BLOG

KIJI / Cotton Tencel Denim / 21AW New Collection / Terashima

意思疎通において言葉だけで伝えるというのは完全ではありません。当たり前のことかもしれませんが、意外とこれに気付くのが難しかったりします。伝達者の感情や間合い、空気感や時にはアイコンタクトなんかの情報を組み入れ、伝えようとしないと伝わらない時が多々あります。もちろんその情報を享受される側にも重要なファクターが様々あることは周知の事実です。我々の仕事というのはお客様の求めているもの、その需要に合うものを色々な情報を引き出したうえでご提案する事です。いつまでたってもこれが非常に難しく、且つ醍醐味の一つであることは言うまでもありません。その中で私が非常に苦労するのは口頭で生地の質感をお伝えすること。硬いのか柔らかいのか、風合いや経年後の着心地の変化までをすべてお伝えするのが容易ではないのです。綿素材をはじめ麻やウールにカシミア、シルク…と並べるときりがないのですが、今ではそれぞれにクオリティのピラミッドが存在し、その一つ一つを紐解いていくと、それはもう膨大な情報量です。"コットンテンセル"は、文字通りの綿素材とテンセル素材の混紡糸です。この素材が持つポテンシャルを口頭でお伝えすることがいかに難しいか、これは私だけが感じていることではないと思います。実際に手に取っていただくのが一番手っ取り早いのですが、今の情勢ではなかなか店舗でご購入することが難しい方もいらっしゃいます。そういう方にも何とか伝えたいという気持ちで、今回は私なりのコーディネートを付加価値としてKIJI 21AW New Collection、新型のSUSUと定番OUDOとの比較とともに、新型パンツMAKIをご紹介したいと思います。

まずはじめに、素材の記述をします。テンセルとは、木材パルプを再利用し紡績された原料。世界で今最もエコな製法で作られたサスティナブル素材を代表する繊維です。そしてその混紡糸、"コットンテンセル"は私の感覚値ではありますが、"言葉だけでは伝えきれないほどの滑らかな風合い"を表現する素材で、リネン素材のプルプルとした感覚とはまた違って、洗いこむことでシルクのようなトロっとした質感になり、独特のドレープ感を生み出します。14オンスというしっかりとした重量感を感じないほどに柔らかくなり、バキッとしたデニム特有の硬さはなく、全くの新感覚とおっしゃる方も多い素材です。

Jacket / KIJI / SUSU / 3 / 30,800
Shirt / Phlannèl / Suvin Cotton Wide Collar Dress Shirt / 2 / 28,600
HEIGHT / 173cm

1940年代のエンジニアジャケットをベースにブランドのフィルターを通して焼き直した新型のSUSU。ベースはワークウェアですが、身幅がゆったりとしたシルエットで袖つきがラグランスリーブ、且つ衿をなくした仕様はシャツやニットを中に着込みアウターとして使えるだけでなく、コートのインナーとして着用出来るようサイズ設定がされています。つまりは着回しが抜群です。

私は、一年を通してシャツを着用することが多くワークウェアやミリタリーアイテムを身に付けることが極端に少ないので、今回コーディネートを組むにあたり両者に馴染みが無い方にも手に取っていただきやすいよう、いい塩梅のオールド感やクラシックな装いを意識しました。イメージは70,80年代の雰囲気です。そしてシャツだけでなく、タートルニットを着合わせるなどして、季節感の演出が容易だと感じました。

そして細かい部分ではありますが、注目したポイントが袖裾のステッチワーク。SUSUはインナーでもアウターでも着用可能であるため、後述する定番のデニムジャケットOUDOと比較して袖丈がやや長めに。袖を折りやすいよう肩側に向かってVステッチを施しています。これは一種の気遣いです。例えば、女性がメンズサイズをオーバーに着用してもこのステッチワークがあるのとないのとでは、着用時のストレスが全く異なります。力を入れて折るというより畳む感覚です。

Pants / KIJI / MAKI / 3 / 27,500
Shoes / Le Yucca's / U-Tip Shoes / 39 / 143,000

SUSUと同じ1940年代を舞台として台頭した、US NAVY SAILOR PANTSをベースにした新型のMAKI。定番で展開のあるペインターパンツ・SHIMAと比較して、ワタリが少し狭いもののサイドシームが無い分肌あたりのストレスがより少なく、軽い履き心地となります。通称、巻きパンツの特徴を良くとらえ、高温多湿の日本特有の気候でも快適に着用できる一本です。

Jacket / KIJI / OUDO / 3 / 33,000

長く定番としてご好評を頂いているOUDOはデニムジャケットとしての体裁がSUSUよりも強く、そのディテールも様々です。大きく異なる点に、襟があることと脇線のポケットが挙げられます。襟があることでアウターとしての見え方、上品な面持ちとなりカジュアル過ぎない点が着る人を選ばず提案できます。また、ボタンを全開にしバサッと羽織るだけでも様になりますので、カチッとしたデニムジャケットが苦手な方にも是非お勧めしたい一着です。

時の流れは感じ方が人それぞれなのですが、私は後ろに伸びる影の長さに季節の進みを感じます。いよいよ来たかと、現状猛暑の真っ只中ではありますが、店頭には早くも秋の便りが続々と届いております。春物・秋物は通年お召しいただけるものばかりです。今回ご紹介いたしました、KIJIのコットンテンセルデニムシリーズはどれをとっても今からでも着用いただけるものばかりです。今に目を向け着実に夏を楽しむのも一興ですが、少し先に目をやって新作を見るのも洋服好きの一つの楽しみでもあるのかと思います。今後も皆様の手がスッと伸びるようなご提案をさせていただきたいと思っておりますので、是非店頭に遊びにいらしてください。併せて、私が着用しておりますLe Yucca'sのリストック分が店頭に到着しております。定番で最も支持されているU-Tip / Ghillie ShoesのBlack。既にサイズ欠けもございますのでこちらもお早めにご覧いただけると幸いです。(KYOTO 寺島)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH KYOTO Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH KYOTO
TEL 075-585-5179

blurhms, blurhms ROOTSTOK / 21AW Collection Vol.1 / kajiwara

連日猛暑が続いておりますが、店頭には秋冬シーズンの新作が少しずつ入荷しております。今回は入荷まもないblurhms、blurhms ROOTSTOKの21AW Collectionをご紹介させていただきます。

Jacket / blurhms / Wool Surge Cardigan Jacket / 2 / 56,100
 Pants / blurhms / Wool Surge Super Wide Easy Slacks / 2 / 46,200
T-Shirt / PHLANNÈL SOL / Cotton Open-end Yarn / 9,900
HEIGHT / 169cm

毎シーズンご好評いただいております、Cardigan Jacket。ボタンを排除したカーディガンのように羽織れるデザインは、カットソーの上からさらりと着こなしたいアイテム。今回は原料を厳選したウールサージを使用し上品な印象へとアップデート。着用してみた感じは、生地に厚みがあることでウールサージ特有の重厚感があり、きちんとジャケットを着ている感覚になります。

同素材のパンツは、ボリュームのあるワイドシルエット。大きくワタリを取り、立体的なパターンで作成されたデザインは、動きに合わせてドレープが綺麗に出ます。ベルトループを排除し、ウェストの内側にあるドローコードで絞る仕様の為、腰回りがすっきりとしたデザインに。

Shirt / blurhms ROOTSTOK / Classic Chambray Band Collar Work Shirt / 2 / 31,900
Glasses / Lunor / A5 226 / 40,700

こちらのシャンブレーシャツは、光沢感が出すぎない超長綿を使用し、できるだけオーセンティックなシャンブレーに近い見え方で、少し柔らかな生地になるように作成されております。

両フラップポケットに同素材のエルボーパッチ、マチ付きの裾に三本針ステッチと、ヴィンテージ好きの心を燻るデザインです。襟元がバンドカラーになっていることで抜け感があり、アメリカとユーロを掛け合わせたようなデザインですね。フランス軍M-47パンツにLunorの眼鏡を合わせて、ユーロミックスなスタイリングにしてみました。是非、店頭でご覧ください。(KYOTO 梶原)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH KYOTO Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH KYOTO
TEL 075-585-5179

PHLANNÈL SOL / UA-143 / Kawasaki

梅雨も終盤に差し掛かり、スッキリとした夏空の日が多くなってきている気がしますね。いよいよ夏本番という勢いを日に日に感じております。そんな中、今回ご紹介するのは、早くも登場しました21AWのアイテムから、これからの季節はもちろん、ほぼシーズンに関係なく着用してもらえるパンツをご紹介させて頂きます。

T-shirt / PHLANNÈL SOL / Cotton Open-end Yarn T-shirt / 4 / 9,900
pants / PHLANNÈL SOL / UA-143 / 3 / 25,300
HEIGHT / 172cm

「UA-143」というこのパンツ。勘の良い方はお気づきかもしれませんが、U.S ARMY のM-43フィールドパンツをベースにしており、直線的で迫力のあるシルエットが印象的な一本で、昨今注目されているフランス軍の「M-47フィールドパンツ」の先代モデルとしても有名なデザインです。そのパンツにPHLANNÈL SOLのエッセンスを注ぎ、無骨さや迫力を感じつつも、上品で親しみやすい味付けを加えています。

採用している生地は、フィンクスコットンという高品質なエジプト超長綿を使って作られた平織生地を使っており、シルクの様な光沢と優しい肌触りが特徴です。もちろん丈夫さにも優れています。この生地をミリタリーベースのアイテムに使い、ブランド独自の世界観を感じれる仕様になっています。

シルエットはやや太めといったところでしょうか。腰回りから膝辺りまでふっくらと直線的なデザインで、そこから裾にかけて緩くテーパードがかっており、着用感はチョイスするサイズにもよりますが、程よいゆとりが生まれる楽な履き心地を実感できる仕様となっています。ミリタリーベースならではのギミックも再現しており、幅広のベルトループや腰部のアジャスター、裾を絞れるボタン付きアジャスターなど、ベースモデルのパンツの特徴を再現した、洋服好きの心をくすぐってくれる仕様になっています。

Shirt / Phlannèl / Cotton Silk Komon Pajamas Shirt / 2 / 30,800

暑くなるこれからの時期はシンプルな色のTシャツや、ボタンシャツなどと合わせて足元をサンダルにしたりと、力の抜けた上品な楽しみ方に。コレクションシーズン本番の秋以降は、ニットやスウェット、コートやジャケットなど幅広いアイテムと合わせる事ができ、履く時の楽しみ方が広がりますね。写真の様な軽いシャツジャケットを羽織るのもお勧めです。

展開しているカラーは2色あり、両方共に奥深い魅力ある色合いになっております。上記でご紹介したディティールや生地の質感を、実際に見て、触って、体感して頂ければ幸いです。何かに特化した意味のあるデザインと現代の技術やアイデンティティを合わせた、どこか懐かしくも新しさを感じる逸品を手にとってみてはいかかでしょうか。(KYOTO 河崎)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH KYOTO Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH KYOTO
TEL 075-585-5179

Phlannèl / Cotton Silk Komon Maxi Skirt, Cotton Silk Kaftan Dress / Shinohara

気がつけば今年も折り返しに突入し、月日の流れの速さを身に染みて実感しています。春夏アイテムもまだまだ需要とされておりますが、店頭には21AWコレクションが少しずつ届き始めています。立ち上がりのアイテムはどれも今時期から着て頂ける軽やかな素材です。今回はその中から、コットンシルク素材のスカートとドレスをご紹介いたします。

T-shirt / PHLANNÈL SOL / Cotton Open-end Yarn French-sleeve T-shirt / 0 / 11,000
Skirt / Phlannèl / Cotton Silk Komon Maxi Skirt / 0 / 36,300
Bag / Mimi /  Francis / 37,400
HEIGHT / 153cm

ふわりと広がるシルエットに優雅なドレーブが印象的なマキシ丈のセミサーキュラースカート。半円裁ちで作られており、両側に縫い合わせがあるのが特徴です。こちらのWall Paperは、1850年代のフランスで壁紙などに使用されていたインテリアファブリックの柄から着想を得たもので、Phlannèlらしい上品な仕上がりになっております。今回は肌離れの良い空紡糸仕立てのモックネックTシャツを合わせて、さらっと夏らしいスタイリングにしてみました。秋にはワインレッドのハイゲージニットをタックインしてシックな装いを楽しみたいです。

こちらのOctagonは、1900年初頭から1930年頃にフランスで当時の衣服に使われていた柄をベースにアレンジを加えたもの。コットンシルクの柔らかで滑らかな生地感と相まって、細やかな模様がより一層美しく際立ちます。温かみのあるWall Paperに比べ、Octagonは少しきりっとした印象。ベーシックなレギュラーカラーの白シャツなどを合わせたドレッシーなコーディネートも魅力的ですね。

Dress / Phlannèl / Cotton Silk Kaftan Dress / 0 / 39,600

最後にご紹介いたしますこちらはコットンシルクのビエラ素材で仕立てられたカフタンドレス。カフタンとは元々トルコの民族衣装で、日差し除け効果のある長い着丈やゆったりとした着心地が特徴です。身幅から裾にかけて広がるAラインシルエットや背中にたっぷりと入ったギャザー、胸元の小さな4連ボタンなど女性心をくすぐる魅力の詰まった一着。明度を抑えた赤色は、普段色物をあまりお召しにならない方にもお勧めしたい落ち着きのある色味になっております。スカート、ドレス共にそれぞれの柄とお色をご用意しておりますので、是非お気に入りをみつけていただければ幸いです。(KYOTO篠原)

 

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH KYOTO Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH KYOTO
TEL 075-585-5179