BLOG

絵画を身にまとう

Cristian Wijnants / PALI / ¥81,400

印象的な色使いで織りなされるCristian Wijnantsのテキスタイルは毎シーズン眺めるのが楽しみになるアイテムの一つです。新作コレクションのトラウザーは、モネの睡蓮を思わせるような美しい花が描かれた上品なシルエットの一本。薄紫の花々に、緑が少し青みがかったような色合いの葉や茎が連続していて、儚い印象の中にリズミカルな要素をプラスしてくれています。

モネの睡蓮画は、水面に漂う花、その水面に映る木々、そして水面の下にある水中の世界を同時に描き出しています。それを観る私たちの視線は、水面を漂い、そのうちに水の中へと潜り、かと思えば風にそよぐ木々の方へと流れていったりと自由に行き来することでしょう。どこにも視点があっているようでいて、どこにも合わない視点。風景全体に渡る目線。そんな印象をこのトラウザーから感じました。

あるいは、これは水に滲む水彩絵具の色のあとのようにも見えるでしょうか。もしかすると、実物の花々にカメラを向け、ピントを合わせている最中に見える景色かもしれません。それも暗い場所であるがゆえ、私たちが実際に肉眼で目にする世界とは違ったものをカメラのレンズ越しに見ているときかもしれません。捉え方はさまざま、そんな抽象性させ感じます。

とはいえ私は芸術に造詣が深いわけでもなく、興味関心が高いわけでもないので、これはほんの個人の感想に過ぎませんが、絵画を身に纏うような高貴さを感じさせてくれるこの洋服たちは、日常に美しさを見出すことの大切さを常に着る人に感じさせてくれるようです。(守屋)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH Instagram

RECENT POST
blurhms POPUP STORE / 22.9.23 - 22.9.30 / Hida, Shinohara
blurhms POP UP STORE / 22.9.15 - 22.9.21 / Ueda
KIJI / TAILORED JACKET / 22.9.15 Release / Adachi
JOHN SMEDLEY for BLOOM&BRANCH / 22.9.10-Release / Inoue
cantate,R.ALAGAN / 22AW New Arrival / Adachi
ARCHIVE

RSS Feed