BLOG

forme for BLOOM&BRANCH / Short Wallet , Hand Wallet Exclusive / 21.7.3- Release / Terashima

理由のないことに敢えて理由を付帯させるとしたら。この世に生を受けた者であれば、"出会う"という事象は少なからず一度は経験していることでしょう。紡ぐ紡がれる時間の中で、もはや"出会い"というのは一種の至上命題、我々が経験しなければならない義務のようなものだと感じます。しかしながら、ひとえに出会いといっても偶然の産物なのか、必然に起こり得るものなのかはそれらに理由付けができるかどうか、という点で一分されるようにも思えます。いつ・どこで・誰が・何を...という風に、都度それぞれに一つ一つ理由付けが出来れば、極論すべての事象には存在理由が生れます。そうはいかないのが我々の自然の摂理で、敢えて理由付けをせずありのままに受け入れるからこそ面白いんだ、という意見もごもっともです。この考え方はある意味でいたちごっこのような論点だから、私は面白いなと思います。生きるということは、考え続けることだと思って私は積極的に出会いを求めますし、他の人より少しだけ多く理由付けをするように心掛けています。なぜなら理由を付けることによって言葉だけでなく色、音、匂いなどから識別できるカテゴリーを数多く持つことが出来ますし、それだけ人生の引き出しが多くなると信じているからです。

ちょうど半年前、約7年ぶりに納得のいくお財布に出会いました。まさに本日ご紹介するHorween社製のコードバンを使用したformeのお財布です。「ずっと身に付けるものだから妥協は許せない」というわがままな理由で、かれこれ時間が経ってしまいましたね。お話を聞いていると同じ境遇の方、たくさんおられるようです。新調するタイミングなどで悩まれている方へ、少しでもお手伝いが出来れば、という思いでこの度は綴らせていただきます。

forme×BLOOM&BRANCH / Short Wallet Cordvan Exclusive /  F / 52,800

革靴、革物が好きな方であれば誰しもが一度は耳にしたことがあるであろうアメリカのHorween社製のコードバン。1905年の創業当時から変わらぬ手法、道具を使うことに拘り続け革の鞣しにかかる歳月はなんと約8ヶ月。熟練の職人によって時間をかけて丁寧に鞣された革は、他のコードバンに比べ重厚に輝く艶感が最大の特徴です。

内側には同社のSingle Horse Frontを採用し、内外で異なる経年変化が楽しめるformeらしいデザインとなっております。またホック、ファスナーに本金メッキを施したBLOOM&BRANCHだけの特別仕様。表情が美しい綺麗なカーブライン、コバの端処理、本金メッキのYKKエクセラZIPなど手に取った方の表情が思わず緩んでしまうほどの完璧な仕上がりです。

必要十分な機能を備えながらコンパクトにまとめたformeの名作"Short Wallet"は、収まりの良いコンパクトなサイズ感ながら、カードや小銭もしっかりと収納可能。紙幣を折り畳まず入れられる秀逸な設計が最大の強みです。

稀にHorween社のスタンプが隠れています。どんな人の手に渡るんだろうかと想像して毎回ワクワクしています。私もこの唯一無二感漂うスタンプ入りの財布が欲しかったのですが、残念ながら見つからず…これだけは是非お早めにご覧ください。

(Left) forme×BLOOM&BRANCH / Short Wallet GUIDI All  Vachetta Exclusive  / F / 39,600
(Right) forme×BLOOM&BRANCH / Hand Wallet GUIDI Vachetta Exclusive / F / 33,000

Hand Walletは紙幣を折って収納していただく仕様です。L字ジップで間口の広い小銭入れ、カード収納も付属しキャッシュレス時代の要求を満たしてくれる機能が充実しています。またフロントにある本金メッキのボタンが愛らしい点と、Short Walletに比較して厚みがない点で女性様にもより手に取っていただきやすいお財布です。

GUIDI Vachetta Exclusiveは100年以上もイタリア・トスカーナ地方に続く伝統技術を駆使した、最高級且つ希少なGUIDI社製のバケッタレザーを纏った逸品。オイルを多く含むレザーの経年変化は色に深みと艶を生み出していきます。深く艶やかで奥行きのある紺色が魅力的なミッドナイトブルーと、より深いブラックとのコンビネーション。吸い込まれそうな質感と色味に是非魅了されてください。

Cordvan Exclusiveと同様にホック・ファスナーには本金メッキを使用し、特別感をさらに高める装いです。名実ともに人気の高いformeとBLOOM&BRANCHが提案する最高の革小物と言っても過言ではありません。

何かを身に付けるという行為はそこに生きる文明やその文化によって成す意味は異なります。魔除けの意味を持つ装身具だったり、伝統的に受け継がれ付帯義務のある宝石だったり、現代における誇示消費の意味だったり、様々あるわけです。それでも全ての異なる行為にも存在理由は潜在しています。表立って意味を見せないもの、あるいは周囲にアピールせんばかりの存在感のあるもの、服を着る・アクセサリーを身に付けるという行為は現代においてはすべて後者。でもそれはそれでいいのです。しっかりと役割を果たしているなら、所有者の気分を上げているなら、縁の下の力持ちとして存在感があるなら、、少なくとも実際、私にとってformeのお財布はそんな存在になってくれています。まだまだ近況の情勢に変化はなく混沌とする日々が続きますが、それでもいつかどこかで思いがけなく出会う機会、"邂逅"は偶然でも必然でもあります。数年、数十年を共にするパートナーを見つけにご来店いただければ、そして多くの人に手に取っていただければこの上なく嬉しく思います。(KYOTO 寺島)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH KYOTO Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH KYOTO
TEL 075-585-5179

Phlannèl / Cotton Silk Komon Pajamas Pants, Pajama Shirt / Kajiwara

夏のような蒸し暑さや、梅雨時期らしい肌寒さを感じる今日この頃ですが、早いもので店頭には21AW商品が入荷しております。本日は今時期からすぐにでも着用いただける、Phlannèlの秋物の新作をご紹介させていただきます。

Shirt / Phlannèl / Suvin Cotton Wide Collar Dress Shirt / 2 / 28,600
 Pants / Phlannèl / Cotton Silk Komon Pajamas Pants / 2 / 35,200
HEIGHT / 169cm

1850年代から1900年代初頭のヴィンテージファブリックをベースにした、小紋柄のパジャマパンツ。こちらのWall Paperと名付けられた柄は、フランスの壁紙などインテリアファブリックとして使用されていたものにアレンジを加えて製作。日本の伝統工芸品にも使われる菱小紋のような文様をも彷彿とさせます。

コットンシルクの混紡糸で織り上げたビエラ素材は、滑らかで着心地が良く、光沢があることで上品な印象を与えます。素材と相まったストレートシルエットは、シャツや革靴との相性も良く、スラックスパンツを履いているかのような見え方に。またパジャマパンツらしくウェストはドローコードで絞れるリラックス感溢れる仕様ですが、実用的なポケットや裾のパイピングのデザインが良い塩梅。

Shirt / Phlannèl / Cotton Silk Komon Pajamas Shirt / 2 / 30,800

つづいてコックジャケットをもとにブラッシュアップを計り製作された、同素材のパジャマシャツ。こちらのOctagon柄は、1900年初頭から1930年代頃のフランス の衣服に使われていた柄をイメージソースに製作。先のWall Paperとはまた雰囲気が一変し、品の良さを感じさせます。

ややたっぷりめのシルエットは、肌寒さ感じる季節に丁度良い羽織り。マオカラーを採用した首元は、抜け感がありリラックスなムードを演出してくれます。やや癖のあるデザインですが、デニムやチノパンなどカジュアルなボトムに合わせてさらりと着こなしたいアイテム。パンツ、シャツ共にそれぞれの柄をご用意しております。一足先に秋物を取り入れてみてはいかがでしょうか。(KYOTO梶原)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH KYOTO Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH KYOTO
TEL 075-585-5179

Phlannèl / 21AW Collection 21.6.19- Release / Suvin Cotton Wide Collar Dress Shirt / Kawasaki

六月も後半に差し掛かり、じわじわと湿度の濃さが厚みを増している様に感じられ、夏の暑さに対する準備も進んでいるのではないでしょうか。夏がまだ訪れていないとはいえ、Phlannèl から来シーズン21AW Collectionの便りが少しずつ届き始めました。その中でもこれからの時期から楽しんでもらえるアイテムをご紹介させて頂きます。

Shirt / Phlannèl / Suvin Cotton Wide Collar Dress Shirt / 3 / 28,600-
Pants / PHLANNÈL SOL /  FW-128 / 4 / 25,300-
HEIGHT / 172cm

爽やかな色味と、スッキリとしたシルエットのドレスシャツ。このドレスシャツの生地に使用しているのは、ブランド設立当初から様々なアイテムに用いてきた「スヴィンコットン」です。この名前もかなり定着、聞き慣れをしているのではないでしょうか。今季、このシャツには、170番双糸を採用し、浜松の機屋のシャトル織機で丁寧に時間をかけて織り上げた、打ち込みが強く、独特の断面による「うねり」が立体感を生み出し、素材の持つ光沢と滑らかさが合わさり、極上の肌触りのシャツに仕上がっています。発色にも拘り、染色前の加工を施す事により、白は輝きを放つ綺麗な白に。サックスブルーは染料をしっかり含み、爽やかで清潔感のある色合いに仕上がっています。

デザインには、フランスメゾンブランドの古いシャツからインスピレーションを受け、Phlannèlならではの味付けを加え、上品にまとめ上げています。首元を柔らかくかつ、上品にみせるワイドカラーや、ヨークや袖口の細かなタックも美しいアクセントになっています。各所に見て取れる細やかなギミックがあるからこそ生み出される美しさに、新しさと懐かしさの感じられる一着に。身に纏った際の軽くてするりと滑るような肌触りは、儚ささえ感じられる様な繊細さを持っているようにも感じらますが、しっかりとその存在感を主張してきてれる頼もしい一面も持っています。

合わせたボトムスは、PHLANNÈL SOLの定番の一本「FW-128」。尾錠付きのフレンチワークパンツをベースに、しっかりと打ち込みのされたフィンクスコットン生地、ふっくらとしたシルエット、ヘリンボーン生地で作られたポケットなど、こちらも随所にブランドの拘り溢れるアイテムとなっています。21AW仕様になり、生地の厚みや、深みのある色が魅力的な一本に進化しています。

まだ夏本番にも届いていない時期ではありますが、今回ご紹介したドレスシャツは、外での羽織としてや、エアコンの効いた室内ではそのまま着て頂け、この時期から活躍してくれるアイテムだと思います。少しずつでも新作を目にして頂き、気持ちも晴れやかにコーディネートを考える楽しみを感じて頂ければ幸いです。明日から発売の Phlannèl 21AW Collection アイテムは、この他にもまだまだございますので、店頭又はウェブサイトにてご覧になって楽しんでみて下さい。(KYOTO 河崎)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH KYOTO Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH KYOTO
TEL 075-585-5179

 

m's braque / Raglan Sleeve Aloha Shirt, Open Collar Short Sleeves Shirt / Shinohara

ここ数日は30℃近くまで気温が上がり、じりじりと照りつける日差しが真夏のような暑さを感じさせます。いかに夏を快適に過ごせるかということは、洋服を選ぶときの重要なポイントの1つだと思います。本日はm's braqueより、サラリと羽織っていただけるアロハシャツ2色と開襟シャツの2型をご紹介いたします。

m's braqueのアロハシャツは、デッドストックの生地を贅沢に使用した特別なアイテム。こちらは淡い水色にベルトのイラストがあしらわれ、エルメスのスカーフを想起させるエレガントなデザインに心惹かれます。コットンレーヨンの柔らかな着心地と落ち感のあるシルエットが魅力で、女性には勿論男性にもお勧めしたいアイテムです。今回はKIJIのSHUを合わせて、ブルーコーディネートにしてみました。

Shirt / m’s braque / Raglan Sleeve Aloha Shirt / 38 / 29,700-
Tank top / Phlannèl / Organic Cotton Random Rib Tank Top / 0 / 9,350-
Pants / KIJI /  SHU / 1 / 25,300-
HEIGHT / 153cm

Shirt / m’s braque / Raglan Sleeve Aloha Shirt / 38 / 29,700-

こちらはブラウンやグリーン、ホワイトが入り混じった異国情緒溢れる一枚。素材はレーヨン100%で、歩く度に風になびくようなとろみのある生地感です。肘が隠れるほどの長めに設定された袖丈や背面のプリーツ仕様など、遊び心を感じるディティールにm's braqueならではの拘りを感じます。

Shirt / m’s braque / Open Collar Short Sleeves Shirt / 36 / 30,800-
Tank top / Phlannèl / Organic Cotton Random Rib Tank Top / 0 / 9,350-
Pants / OUTIL / PANTALON DOLE / 0 / 37,400-

最後にご紹介いたしますこちらは、m’s braque定番のオープンカラーシャツ。袋縫いの襟やフォルムを維持するためにカーブしたポケットなど、パターンへの美意識が随所に光る一枚です。カジュアルなイメージのある開襟シャツですが、鮮やかな赤とキュプラレーヨンによって生まれる美しいドレープは上品さも兼ね備え、普段色物をあまり着ない方にもお勧めしたい魅力的なアイテムです。コーディネートにはOUTILのリネンを使用したホワイトパンツを合わせ、クリーンな印象に仕上げました。まだまだこれから気温も上昇していきますので、夏のワードローブに加えてみてはいかがでしょうか。(KYOTO篠原)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH KYOTO Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH KYOTO
TEL 075-585-5179

DIMISSIANOS&MILLER for BLOOM&BRANCH / Daktylo, Omikron / 21.6.5- Release / Terashima

土台を形成することは容易なことではありません。生まれた場所、育った環境、紡いだ時間、それらすべての要素が全く同じなものはありませんし、物だけでなくわれわれ人間も同様のことが言えます。価値観の相違を理由にすべてを排除するのは大変勿体ないですし、かといって全てを受け入れては辛いこともあります。それぞれに違う特徴を捉える視点を養うことが大切かと思います。さて、"土台"というワードから連想するものは何でしょうか。という問いにも千差万別な回答が得られるかと思いますが、洋服屋の私はまず体を支える"靴"と答えます。一日中、立ち仕事の私にとって、靴は本当に大事な土台です。一年の大半で革靴を履きますが、たまにヌケ感あるサンダルを履きたいや楽したいけどカジュアルすぎるものは...と恐らく私と同じ胸中の方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。まるで革靴のようなサンダル、カジュアルになり過ぎないサンダルをお探しの方は、是非一読していただきたく思います。

Sandals / DIMISSIANOS&MILLER for BLOOM&BRANCH / Daktylo / 39,40,41 / 39,600

ナチュラルカラーよりトーンを落とし染色したエクスクルーシブカラーの、コニャック。1年後、5年後、10年後、、とどのように経年変化が出ていくか革物好きなら想像をたくさん膨らませていただける表情が美しい至極の配色。

"質実剛健"、我々日本人はギリシャという国家にこの言葉は不相応だという社会的意識があります。自分たちを基準に他を比較すると良い部分より劣っている部分にばかり目が行きます。それこそ価値観の相違による排除ですね。実際履いてみると分かりますが、オールレザーに包み込まれる心地良さ、ファクトリーブランドならではの職人技術による作り込みの堅牢性の高さ、沈み込みやソールの返りなど革靴に求めるものを全て兼ね備えています。

もちろんですが、慣れるまでは硬く靴擦れなんかは何回かご経験いただくことになるでしょう。しかし細かい手仕事によって削っていただいた丸みあるソールの形状とエッジ部分、足の甲に当たる部分は摩擦が起きにくいよう柔らかく仕上げた、履く者に極力ストレスを与えないように施された特別仕様が光ります。

次に、Omikronを合わせましたスタイルも是非ご紹介させてください。

Shirts / OLDMAN'S TAILOR / DOUBLE POCKET SHIRTS BLACK GINGHAM / 40 / 31,900
Pants / KAPTAIN SUNSHINE for BLOOM&BRANCH / 43 Fatigue Denim Trousers / 30 / 38,500
HEIGHT / 173cm

この季節には、べたつかず、サラッとした、より肌あたりのいいお洋服を着たくなりますよね。軽やかで涼しく、それでいて上品さを感じられる一枚。OLDMAN'S TAILORのリネンシャツは双方を叶えてくれる、贅沢な一着です。薄手で心地の良い長袖シャツは日差しが強くなると、日除けとしての役割も発揮してくれます。

レースアップの革靴を履く場合、私ならスラックスパンツを合わせます。今回コーディネートに選んだKAPTAIN SUNSHINEのエクスクルーシブ、43 Fatigue Denim Trousersはサンダルの良いヌケ感と相まって、男らしい土臭い印象にハマりました。もちろんこれからの季節にはショートパンツとの合わせでもお勧めです。

着用サイズ / 39
足長実寸 / 24,5cm
レザーサンダルは、着ているお洋服をさらに引き立ててくれます。これぞ大人のリラックススタイルです。

Sandals / DIMISSIANOS&MILLER for BLOOM&BRANCH / Omikron / 39,40,41 / 44,000

先のDAKTYLOとの違いはアッパー部分の面積が広いため、着用時の安定感が増します。使用しているカーフグレインレザーは履き始めより柔らかく足に吸い付くような感覚です。面積が広い分、履き込む毎に馴染んでいく様子が見て取れるかと思います。また皮革製品に対してあまり使わないワードではありますが、"ドレープ感"も楽しんでいただけるんじゃないか、という表現方法を敢えて使いたくなるそんな一足に仕上がっています。

イン・アウトソールには厚みのあるバッファローレザーを贅沢に使用。まるで生きているかのようなシボなどの表情が見え、一点一点違うという視点も面白い。革靴を作る伝統的な技法、技術の背景が確立しているブランドだからこそ生まれる魅力があります。我々が容易に想像し得る欧州諸国の物作りの良さとはまた違う視点、新しい視点から想像を膨らませ、試着してみて下さい。履き込む毎に、肌に馴染む感覚は文章では一番伝えにくい感覚です。その人それぞれの、表情豊かで味わい深い革へと変化していく様子を是非堪能していただきたいです。また、ディレクターの思いを綴りましたJOURNALページも公開中ですので併せてご覧ください。(KYOTO 寺島)

BLOOM&BRANCH KYOTOは緊急事態宣言の緩和により6月の土日営業が再開となりました。つきましては当該商品の発売を6月5日(土)とさせて頂きます。尚、引き続き体調には十分ご留意の上、ご来店いただけますと幸いです。

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH KYOTO Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH KYOTO
TEL 075-585-5179