BLOG

私にとっても、誰かにとっても快適なもの

PHLANNÈL SOL / American Sea Island Linen Pullover Shirt / ¥27,500

毎年7月か8月になると、「去年もこんなに暑かったんだっけ?」ということばが口をついて出るようになったのはここ数年のうちだったように思います。少し前までは、もちろん日本の夏は湿度も高くじめじめと厳しい季節ではありますが、その中で日を浴びる幸福や、海に身を委ねる快感や、夜風に吹かれる心地良さをもっと強く感じていたような気がしてなりません。

今年はどうなるのかまだ予想はできませんが、快適ではない日々がやってくることを想像するのは決して難しいことではないでしょう。その中でもどうにか心地よくあれる洋服を身に纏い、その場を凌ぐことはともすると自分のためにはとても大切なことのように思います。ただ、自分さえよければということが通用しなくなってきたのはいうまでもなく、その場さえしのげればまた来年も同じことを繰り返していいのかと問われると、首を縦には触れないほどの状況になりました。

選べるのならば、もちろん自分が快適であれるもの、心から高揚しささやかな幸せを感じられるもので身を包みたいです。そしてさらに選べるのならば、それはこれ以上地球を汚さないものであったらいいし、あるいはそれを選ぶことが誰かを助けることにつながるものであればいいなと思いませんか。100%それが叶わなかったとしても、少しでもその希望に近い方を手に取ることは、おそらくそんなに難しいことではありません。

近年の夏の日差しは、肌を晒している方が余計に暑く感じられるほどの鋭角さで私たちを捉えますが、それを避け、風を通し、そして長く着ることで風合いが増すシーアイランドコット×リネンのシャツは私の夏には欠かせない素材の一つとなりました。今年になり、そんなシーアイランドコットンが育つ土地の姿、働く人々の状況を知ることになり(JOURNAL参照)、より一層の感謝と愛情をもってこのシャツを手に出かけようと心に決めています。(守屋)

*6月23日よりWEB SHOPはパルクローゼット内ショップへ完全移行いたします

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH Instagram

RECENT POST
Phlannèl / 22AW New Collection Vol.1 / 22.8.19 -Release / Terashima, Shinohara
Phlannèl / 22AW Collection / 22.8.19 Release / Ogawa
COMOLI for BLOOM&BRANCH / Silk Stripe One-piece / 22.8.20-Release / Iguchi
絵画を身にまとう
COMOLI / 22AW New arrival vol,1 / Ito
ARCHIVE

RSS Feed