BLOG

アーバンとアウトドアを行き来する

KAPTAIN SUNSHINE / 43 Fatigue Denim Trousers / ¥38,500

都会でハイスペックなアウトドアウェアを着ている人を見るようになったのはいつ頃からでしょうか。スポーティーなムードがハイブランドのコレクションに見られるようになり、アーバンアウトドアウェアなる言葉も生まれ、都会的で洗練されていながら過酷な状況への耐性が充分に備わった洋服は、ファッションアイテムの一つとして市民権を得ていきました。

アーバンアウトドアウェアの持つ都会性は、それまでアウトドアウェアに多用されてきたカラーリングを排除し、シックなモノトーンやアースカラーで構築され、そして肝心な動きやすさは緩やかな可動域を考慮したパターンではなく伸縮性のある素材を使うことで担保されています。要するにアウトドアウェアらしい大きなシルエットではなく細身で、すっきりとした印象を持つものです。

KAPTAIN SUNSHINEの洋服にも、どこかアーバンとアウトドアを行き来するような、都会的な印象も自然やスポーティーな印象も感じるのですが、それは不思議と前出のアーバンアウトドアウェアとは異なるものです。その都会性は、古いアウトドアウェアやワークウェアのデザインを踏襲しているからこそ醸し出されるものであり、そしてアウトドアでは使わない上質な素材感によって表出するものです。アウトドアの要素はもちろんデザインから感じ取られるわけですが、それがどうしてか今っぽくなく、急いでいない時間の流れを感じるようで。それが特異な都会性とハイスペックなアウトドアウェアのちょうど中間をすり抜けるようなバランス感を持っています。

BLOOM&BRANCH JOURNALの取材の際に、クラシックアウトドア、古いものが好きと楽しそうに語っていたデザイナーの児島さんの作るものには、"かつてのアウトドアウェアらしさ"によって都会的な雰囲気が生み出されるという一見矛盾するような楽しさがふんだんに盛り込まれているのです。だからこそ、都会も似合うし、海や山も似合ってしまう、そんなバランスは新しいアーバンアウトドアウェアのようです。(守屋)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH Instagram

RECENT POST
Phlannèl / Cotton Silk Komon Pajamas Pants, Pajama Shirt / Kajiwara
リネンのシャツ
Phlannèl / PHLANNÈL SOL / 21AW Collection Vol.1 / 21.6.19-Release/ Ito
Phlannèl / 21AW Collection 21.6.19- Release / Suvin Cotton Wide Collar Dress Shirt / Kawasaki
Phlannèl / PHLANNÈL SOL / 21AW Collection Vol.1 / 21.6.19-Release / Okawa
ARCHIVE

RSS Feed