BLOG

せっかくだから、という気持ち

elsa esturgie / elipse / ¥39,600

今日と同じ明日は来ないから、今日という日を精一杯に生きよう、精一杯に楽しもうと思うと、食事のひとつひとつ、着るもの、会う人、朝起きる時間もベッドで過ごす時間も少しでも満足いくものやことを選んでいたいとどうしても欲張りな私は考えます。せっかく今日という日を生きる私のエネルギーになるのだから、せっかく私といういきものを作る要素になるのだから、良質なものを、そして美味しいものを食事にとりたいという欲が働きます。

せっかく限られた時間に服を着るのだから、せっかく今日は晴れているのだから、心踊る洋服に、お気に入りの洋服に身を包みたいという欲が働きます。そんな私の時間は限られているので、少しでも自分が会いたい人のために時間を使いたいし、せっかく使った時間はより良いものになるように、全力でその目の前にある仕事や遊びやあるいは“無”に向かい合いたいという熱が自分の内から湧き出てきます。

せっかく1日を全力で生きたし楽しんだのだから、明日の自分もこうであれるように良い睡眠をとりたいし、今日の自分より明日の自分が少しでも大きくなっていられるよう、寝る前の時間に本を読んで少なからずの知識や経験や知恵を取り込もうとする往生際の悪さが1日の終わりに露呈します。そしてそんなことをしているうちにやってくる自然な睡魔によって明日の自分へと、今日の私は向かいます。

せっかくだから自分らしくないものではなくて、心躍る服を着ようとする気持ちとともに、ここに列挙した全てのシーンで、自分の身を包むものというのはその時の自分の気持ちを鼓舞するものでもあります。寝るときに着るパジャマでさえも、その時の自分の心をコントロールする大切な要因の一つです。1日のほとんどの時間を洋服は私たちを包んでいますが、その役割はきっと身を隠したり守ったりするためだけではないはずです。(守屋)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH Instagram

RECENT POST
cantate for BLOOM & BRANCH / 21.8.7- Release / Ueda
良いものは誰にとっても良いものなのか
m's braque / 21AW Collection Vol.1 / New Arrival / Suzuki
KIJI / Cotton Tencel Denim / 21AW New Collection / Terashima
SIRI SIRI POP UP STORE / 21.7.31-21.8.9 / EVENT /Okawa
ARCHIVE

RSS Feed