BLOG

Phlannèl / 21SS COLLECTION / Cotton Linen Canvas Double Breasted Jacket, Tankers Combat Torusers / 21.2.27-Release / Takasaki

Phlannèlの21SSコレクション新作より、コットンリネン素材を用いた二点のご紹介です。

まずご紹介するのは、ダブルブレストの存在感が光るジャケット。ダブルのジャケットと言えば、"クラシック"みたいな洒落た言葉よりも、どちらかというと一昔前のスーツとか、そういった"ただ"古臭いイメージの方が先行する方も多いかと思います。たしかに、日常着として簡単に取り入れやすいかどうかと問われれば答えは否です。しかしながら、こういった洋服がメインストリームであった当時から見て、ファッションのサイクルがグルっと一周した感のある今日だからこそ、改めて見直してみる価値がありそうなタイプの洋服でもあるのではないかと、個人的には感じます。

そもそも、全体的にゆとりが感じられる作りのこういった形のジャケットは、リラックスしたシルエットが未だに根強く主流であり続ける昨今の潮流から見ても、カジュアルな日常着として取り入れるのに十分に合理性のあるアイテムです。広い身幅とミドルの着丈は、着用時には相対的に低めの重心を生み、多くの方が好んで履くようなワイドなボトムスにもがっちりとバランスが合います。まさに、現代の私たちが求める、所謂今っぽい形。オフィスカジュアルとか、リモートワークとか、生活も洋服もビジネスとそれ以外の境目が次第に薄くなりつつある状況を鑑みても、この微妙な緩さとトラッド感がしっくり来るという方は少なくないのではないでしょうか。

もう一点は、こちらのオーバーオールです。その名の通り戦車乗りが使用したとされる、ミリタリーのタンカースパンツのデザインを落とし込んだ一着。そう聞くと無骨で男臭さが溢れてそうですが、そこはブランドらしく、クリーンで洗練されたイメージに仕上げられています。一枚で着ても十分に様になる存在感もありつつ、上から羽織を着たり、前述のジャケットとのセットアップも可能な優れたバランス感覚が、ワードローブに一気にバリエーションを与えてくれそうです。

クリーンな印象とは言え、随所のディテールにはしっかり見どころがあります。メタルで仕上げられたトップボタンやバックル、ストンと落ちる太くて長い股下のつくり、潔さすら感じる簡素で大きなアウトポケットなど、ミリタリーウエアの名残とも言える意匠は健在。こだわりを持った物作りが感じられます。

Jacket / Phlannèl / Cotton Linen Canvas Double Breasted Jacket / 4 /  54,000+tax
Shirt /PHLANNÈL SOL / Landscape Shirt / 20,000+tax
Pants / Phlannèl / Cotton Linen Canvas Tankers Combat Torusers / 3 / 38,000+tax
HEIGHT / 183cm

どちらのアイテムに関しても、コットンとリネン混紡のキャンバス生地を使用。ブランドが得意とする、コットンリネン特有のとろみのある質感は今回も確保しつつ、キャンバス地の粗野で荒っぽい生地感も同時に垣間見えます。カラーはDeep GreyとBlue Greyの二色展開。どちらも絶妙な色合い。どこかの現代建築にあるような、打ちっ放しのコンクリートを想起させる、モダンで無機質な外面と、その内にある人の手が加わった暖かさみたいなものが同居する不思議な空気感。これは是非実際に手に取って、その目で確かめて頂きたいです。今回ご紹介したアイテムは、どちらも今週末の2/27より発売です。

今回ご紹介したお品に加え、店頭には春夏シーズンのアイテムを各種取り揃えております。体調にはご留意の上、是非店頭でのお買物をお楽しみ頂ければ幸いです。

BLOOM&BRANCH WEB SHOP 
BLOOM&BRANCH TOKYO Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH TOKYO
TEL 03-5379-2016

CATEGORY
RECENT POST
たかがTシャツ1枚でも
YLÈVE / New Arrival Vol.3 / Adachi
KATIM POP UP STORE / 21.4.10 (sat) - 4.18 (sun) Release / Imai
Bergfabel / New Arrival / Nakajima
好きなものの話
ARCHIVE

RSS Feed