BLOG

ふるまい

COMOLI / Silk Stripe Pullover Shirt / ¥52,800

特定の物質の性質、あるいはその物質が何者であるかを特定する実験の方法の一つとして、物質の「ふるまい」を調べるというものがあるということを最近読んだ本で知りました。目標のとある物質を抽出して100%純化してそれ自体を調べることが難しい状況である場合に、例えばそれが純度70%含まれた状態のものと90%含まれた状態のものを用意して、それぞれの状況での物質の「ふるまい」を探り、その結果との相関関係から物質それ自体の性質を探るというようなことだったと記憶しています。

「ふるまい」という言葉それ自体は日常生活においては「人」がかかる名詞や動詞活用であるので、その実験過程での物質の「ふるまい」を定量化して探るという感覚がとても新鮮で頭に焼きつきました。違和感を感じると同時に、何か・誰かの「ふるまい」にはその主体の本質が明確に表れやすいのだとも感じました。誰かがある状況でどうふるまうか、という態度には、確かにその人らしさの核がありありと表出するように感じます。

目の前の人が困っている時、会議で危機的なほどに無言になったとき、美しい空を見た時-
その場その場での人々のふるまいは本当に千差万別で、だからこそそこに個性が出るのです。そんなことを考えながら、そこにいてふるまう誰かのことを頭の中で考えた時、その人はどんな服を着ているだろうかと想像を巡らせました。先ほどの言葉と矛盾しますが、人は、どんな服を着るかによって、きっとふるまい方は変わるのではないでしょうか。逆にいうと、人のふるまいに変化をもたらすほどに、着るものというのは人の心理状況にダイレクトに影響を与えるものです。

心地良い服を着ているとき、人のふるまいは少しばかりいつもに比べ穏やかになるでしょう。洋服の中で身体が踊るように動き回るとき、人のふるまいはアクティブになりながらもストレスを感じず楽しげに見えるでしょう。背筋が伸びるようなタイトな服に身に纏ったり、行動を制限するようなドレスに身を包んでいるときには、指先まで神経が集中してふるまいはしずやかで冷たさを伴うかも知れない。
どんな服を着るかで、人の心も、そしてふるまいも変われば、その周りにいる人に与える影響も変わり、自分と自分の心の間の摩擦がなくなったり、自分と誰かの間の溝が消えて行ったり、そんなことまで影響するからこそ、やはり着るものを選ぶという行為は難しさを伴うけれど楽しくもあり、とても大切なことであり、大きく言えば生き方そのものにすら関わるのだろうと思いました。ちなみにCOMOLIの服に身を固めている時の私自身のふるまいはおそらく、心から風や光や湿度や香りを楽しみ、おおらかで自然で飾らずにあるような気がしています。

そして今月を持ちまして、私が担当するWEB SHOP BLOGを終了する運びとなりました。今後はWEB SHOPの運営スタッフがそれぞれの視点で、より明確に素敵な洋服の魅力をご紹介させていただくコンテンツになるかと思います。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。(守屋)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH Instagram

金銭ではかれないものの価値

NICENESS / RICHARD / ¥75,900

昔、高校の卒業祝いに母親が何か欲しいものをプレゼントしてくれるということで、19歳の私は熟考に熟考を重ね、当時流行っていたセレクトショップでレザーのバッグを買ってもらうことにしました。「きちんとした大人」は、ブランドものの財布か、それなりに高価な本革のバッグを皆一つずつくらいは持っているだろうという勝手なイメージと、そのイメージに近づくための一歩として、私は本革のバッグを選びました。

イタリア製のブラウンレザーのバッグで、その言葉の響きだけで心は高鳴っていたことを思い出します。すごく気に入って使っていましたが、それ自体の質やなめしの方法にまで気をとめるほどに知識のなかった私はその後、使っているうちにそのレザーがなんだかタイヤのようなゴムのような匂いを放つことに違和感を感じでだんだんと使わずクローゼットに引っ掛けたままになることが増えました。

結果としてそれなりに使った後はじっとクローゼットに潜んでいることが多かったですが、その後気がついたときには変な匂いが消えていたことと、また気分が巡ってきたこともあって相当長い間使いこんだことを覚えています。それは、今考えると決して上質なレザーのバッグではなかったかもしれず、そしてその程度の価格帯のものだったようにも感じますが、私にとってそのバッグはつけられた金額の何倍もの価値を持っていました。それは長く使ったが故のコストパフォーマンスの高さなどでも全くなく、ただただ母親に買ってもらったことと、初めてのレザーのちゃんとしたバッグだったこと、記念の一品だったことなど様々な要素を含んだ私だけの価値でした。

上質なレザーを使い、職人がハンドメイドで手間と時間を惜しみなく注ぎ込んだバッグは100万200万の価値を一時的に付与されるものにはなるでしょうが、それは便宜的に市場経済のシステムに組み込まれるためにつけられた数字でしかなく、本来的にはものそれ自体の価値は作った人と、それを受け取り使う人の間でしか測ることができないものなのではないかということを、ふと思い出させてくれたバッグでした。自分の目で、手で、心で、ものの価値を決め、それに見合うようものを使い、使い終わったものたちを見届ける。その一連の流れに自分はずっとずっと主体的でありたいと思います。(守屋)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH Instagram

絵画を身にまとう

Cristian Wijnants / PALI / ¥81,400

印象的な色使いで織りなされるCristian Wijnantsのテキスタイルは毎シーズン眺めるのが楽しみになるアイテムの一つです。新作コレクションのトラウザーは、モネの睡蓮を思わせるような美しい花が描かれた上品なシルエットの一本。薄紫の花々に、緑が少し青みがかったような色合いの葉や茎が連続していて、儚い印象の中にリズミカルな要素をプラスしてくれています。

モネの睡蓮画は、水面に漂う花、その水面に映る木々、そして水面の下にある水中の世界を同時に描き出しています。それを観る私たちの視線は、水面を漂い、そのうちに水の中へと潜り、かと思えば風にそよぐ木々の方へと流れていったりと自由に行き来することでしょう。どこにも視点があっているようでいて、どこにも合わない視点。風景全体に渡る目線。そんな印象をこのトラウザーから感じました。

あるいは、これは水に滲む水彩絵具の色のあとのようにも見えるでしょうか。もしかすると、実物の花々にカメラを向け、ピントを合わせている最中に見える景色かもしれません。それも暗い場所であるがゆえ、私たちが実際に肉眼で目にする世界とは違ったものをカメラのレンズ越しに見ているときかもしれません。捉え方はさまざま、そんな抽象性させ感じます。

とはいえ私は芸術に造詣が深いわけでもなく、興味関心が高いわけでもないので、これはほんの個人の感想に過ぎませんが、絵画を身に纏うような高貴さを感じさせてくれるこの洋服たちは、日常に美しさを見出すことの大切さを常に着る人に感じさせてくれるようです。(守屋)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH Instagram

夢のはなし

R.ALAGAN / HORSE RING Silver ¥44,000 / HORSE RING Gold / ¥49,500

突然ですが、寝ているときに夢はみますか?朝目覚めたとき、その夢を覚えているでしょうか?夢には様々な暗示が潜んでいるといいます。夢の中に現れる人物やもの、現象によってその時の自分自身の心理状態を表すものと考えられてもいるでしょう。夢占いというものも存在しています。

先日朝目が覚めたときに朧げに記憶している夢を逆再生で辿ってみると何故だか自分の生活には全く馴染みのない馬がでてきました。聡明で儚く、全てを見通しているかのような馬の透き通るような瞳が印象的な夢でした。以前メゾン・エルメスの展示で観たベゾアール(結石)のことを思い出し、その神秘性について思いを馳せました。

夢の中に出てくる馬は、強いパワーを手に入れること、運を運ぶ存在としての意味が含まれているそうです。そして、馬を飼ったり手なずけることは馬が象徴するそれらのパワーや運を手に入れることを示唆しているもののようです。だとすると、そんな思いを込めて、自分の指に一つ、馬のリングを差してみることは、運を手に入れることやパワーを自分自身の内側にみなぎらせておくためのおまじないとなるでしょうか。

幸運はときに、突然に空から降ってくるように私たちのもとに起こったりするものですが、それはきっと偶然でも突発的なものでもなく、日々こつこつと何かを願い、希望、小さな努力を繰り返している人のもとにやってくる必然のもののように思います。そんな小さな日々について、願い続けることについて、忘れないようにいさせてくれる馬のリングかもしれません。(守屋)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH Instagram