BLOG

松原竜馬 / 21.10.23- Release / Terashima

オープンより1年と5ヶ月が経ち、その間多くのお客様にご愛顧を賜ってまいりました。そしてこの度10月23日(土)より一号店でありますAOYAMA店に引き続き、KYOTO店にて初となる、器の取り扱いを開始いたします。本日は初展開を飾ります一人目の陶芸家・松原竜馬さんの代表作スリップウェアを含めた作品をご紹介させていただきます。

-スリップウェア-
スリップウェアは、スリップと呼ばれる泥のような化粧土をスポイトや柄杓などを使って模様を描く陶器のこと。その歴史は大変古く紀元前から世界中でつくられていたと言われています。

松原さんの作るスリップウェアは、本焼き後の模様の出方をイメージしながら土や泥粧を使い分け、釉薬の種類や、掛ける厚さまでを微調整していきます。ガラス質の奥から浮かび上がる模様が最大の特徴で、一つ一つに生命が宿っているような面持ち。見れば見るほど吸い込まれていきそうな模様たちは、"一期一会"を感じ取りながら手に取っていただきたいものばかりです。

代表作でもあるスリップウェアの他に、様々な釉薬を用いた作品をラインナップいたします。店頭にて手に取っていただくものすべてに松原さんの世界観を感じていただけます。凛とした一品を皿の上に想像してしまいそうな松原さんのうつわたち。時の流れと共に変わる表情を人の一生に見立てて、思うまま素直に感じていただければ幸いです。

-三島6寸皿-

-粉引き6寸深皿-

-6寸リム鉢-

-耐熱丸鉢(中)-

-灰釉マグカップ-

-蕎麦猪口-

古都京都には器を取り扱うギャラリーが歩けば各所に点在しています。ゆえに我々の日常にすでに溶け込んでいる器たちに改めて注目すれば、普段の食卓に並ぶ当たり前の存在の存在意義が静かに浮かび上がってくることでしょう。量産され世に物が多くあふれかえる時代に、一つ一つがまるで生き物かのように息づかいが異なる作品を目で見て肌で感じて、という感覚を養うこと自体が新鮮に感じられるはずです。実際に手に取る喜びや、新鮮な空気感、彩られる日常など、松原さんの器を通してその世界観を十二分に感じていただきたく思います。民藝をルーツとしながらも枠に捉われず、自由に描かれる松原さんの作品たち。敢えてとお伝えいたしますが、今回のBlogではすべてをご紹介しておりませんので是非この機会に店頭でご覧ください。(KYOTO 寺島)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH KYOTO Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH KYOTO
TEL 075-585-5179

CATEGORY
RECENT POST
Vintage Watch / Cartier,ROLEX Airking,OYSTER PERPETUAL,OYSTER PERPETUAL DATE / Ouchi
forme for BLOOM&BRANCH / Cap Toe Molder ,Mloder Exclusive / Short Wallet All Class Exclusive / 21.12.4 -Release / Yonamine
forme for BLOOM&BRANCH / Cap Toe Molder Exclusive / Short Wallet All Class Exclusive / 21.12.4 -Release / Kawasaki
川口武亮 / 窯変 / AOYAMA / 21.12.4 - 21.12.12 / EVENT
楚々
ARCHIVE

RSS Feed