BLOG

blurhms ROOTSTOCK for BLOOM&BRANCH / M-47 Denim, M-52 Denim / 22.2.11- Release / Terashima

白く濁った冷たい冬特有の空気に少しぬくもりを感じるほどの陽ざしが降り注ぐようになり、鴨川上空をユリカモメが飛行している情景を目の当たりにし、気温こそまだまだ低いものの初春を体感しているこの頃です。入荷を前にしてお洋服好きの間でザワザワしているアイテムが入荷しては完売というトピックスが連日SNS上で飛び交い、この春何を新調しようかと思案されている方は大勢いらっしるかと思います。本日ご紹介させていただくのは、この時期はデニムにシャツを羽織ってスタイルをお探しの方がその中でも多いかと存じますので、タイミングとしてはピッタリなアイテムです。フレンチヴィンテージの代表格、M-47とM-52をパレットに、リジットデニムを落とし込むという面白い企画でBLOOM&BRANCHだけのエクスクルーシブアイテムです。この子たちも、まさにお洋服好きの情報網をざわつかせている張本人の一人です。こちらのjournalで詳しく掲載しておりますが、ここでは私なりの切り口にて2月9日(服の日)にあやかり一人のお洋服好きの視点でご紹介させていただきます。

着用Size : 2

Cut&Sew / Phlannèl / Cotton Swedish Rib Trainer / 3 / 22,000
Shirt / PHLANNÈL SOL  / New Anonymouse Shirt / 3 / 22,000
Pants / blurhms ROOTSTOCK for BLOOM&BRANCH / M-47 Denim / 2,3 / 46,200
Height / 174cm

京都店でも昨年度々リアルヴィンテージでフランス軍の名作、M-47,M-52の即売会を実施いたしました。その際は多くのお客様にご来店いただき、また通販という形でも電話が鳴りやまず...という大盛況ぶり。前期型の方が玄人好みな一本だということはお客様の会話を通じても十分に理解しており、大きなフラップポケットに稀に潜む比翼ボタンやメタルボタンなど。まるで少年の様に目をキラキラさせて物色する姿は、こちらも嬉しい光景でしたね。『老若男女問わずお洋服好きを魅了する魅力は実際に手にした人にしかわからない部分は多くありますが、"なんでヴィンテージがいいのか"は、その"なんで"という疑問を抱ける部分にあるんじゃないかって私は思っています。洋服に求められる機能であったりディティールであったりは、その時代に"あったらいいな"、"これは無いとダメでしょ"みたいな議論が絶対あったわけで作り手の思考の凝縮が、今見て"なるほどね"に思えるからすごいんだと思います。で、blurhmsのいいところ(なんとも恐れ多い言い方ですが)はそのリアルなまんまじゃないところです。ブログでも何度も書きましたが、私、ヴィンテージ愛好家でもないですし好んで着ることもあまりありません。ただ眺めて"これはいいな"とか"なるほどな"って感心しているにすぎないのですが、blurhmsのお洋服ってそういう人にも刺さるんですよね。まんまじゃないので。まんまじゃない上に村上さんのアイデンティティが詰まっていて、生地ももちろん良いし、服を裏返した時が一番高揚するんですよね。マチの取り方だったり、端処理のパイピングだったり...』←いつもblurhmsの接客をするときの文言と全く同じことを書いています。今作もまんまじゃないんですよね。フレンチヴィンテージのパレットにアメリカものプンプンなリジットデニムを乗せています。入り混じっているのに真っすぐ伝えたいものが伝わるお洋服って本当に面白いです。変則フォームのピッチャーが投じる超ド級の火の玉ストレート。そんな感じです。これは全く新しい概念のお洋服ですので、百聞は一見に如かず。本当にお早めにご覧になってください。

フロントボタンは比翼仕様の3つボタン。1940年代最初期のディテールですが、いい意味で少し違和感を覚えました。綿素材のパンツは履き込めば生地に少し緩さが生れます。3つボタンの一番内側のボタンはそれを想定してウエスト位置がずれないようにという配慮なんじゃないかと。今はもちろん先まで、客観視はもちろん主観的にも物事を把握する労力ってついついさぼりたくなる部分ではあります。でもそこをしっかり保ってそのブランドの伝統や文化として基盤があれば、生産者の顔を重要視する今の消費者は納得してくれるんじゃないかって思います。もちろん私もその一人です。

また今作のリジットデニムですが、洗っても1cm程度の縮みです。ヴィンテージデニムが仮に生の状態であったとするなら、1cmじゃ縮みはきかないですよね。blurhmsが開発した新しい生地、というところにも魅力を感じてなりません。しっかりとオンスはありますが、ワタリが広いため肌離れが良く少しの我慢で夏場でも持ってこいの一本です。

着用Size : 2

Pants / blurhms ROOTSTOCK for BLOOM&BRANCH / M-52 Denim / 2,3 / 37,400

M-47のところで気持ちをぶつけすぎてしまい熱くなってしまいましたが、M-52も名品です。むしろスラックスのような雰囲気にデニム地を落とし込んでいる方がジャケット合わせのドレススタイルに上手くハマりそうな気もします...。ベルトループが付いているので敢えてベルトを通しましたが実は、どちらもイージーパンツの仕様。ドローコードでウエストの緩急を調節いただけるのでウエスト位置や着丈の調節も簡単です。基本的には私は足もとに革靴を据えることが多いのですが、blurhmsのパンツはスニーカーやサンダル合わせも容易に想像させてくれる点が嬉しいポイント。

いつも以上に白熱した心の内を吐露したブログになりましたが、これはこれで伝わる部分も大きいんじゃないかって思います。堅い文章を並べるよりも人間味のあるものの方が、今回はしっくりきました。短い文章で端的に書くのは昔から得意ではないので、寧ろ楽しかったです。それらを想起させてくれる、想像力を掻き立ててくる今作のエクスクルーシブは時期的にも、気分的にも素材・形・思考がハマる方はきっと多いはずです。先行受注分は一瞬にして埋まりました。既に名作の予感プンプンです。サイズは2サイズ展開、ご自身の気分で着比べてみて下さい。どちらも少量のストックとなりますので、しつこいようですがお早めにご覧くださいね。感染予防対策をしっかりとり安心してお買い物ができるよう取り組んでおりますので、是非この機会にご来店をお待ちしております。(KYOTO 寺島)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH KYOTO Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH KYOTO
TEL 075-585-5179

CATEGORY
RECENT POST
Phlannèl / 22AW New Collection Vol.1 / 22.8.19 -Release / Terashima, Shinohara
Phlannèl / 22AW Collection / 22.8.19 Release / Ogawa
COMOLI for BLOOM&BRANCH / Silk Stripe One-piece / 22.8.20-Release / Iguchi
絵画を身にまとう
COMOLI / 22AW New arrival vol,1 / Ito
ARCHIVE

RSS Feed