BLOG

Barbour for BLOOM&BRANCH / Stand Collar Jacket, Cruiser Jacket / 21.10.30- Release / Ueda

Barbour for BLOOM&BRANCH / Cruiser Jacket / 38 / 72,600
HEIGHT / 175㎝

昨年に引き続き、Barbourとの別注企画のジャケットを10/30(土)より発売いたします。今季は昨年、好評を博したCruiser Jacketに加えて、新型のStand Collar Jacketとの2型を制作いたしました。

イギリスの老舗ブランドBarbourにアメカジのテイストを落とし込み、日本生産で仕上げた今回の別注ですが、ディレクターによる別注に至った経緯や生地感、ディテールなどの詳しい話は是非こちらをご覧下さい。

Levi'sのデニム、Championのスウェット、Burberryのトレンチコートの様な今でも愛される不朽の名作は、他にもありますが、Barbourのオイルドジャケットもまさしくこの位置にあるアイテムでしょう。

オイルを染み込ませた得も言われぬ深いSage。一度は憧れるであろう名品ではありますが、取り扱いは少し注意が必要です。マメな方には何も問題はありませんが、私はずぼらな性格の為、そんな自分には透湿防水のナイロン素材が1番嬉しいポイント。

Barbourとマッキーノクルーザーのディテールを踏襲しながらも、現代的な装いに溶け込むサイズバランス。

身幅、肩幅、アーム周りにはゆとりを持たせていますが、着丈はジャストなボックス型なので、全体としてのボリューム感はあるもののすっきりと纏まっています。

雨天時を想定したポケットや袖の仕様は、実際に役立つかよりもそこに至ったデザイン自体に惹かれてしまいます。寒い時は襟を立てて、ストールを巻いてもらえば十分に温かく、中にニットを仕込めば東京の冬くらいなら乗り越えられそうです。

アメカジをベースにしていますが、Barbourのオリジナルのタータンチェックが見えると、もうどんなアイテムもブリティッシュに見えてしまうのは何故でしょうか。

Barbour for BLOOM&BRANCH / Stand Collar Jacket / 38 / 72,600

新型のパナミントジャケットをベースにしたスタンドカラージャケット。襟を立てて着用した際は素材感から、よりモダンな印象。着丈はクルーザージャケットより長く、ロングジャケットとショートコートの中間のような立ち位置で使っていただけるかと思います。

小ぶりな襟の為、折り返した際の印象も先程とは異なり、差し込むインナーのバランスは取り易いかと思います。今回はタートルネックを差し込んだ為、よりすっきりと纏まっていますが、クルーネックを差し込んでもラフになり過ぎずクリーンに映ってくれそうです。

やっとアウターの出番が増え始めたこの時季に、ディテールや素材、生産背景と拘り抜いた、BarbourらしいBarbourらしくないジャケットに是非袖を通してみて下さい。(AOYAMA 上田 )

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH AOYAMA Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH AOYAMA
TEL 03-6892-2014

PHLANNÈL SOL / Winter Motorcycle Coat / 21.10.23-Release / Ouchi

10/23(土)より待望のPHLANNÈL SOL モーターサイクルコートをリリースいたします。例年進化をしておりますが、今季は程よい毛羽立ちのウール素材をベースに、VANKSと呼ばれる透湿性に優れたフィルムを張り合わせ、裏地にはボンディング加工を施しています。ベージュとカーキの2色展開ですので、スタイリングに合わせご紹介致します。

Outer / PHLANNÈL SOL / Winter Motorcycle Coat / 1 / 83,600
HEIGHT / 162㎝

既にご存知の方も多いかと思われますが、モーターサイクルコートは1940-1950年代のフランス軍のバイク部隊の為に作られています。広めにとられたAラインシルエットと大きな衿が特徴ですが、PHLANNÈL SOLではAラインを少し控えめにし、襟ぐりもステンカラーコート寄りにし着易くアレンジを施しています。

Knit / molli  / NORA / S / 41,800

Bag / STUDIO NICHOLSON / MINI SLING BODY / 55,000

Pants / Phlannèl / Wool Cotton Twill Gurkha Trousers / 30,800

ハリのあるボンディング加工の素材に、柔らかい印象のベージュ色のギャップが良い一着です。中に深いオレンジ色のニットを入れたりと、秋ならではの色合わせを楽しめる魅力も。

 

Dress / Christian Wijnants / DIANA / 78,100

今季のカーキは多種の色を混ぜ込んだ綺麗な色合いです。深さがある為グリーンのニットやドレスと合わせたグラデーションスタイルも気分の組み合わせ。手首と腰には長くとったベルトが付いています。ベルト穴がないので制限無く絞りをきかせる事が出来、スタイリングに合わせお楽しみ頂けます。

陽が沈むと寒さを感じるここ数日ですが、軽量感と保温性を兼ね備えたモーターサイクルコートは長い期間、着用頂けます。色合いや細かなディテールがより今の気分に合わせ、グレードアップしておりますので是非身体を通してみてください。(AOYAMA 大内)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH AOYAMA Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH AOYAMA
TEL 03-6892-2014

Scye / New Arrival Vol.2 / Ouchi

ここ数日の涼やかな風に、やっと秋らしさを感じています。そんな中、本格的に今年のアウターをお考えの方も多いはず。今季のScyeでは定番のメルトンコートの新色や、リバーシブルのダウンジャケット、様々なシルエットのアウターが揃いました。

Outer / Scye / Wool Cashmere Melton Over Sized Coat / 38 / 105,600
HEIGHT / 162㎝

スーパー120原料のウール90%にカシミヤ10%をブレンドした糸を使用し、二重組織で織り上げたメルトン。製織後、機械加工を施しビーバー仕上げにすることで表面に毛並みのある表情に。上質な原料由来の控え目な光沢と滑らかなタッチが特徴です。

内側胸の両サイドにアームストラップが付いているので、肩掛けの見え方も綺麗な一着。新色のグリーンとネイビーの2色展開です。

Outer / Scye / Cotton Gaberdine Tielocken Coat / 36 / 165,000

フロントボタンのないミニマルなデザインで、やや浅めのダブルブレストの打ち合いは下前をアンカーバックルで留め、上前はベルトで締める仕様となっています。

ウール素材の着脱可能な襟とライナーは防寒の調節と、季節的にも長く着れる魅力があります。何よりもハンガーにかけた時や、裏が少し見えた時の自分だけの高揚感が満足度の高いコート。

Outer / Scye / Nylon Cotton Layered Bomber Jacket  / 38 / 110,000

一見すると通常のミリタリージャケットですが、実はリバーシブル仕立てで作られています。オーバーサイズで作られた程よいボリューム感がコーディネートのアクセントになる一着。A面はナイロンツイルを使用したMA-1タイプのボマージャケット、B面はキルティング加工を施したポリエステルタフタのライナージャケット仕様で、スタイリングに合わせお楽しみ頂けます。

Outer / Scye / Nylon Cotton Twill Padded  / 38 / 110,000

ボマージャケットと同様の素材を使用した中綿入りのパデッドコート。フロントのは特注したダブルスタッドのドットボタンによる開閉で表面、裏面ともに着用可能なリバーシブル仕様。襟元がすっきりしているのでタートルネックのニットやフード物、マフラー等の合わせにも相性が良いです。シンプルな印象の中に細やかなディテールが盛り込まれたScye。本格的に冷え込むこれからの時季を、Scyeの拘り抜いた素材や、シルエットのアウターでお楽しみください。(AOYAMA大内)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH AOYAMA Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH AOYAMA
TEL 03-6892-2014

Phlannèl Scene Staff Adachi

改めてPhlannèlとはどんな服?と考えたときに"寄り添う服"という答えにたどり着きました。Phlannèlといえばとにかく素材がよく、ストレスなく纏え、着心地が抜群。デザインが入っているものは少なく、どちらかと言えば長くもち続けられる普遍的なモノであり、生活に溶け込んでいきます。

例えばですが、お子様のいるご夫婦、美容師さん、スーツをよく着る会社員の方、青山店がご近所で散歩に来てくれる方、とにかく楽な服が好き、ヴィンテージ好きなどなど、、、。この仕事をしていると出会う人も幅広くなるのですが、それぞれに多様な暮らし方がある中で、Phlannèlの服はその日常にスッと溶け込み、寄り添うことのできる服が多いと感じます。シンプルで気取らない、だけれども個を引き出す、この服の魅力を既に体感してくださっている方も多いのではないでしょうか。

休みの日は、公園が近くにあるのでコーヒーとパンを買ってのんびり過ごしたり、音楽を聴きながらただただ歩く、時には考え事をしてみたり、思いっきり心をリラックスさせるために出掛けることが多いです。実家では犬を飼っているので、散歩をしている犬をみるだけでも癒されています。今回、不慣れではあるもののカメラを持ち、東京店の大坂さんと一緒に非日常的なピクニックをしながら、日常を切り取ってみました。いつもとはまた別のPhlannèl時間を味わえたように思います。

Dress / Phlannèl / Suvin Cotton Shirt Dress / 1 / 39,600
Cardigan / PHLANNÈL SOL / Wool Yak Guernsey Cardigan / 0 / 35,200
HEIGHT / 158cm

加えて、私の身内周りの話になりますが、両親共にPhlannèlの服を日常着として愛用しています。時々会うなかで、「それはどこの服?」なんて聞くと、割と前のシーズン物だったりすることもよくあります。母に関しては正直なところ、自分より着こなしてるんじゃないかと思うくらい軽やかに着ています。仕事着、犬の散歩、買い物に出掛ける時にも。きっと、母にとってPhlannèlの服は丁度良いんだと思います。母を例に挙げましたが、Phlannèlは年齢層の幅が広く、着用できるのも特徴的です。はっきりとした色!ではない、絶妙な匙加減によって生まれる色、サイズ感、程よいバランスなどが相まって、型にはまらない着用ができるんだと思います。

今回の撮影では、既に店頭で発売している Suvin Cotton Shirt DressとWool Yak Guernsey Cardiganを着用しました。サックスブルーのシャツドレスは、シルクのような光沢感と質感をもつ品の良いシャツワンピース。ウシ科の動物ヤクを使ったガンジーカーディガンは保温性に優れており、これからの季節は手放せないアイテムになるでしょう。特にこのBeigeはスタッフにも大人気で1日で3人が着用している日も。どんなシーンにも丁度よく馴染み、あれば落ち着き、生活に寄り添うことができる服。段々と肌寒くなり、衣替えをし始めている方も多いかと思います。このご時世ではございますが、ニット、アウターも揃い始めておりますので、是非手に取ってご覧ください。(AOYAMA 安達)

 

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH AOYAMA Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH AOYAMA
TEL 03-6892-2014

 

 

 

 

 

Phlannèl Scene Staff Ito

私は年齢を重ねる毎に、着心地の良い洋服ばかりを選ぶ事が増えてきていて、特に秋冬シーズンには「肌触りの良い、ストレスを感じないシルエットバランスのニット」を着用するようになりました。昨今のコロナの影響も少なからず気持ち的にはあるのかもしれません。
着用しているPHLANNÈL SOLのヤク素材のニットはまさに上記の自分の好みを捉えていて、着用していて気持ちが良く、シルエットバランスも良い、今の自分にはこれ以上満足させる物はないと思えるニットです。

Knit / PHLANNÈL SOL / Wool Yak Vneck Knit / 3 / 33,000
HEIGHT / 164㎝

洋服が好きなので休憩中には青山の近隣の洋服屋さんを見て、休日は少し足を伸ばして洋服を見ることが多いです。特に高円寺、中目黒付近の古着屋さんを巡ることが多いでしょうか。今回は友人の働く高円寺の古着屋「TRUNK」さんに行ってまいりました。Vintageのアメリカやヨーロッパ等のトラディショナルで普遍的な洋服や、メゾンの洋服、アーカイブ品等を取り扱っていて、洋服好きにはたまらない古着屋さんの一つです。トラディショナルで普遍的という部分では、BLOOM&BRANCHで取り扱いしている洋服と近しい雰囲気だと個人的には感じています。

こういう古着屋さんに足を運ぶときもそうですが、美術館や映画館、友達とご飯を食べる時、海に行くとき、近所のサウナに行くとき等、様々な場所に溶け込むところがPhlannèlの良さだと思います。洋服の価値観は人それぞれ違うと思いますが、私の生活の中では「最高の日常着」であると強く感じます。(AOYAMA 伊藤)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH AOYAMA Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH AOYAMA
TEL 03-6892-2014

molli / New Arrival / Adachi

1886年、スイスで生まれたニットブランドmolli。2015年より女性向けのニットウェアを展開し、パリで愛されています。molliのニットには、他にはない色合い、繊細さ、素材が手に取れば伝わり、毎年買い足したくなる中毒性と安心感のあるものだと感じます。
今回も少量での入荷となりますので、是非手に取ってご覧いただければと思います。

オフホワイトのベストは、ヴァージンウール100%。molliならではの編み地と、体にホールドするコンパクトさも魅力。今時季は、シャツ、ブラウスとのレイヤード。春には1枚でも着用できます。

Vest / molli / Nova / S / 41,800
Onepiece / PHLANNÈL SOL / Stand Collar Shirt Dress / 1 / 29,700
Eyewear / Lesca LUNETIER / HERI / 40,700
HEIGHT / 158㎝

AOYAMAのみで展開となるベスト。胸元が深くVネックのデザインが印象的です。オレンジ、アイスブルー、ホワイトの配色と編み地はmolliならではのカラーリングではないでしょうか。

Vest / molli / Nectarine / M / 37,400
Pants / YLÈVE / Capana Nylon Trouser /1/ 41,800

Blouse / molli / Molli Knit Blouse With Lace Collar / S / 60,500

Knit / molli / Nora / S / 41,800

秋冬の定番タートルNORAは、エキストラファインウール素材を使用し細めの毛糸を丁寧に編み込まれていますので体を包み込む感覚と、保温性に優れています。私自身も愛用しており去年の冬は、このニットに寒さから助けられました。ニットならではの重量感がなく、冬場でもストレスなく着用出来るのもmolliの特徴です。懐かしさがありつつ、今の時代にシフトし、着こなせるmolliのニットはタイムレスに持ち続けれるのではないでしょうか。(AOYAMA 安達)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH AOYAMA Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH AOYAMA
TEL 03-6892-2014

CATEGORY
RECENT POST
Vintage Watch / Cartier,ROLEX Airking,OYSTER PERPETUAL,OYSTER PERPETUAL DATE / Ouchi
川口武亮 / 窯変 / AOYAMA / 21.12.4 - 21.12.12 / EVENT
Outer Collection / AOYAMA / Adachi
ULTERIOR 別注リバーシブルフーデットコート、別注シャンブレーギャバジンコート発売
Outer Collection / AOYAMA / Ito
ARCHIVE

RSS Feed