BLOG

Phlannèl / 22AW New Collection Vol.1 / 22.8.19 -Release / Terashima, Shinohara

そろそろ朝晩が涼しくなり味覚の秋が来るのかしら、、河川敷や芝生の上でワイン片手に本を読みたいな、、という現代の日本人的感覚と並行して、暦の上では初秋に差し掛かっているのに誰もがそんなことに気付かないほどの暑さがまだまだ日本列島を覆っている8月中旬。もっとゆっくり季節を楽しみたい気持ちがある一方で、正直なところ、夏服に飽きたという気持ちから早く秋服に手を伸ばしたいという方が多いのでは。それに呼応するかのように、シーズンの始まり=『新作入荷』の文字を巷で見る機会が早くなった気がします。特に今シーズンは当店へご来店くださるお客様の中にも、8月頭から『新作の入荷はいつですか』とお問合せ下さる方が増えました。ご辛抱いただきありがとうございます。明日8月19日(金)よりPhlannèlの22AW New Collectionをリリースいたします。BLOOM&BRANCH KYOTOがオープンして2年と3か月、過去に一番と申し上げていい程たくさんのお問い合わせを頂いております。本日は私、寺島と篠原よりMen's / Women'sでのスタイリングをメインに新作をご紹介いたします。

Shirt / Phlannèl / Cotton Basket Weave Oversized Shirt / 2 / 29,700-
Pants / Phlannèl / Cotton Double Cloth British Officer Trousers / 2 / 35,200-
Height /174cm

100番手単糸コットンをZ撚りにし、表面にガス焼きを施した凹凸感が特有の肌触り抜群のシャツ。男性ならばシャツをクローゼットにぎっしりお持ちの方も多いはず。私もその一人ですが、展示会で手に触れて一目で良いなと分かるソレでした。シャツに合わせた二重織のもちっとしたピーチスキンが特徴のBritish Officer Trousers。ダークトーンを滅多に着用しない私ですが、この秋にこの色合わせをしたいなと思って当時、高揚感を覚えた記憶があります。

174cmでサイズ2を着用しています。ウエストにはサイドアジャスターが付いておりますので、シャツをタックアウトした際に少し絞る程度のサイズ感。股下はLe Yucca'sの少しヒールのある革靴を着用して、ワンクッション溜まるほどの着丈感となります。

Shirt / Phlannèl / Cotton Basket Weave Oversized Shirt / 2 / 29,700-

爽やかなライトブルーは生地の表面に見られる凹凸感(シボ感)がしっかりと見られ、柔らかな膨らみが優しい表情を生み出します。かっちりとしたインクブラックとは対照的にラフに着崩してもいいかと思います。ベージュ系のボトムやチェック柄トラウザーなど、スタイリングの汎用性の高さが伺えるカラーパレット。

Shirt / Co/Si Check Tab Collar Dress Shirt / 2 / 35,200-
Pants / Phlannèl / Cotton Double Cloth British Officer Trousers / 2 / 35,200-

秋らしい大ぶりのチェック柄が目を惹くタブカラーシャツ。柄だけでなくサラリとしたコットンシルクの素材感が着用意欲を掻き立てます。先程ご紹介したCotton Basket Weave Oversized Shirtと比較して、ジャストサイズな着用感ですので着崩しすぎずでの着用がお勧め。ジャケットやカーディガンを上から羽織り季節の深まりと共に様々なスタイリングで遊んでいただきたい一着。

通常、ネクタイを持ち上げる為のループタブですが、敢えてノータイで着崩すイメージで。身頃のカッティングやカフス部分などのディティールがキッチリとしている分、抜ける要素がある点でカジュアルシャツとしての完成度は非常に高いものとなっています。

季節の移り変わりにシャツを羽織り、トラウザーズパンツを履き、革靴で足元を締めるスタイリングはどの時代を切り取っても多くの男性が憧れるスタイリングの一つ。初めてなことなのにどこか懐かしい(=デジャヴ/既視感)感じと、いつものことなのになにか新しい(=ジャメヴュ)感じの交差点にいる、季節の変わり目というのはそんな感覚に誘ってくれます。次なる自分への新たなステップアップを踏む儀礼でもあるように思います。(KYOTO 寺島)

続いてレディースのご紹介です。柔らかな色合いのチェック柄が目を惹くCo/Si Checkシリーズより、レディースではブラウスとスカートを展開いたします。メンズライクになりがちなチェック柄にフリルを組み合わせることで女性らしさを併せ持ったブラウスは、甘くなりすぎず程よい抜け感を演出してくれます。今回は同素材のスカートとセットアップで着用し、ワンピースのようなスタイリングにしてみました。どちらも単体でも使い勝手が良く、例えばブラウスはデニムやジャケットを合わせて少しキリっとしたスタイリングに、スカートはTシャツや無地のセーターなどベーシックなトップスと合わせて全体のアクセントになるようなコーディネートがお勧めです。

Shirt / Phlannèl / Co/Si Check Frilly Shirt / 0 / 30,800
Skirt / Phlannèl / Co/Si Check Tab Wraparound Skirt / 0 / 35,200
HEIGHT / 153cm

ジュエリーはR.ALAGANのフープピアスとシグネットリングを合わせました。どちらもふとした瞬間にちらりと見えるくらいの小ぶりなサイズ感で、お洋服の雰囲気を一層引き立ててくれるような存在です。R.ALAGANはこの他にも様々なアイテムをご用意しておりますので是非合わせてご覧いただければと思います。

Earring / R.ALAGAN / Tiny Tiny Puffy Hoops Gold / Free / 30,800
Ring / R.ALAGAN / Signet Ring Lapis / 3 / 55,000

最後のご紹介となりますこちらは尾州で織られたコットンを使用したチュニックブラウス。経緯ともに2本以上の糸を引き揃えて織るバスケット織を採用することで、凹凸感のある立体的な表情が特徴です。さらに近江晒しという加工を施すことでナチュラルなシボ感が生まれ、柔らかな雰囲気に仕上がっています。ふわりとしたお袖や長めに設定された着丈感が可愛らしいブラウスは、今時期は1枚で、先のシーズンは同ブランドより発売予定のニットポンチョなどと組み合わせて長きにわたってお楽しみいただけます。(KYOTO 篠原)

Shirt / Phlannèl / Cotton Basket Weave Balloon Sleeve Blouse / 0 / 30,800
Skirt / BLOOM&BRANCH / Pencil Skirt / 0 / 20,020

 

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH KYOTO Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH KYOTO
TEL 075-585-517

 

CATEGORY
RECENT POST
blurhms POPUP STORE / 22.9.23 - 22.9.30 / Hida, Shinohara
blurhms POP UP STORE / 22.9.15 - 22.9.21 / Ueda
KIJI / TAILORED JACKET / 22.9.15 Release / Adachi
JOHN SMEDLEY for BLOOM&BRANCH / 22.9.10-Release / Inoue
cantate,R.ALAGAN / 22AW New Arrival / Adachi
ARCHIVE

RSS Feed