BLOG

壊れても捨てない、買い替えない

Tukir / Day Dress Khadi Cotton / ¥44,000

部屋着と外着の境目はどんどんと曖昧になり、ワンマイルウェアという言葉も生まれて久しい中、その多くが“外にも着て行ける見た目(デザイン)の部屋着”というアプローチがほとんどであったでしょう。その中に“外着に匹敵するクオリティの部屋着”ともいえるような立ち位置の洋服は稀有な存在であるように思います。

美しい手織りカディの柔らかな肌あたりはどんなシチュエーションにおいても私たちを心の底からのリラックスへと誘い、ビーツ染色の力強い色彩は着る人だけでなく地球全体を暖かく見守ってくれるようです。インドの伝統衣装から着想したデザインは男女という垣根を超えて誰もが自由に袖を通し包まれることを受け入れてくれる寛大さをもっています。

“長く愛用できるもの”としてタイムレスでノームコアなデザインや、上質素材を使うことが主流になる世の中において、そこから一歩進んだ“着るごとに風合いを増していく素材”というパースペクティブを持ったTukirというプロジェクト。誰にでも普遍的に、誰にでも容易に手に取り着こなすことができる洋服ではないかもしれませんが、手にとった人の人生への深いコミットメントが約束されているかのような一着です。

長く愛用することで風合いが増すというのは、より綺麗に見えてくる素材ともいえるかもしれませんが、そうではなく、毛羽立ち、ほつれや裂けがおきたときにも、繕ってまだまだ使いたいと思える思考をも育ててくれる素材である、という方がより正しいかもしれません。壊れたら捨てる、買い替えるという概念を取り払った世界を生み出してくれる、そんな洋服ではないでしょうか。(守屋)

*6月23日よりWEB SHOPはパルクローゼット内ショップへ完全移行いたします

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH Instagram

RECENT POST
Christian Wijnants / 22AW New Arrival / 22.7.2 Release / Adachi
隠れたヒーロー
CASEY CASEY / 22SS,22AW New Arrival 22,6,25 / Ito
朝の一杯のコーヒーのような存在に
常備したいトラウザーは夏のそうめんのようなもの
ARCHIVE

RSS Feed