BLOG

小野象平 「小野象平の表現」 / 陶・個展 / 21.1.16-21.1.24 / AOYAMA / EVENT

1.16(土)より小野象平さんの個展 小野象平の表現 を開催したします。2度目となる今展では、以前よりも力の増した表現豊かな小野さんの作品をご覧いただけます。小野さんは、高知県香美市にて自身で掘ってきた土を用いて作陶されています。一般的に高知県の土は焼き物には向かないと言われてきましたが、小野さんは高知の土を自分のものとして操り、唯一無二のうつわを生み出しています。


青灰釉薬 8寸皿 / 9,900+tax

小野さんの代表的な作品である青灰釉は、木の灰を使用し、無酸素状態の窯で焼くことで土の中から鉱物が滲み出るように溶け出し、生々しくも美しい青色が生まれます。人工的な顔料などを一切使わない、自然本来の青色は、一目で魅了される力強いうつわです。


青灰釉薬 中鉢 / 7,700+tax


黒志野マグカップ / 3,300+tax

東京では初のお披露目となる新作の黒志野、白化粧。黒志野は志野焼をイメージしており、小野さんの表現が加わった新たな魅力を持ったシリーズです。ざらつきのあるマットな質感のもの、鉄が反応してきらりと黒光りするものと同じ釉薬であっても異なる表情の違いが特徴。


黒志野フタ壷(小) / 4,400+tax、黒志野フタ壷(大) / 6,600+tax


黒志野8寸皿 / 9,900+tax


黒志野ポット/ 11,000+tax、白化粧ポット / 9,350+tax

素朴な印象のある白化粧ですが、小野さんの白化粧は力強く、生命力に漲った自然を彷彿させる大きな斑点が目を引きます。斑点のないフラットなものなど表情の違いもお楽しみください。


白化粧8寸皿 / 9,900+tax

下記の今展に向けていただいたメッセージが小野さんの今を表わしています。

「“生活のうつわ、日常のうつわ”という言葉に、少しずつ違和感を感じるようになりました。陶芸全体的な流れがカジュアルになり過ぎていないだろうかと。僕にとって陶芸とは表現であり、芸術として人を振り向かせる行為のひとつです。小さな飯碗ひとつで人の心を奪えるような力がある。僕はいつだってそう信じています。今生きている僕のうつわを見て、何かを感じて貰えることがこの上ない喜びです。(小野象平)」

写真や文章でなく、やはり直に目で見て、手で触れることで小野さんの作品の想い、魅力を感じていただけると思います。どこかパワーを分け与えてくれるような作品です。昨今の大変な状況ではありますが、体調管理、感染対策にはご留意の上、ご来店のほどお待ちしております。(AOYAMA 香村)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH AOYAMA Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH AOYAMA
TEL 03-6892-2014

CATEGORY
RECENT POST
YLÈVE / New Arrival / Adachi
UTO×Phlannèl / FRANCE APRON,Duffle Bag / 21.2.27- Release / AOYAMA
Cristaseya / New arrival / 21.2.20 - Release / Ito
POOL BY CLASS / New Arrival / Adachi
My Phlannèl, my standard / staff Ouchi
ARCHIVE

RSS Feed