲れてしまってるだけであれば、捲れを伸ばして接着するだけでだいぶ目立たなくなることもありますが、広範囲で破れたりしてしまうと目立たなくさせるのは難しく革巻き交換が必須になります。しかしベージュやグレー、メタリック、鮮やかな色の革だと修理で同じ色の革を見つけるのはほぼ不可能です。微妙な色の差は出ても外の光で見ればわからない、くらいの色であればご用意出来る事もありますが、個人的にはいっそ全く違う色にしてしまうのもお勧めです。また、スタックヒール(写真左の層になっているタイプの革巻き)にしまえば今後同じ事が起きても同じ仕様で修理が出来るのでお勧めです。

先にも述べましたが、パンプス等の靴はアウトソールが薄く、その分減りも早いです。よほどレザーソールのこだわりがあるなら別ですが、基本的にはハーフラバーを貼って滑り防止とソールの保護をする事をお勧めします。たまに「少し削れてから貼った方が良いですか」といった質問もありますが、1番良いタイミングは購入後、まず先に貼る事です。丸1日履いた後のソールの削れはもちろんの事、ましてや雨でも降ったら一気にソールは水を含んで歪んでしまいます。ソールに厚みと硬さがしっかりあるうちにハーフラバーをして耐久性を保つ事が大事ですね。カラーもソールの色に合わせて近いものをご用意できますので、さほど気にならない見た目で仕上げる事ができます。

正直、靴を長く保たせるには歩き方や履く場所・頻度などのご自身の意識で大きく変わってくると思います。華奢で儚い靴だからこそ、履いた後にもしっかり確認して靴が悲鳴をあげる前にメンテナンスとケアをして愛でて下さい。
他にもリフト交換やストラップ抜け等様々なお修理方法がございます。もちろんパンプスの靴磨きも大歓迎です。お困りの事がございましたら是非ご相談下さい。

BLOOM&BRANCH Facebook / Instagram
BLOOM&BRANCH SHOP / Instagram
COBI COFFEE Facebook / Instagram
Phlannel Instagram
THE BAR by Brift H

BLOOM&BRANCH AOYAMA
TEL 03-6892-2014

CATEGORY
RECENT POST
創造のいれもの
KAPTAIN SUNSHINE / New Arrival Vol.2 / Kasuya
大村剛 - pause - / 陶・個展 / 20.2.15-20.2.23 / AOYAMA / EVENT
Cristaseya / New Arrival / Ito
捉えることができる
ARCHIVE

RSS Feed