BLOG

KAPTAIN SUNSHINE for BLOOM&BRANCH / Tusser Silk Tweed Stand Collar Coat / 21.10.2 Release / Kawasaki

いよいよ10月も直前にはなりますが、まだまだ夏の余韻は残り、朝晩の涼しさとは裏腹に独特の暑さが見え隠れしている京都です。気温は徐々に落ち着いて、爽やかな風を感じる機会も多くなり、アウターなどへの意識も日に日に濃くなってきているのではないでしょうか。本日ご紹介するアイテムはこれからの季節に丁度良く、特別感満載の一着です。

Coat / KAPTAIN SUNSHINE for BLOOM & BRANCH / Tusser Silk Tweed Stand Collar Coat / 40 /¥88,000
Sweat / PHLANNÈL SOL / Suvin Cotton Sweatshirt / 4 / ¥19,800
Pants / PHLANNÈL SOL / Cotton Linen Corduroy FW-128  / 4 / ¥26,400
Shoes / Le Yucca's / Ghillie Shoes / 40h / ¥137,500
HEIGHT / 172cm

このコートを着てみて私が感じたのはシンプルに「カッコイイ」という感覚でした。大袈裟に聞こえるかもしれませんが、この感想には私の好みが反映されているのはもちろん、ハンガーにかかっている時の印象より着用する事で数十倍カッコいいと感じました。肩にかかる程よい重量感や、タッサーシルク生地の光沢、ゆとりあるサイズ感とシルエット。どれもが「着る」事によって初めて分かる気がします。身幅と袖幅はゆったりしており、生地のたまり具合が何とも言えず、心をくすぐります。

スコットランドの50's~60'sレインウェアをベースに、ウールの代わりになるものを作りたいという想いで制作された繊維が太いタッサーシルクを使い、シルクならではの素朴な経年変化を味わうことが出来る生地を採用。独特の品格を備えている一着が完成しました。袖裏や襟、さらにはポケットの裏地に超長綿を使ったコーデュロイをあしらっており、肌触りとぬかりの無さを両立しています。前面のボタンはダブルで付いており、そのかけ方次第で様々な表情を楽しむ事ができます。

すこし軋むような、かさっと乾いたその質感は唯一無二。何度も着て頂く事でその使い方や、意味を知り、着ている人の味が染み込んでいくのだと思います。キュプラを使った裏地もしっかり付いているので保温性も確かなもの。随所に両ブランドのこだわりがギミックとして表れていますが一目見ただけでは分かりにくくシンプルな一着ですが、まずは袖を通し、是非とも「着て」「知って」頂きたいコートです。(KYOTO 河崎)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH KYOTO Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH KYOTO
TEL 075-585-5179

CIOTA for BLOOM & BRANCH / Suvin Cotton Crewneck Sweat Shirt / 21.9.25- Release / Suzuki

スヴィンコットンとインディゴの出会いは、あたかも「今」と「昔」が出会ったかのように自然と溶け込んでいきます。「最高級のコットン」をヴィンテージベースのデザインに落とし込むことで、「飽きのこないデザイン」と融合させたCIOTAのスウェットはBLOOM&BRANCH のインディゴ別注カラーにより更に変貌をとげました。CIOTAを語るにはまずブランドの背景であるスヴィンコットンを贅沢に使用していることは既にご存知の方も多いかと思います。さらにシンプルなデザインはベースとなる年代のデザインを大幅に変えること無く、CIOTAの良さを必要最低限に取り込むことで将来的に飽きのくることのない「ベーシックの王道」を作り上げているのです。人間は様々な事に挑戦することで、基準を判別をしていきます。そして最終的にはベーシックの本質こそ私たちに必要不可欠なものとして残っていくのです。

Sweat Shirt / CIOTA for BLOOM & BRANCH / Suvin Cotton Crewneck Sweat Shirt / 6 / 33,000
Denim / CIOTA for BLOOM & BRANCH / Rigid Indigo Suvin Cotton 13.5oz Straight Denim / 33 / 29,000
Shoes / Le Yucca's / Ghillie Shoes / 39h / 137,500

HEIGHT / 169cm

吊り編み機で織り上げた柔らかなスヴィンコットンを使用したCIOTA for BLOOM&BRANCHのスウェットは先シーズンの物とは異なり、より深みのあるインディゴカラーとなっています。リジットデニムとあわせることで色の一体感をだし、ワントーンでまとめることで現代的なコーディネイトへと導いてくれます。また裏毛から裏起毛へと変わり寒い冬でも温かく着ることができ、より高い機能性をもたせています。同日に再入荷のCIOTA for BLOOM&BRANCHのリジットデニムと一緒に合わせて着用していただくとより一層、世界観が深い印象的なものとなります。

シルエットもヴィンテージスウェットを忠実に再現し、広めのリブや袖ぐりの深さなど程よいボリューム感を最大限に活かしたスウェットの王道のシルエットではないでしょうか。しかし、ヴィンテージを再現することは現代的要素を含むことなく「ただのヴィンテージ風」としか言えません。CIOTAはそこに最高級で柔らかなスヴィンコットンを取り入れることでボリューム感のあるヴィンテージシルエットに、柔らかなドレープ感と程よい光沢感を加え、現代的要素をうまくとりいれているのです。更にインラインに無いサイズ7があるのも、抜け感のあるコーディネイトに役立つのではないでしょうか。

先シーズンから更に進化を遂げたCIOTA for BLOOM&BRANCHのスウェットは品良くシンプルに合わせていただく事のできる「最上級のベーシック」として着用して頂けます。そこには妥協する事のない作り手のこだわりを垣間見ることができます。ベーシックな物は良いものを選ばなければ粗が目立ちます。どの方向から見ても美しいと魅了される物、それがこの一着には詰まっているのではないでしょうか。(KYOTO 鈴木)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH KYOTO Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH KYOTO
TEL 075-585-5179

Phlannèl / Felt Wool Knit Poncho, Worsted Wool Knit Rib Dress / 21.9.25- Release / Shinohara

本格的な秋の訪れと共に、9/25(土)よりPhlannèlの新作アイテムを発売いたします。気温の落ち着きと同時にニット類を本格的にお探しになられている方も多いのではないでしょうか。本日は昨シーズンでもご好評をいただきましたWool Knit Rib Dressと、レイヤードアイテムとして活躍するFelt Wool Knit Ponchoの2型をご紹介いたします。

Poncho/ Phlannèl / Felt Wool Knit Poncho / 0 / 44,000
Onepiece / Phlannèl / Worsted Wool Knit Rib Dress / 0 / 39,600
HEIGHT / 153cm

フェルト特有のふわふわとした柔らかな生地感が惜しみなく感じられるPhlannèl新型のポンチョ。ペルー産のアルパカにウールを混紡させ、保温性だけでなく軽量感も持ち合わせた魅力的な一着です。ヒップをすっぽりと覆ってくれる後ろ身頃の丈感も女性にとっては嬉しいポイントですね。大きめに設置された2つのポケットも実用性に長けており、時には入れ物として、時には手袋の代わりとしてお使いいただけます。今の季節は一枚で着用できる薄手のワンピースも、少し寒くなった頃にはこのポンチョを重ねることで暖かくお過ごしいただけます。レイヤードにすることでまた新たな雰囲気を楽しめるのも、ポンチョが良い役割を果たしてくれるからなのです。

続いてご紹介いたしますのはポンチョに合わせていたWorsted Wool Knit Rib Dress。”Worsted”は梳毛織物を意味し、梳毛糸(5cm以上の長く上質な羊毛を直線状に整え、撚りをかけて作られた滑らかな糸)を用いた織物の名称で、薄手で滑らかな表面が特徴です。ウールのチクチクとした感触は一切なく、直接肌に触れても柔らかい着心地になっています。ボディラインを強調しすぎないAラインシルエット、女性らしさのある艶やかなデザインが魅力です。スタイリングの幅が広がる2way仕様もポイントで、気分に合わせてワンピースとしてもロングカーディガンとしてもお召しいただけます。

発売日には Felt Wool Knit PonchoからはLt.GrayWorstedを、Worsted Wool Knit Rib DressからはMix BeigeとBlackの2色をご用意しています。ポンチョとのレイヤードも良し、ドレス単体も良し、お好きなスタイリングを探しに是非店頭にお越しください。(KYOTO 篠原)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH KYOTO Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH KYOTO
TEL 075-585-5179

blurhms for BLOOM&BRANCH / Reversible Hospital Jacket, Reversible Easy Pants / 21.9.17 Release / Terashima

物事には順序だってそれぞれに役割や必要とされる機能が存在し、ひとつの目標に向かって進んで行く、というのが自然の摂理かと思います。お洋服にもそれぞれに歴史が存在し、その場面場面で求められた役割は異なります。炭鉱労働において必要とされた強靭な素材であったり、戦場において発揮される理にかなったディテールであったり。そしてそれらは今のお洋服には必要不可欠なものではなく、単なるデザインとしての役割分担を強いられているように感じます。"強いられている"と敢えて強い言葉で記したのは、それでもなお"デザインとしての役割"は必要不可欠なものだと感じているからです。

Jacket / blurhms for BLOOM&BRANCH / Reversible Hospital Jacket / 2,3 / 71,500
T-shirt / blurhms ROOTSTOCK for BLOOM&BRANCH / Highneck Pack Tee / 2 / ¥19,800
HEIGHT / 173cm

フレンチヴィンテージの知識にそこまで長けていない私でも、見聞きし手に取ったことのあるモールスキン素材とシャンブレー素材。そのメイン素材を両A面で使用し一着で4パターンの着こなしが可能な今作の別注リバーシブル。リバーシブルと聞けば、少なからず私はワクワクします。異素材で両A面...例えるならフレンチのフルコースで最初から最後までメイン食材を頂くような感覚。

Pants / blurhms for BLOOM&BRANCH / Reversible Easy Pants / 2,3 / 53,900
Shoes / Le Yucca's / U-tip Shoes / 39 / 143,000

もちろんのこと、パンツも両A面のリバーシブルです。リラックス感のあるテーパードシルエットのイージーパンツは、サイズ2の着用でロールアップせずワンクッション溜まるほどの丈感となります。

ブラックシャンブレーの織目が特徴的。シャトル織機によって経糸・緯糸の濃淡をはっきりと出すことで、まるで波が打っているような織柄に仕上がっています。"あるようでない、blurhmsが生み出す完全オリジナル生地"というポイントにも惹かれます。

チェンジボタン。キッチリとした体裁の方には、少々面倒なディテールかもしれませんが、お洋服がお好きな方は、"多少の面倒くさい=愛着"という図式を頭に思い浮かべられるのではないでしょうか。両A面のフルコースを頂くのだからテーブル作法を記憶するのに時間は厭わない、くらいに思っていただければと。もちろん付け替えずにそのまま着用しても問題は無く、未完成と完成のはざまで楽しむというのも、一種の醍醐味なのかもしれません。

color : Twist Black

サイドにそれぞれ一つずつ、ヒップ側に一つポケットが付きますが、勿論こちらもリバーシブルで同じ仕様。勘づく方は既に気付いていらっしゃるかと思いますが、異素材のリバーシブルは洗ったときの縮率が表と裏で異なります。さらに経年変化の時間軸も異なります。これらすべての変化への対応、計算されたモノづくりには一人の服好きとして感服いたしました。

茄子紺の鮮やかさが目を惹く、ネイビーモールスキン。軽くしなやかな生地感ですが強度が高い生地でもあるため、ヴィンテージ同様にガシガシ使用したくさん洗いをかけてエイジングを楽しんでいただきたい、そんな一級の素材感に仕上がっております。

color : Navy Moleskin

シャンブレーという生地は主に春夏シーズンに着用されることの多い素材です。上品な光沢があり、軽くて丈夫それでいて通気性が良いためです。しかしこちらは幾度と記述している通り、両A面のリバーシブル仕立て。反面に織目の詰まったモールスキン素材を配しているため、秋・冬・春の3シーズン着用可能なジャケット、パンツに仕上がっているわけです。特にブルーシャンブレーはブラックシャンブレーと比較し、優しい青みにあるためインナーやアウターに左右されず着回しが可能かと思います。

色味に迷われましたら、是非両色をお手に取ってご試着いただいても構いません。先のことまで考えると...クローゼットの中を想像すると...これは本当にどちらもいいな、と思っていただけるはずです。

color : Blue Navy

残暑から解放されて、ひんやりとした朝晩の気温になり始めた9月中頃の京都は、紅葉に向けて柔らかい秋雨を降らす時期に突入しています。降雨も葉が色づくことにもそれぞれに意味があり、役割があります。日常に溶け込みすぎて、当たり前のことに意味を見出すことは少なくなりましたが、足を止めて木々を観察し思案したり・ありのままを感じることは今とても大事な気がします。今回ご紹介いたしました、両A面のリバーシブルのモールスキン素材にもシャンブレー素材も現代では当時の機能や役割は絶対の必要性は無いのかと思います。しかし現代では作りえないヴィンテージの良さであったりその変化であったり、ヴィンテージそのまんまでなくとも人の心に響くデザインであったり、それに携わる人々の想いだったりは、全て意味があると思います。それを伝えるのが私の役目でありますので、非常に困難極めるご時世ではありますが是非とも店頭にてお伝えできればと思います。(KYOTO 寺島)

 

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH KYOTO Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH KYOTO
TEL 075-585-5179

m's braque for BLOOM&BRANCH / Smoking Jacket / 21.9.17- Release / Shinohara

9.17(金)より、m's braque for BLOOM&BRANCH 「Smoking Jacket」を発売いたします。昨シーズンご好評をいただきましたm's braque別注のチャイナジャケットからおよそ1年、今回第2弾となる別注ジャケットもさらに魅力溢れる仕上がりになっています。秋の装いに移り変わっていくこの季節にご紹介できることを嬉しく思いながら、別注ジャケットの魅力について綴らせていただきます。

Jacket / m's braque for BLOOM&BRANCH  / Smoking Jacket / Black / ¥74,800
Shirt / Phlannèl / Cotton Basket Weave Bosom Shirt / Ivory / ¥28,600
Pants / Phlannèl / Winter Loop Yarn One Tuck Wide Straight Slacks / Deep Gray / ¥39,600
Height / 153cm

今回の別注企画では、m's braqueがコレクションラインで展開している単仕立てのスモーキングジャケットを総裏仕立てに変更し、アウターとしての着用を可能にしました。素材はブランドが得意とするデッドストックの生地が贅沢に使用されており、Blackはとろみのある肌触りが特徴です。メンズの38サイズをベースに身幅や袖丈の調整を行い、女性に合うバランスに再構築したため153cmの低身長な私でもすっきりと着用できるサイズ感です。

ショールカラーやターンナップ・カフス、トグル・ボタンなどスモーキングジャケット特有のディティールも外せないポイントですが、こちらのBlackにおける最大の魅力はやはりこの裏地ではないでしょうか。微細な奥行きをもつ黒のアムンゼンに合わせられたエレガントなレオパード柄。風になびくときや着脱時にしか表情をみせないその奥ゆかしさに思わず胸を掴まれます。袖をめくってレオパード柄を少しのぞかせるのも素敵ですね。

Jacket / m's braque for BLOOM&BRANCH  / Smoking Jacket / Tweed / ¥85,800
Tops / Phlannèl / Cotton Silk Rib Crew Neck Tee / Gray Blue / ¥12,100
Onepiece / Phlannèl / Wool Cotton Twill Waistcoat Dress / ¥41,800

クラシカルな雰囲気漂うTweedは、グレーベースにネップが特徴のミックスツイード。ウールとコットン、ポリエステルと3つの異素材が混ざり合い奥行きのあるお色味になっています。Blackと比べると肉厚な生地感になっており、先のシーズンまでアウターとしての活躍が期待できます。今回はPhlannèlのウールコットンのドレスを合わせ、素材感を揃えることですっきりと上品な印象にしてみました。BlackとTweed、どちらも別注ならではの拘りが詰まった一着となっておりますので、この機会にワードローブに取り入れてみてはいかがでしょうか。(KYOTO 篠原)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH KYOTO Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH KYOTO
TEL 075-585-5179

KATIM POP UP STORE / 21.9.14 (tue) - 9.21 (tue) / Shinohara

9/14(火)より、BLOOM&BRANCH KYOTOお向かいのTHE SPACE FUJIIDAIMARUにてKATIM POP UP STOREを開催いたします。大変ご好評をいただきました今年4月の同展開催からおよそ半年、今回はSCALAやPORTOBELLOなど人気の定番モデルから21AWコレクションの新作アイテムまで、見応えのあるラインナップを取り揃えております。本日はPOP UPにてお披露目するアイテムたちをKATIMの魅力と共にお伝えさせていただきます。

KATIM / SCALA / 36 / 37 / 37.5  / 38 / Black / ¥52,800

凛とした歩き姿や洗練された佇まいを演出できる設計のもと生み出されるKATIMのフットウェアは、単体での魅力もさることながらスタイリングのスパイスにもなりえる頼もしいパートナー。ブランド設立以来常に人気を集めているこちらのSCALAは、ヨーロッパの古都を歩くイメージでデザインされました。塗装の荒い道でも安定して歩けるよう、強めのローリングカーブをつけた厚めのソールや横幅をしっかりと確保したオリジナルのヒールなど、オーソペディシューテクニックを学ばれたデザイナー小坂氏ならではの拘りが詰まっています。

KATIM / MAGGIO / 35.5 / 36.5 / 37.5  / Black / Ash Gray / ¥52,800

そしてこちらのMAGGIOはSCALAのトゥやバックのデザインはそのままに、KATIMの中で最もヒールを低くしたプレーンパンプス。SCALA自体はヒールの高さを感じないほどの安定感と履き心地で普段ヒールを履かれない方にもお勧めしたいアイテムですが、それでもヒールの高いシューズに不安があったり、フラットシューズがお好きな方にはこちらのMAGGIOを是非お試しいただきたいです。

KATIM / PORTBELLO / 36 / 36.5 / 37 / 37.5 / Black / ¥55,000

KATIM / RICHMOND / 36.5 / 37 / 37.5 / Black / ¥55,000

KATIM / OKUS / 35.5 / 36 / 36.5 / 37 / 37.5 / 38 / Black / Ivory / ¥56,100

KATIM / CONTI / 35.5 / 36 / 36.5 / 37 / 37.5 / 38 / Black / Burgundy / Beige / ¥80,300

KATIM / WORPLE / 35.5 / 36 / 36.5 / 37 / 37.5 / 38 / Black / ¥71,500

続いてご紹介いたしますこちらは色彩豊かなミドル丈のブーツたち。イタリアのフィレンツェをイメージしたCONTIは磨き上げたカーフを使用することで馴染みが早く、数日で自分の足を包み込むような感覚を得られます。内側のジップで楽に着脱も可能で、長く愛用できるベーシックなデザインも魅力です。また、牛革と山羊革のコンビネーションが一層の存在感を放つWORPLEはイギリスのロンドンの通りをイメージして作られ、足先に窮屈さを感じさせないスーパーラウンドトゥのラストが特徴で履き心地も抜群。ヒールの高さはCONTIが7.5cm、WORPLEが5cmとそれぞれ異なり、ご自身の気に入ったデザインや履き心地をお選びいただければと思います。

最後になりますが、KATIM POP UP STORE期間中の9/19(日)にはデザイナー小坂氏並びにKATIMメンバーの方々に在店していただく予定となっております。新作や過去にご購入いただいたシューズのメンテナンス及びフィッティング調整、ハンドポリッシュのサービスを実施いたします。関西では初となる貴重なこの機会に是非足をお運びくださいませ。皆様のご来店を心よりお待ちしております。(KYOTO 篠原)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH KYOTO Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH KYOTO
TEL 075-585-5179

CIOTA for BLOOM & BRANCH / Rigid Indigo Suvin Cotton 13.5oz Straight Denim / 21.9.11- Release / Kawasaki

まとまった雨が暑さを連れ去り、秋の訪れを感じさせる風が街を吹き抜ける様になりましたね。ワードロープの服たちも、リネンやコットン、ウールやカシミヤなどなど、様々な素材の服が着れる季節に移り変わろうとしていて、それだけで楽しい気分にさせてくれます。服の素材の中でもポピュラーで欠かせないのがコットンですが、その素材で作られた生地の「デニム」も気分を高揚させてくれるひとつではないでしょうか。今回はそのコットンに情熱を注ぎ、全てにおいて「拘りの塊」という言葉が似合う銘品をご紹介します。

Shirt /  PHLANNÈL SOL  / Normandy Shirt / 3 / ¥23,100
Pants /  CIOTA for BLOOM&BRANCH / Rigid Indigo Suvin Cotton 13.5oz Straight Denim/ 34 / ¥31,900
Shoes / Le Yucca's / U-tip Shoes / 40H / ¥143,000
HEIGHT / 172cm

前回ご好評だったCIOTAとの別注企画のデニムが約半年振りに再登場。「ヴィンテージデニムをデッドストックで見つけてしまったら」という構想からファーストモデルが出来上がり、今回のセカンドモデルも47年代のヴィンテージを忠実にサンプリングし、シンプルな革パッチやオリジナルシルエットはそのままに、生地を毛焼きから毛残しに変更し、ヴィンテージデニムらしい1本に。インラインには無い36インチと37インチを加えた8サイズをラインナップし、より別注企画の世界観に浸って頂きやすくなっております。履き方は2~4サイズアップした現代的な着こなしがお勧め。もちろんジャストサイズもお勧めです。

【 34 inch 】

【 36 inch 】

フロント部はヴィンテージ定番のボタンフライになっていて、そのひとつひとつにブランド名が刻まれています。裾を折り返した時の「耳」もあり、こういう細かな部分の拘りも嬉しいポイントですね。生地の核となるのはCIOTAの真骨頂であるスビンコットン。そのスビンコットンをたっぷりと使い、リジットではあるものの、その柔らかくしっとりとした肌触りをしっかり感じることができます。この生地感はヴィンテージには無い感覚かと思います。

インチアップして履いて頂く事で、ストリートの名残も感じさせつつ落ち着いた空気感を醸し出してくれるこの銘品。ご自身のライフスタイルに合わせた着こなしで楽しんで頂き、その記録がこのデニムに刻まれ、ふと見返した時に真のオリジナルデニムが出来上がっている。そんな体験をしてもらえたら私も嬉しく思います。この機会に新たな"マイサイズ"を探してみてはいかがでしょうか。(KYOTO  河崎)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH KYOTO Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH KYOTO
TEL 075-585-5179

 

blurmhs ROOTSTOCK for BLOOM&BRANCH / Oversize Zip Sweat / Highneck Pack Tee / 21.9.4-Release / Kawasaki

本日から9月に入りましたね、ただ夏の勢いはまだまだ衰え知らずの京都です。ですが、街行く人々の装いや日の入りの早さなど、少しずつでも秋が近づいている実感はあります。秋の気候は寒暖差が大きく若干あまのじゃく的な曖昧さもあり、私はその秋独特の気候に合わせた服のチョイスをするのが恥ずかしながら少し苦手だったりします。今回ご紹介するのは、その曖昧さも楽しさに変えてくれるようなとっておきのアイテムをお伝えさせていただきます。

Outer /  blurhms ROOTSTOCK for BLOOM&BRANCH / Oversize Zip Sweat  / 3 / ¥33,000
T-shirt /  blurhms ROOTSTOCK for BLOOM&BRANCH / Highneck Pack Tee / 2 / ¥19,800
pants / blurhms / Broken Clouth Curve Front Slacks / 3 / ¥39,600
HEIGHT / 172cm

私が感じたこのジップスウェットの第一印象は、「ずっしりと重量感がありながらもふっくらとした肌触りが気持ちいいな」というものでした。袖を通して尚更にその印象が強く感じられ、重量感も安心感に変化する一着に。季節によってはアウターにもインナーにも変化してくれそうです。生地にはリバースウィーブという製法を使っており、これはスウェットの弱点である縦方向の縮みを克服するために生み出されたものです。本来であれば縦に使用する生地を横にすることにより、縦の縮みを軽減するという効果があります。ただ、その製法だけでは、横方向の縮みを防ぐことが難しくなり、そのままでは身幅が短くなったり、型崩れを起こしてしまいます。その対策として胴脇にサイドリブを採用し、今度は横方向の縮みを防ぐという対策もしています。このサイドリブがあるおかげで伸縮性も向上し、動きやすさも向上するというメリットを兼ね備えています。シルエットは程よいオーバーサイズで、生地の恩恵を十分に感じられる着心地です。

お次はblurhms別注と言えばこのアイテムというくらい定番になりましたパックT。今回で三回目の製作となり、もう写真で見て頂いている通り、ハイネックロングスリーブTシャツです。生地には超長綿というとても細く長い綿繊維が使用されており、しっとりと柔らかな質感が気持ち良い一着です。シルエットは身幅、袖丈共に程よくゆったりと、ネックの高さは短めに作られており、とても着易く普段使いに丁度良いサイズ感になっています。カラーもデイリーユースに取り入れやすいホワイトとチャコールの2色が一つにセットになっているのも嬉しいポイントですね。

一番のお勧めのスタイリングは、パックTとジップスウェットのレイヤードスタイルです。同ブランドならではのバランス感の良さが一番ダイレクトに伝わる着こなしだと思います。スウェットに使われているクリーンに輝くダブルジップも良いアクセントになっており、滑らかなスライド感の使い心地も良く、中に着る物次第でジップの位置をコントロールしてもらえば、様々な表情に変化してくれます。一見シンプルな二つのアイテムですが、別注ならではの両ブランドの想いや拘りが詰まっており、やはり実物を見て触って、着て頂くのが一番だと感じます。言葉にするのが容易ではない感覚を味わって頂くのも、服を楽しむ事に繋がり、その気持ちが日々をより明るく楽しくしてくれると思っています。(KYOTO 河﨑)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH KYOTO Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH KYOTO
TEL 075-585-5179