BLOG

情緒と道具の間

Le Yucca's / Loafer / 125,000+tax

私を構成する上で欠かすことのできない要素として、軸足を置く土台として、生活というものをこれまでになく強く意識するようになりました。生活を差し置いてでも、仕事で成し遂げたいことがあるとか、生活が苦しくなっても手に入れたい靴があるとか、つまりはそれこそが幸せの形だったわけなのですが、果たしてこれは空想なのではないかと、疑いの目を向ける人は増えたはずです。

毎日安いコンビニのパンを買って空腹をしのぎながら手に入れる十数万円の服や靴は、その物質的価値以上の情緒をもたらす一着や一足となったことは、明らかなる事実であり決してそれを美化したりあるいは後悔することもありませんが、では今の自分も変わらずにその意識で物事を成し遂げたり手に入れたりしたいのでしょうか。

どれだけの情緒的価値を手に入れようとも、生活は私たちの前に横たわり、そして生活とは情緒と道具の間に存在するものだと、現代を生きる私たちは感じているはずなのです。情緒だけの夢物語も、道具だけの修行の日々も、満足ではなく、その間にある、生活というものこそが、私の心を満たし、幸せとは何かを考えさせる機会を与えてくれるもののように感じます。(守屋)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH Instagram

RECENT POST
たかがTシャツ1枚でも
YLÈVE / New Arrival Vol.3 / Adachi
KATIM POP UP STORE / 21.4.10 (sat) - 4.18 (sun) Release / Imai
Bergfabel / New Arrival / Nakajima
好きなものの話
ARCHIVE

RSS Feed