BLOG

本能に従い五感を経由して

Phlannèl / Cotton Yak Hoodie / 26,000+tax

人は一生を費やして常に何かを選択し決断し、そして失敗を経験しながら何かを学び続けていて、あるいは自分自身とはつまり選択の連続で形成される存在であるのでしょう。目の前のメニューの中から何を食するかを選択し、歩いて帰るか電車に乗って帰るかを選択し、お風呂に入って右手から洗うのか左の足から洗うのかを選択し、就寝前にスマートフォンを眺めながら明日着る洋服について考えるのか、ハーブティーを飲みながら読書をするのか選択するわけです。

日々は選択の連続で、その選択すべてが今の自分を形成するわけなのですが、最終的に自分の根幹をなすようなものはきっと、自分の本能が赴くままに五感を経由して反射的に選んできたものの蓄積であるように思うのです。「誰かが言っていたから」、「誰かも選択していたから」というような外的要因に依存する選択は、自分で選んでいるように見えて実は選ばされているという状況すら発生させてしまいます。

主観の表現として「なんとなく」という感情は言葉にするととても平易なように感じますが、「なんとなく好き」や「なんとなく気になる」、「なんとなく手に取りたくなる」という自分発信の感情だけ決定だとなり突き動かされる衝動というのは実に曖昧ながらに重要な感覚です。本能的に「なんとなく良い」と感じるものに触れたくなる欲求は自分自身の内側から出る純粋な感情であり、それによって選択したものごとの蓄積は自分の奥深く、とても芯に近い部分を形成するものとなり得ます。

多くの愛用者が、疲れた時に「なんとなく」手に取ってしまいたくなる洋服と表現するのがPhlannèlの洋服の特徴の一つです。誰かが本能的に欲する何かを満たす洋服は、ありそうで意外とないもののように思いますし、その欲求がファッション要素ではない感情に寄与しているのもとても面白いものです。そして「なんとなく」Phlannèlの洋服を手にすることによって、そんな人たち自身やその人たちの生活の根幹というものが形成されていくのでしょう。(守屋)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH Instagram

Mimi / 20AW Collection / 20.11.21-Release / Sasaki

11月21日(土)よりMimiの別注バッグを発売します。2001年にブランドとして設立して以来、使う人が必要とする最小限の機能を最大限の美しさで表現し続けてくれているMimi(ミミ)は既にご存知の方も多いのではないでしょうか。今回は当店でも馴染み深いFrancis、Hebeの2型とギフトにも喜んで頂ける小物ケースRoxyが入荷しております。

Bag / Mimi / Hebe / 48,000+tax

今季は定番のBlack、Navyに加え19AWのコレクションラインでご好評頂いたカラーのRustを復刻別注として販売致します。

まるで赤レンガの様な、深い茶色に程よく赤味が加わった色合い。数量限定となっておりますのでお早目のお問い合わせをお待ちしております。

クラシックな印象を纏ったHebeはベルトの取り外しが出来る為、コーディネートによって使い分けが出来ます。サイジングも良く、長財布やポーチなど必需品はある程度収納できるほどの容量です。また、外側に後付けポケットもあるのでスマートフォンやパスケースなど使用頻度の高いものはそちらへ。


Bag / Mimi / Francis / 34,000+tax

Hebeの3色に加え、深い緑が美しいHunterが仲間入り。どのカラーも落ち着いており、様々なスタイリングに馴染みやすく飽きのこない色合いです。

見た目のコロンとした小振りのシルエットはHebeに比べて更にコンパクトな印象。フラップを開けるとメインの収納部分とは別に、小さなポケットがついております。また、コンパクトなサイズながらもマチ幅があるので必要最小限のお出かけに適したサイズです。ショート丈のアウター等と合わせて軽快なスタイリングを楽しんでみてはいかがでしょう。

Roxy / 6,000+tax

カード、名刺、アクセサリーや鍵などマルチな小物入れとして使って頂けるシンプルなワンポケット仕様のRoxy。縫い目が無く、金具で2か所を止めたミニマルなデザインです。こちらはBlack、Navy、Hunterの3色でのご案内です。

mimiのバッグで使用される全ての革は、イタリアのタンナーでベジタブルタンニン鞣しされた中から選ばれたもの。約3ヵ月もの時間を掛けて生み出される革は自然な油分を含み、時間をかけながら革特有の経年変化を感じられます。じっくりと味わい深く育っていく様子を日々使いながら感じられる余裕を感じさせるのもmimiの魅力なのかもしれませんね。(TOKYO 佐々木)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP 
BLOOM&BRANCH TOKYO Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH TOKYO
TEL 03-5379-2016

Phlannèl Scene Staff Okawa

肌寒さに朝や夕方の冷え込みも増し、秋から冬へのうつり変わりも、もうすぐそこまで来ていると感じる日が多くなりました。通勤時間帯は冷たい風が吹くことも多く、海の近い横浜では特に体が強張るときもあります。休みの日も素敵な場所へ出かけたいけれど、ショートカットの私はどうしても暖かく過ごそうと着込んでしまい、女性らしいバランスを取る難しさに悩んでいました。そんな思いの中、オンオフ共にその悩みを解消し、レディに過ごせるPhlannèlのニットドレスとニットパンツを最近は愛用しています。

One-piece / Phlannèl / Wool Rib A-line Dress / 1 / 34,000+tax
Pants / Phlannèl / Wool Rib Knit Pants / 1 / 20,000+tax
Shoes / forme / Stand Collar Whole Cut / 4 / 58,000+tax
Bag / Mimi / Francis / F / 34,000+tax
HEIGHT / 168cm

ニットタイプのワンピースには、元々は少なからず苦手意識がありました。体のラインをしっかり拾ってしまうものが多く、気兼ねなく着用することを難しく感じることが多かったためです。このニットドレスは体に沿いすぎないので、日常着として気負うことなく気軽に着用でき、またきれいにAラインに広がってくれるので品よく、女性らしくいることができます。ニットパンツもゆったりめで後ろにスリットが入っており、靴に少し溜まる丈感なのですが、今回合わせているメンズライクな革靴にニットパンツがかぶるシルエットが、個人的に好きな合わせです。ワンピースの中に履くだけで暖かに過ごせ、ニットドレス、パンツ共にチクチクとしたウール特有の着用感も一切なく、着心地がとても良いので出番が多いです。

休みの日はカフェに行くことが多いのですが、カフェでのテラス席はとても気持ち良いので、このニットシリーズで出かけ、外の空気を感じながらカフェの時間を楽しむことが多いです。また、美術館に出かけたり、海辺の都会的なスポットで自分時間を過ごす時でも、暖かに過ごせ、女性らしさも忘れずに品よく休日を楽しむことができます。私にとっての休日は「気兼ねなく、自分らしくいる」ことが大前提なので、日常着としてのこのニットシリーズにはとても魅力を感じています。

これからの時期はコートの中に女性らしくワンピースを忍ばせ、またニットパンツは他のワンピースやスカートとのレイヤードとしても楽しみたい。これから冬に向けて、暖かく女性らしさを兼ね備えたアイテムは、私の強い味方になってくれそうです。(YOKOHAMA 大川)

Phlannèl Sceneではその他スタッフも、Phlannèlのアイテムにまつわるストーリーをご紹介しておりますので是非合わせてご覧ください。

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH YOKOHAMA Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH YOKOHAMA
TEL 045-534-5210

富井貴志 / Trinity / AOYAMA / 20.11.21 - 20.11.29 / EVENT

白漆彫模様大皿 200,000+tax / 300,000+tax

富井さんはかつて、表面物理の興味からアメリカ留学をされたこともあるなど、様々な経験から木工の道へ進むことを決意されました。下積みを経て独立後は滋賀県に移住されていましたが、出身地である新潟への想いが強く、現在は長岡市にて制作活動をされています。

白漆タイル皿 10,000+tax / 白漆彫模様皿 30,000+tax

作品の中に富井さんの見えている表面物理の世界が広がります。特殊な顕微鏡で見ることが出来る原子の構造。うつわを通して、使い手が普段知ることのできない世界を映し出します。

白漆彫模様蓋物 30,000+tax

富井さんが考える作品の在り方とは、作り手と素材に使い手が加わる事で本質的な意味を持ち存在する、ということです。高い技術で作られた作品は、飾って眺めていたいと思える芸術品にも値する美しさを持っていますが、使っていくことで初めてうつわという作品として完成し、作り手、素材、使い手の関係性が確立します。

栗両手付ボウル 40,000+tax / 片口 80,000+tax

白漆リム皿 9,000+tax 10,000+tax / 赤漆リム皿 15,000+tax 18,000+tax

同じ素材、同じ形、同じ作り手で作ったうつわが、何百人、何千人という使い手の元で使い込まれていき、この世に一つだけの作品としてそこに存在し続けます。

今展初日は富井さんにご在廊頂きます。作り手、素材、使い手がAOYAMAの空間で一つとなる、またと無い貴重な機会となります。是非足をお運びご覧下さい。(AOYAMA 平戸)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH AOYAMA Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH AOYAMA
TEL 03-6892-2014

Mimi / FRANCIS,HEBE / 20.11.21-Release / Imai

Bag / Mimi / FRANCIS /34,000+tax

春のような暖かさを肌で感じながら、赤く染まる木々を見るなんとも不思議な気候ですね。もうすぐこの暖かさも冬の寒さに代わって訪れるのかなと思うと心が動くのを感じます。そんな日々の感情に寄り添って楽しさをプラスしてくれるアイテムをご紹介致します。

Coat / YLÈVE / SUPER 100's MELTON CO / 1 / 79,000+tax
Khit / PHLANNÈL SOL / Yak Wool Knit / 0 / 30,000+tax
Pants / KIJI / SHIMA - Natural / 2 / 25,000+tax
HEIGHT / 163cm

イタリアに古くから伝わる伝統的な手法で、天然皮革を用い丁寧に作られているMimiのバッグ。化学薬品は使用せず、自然から生まれた植物タンニンで鞣された革を使用しており、環境にも私たちにとっても優しいお品です。緩やかなカーブを描いた底面が柔らかさを表現し手に馴染むからこその使い心地の良さも抜群です。金具を開けると、ポケットが施されているのでしっかり収納と整理が実現する万能さは、女性の心をくすぐりますね。定番カラーに加えて新色のHUNTERが入荷致しました。深みのある色合いは装いのアクセントにもなり、まとまりを生んでくれるのでコーディネートを楽しませてくれます。

Bag / Mimi / HEBE /48,000+tax

FRANCISとまた違う表情を見せるのはHEBE。しっかりとした面持ちの中に、女性らしさも感じます。定番のブラックはオフィスやプライベートなどシーンを問わずお持ちいただけそうなほどの上質さと品があり、女性デザイナーの鋭い美意識が詰め込まれているのを感じさせますね。実用的なデザインをベースにしているからこそ、永く大切にお持ち頂きたいお品です。(KYOTO今井)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH KYOTO Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH KYOTO
TEL 075-585-5179

Mimi for BLOOM&BRANCH / FRANCIS,HEBE-Exclusive Color"RUST" / 20.11.21- Release / Azegami

Mimi for BLOM&BRANCH / FRANCIS exclusive "RUST" /34,000+tax

11月21日より展開いたします、Mimiの別注バッグのご紹介です。定番のFRANCISとHEBEを19AWのコレクションラインで展開されていたカラー"RUST"を復刻する形で特別にオーダーいたしました。

金属の赤錆という意味を持つ"RUST" は、深みのある赤色で、クラシカルな落ち着いた雰囲気が感じられます。暗めな色になりがちな冬の装いに、差し色としてお楽しみ頂いてはいかがでしょうか。

Mimi for BLOM&BRANCH / HEBE exclusive "RUST"/48,000+tax

長く愛用できるものづくりに拘りをもつMimi。伝統的な手法で加工された天然皮革を使用し、イギリスの丁寧な職人技によって完成されるMimiのバッグは、見て触れるだけでも、無駄の無いシンプルな美しさや上質さを感じられる一品です。流行りにとらわれないオーセンティックなMimiの魅力を是非店頭で感じてみてください。(YOKOHAMA 畔上)

 

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH YOKOHAMA Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH YOKOHAMA
TEL 045-534-5210

影に潜むものに目を向ける

Phlannèl / Wool Cashmere Cable Stitch Cardigan / 34,000+tax
GALLEGO DESPORTES / LONG ANTIK SHIRT STYLE WITH WAVE COLLAR / 34,000+tax

先日更新されたJOURNALでの対談にて、ULTERIOR牧さんから『陰翳礼讃』の言葉を耳にし、久しぶりに書籍を読み返していました。光が届かない影の部分、陰影の部分に美しさを見出した日本人の美意識について語られている本ですが、スポットライトに照らし出された場所ではない、その周囲に潜むものの存在に目を向けるという視点の発見は、内容の本筋とはずれますがとても大きな発見であったことは間違いありません。

スポットライトに照らされて輝くものの存在があるということはすなわち、その照らされる存在を支えている影の立役者の存在が必ずあるということです。あるいは輝くものの周りには輝かずにひっそりと静かに自らの存在を潜めている大多数のものの存在が「標準」という価値を形成しているからこそ成り立つ構造と言えるでしょう。

ファッションの分野に置き換えるのは少々強引に過ぎるようではありますが、スポットライトに照らされるようなブランドの存在があるということは一重にそのブランドを支える優秀な作り手、職人、ビジネスマンなど華々しく披露されるアイテムの影に潜む者の存在があってこそなのです。

そして、スポットライトに照らされ輝くブランドもあればそうではなくその影に潜みながらしっかりとその存在価値を示しているブランドももちろんあり、後者の存在があってこそ前者は存在し得るものであるということを、しっかりと認識する必要があると感じたと同時に、そういった影に潜むものの存在に目を向けられる人でありたいと、自分自身の視点の持ち方を改めて見つめ直すきっかけとなりました。(守屋)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH Instagram

Phlannèl / Wool Tweed Shawl Collar Gown Coat / Suzuki

Coat / Phlannèl / Wool Tweed Shawl Collar Gown Coat / 0 / 110,000+tax
HEIGHT / 162cm

長い年月を経てイギリスから日本へ渡り、今やその技は世界に誇れる岩手県「日本ホームスパン」社で織られているツイード生地。そんな生地を贅沢にもコートに致しましたのでご紹介させていただきます。

ホームスパンとは、家庭で紡いだ糸で織った織物の総称です。明治時代にイギリスから日本に技術が伝えられ岩手などの湿度の低く、放牧のできる農家で普及しました。その伝統技術を現代に合わせ生産しているのが「日本ホームスパン」社。ホームスパンは太い紡毛糸の手紡ぎによる凸凹とした風合いが魅力ですが人の手によって糸を紡ぐには生産量の限界があります。国内外のメーカーからの依頼を数多く受けている「日本ホームスパン」社ではシャトル機械を導入しており、手で織った風合いを残すため熟練の技術を用い機械と人の手でゆっくりと織り進めていきます。更に今回は生地を洗いにかけ、長年大切に着続けたような柔らかな風合いのあるツイードに仕上がりました。ホームスパンの生地そのものの良さを最大限生かすためにデザインはシンプルなショールカラーのミドルガウンに。ふくよかな生地感で程よく立体感の出るシルエットになっております。襟元を立ててキルトピンで留めたり、ストールを合わせたり、ほんのりアレンジを加えても素敵です。

Knit / Phlannèl / Super Fine Wool Random Rib Knit Pullover / 0 / 28,000+tax
One-piece / Phlannèl / Wool Flannel Apron Skirt / 0 / 36,000+tax
Shoes / forme / Side Zip Boots / 2 1/2 / 64,000+tax

バッグスタイルのかわいらしいエプロンスカートはウールフランネル生地の軽やかな着心地です。背面で丈の調節が可能となっており、シューズやスタイルに合わせてアレンジしていただけます。

Shawl Collar Gown Coatは同型でメンズサイズの作りもあり、着る人の性別や年代をも超えられるカテゴリーに縛られない良さがあります。直に触れると肌に寄り添う生地に安心感や愛着感が生まれ、生地を通して人の温もりが感じられる、そんな物づくりに心惹かれます。(YOKOHAMA 鈴木)

※ 11月5日(木)~11月16日(月)の期間中、 ルミネカードご利用で10%offとなるキャンペーンを開催いたします。 この機会に是非ご来店お待ちしております。

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH YOKOHAMA Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH YOKOHAMA
TEL 045-534-5210

ULTERIOR for BLOOM&BRANCH / Chambray Gabardine Over Coat / 20.11.14- Release / Koumura

11.14(金)より初の取り扱いとなるULTERIORとBLOOM&BRANCH共同制作の別注アイテムChambray Gabardine Over Coatをリリースいたします。こちらのコートは、60年代のトレンチコートをベースに生地から物づくりを行っています。

19AWのデビュー作として作られたコートを素材から復刻別注し、襟をボリュームを増やしたり、フロントに煽り止めのボタンを付けたりと20AWの改良パターンへと置き換えられています。

Coat / ULTERIOR for BLOOM&BRANCH / Chambray Gabardine Over Coat / 3,4 / 98,000+tax
Knit / knitbrary / Alpaca Silk Crew Neck Sweater / M / 100,000+tax
Pants / NICENESS / ZAPPA / S / 45,000+tax
HEIGHT / 168cm

生地は、緯糸にオレンジがかったブラウンの糸を使用しており、それによって奥深い表情に。また、着込んでいくと着始めの光沢感が次第に薄まり、着古したヴィンテージのコートのような味わいが生まれます。

マフラーいらずで冬を過ごせるチンストラップ、強い風が吹いてもばたつかず、コートがしっかりとフィットする煽り止め、手ぶらでも街に出掛けれる容量たっぷりのポケット。随所にデザイナーの拘りと快適に日常を過ごすことが出来る気の利いたディテールが散りばめられています。

デザイナーである牧さんは、西洋に影響された洋服の価値観だけでなく、日本人としての美的感覚を物づくりに反映させています。それは、ただ物としての目を引くような派手やかな見た目やクオリティーだけでなく、質素でありながも着る環境によって、奥ゆかしい表情を見せたり、着る人の個性を生かす為に敢えて、余白を残すことです。余白があるからこそ、華美なデザインでなくとも、着る人の個性が洋服に溶け込み、唯一無二のオリジナリティーが生まれます。画面の表層の部分だけでなく、是非店頭で袖を通し、着た時に感じる直感的なフィーリングであったり、高揚感を感じていただければ幸いです。(AOYAMA 香村)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH AOYAMA Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH AOYAMA
TEL 03-6892-2014

PHLANNÈL SOL / Winter Motorcycle Coat / Imai

より一層冷たく吹く風を感じ、色づく木々に目を奪われる季節となりましたね。京都ならではの冷たい空気は冬の匂いさえ連想させます。そんな日にはさらりと羽織れて、一着あればいつもの洋服を引き立ててくれるコートをご紹介させて頂きます。

Coat / PHLANNÈL SOL / Winter Motorcycle Coat / 1 / 80,000+tax
Tops / Phlannèl / Cotton Yak Sweat Pullover / 0 / 24,000+tax
Pants / Phlannèl / Wool Flannel Straight Slacks / 0 / 30,000+tax
Scarf / THE INOUE BROTHERS / Brushed Scarf / F / 10,000+tax
Boots / BEAUTIFUL SHOES / Middle Cut Side Gore / 24 / 57,000+tax
HEIGHT / 163cm

手にした時に感じる質感は滑らか且つ密度があり、着た時に感じるのは軽量感と暖かさ。このバランスの良さは考え抜かれたもの。撮影の日はとても冷たい風が吹き続けていたのですが、その風を防ぎ快適な体温を保持してくれる抜群の着心地を実感しました。ボタンを閉めてAラインをしっかり見せる着方や、さらにウエストベルトを閉めてラインを強調しメリハリをだしてみるのも良いですね。チンストラップを留めればより一層保温性も高まります。一着で様々な表情を楽しんで頂けるところも好きなポイントです。

これからますます寒くなる季節に合わせて、防寒や保温性はとても魅力的ですね。その日の気分に合わせたカラーのマフラーを巻いて、温もりも気分も高めてみてはいかがでしょうか。ワンピースなどドレスアップした特別な日にも綺麗に着こなせる一着です。(KYOTO今井)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH KYOTO Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH KYOTO
TEL 075-585-5179

ULTERIOR for BLOOM&BRANCH / Chambray Gabardine Over Coat / 20.11.14- Release / Kasuya

ULTERIORの洋服を初めて見た時に受けた印象は、日常で気兼ねなく使えて、どこにでも着て行けて、袖を通す度に良い気分になりそうな服だなと。纏めれば「角が無く生活感のある服」といったものでした。

Coat / ULTERIOR for BLOOM&BRANCH / Chambray Gabardine Over Coat / 3 / 98,000+tax
Knit / AURALEE / CAMEL WOOL MIX KNIT P/O / 3 / 42,000+tax
Pants / HERILL / Cashmere Denim Tack 4PK / 1 / 50,000+tax
Hat / SCHA / Soft Traveller M “E” / 19.000+tax
HEIGHT / 165cm

アームや身幅をしっかり取ったオーバーコート。ただ着用してみると不思議とオーバーになり過ぎず、さらっとした見え方がとても嬉しいところです。特に肩の落ち感が素晴らしく、見た目は勿論のことストレスの少ない着心地も日常使いに欠かせません。

着る人の体に沿う一枚袖のスリーブ。これが綺麗な肩の落ち感の元。縫い合わせるパーツが無く、一枚の生地だけで縫製するため、生地同士の重なりが少なく自然なドレープが生まれます。作るのは非常に高度で面倒ですがこれがシルエットに大きく関係してきます。

インナーが通る背裏と袖はキュプラ、それ以外の背から下はオレンジ系のウール素材。気温への対応、インナーや総重量への配慮など細かな気配りを感じられます。

特筆すべき点はこの生地感でしょうか。カーキ×ブラウンの玉虫カラーのシャンブレーギャバジン。生地自体の畝が大きいこととシルエットが相まって、動きによる色の変化が大きく出ます。「この動きの時のここの生地感が好き」なんて所有者にしかわからない満足感が生まれそうです。

ポケットにも工夫があります。荷物用と手入れ用の2ポケット使用です。2wayのパッチポケットは良く見ますがこれは初めて見ました。荷物向けの大き目のポケットは深さがあり財布や携帯、文庫本や筆記用具くらいはすっぽり収まりそうです。

比重はデザインよりも使い心地に。だけどきちんと見えて洒落も忘れていない。袖を通すといつもの風景にこのコートが溶け込んでいる姿が想像できる筈です。(TOKYO 粕谷)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP 
BLOOM&BRANCH TOKYO Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH TOKYO
TEL 03-5379-2016

Scye / Outer Collections / Adachi

一度袖を通すと感じる、仕立ての良さと、幅広いシーンで着用することの出来るScyeの洋服。いつのコレクションも少し背筋が伸びる様なクラッシックで正統なイメージを覚えます。今回は2020年秋冬コレクションの中でも3型のコートをご紹介致します。

エジプトの超長綿を使用したSCYE BASICSのギザコットンギャバジンタイロッケンコート。着心地は程よい重厚感が身体を包み込みます。ウール素材のライナーは取外し可能で、今時季から春先まで使えるコートです。Scyeの洋服作りでのベース、英国クラシックが存分にでたコートではないでしょうか。

Coat / Scye / Giza Cotton Gabardine Tielocken Coat / 36 / 140,000+tax
Pants / PHLANNÈL SOL / FW-128 Corduroy / 0 / 25,000+tax
Stole / THE INOUE BROTHERS  / Double Faced Brushed Large Stole / F / 34,000+tax
HEIGHT / 158cm

Scyeの定番、ウールカシミヤメルトンコートは今季、Pコートとして入荷致しました。一見、定番なPコートシルエットに見えますが、肩掛けする際に使用するループが付いており、肩掛けを固定出来るようになっています。淡いカーキの色味が目を引き、ダークトーンになりがちなこれからの時季のワードローブに入れたい一品です。

Coat / Scye / Wool and Cashmere Melton Cape Coat / 38 / 96,000+tax
Pants / YLÈVE / Fox Super Fine Merino Trousers / 1 / 52,000+tax

光沢感があり、中綿の入った滑らかな着心地が魅力的なバルマカーンコート。見た目の程よいボリューム感と上品な黒の艶がメンズライク過ぎないモダンな印象です。ラフなパンツ合わせは勿論ですが、コートの裾の広がりを活かしたロングスカートとのレイヤードスタイルもお勧めです。

Coat / Scye /  C/PE Serge Padded Balmacaan Coat  / 36 / 87,000+tax
Sweat / Scye / Fleece Back Jersey Sweat Shirt / 38 / 22,000+tax

ベーシックなものだからこそ、仕立ての良さや着心地の良さを感じ、Scyeの洋服はスッと背筋が伸びる凛とした気持ちにさせてくれます。冬の近づきを感じる肌寒くなる日が多くなってきました。是非、店頭でお試し下さい。(AOYAMA 安達)

 

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH AOYAMA Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH AOYAMA
TEL 03-6892-2014

SEEALL / New Arrival / Saito

2019秋冬よりスタートしたSEEALL(シーオール)。洋服が発展してきた背景にある芸術、音楽、伝統と技術、そして世界中の継承していくべき素晴らしい素材。その全てを再認識し、本質的な服のリアリティを追求したコレクションを提案しております。そんなSEEALLのアイテムを多数ご紹介致します。

上質なシルクを織り上げたモッズコートは、フィッシュテールなどミリタリー由来のディテールを取り入れつつ、シルク独特のネップとドライな生地感により、他には表現できない唯一無二の一枚。メンズ的要素があるモッズコートですが、ホワイトを着用することでそれを感じさせないクリーンでな印象になります。

ウエストの紐を調整すると、全体のシルエットや雰囲気が変えられメリハリが付きます。

Coat / SEEALL / Mods Parka / 39,000+tax
Blouse / Kiji / COTTON NEP GATHER BLOUSE / 1 / 28,000+tax
bottom / Ciota / Suvin Cotton Corduroy High Waist 5 Pocket Pants / 26 / 28,000+tax
Shoes / BEAUTIFUL SHOES / Mule / 23 / 44,000+tax
HEIGHT / 160cm

厚手のニットと合わせても十分にゆとりあるサイズ感です。軽やかな着心地なので、春先まで着用できるのも嬉しいポイントです。

Jacket / SEEALL / Hand Canadian Sweater / 59,000+tax

見た目からでもお分かり頂けるであろう、重厚感を感じるニットジャケット。複数色でざっくりと編まれているので存在感を存分に感じられます。ビックシルエットなので、女性だけではなく男性にもご利用頂けます。

細いレーザーベルトが良いアクセントとなります。

Jacket / SEEALL / Telar Shawh Jacket / 110,000+tax

後ろ姿もぬかりなく、可憐でハンドメイドならではの温かみも感じます。冬に向けた装いは、ひとアクセントとなるSEEALLのジャケットは如何でしょうか。只今、11月5日(木)~11月16(月)の期間中はルミネカードご利用で10%オフキャンペーンを開催しております。お得な機会に、是非店頭にてお試しくださいませ。(TOKYO 齊藤)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP 
BLOOM&BRANCH TOKYO Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH TOKYO
TEL 03-5379-2016

ULTERIOR for BLOOM&BRANCH / Chambray Gabardine Over Coat / 20.11.14- Release / Yonamine

”日本古来の美意識のひとつに、表現素材を極限まで絞り、素材が持つ本質的な魅力で「余白」や「不均衡(不完全)」の美しさを表現する手法があります。それは西洋の左右対称を成す豪華絢爛な美しさとは全く異なり、静かなる強さと美しさが漂っています。それこそが隠れた本質的な感覚であり、日本人の根底にあるアイデンティティのひとつではないかと考えています。”
上記はULTERIORがブランドの根幹として大事にしている精神です。取扱店としてわたくしの言葉をもって嚙み砕きながらお伝えすることも考えましたが、この内容を読んだ時に一語一句違わずにブランドの持つ精神をお伝えするべきと思い、こちらを記述させていただきました。

Coat / ULTERIOR for BLOOM&BRANCH / Chambray Gabardine Over Coat / 3,4 / 98,000+tax
HEIGHT / 173cm

BLOOM&BRANCHでは11月14日展開に展開いたします今作の別注アイテムを皮切りに、21SSシーズンより横浜店にて本格展開となりますULTERIOR。別注の今作は19AWデビューシーズンに展開していたChambray Gabardine Over CoatをBLOOM&BRANCHのエクスクルーシブモデルとしてデザイン変更を加えた特別なアイテムとなります。本日はサイズ3、4の順で着用していますので、是非参考にしてみてください。


Size3

先ずこの特徴的なシャンブレーギャバジン素材。デビューシーズンに展開していた素材の復刻別注となります。ブランドオリジナルのコットンギャバジンは、一般的な双糸ではなく三子糸を採用することで迫力と奥行きある畝の表情を実現。そしてコートがなびく度に放つ独特な雰囲気の玉虫色。クラシックな中にもブランドのオリジナリティを感じます。

各ディティールは襟のボリュームをやや小さめにバランスを整え、蹴廻しを大きく取って可動域を広げた分、ベントを排除した作りに。ゆとりがありながらもきれいなAラインシルエットを実現させました。裏地はファーストモデルのチェック地からオレンジ味の効いたブラウンウールの生地へと変更し新しい見え方になっています。続いてはSize4の着用サンプルです。


Size4

173㎝の私はSize3でも十分ゆったりしていますし、Size4だと全体的に大きくなりますので、より生地のたっぷり感を楽しめます。普遍的なデザインをベースに、ULTERIORの精神とBLOOM&BRANCHの拘りが詰まった今作。ON,OFFのどちらのシーンにもお使い頂けると思います。是非店頭でご覧ください。また、HP内JOURNALにてディレクター柿本よりご紹介させて頂いております。併せてご覧ください。(YOKOHAMA 与那嶺)

※ 11月5日(木)~11月16日(月)の期間中、 ルミネカードご利用で10%offとなるキャンペーンを開催いたします。 この機会に是非ご来店お待ちしております。

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH YOKOHAMA Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH YOKOHAMA
TEL 045-534-5210

感情の代替物を生み出す

Phlannèl / Wool Tweed Shawl Collar Gown Coat / 110,000+tax

全てのものごとは見る角度によって実に様々な情報を私たちに与えてくれます。日々積み重なる一日いちにちでさえ、朝に見る街の景色と夜に見るそれとでは全く異なる風景を見せてくれ、朝が印象的だった1日と夜が印象的だった1日ではそれぞれ意味合いの異なる「1日」が私たちの記憶の中に刻み込まれるように思います。

重要なことは、その1日が見せる一瞬一瞬の違う表情をできる限り敏感に感じ取り、様々な表情を見逃さないようにと心を配ることではないでしょか。意識の置き方次第で私たちが見ることの出来る景色は二次元の水彩画のようにもなれば三次元の壮大なパノラマにもなり得るのです。

どんな一瞬が最も素晴らしいかどうかの優劣はもちろんつけることは不可能で、受け取る人それぞれによってその印象の強度というものは異なってくるのだろうと思いますが、そうして感じ取った日々のかけらの表情やニュアンスや空気に沿わせるように洋服を選んでみると、手持ちの服にも今まで感じ得なかったような新しい感情を抱くことができたり、新しい一面を発見することができたりするものであります。

カサカサと擦れる落ち葉の色に心が動いた時、その温かな色彩を自らの装いに取り込みたくなります。あるいは暮れゆく空に太陽の光を吸い込んでその名残をぼんやりと光らせて移ろう雲に目が奪われたならば、奥の方から光を放ち身体や心を温めてくれるようなホームスパンの生地に触れたくなったり。感じたことを何かに置き換えるという行為はとても創造的で感覚的で個人的ではありますが心に栄養を与えてくれるような大切な営みの一つです。(守屋)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH Instagram

Phlannèl / Mohair Silk Cardigan Rib Stitch Sweater, Wool Flannel Apron Skirt / Ouchi

皆さま、冬支度は進んでいらっしゃいますでしょうか。本日より本格的な冬に向けて着用できる温かみのあるニットや、梳毛感の毛並みが綺麗なワンピースやパンツがPhlannèlより発売致します。

Knit / Phlannèl / Mohair Silk Cardigan Rib Stitch Sweater  / 2 / 38,000+tax
Vest / Phlannèl / Goat Suede French Army Vest / 2 / 70,000+tax
Pants / OUTIL / Pantalon Arles / 32 / 26,000+tax
HEIGHT / 168cm

希少なアンゴラ山羊のモヘア原料をヘアに使用。ウールに比べ毛の縮れが少なく、キューティクルが小さく滑らかで揃っている為、光沢と繊維にコシがあります。また芯糸はシルクを使用し、モヘアの自然な光沢とシルクならでの高級感ある光沢の掛け合わせが綺麗な一着。首元のチクチク感が無い為、素材の柔らかさを直に感じて頂けます。素材を最大限に生かしたシンプルなオーバーサイズのニットは女性が大きめに着用してもお勧めです。

Coat / manuelle guibal / Mantesu Trashic / 1 / 130,000+tax
Knit / Phlannèl / Super Fine Wool Random Rib Knit Pullover / 0 / 28,000+tax
Onepiece / Phlannèl / Wool Flannel Apron Skirt / 0 / 36,000+tax
Bag / STUDIO KETTLE / The Pint bag Waxed Cotton / Free / 16,000+tax
HEIGHT / 161cm

オーストラリア産Super100のファインウール原料を使って織り上げた梳毛フランネル素材。素材の薄さからジャケットのような羽織、軽めのコート、ワンピースと様々な着方が出来る汎用性のあるアイテムです。同生地でスラックスもございます。Phlannèlの冬を快適に過ごせる素材の良さを再確認できるコレクションとなっています。是非この機会にお待ちしております。(AOYAMA 大内)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH AOYAMA Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH AOYAMA
TEL 03-6892-2014

 

Phlannèl / Wool Slub Yarn Skipper Sweater / 20.11.7-Release / Okawa

朝晩の冷え込みによる寒暖差の大きい日が多くなってきました。冷たい風の吹く冬を感じさせる気候も増え、街中にはニットやコートをお召しの方も前より見かけることが多くなったかと思います。もうそろそろ必要と思いながらも、まだ今年のニットを見つけられていないという方にもお勧めしたい、11月7日より展開いたしますPhlannèlの女性らしいニットを、同じくPhlannèlより同日展開のスラックスと共にご紹介いたします。

Knit / Phlannèl / Wool Slub Yarn Skipper Sweater / 1 / 32,000+tax
Pants / Phlannèl / Wool Phlannel Straight Slacks  / 1 / 30,000+tax
HEIGHT / 168cm

手編み風のざっくりとした編地の、スキッパータイプのオーバーサイズニット。希少価値の高い英国産ウールを使用し、あえて均一の取れていないスラブのある糸を使用することで、普通に編むだけで味わい深い独特の編みの表情が出ています。首元のデザインと裾のスリットが特徴的で、ただ大きいだけのニットではなく、女性らしさを計算されたオーバーニットというところが魅力的です。今回はパンツスタイルですが、スカートとの合わせも女性らしく着用できおすすめです。メンズは同素材でカーディガンをご用意しております。

スラックスはオーストラリア産のファインウールを使って織り上げた梳毛フランネル素材を使用。ノータックのストレートシルエットで、今の気分にピッタリの太すぎず、細すぎない、心地よいシルエット感です。落ち感のあるきれい目なシルエットですが、気張りしない軽やかな履き心地なので、日常使いとして是非お勧めしたいスラックスです。同素材でワンピース、メンズはセットアップもご用意しております。

Bag / CECCHI DE ROSSI / Armor Belt Bag / 38,000+tax

Shoes / forme / Stand Coller Whole Cut / 4 / 58,000+tax

ニットですとスキッパーデザインは珍しく、女性らしいものをお探しの方に是非お勧めいたしますし、スラックスも日常使いとして、そしてきれいに、定番的に、とフィットするものを探そうと思うと、特に女性ものだとなかなか出会えなかったりします。どちらもお勧めのお品ものですので、是非店頭でお試し下さい。(YOKOHAMA 大川)

※ 11月5日(木)~11月16日(月)の期間中、 ルミネカードご利用で10%offとなるキャンペーンを開催いたします。 この機会に是非ご来店お待ちしております。

 

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH YOKOHAMA Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH YOKOHAMA
TEL 045-534-5210

Phlannèl / Wool Slub Yarn British Cowichan Sweater / 20.11.7-Release / Kawasaki

11月に入り、時折冬を思わせる冷たい風が吹き抜け、思わず肩を窄めてしまう回数が増えてきた様に思えます。そんな時、シンプルな"温かさ"をもたらしてくれる一着に頼りたくなるものですよね。今回、ご紹介したいアイテムは、そんなシーンにお勧めしたい一着です。

Sweater / Phlannèl / Wool Slub Yarn British Cowichan Sweater / 3 / 38,000+tax
Tops / Phlannèl SOL / Wool Jersey Turtle Neck T-shirt / 3 / 22,000+tax
Pants / Phlannèl / Wool Flannel 2 Tuck Trousers / 3 / 28,000+tax
HEIGHT / 172cm

袖を通した瞬間に、優しい温もりを感じられ、安心感に似た心地良さに包まれるこのカーディガン。主にフランネル服地やツイード等に使われる希少価値の高いイギリス産の羊毛を使用し、ジャガード編みで仕立てられております。カウチンニットならではのナチュラルな色味や極太糸で編み上げられた風合いは、新鮮さの中に、どこか懐かしさを含んだ空気感を持っています。

肉厚でしっかりと目が詰まっていながらも、ふんわりとした質感は、抜群の保温性も兼ねており、気持ちの良い穏やかな天気の時はアウターとして、冷たい風が吹く厳しい寒さの日にはコートやジャケットの中に着込む事もでき、様々なシーンで活躍してくれます。また、使われているボタンは水牛の角から作られており、独特の模様と透明感が全体の雰囲気を品よくまとめています。

そして、カウチンニットと合わせたボトムスは、くっきりと入ったセンタープレスが印象的な2タックトラウザー。とろみある滑らかなフランネル生地でとても肌触りの良い一本です。細すぎず太すぎずの絶妙なサイズ感となっており、深く入った2本のタックとプレスライン、クロップド丈にする事で生まれるすっきりとしたシルエットは、ボリュームのあるトップスとも相性が良く、上品さを与えてくれます。今回は落ち着いた雰囲気のベージュをセレクトし、全体の色合いをライトにまとめてみました。

様々な素材でコーディネートを楽しめる季節の真っ只中、少し視点を変えてみて、素材の特徴や機能性を取り入れた合わせ方をしてみると、新しい発見があったりと、楽しみ方の幅もぐっと広がりますね。"文学の秋"とも言われる季節柄、こういった服の奥深さに浸ってみるのも良いと思います。今回ご紹介したアイテムは11月7日(土)より発売致します。是非、店頭にてご覧ください。(KYOTO河崎)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH KYOTO Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH KYOTO
TEL 075-585-5179

STUDIO NICHOLSON / New Arrival / Takasaki

リアルクローズの柔和で生活に馴染む質感と構築的なスタイルという、一見相反するようなイメージを独自の視点から現代の洋服に落とし込み、近年絶大な支持を集めるSTUDIO NICHOLSON。今回はその20年秋冬より、新入荷商品を何点かご紹介致します。

Coat / SEEALL / TELAR MAC COAT / 2 / 149 ,000+tax
Sweat / PHLANNÉL SOL / Suvin Cotton Sweat Shirts / 5  /17,000+tax
Pants / STUDIO NICHOLSON / SORTE / M / 39 ,000+tax
HEIGHT / 183cm

一点目は、今やブランドを象徴するアイテムとなったボリュームパンツ。説明不要の定番品ですが、改めてのご紹介です。その名の通り、しっかりとコシのある生地感を利用したボリュームのあるシルエット。わたりから膝にかけてバルーンのように膨らみ、そこから裾に向けてわずかにテーパード。身体のラインにあえて反するような奇抜なシルエットでありながら、前後左右どこから見てもその独特な雰囲気を損なうことなく、ブランドならではの空気感を体現します。

フロントには深く大きいタックを、バックには往年のワークウェアを思わせる大き目のポケットを配置し、クラシックでリアルな要素も忘れていません。

また、股下のインパクトあるシルエットとは裏腹に股上はコンパクトなサイズ感で仕上げられており、ただ大きいだけではない、現代的なバランス感覚にも優れたアイテムとなっております。

上には軽いトップスを合わせてパンツを主役にするのがもっともらしい履き方ではありますが、寒さが増すこれからの季節、あくまでもアウターの丈感と全体のボリュームには注意しつつ、緩いコートを羽織ってみるのもまた良いのではないでしょうか。


他にもBEETROOT、TANと計3色の展開です。

Coat / STUDIO NICHOLSON / DELUM / M / 130,000+tax
Knit / STUDIO NICHOLSON /  HEMYL/ M/41,000+tax
Pants / STUDIO NICHOLSON / PYAD / M / 45,000+tax

パウダーコットンをボンディングをした、厚みと張りのあるオーバーコート。しっかりと分量が取られたAラインシルエットで存在感があります。ミニマルなデザインだからこそ際立つシルエットがいかにもブランドらしいところ。

しっかりとしたラムウールのニット。肩の切り替えが目を引きますが、裾に向かってストンと落ちる丸みのあるシルエットはとてもモダンに見えます。

こちらは定番のデニムパンツ。イギリスのデニムブランド「BLACKHORSE LANE ATELIERS」のデニムを使用。しっかりと糊が乗ったカリっとしたデニムで履きこんだ後の表情が楽しみになります。シルエットは思い切りの良いストレートでやや短めの丈。平面的なパターンなのでジャストでもオーバーでも、好みのバランスでお選びください。海外の女性デザイナーの作るメンズ服。文化も性別も違うからこそ生まれる新鮮さが今求められる理由なんだと思います(TOKYO 高崎)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP 
BLOOM&BRANCH TOKYO Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH TOKYO
TEL 03-5379-2016

Phlannèl / Wool Slub Yarn Skipper Sweater / 20.11.7-Release / Adachi

最近は冬を間近に感じる、肌寒い日が多くなってきましたね。日中は日の暖かさを感じ、日が暮れるとウールニットとアウターを羽織りたい。そんな寒暖差のある今時季に、素肌の上からでも着たくなるような弾力性と柔らかな着心地のオーバーサイズニットはいかがでしょうか。

世に出回るウール素材の中でも希少価値の高いと言われている英国産ウールを採用し、ほっこりとした柔らかな風合いに仕上げるロービング糸を使用しております。ざっくりと編みこまれ、身体を包み込むようなオーバーニットもデコルテの程よい空き具合で女性らしくニットを着て頂けます。寒さが本格的になる時期にはタートルを合わせても素敵ですね。

Knit / Phlannèl / Wool Slub Yarn Skipper Sweater / 0 / 32,000+tax
Skirt / Phlannèl / Cotton Wool Viyella Tiered Skirt  / 1 / 35,000+tax
HEIGHT / 158cm

ボリュームのあるニットでは珍しいスキッパ―のデザインと、身体にふわっと包み込む柔らかさと程よい重量感。今時季はニットと、シルク素材の華やかな動きのあるスカートにレザーブーツの装いもお勧めです。メンズではカーディガンのご用意がございます。女性がオーバーサイズに着用しても素敵ですので是非合わせてご覧下さい。(AOYAMA 安達)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH AOYAMA Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH AOYAMA
TEL 03-6892-2014

AURALEE / Suvin High Count Cloth Down Jacket / Osaka

2019年秋冬コレクションで初めて登場し、ご好評頂いたAURALEEのダウンジャケットが素材を新たにして入荷して来ました。今作は温かみのあるIvoryとシャープな印象のBlackと二色での展開です。

Down Jacket / AURALEE /Suvin High Count Cloth Down Jacket  / 0 / 90,000+tax
Shirt / AURALEE / Wool Recycle Polyester Sheer Cloth Shirt / 1  /32,000+tax
Pants / AURALEE / Wool Mix Serge Slacks / 0 / 34,000+tax
Shoes / BEAUTIFUL SHOES / Middle Cut Side Gore / 24cm / 57,000+tax
HEIGHT / 165cm

昨年はコットン×ポリエステルのシャンブレー素材を表地に使用していましたが、今季はインドの上質な超長綿(スビンコットン)を高密度に織り上げたハイカウントクロスを採用しています。上質な原料である超長綿ならではの光沢感はそのままに、生地に撥水加工を施すことで湿気からダウンをしっかり守ってくれる優れものです。

フードは取り外し可能となっており、あえて外してパーカーやタートルニット等でレイヤード感を楽しんで着て頂くのも良いですね。

今回は同じくAURALEEのやや太めのスラックスと合わせてみました。昨年のモデルよりも着丈が長くなったことでコーディネートの幅が広がり、ワンピースやロング丈のスカートなど、甘めのアイテムとも相性が良いです。尚、裾のドローコードでシルエットの調整をして頂いても品良く仕上がります。

すっかり肌寒くなりましたがより軽やかな暖かさに包まれて過ごしたい方、ご覧いただければと思います。英国産のホワイトダックダウンをふんだんに取り入れた極上のダウンジャケットでこの冬を過ごしてみてはいかがでしょうか(TOKYO 大坂)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP 
BLOOM&BRANCH TOKYO Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH TOKYO
TEL 03-5379-2016

THE INOUE BROTHERS / Double Faced Brushed Large Stole /Suzuki

THE INOUE BROTHERSとは名前の通り井上兄弟によって生まれたファッションブランド。デンマーク生まれの日系二世兄弟である兄・聡氏はコペンハーゲンを拠点にグラフィックデザイナーとして、弟・清史氏はロンドンでヘアデザイナーとして活動しており、その稼ぎの大半をブランド運営に充てているそうです。その圧倒的な熱量はどこからくるのか。簡単ではありますが、ブランドヒストリーを交えながら今作のご紹介をさせて頂きます。

Stole / THE INOUE BROTHERS / Double Faced Brushed Large Stole / F / 34,000+tax
HEIGHT / 162cm

アルパカと聞くと首が長く毛がふわふわでつぶらな瞳が可愛らしい生き物というくらいであまり日本人には馴染みのない動物だと思います。ペルーのアンデス山脈地域では人とアルパカが共存しアルパカの毛を売って生活しています。標高4000メートル以上の厳しい環境下で耐え抜く優れた機能性を持つアルパカの毛ですが、不当な金額でのやり取りがなされ農家の方たちの生活を圧迫していました。その状況を見かねた井上兄弟は直接農家の方たちから買い取り、間にかかる無駄なコストを省くことで農家の方たちの利益も増え、生活が豊かに改善されていきます。

素材はベビーアルパカというしっとりと柔らかな毛質。アルパカの中でもロイヤルアルパカが一番柔らかく、二番目にくるのがベビーアルパカ。ロイヤルアルパカが最高の肌触りですがベビーアルパカの優れている点は柔らかいのに毛玉が出来づらく丈夫。首に巻く、アウターやバッグと触れる、ひざ掛けとして使う、など擦れるタイミングの多いストールは暖かさと同等にタフさが求められます。そしてブラッシングしても毛が抜け過ぎず生地が薄くなりづらいのも嬉しいところ。更に毛足が長いため毛がしっかり編み込まれ毛先が肌に接触する箇所も少ないためウールのチクチクが苦手という方にもお勧めです。

カラーはBrown、Gray、Camelの3色展開です。(Camelはweb shopのみのご用意です)ダブルフェイスの柔らかな色合わせ。無染色の色合いは互いのカラーを近づけてよりミニマムな印象に仕上がっています。

Knit / AURALEE / Baby Cashmere Knit Turtle Neck Po / 1 / 59,000+tax
Skirt / Phlannèl / Winter Tropical Soft Pleated Skirt / 0 / 36,000+tax
Shoes / forme / Stand Coller Whole Cut / 3 / 58,000+tax

彼らは「着る人、作る人、売る人、すべてを幸せにしたい」その一心で挑戦し続けています。少なからず、このストールに出会えたことで私は心も体もあたたかく幸せな空気に包まれました。彼らの挑戦によってそんな人が一人でも多く増えますように。(YOKOHMA 鈴木)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH YOKOHAMA Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH YOKOHAMA
TEL 045-534-5210

インスピレーションを大切に

SEEALL / Padded Collarless Coat / 65,000+tax

ジョージア・オキーフはその作品の素晴らしさもさることながら、彼女自身の生き方や感性にスポットライトが当てられ、彼女自身についてを語る文脈が多いような気がします。以前にニューヨークでも彼女の作品展ではなく、彼女のワードローブにまつわる展示が開催されていたことも記憶に新しいのではないでしょうか。

2020年という時代においては、女性の社会進出や活躍は全く珍しいことではなくなりつつありますが、ジョージア・オキーフが生きた20世紀初頭においては、一人荒野の中で強く生き抜く女性の姿は珍しかったのではないでしょうか。そんな彼女の姿勢や、オリジナリティの感性に今を生きる女性は強く励まされ憧れを抱き、自身の姿を重ねようとするのかもしれません。

上質な天然素材の衣服を愛していたとされるジョージア・オキーフの着ていたガウンは、ブラックアンドホワイトの洗練されたスタイリングに度々用いられ、とてもモダンな印象を与えます。そんなアイテムを敢えて天然素材を表面に用いないダウンコートというアイテムに置き換えた一着は、彼女の生きる姿勢を現代に蘇らせるかのような大変面白いアプローチです。

その上で、彼女へのリスペクトや天然素材との相性や、近代らしさを適度に削ぎ落とすように生地表面は加工によって自然なシボの表情を見せています。全く新しいというほどセンセーショナルでないからこその、今の私たちや地球に優しく適度に寄り添ってくれる、そんな一着です。(守屋)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH Instagram

SEEALL for BLOOM&BRANCH / Padded Collarless Coat / 20.10.31-Release / Azegami

今年もあと2か月程となり、そろそろ冬支度を始めたくなる時期になりました。店頭でもアウターやニットをお求めになるお客様が増えてきたように思います。そんな中お客様からよく耳にするのは「ダウンコートが欲しいけどなかなか手が出ない」とのお話。従来のダウンと言えば、ボリューミーでアウトドアやスポーティーなイメージがあり、普段の洋服に合わせるのが難しいと思う方が多いのかもしれません。そんな方におすすめしたい従来のカジュアルなイメージとは異なるシンプルで都会的なダウンコートが10月31日、SEEALL for BLOOM&BRANCH より発売いたします。

Coat / SEEALL for BLOOM&BRANCH / Padded Collarless Coat / S / 65,000+tax
one-piece / STUDIO NICHOLSON / Shirt Dress / 1 / 61,000+tax
Shoes / BEAUTIFUL SHOES / Ballet Shoes / 24 / 39,000+tax
HEIGHT / 165cm

ボリューム感を抑え、すっきりとしたシルエットの普段使いしやすいダウンコートに仕上がっております。別注カラーの黒に近いCharcoalはモダンな印象を演出してくれるBLOOM&BRANCHオリジナルの一着です。

別添えのダウンマフラーは首に掛けてコートと重ねて使用しても良し、首に巻いても良し、腰に巻いてベルトとして使用しても良しの万能アイテムです。マフラーの両端にはポケットが付いているので、寒い時には手を入れて暖をとることもできます。

着用しているSTUDIO NICHOLSON Shirt Dressは、1876年創業イタリアの老舗ブランドALBNI社の生地を使用しています。アルビニの技術を駆使して作られた生地には、滑らかな肌触りと高密度で織り上げられた独特の光沢感があり上質な風合いを感じられます。袖口にはスリットが入っており、大人の遊び心が感じられる一着です。

Coat / SEEALL / Padded Collarless Coat / S / 65,000+tax

別注カラーと同時にインラインのWhiteも発売いたします。Ivoryに近いカラーリングは合わせやすく上品な仕上がりに。表地は塩縮加工が施されたナイロンを使用しておりコットンライクな品のある風合で、撥水加工もかかっているので少しの雨や汚れにも対応できます。ダウンは国内有数の河田フェザーのダウン90%、フェザー10%700FPのダウンを使用しており、ふんわりと軽く優しく包み込まれているような着心地です。是非、店頭でお試しください。お待ちしております。(YOKOHAMA 畔上)

 

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH YOKOHAMA Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH YOKOHAMA
TEL 045-534-5210

Phlannèl / Wool Tweed Shawl Collar Gown Coat / 20.10.31-Release / Kasuya

10月31日(土)からWomens/Mens共に発売するPhlannèlのWool Tweed Shawl Collar Gown Coat。この大量生産・効率重視の時代にそれらを度外視して織り上げた、所謂アンチテーゼを感じさせる生地は洋服を愛する方にはきっと響くモノとなっていると思います。

Coat / Phlannèl / Wool Tweed Shawl Collar Gown Coat / 0 / 110,000+tax
One-Piece / Phlannèl / Wool Rib A-line Dress / 1 / 34,000+tax
Shoes / BEAUTIFUL SHOES / MIDDLECUT SIDEGORE / 23 / 57,000+tax
HEIGHT / 160cm

寒さを凌ぐ道具として生まれた、ウール糸を手紡ぎし生地にしたホームスパン。織目や柄が均一にならないことが敢えて心情的な温かみを生み出すと言うことで、現代ではファッションアイテムとして用いられています。

Phlannèlではそのホームスパンを継承し、また国内外のメゾンブランドに生地を提供する「日本ホームスパン社」に依頼し、生地を作成しました。糸を傷めないように、熟練の職人が調整を重ねた織り機でゆっくりと丁寧に生地を織り、更に出来上がった生地を丸ごと洗いにかける事で何年も着込んだようなこなれた表情に仕上げています。その、効率を無視して作り上げた生地は私たちの頭にあるホームスパンの概念を壊す程の仕上がりです。これは実際に見て触れてみれば分かるはず。

作りは共通してシンプルなガウン。ボタンレスでショールカラー、中ものは無し。アウターとして防寒性が高いかと聞かれれば他のモノに軍配が上がりますが何故か袖を通したくなる魅力があります。

Womensはシンプルにニットワンピで合わせました。ハーフコートくらいの丈感なので重過ぎず、正に「羽織り」の着用感。裾幅に向かって広がるシルエットなのでボリュームのあるワンピースやスカートでもすんなりと馴染みます

Coat / Phlannèl / Wool Tweed Shawl Collar Gown Coat / 2 / 110,000+tax
Shirt / Phlannèl / Arles Wool Linen Over Sized Shirt Blouson / 2 / 33,000+tax
Pants / Phlannèl / Arles Wool Linen 2 Pleated Cropped Trousers / 2 / 34,000+tax
Scarf / Porter Classic / RANDOM DOT SILK SCALF / 18,000+tax
HEIGHT / 165cm

ガウンと言えば元々リラックスして着る物。すなわち日常着。こういう着方じゃないとダメとか、こういう着方はダメ、というルールや縛りはありません。いつも着ている服の上からさっと羽織るだけ。色を揃えて、生地感を考えて、シルエットでバランスを整えて・・・等、色々考えて着るのも良いけれど、これに関しては何も考えないで着ても良いのではないでしょうか。

昔、何かの写真集で見たパジャマセットの上からガウンを羽織りモーニングをする男性。それが頭の隅に残っていて、パジャマではないですがセットアップの上から着てみました。何となくですがコートを羽織るよりも自然な感じがします。

様々な拘りが積み上げられることで、モノとしての魅力や深みは生まれてくるものだと思います。ダウンやメルトンなど一般的にヘビーアウターとして「防寒をしっかりする」と言う様なそういうジャンルではなく単純にモノとしての良さを感じて貰えると、きっと手にしたくなる逸品だと思います。(TOKYO 粕谷)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP 
BLOOM&BRANCH TOKYO Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH TOKYO
TEL 03-5379-2016

SEEALL for BLOOM&BRANCH / Padded Collarkess Coat / 20.10.31-Release / Imai

朝の陽が早まり、夜の月が足早に顔をだしてくると冬の訪れを感じますね。気持ちの良い風も時には冷たく感じ、いよいよ本格的な冬支度をしようと重い腰を上げる今頃に丁度良いSEEALLのダウンコートをご紹介させて頂きます。

今回、BLOOM&BRANCH別注でつけさせて頂いたお色は、黒に近い深みのあるチャコール。幅広いお色とも相性が良く、いろいろなシーンに合わせて着用できます。アウトドアなどで活躍するボリュームのあるダウンコートとは異なるすっきりとしたシルエットは、ダウン特有のボリューム感に抵抗がある人にもそっと寄り添ってくれる距離感を保ってくれます。

Coat / SEEALL for BLOOM&BRANCH / Padded Collaress Coat / S / 65,000+tax

Dress /phlannel / Cotton Silk Thermal Dress / 0 /24,000+tax

Boots / BEAUTIFUL SHOES / Side Gore Boots / 24.5 /48,000+tax

HEIGHT / 163cm

ダウン特有のスポーティさはなく、チェスターコートのような雰囲気を持つダウンコート。本来ナイロンはつるっとした光沢感がありますが、塩縮加工で生地を縮めていることでナチュラルでソフトなナイロンに凸凹感が生まれ、素材の持つ表情に変化を出し、その風合が成せる表現力に魅了されます。撥水加工もかかっており少しの雨や汚れにも対応できる機能素材であるところも嬉しいですね。使用しているダウンは日本屈指の技術を持つ河田フェザー製。毛足が長く、軽くて暖かい品質もお墨付きです。シンプルなシルエットなので、軽い羽織のような使い方も出来ますし、付属のマフラーを腰に巻いて、ガウンのような着方も楽しめます。

程よいゆとりのサイズ感、長すぎない着丈、カラーレスならではの首元を美しく引き立てるデザインなど、様々な要素が散りばめられており、コーディネートの主役にも、時には脇役にもなってくれます。派手な印象は無いですが、凛とした落ち着きある佇まい、袖を通す度に感じる心地良さは、他には無い魅力を持っており、長く愛用出来る一着になってくれそうです。是非、店頭でご覧ください。(KYOTO今井)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH KYOTO Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH KYOTO
TEL 075-585-5179

 

SEEALL for BLOOM&BRANCH / Padded Collarless Coat / 20.10.31-Release / Ouchi

皆さんお気に入りのダウンコートはお持ちでしょうか。私は今まで出会えてなかったのですが、やっと出会えました。従来のカジュアルなイメージとは違うコットンライクで都会的なダウンコートがSEEALL for BLOOM&BRANCHより10月31日(土)より発売致します。元々はアメリカの女性画家Georgia Okeeffeをイメージ像とし、彼女が着ているガウンのようなコートを作ろうといった、きっかけで新作のダウンコートにオリジナルに染め上げていただいた別注色「Chacoal」をのせ、当店だけの特別な一着を制作していただきました。

Coat / SEEALL for BLOOM&BRANCH / Padded Collarless Coat / S / 65,000+tax
HEIGHT / 161cm

Onepiece / manuelle guibal / robe tino uni / 0 / 48,000+tax
Pants / Phlannèl / Wool Rib Knit Pants / 0 / 20,000+tax

ダウンは最上級のクオリティーを持つ河田フェザーのダウン90%、フェザー10%の700FPのダウンを採用。また機能的でもあり、撥水加工も施して軽い雨や汚れも弾く効果も。コートと同生地を使用したマフラーとセットで着用することでとても暖かく、快適に過ごして頂けます。街中でも自然体なスタイリングが出来るコートは合わせるアイテムによって表情が変わります。是非袖を通し、軽さのあるダウンコートをお試しくださいませ。(AOYAMA 大内)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH AOYAMA Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH AOYAMA
TEL 03-6892-2014

Phlannèl / Wool Tweed Shawl Collar Gown Coat / 20.10.31-Release / Nakajima

10月31日(土)にPhlannèlよりWool Tweed Shawl Collar Gown Coatを発売いたします。英国伝統の手織りの織物であるホームスパンを、現代のニーズに合わせて製作した、これからの季節にお勧めの一着になっております。

Coat / Phlannèl / Wool Tweed Shawl Collar Gown Coat / 3 / 110,000+tax
HEIGHT / 172cm

シンプルなショールカラーガウンコート。一見シンプルなデザインですが、袖を通した時の存在感に私はグッと心を掴まれました。その理由としては、シャトル織機でゆっくり織られている柔らかな素材を肌で感じたせいか、それともこの絶妙なシルエットバランスなのか、ヴィンテージの様な見た目からなのか、と様々な魅力を感じられる奥の深いコートだと感じます。また、ホームスパンは元々寒さが厳しい地域の農民や漁師の防寒具として織られ、糸と糸のバランスを慎重に調節し、非常に複雑な織り作業が行われているので保温力にも大変優れた素材になっております。

Cap / KIJIMA TAKAYUKI×Phlannèl / 6 Panel Cap (Tweed) / 1 / 18,000+tax

Bag / UTO×Phlannèl / Marche Bag (Tweed) / Large / 28,000+tax

同素材を使用しましたキャップとバッグも同時にリリース。コート同様、仕上げにタンブラーで生地を丸洗いしているため、膨らみがありながら柔らかく仕上がっております。シンプルなコーディネートのアクセントとして活躍することでしょう。※なおBag、CapはAOYAMAでの展開は無く、TOKYO、KYOTO、YOKOHAMAの展開となります。

AIの発達などオートメーション化され、大量生産も可能になった今の時代。この時代に伝統を継承し作られた、日本の"ものづくり"を是非とも店頭にて感じていただきたいです。(AOYAMA 中島)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH AOYAMA Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH AOYAMA
TEL 03-6892-2014

SEEALL for BLOOM&BRANCH / Padded Collarless Coat / 20.10.31- Release / Osaka

Coat / SEEALL for BLOOM&BRANCH / Padded Collarless Coat / S / 65,000+tax
Knit / PHLANNÈL SOL / Yak Wool Knit / 1 / 30,000+tax
Pants / SEEALL / 2Tack Pants / 36 / 28,000+tax
HEIGHT / 165cm

本格的な寒さが一歩ずつ近づいてきている今日この頃。もうそろそろ厚手のアウターやニット類が必要になりそうですね。本日ご紹介するのは冬に持っておくと間違いのない一着、デビューシーズンからお取扱いしているSEEALLに別注した当店特別仕様のダウンコートです。

よりモダンに、そして天候の変わりやすい日本に合わせて気兼ねなく着れるチャコールカラーで別注した今作。塩縮加工をした独特な皺感のナイロンに、絶妙なチャコールカラーが混じり合うことでダウンと言えばで連想されるアウトアやスポーティさを感じさせない大人の街着になっています。

ボディとセットの、同素材のハンドウォーマー付きダウンマフラー。これの役割はとても大きく、首から垂らせばショールカラーの様に、首に巻いてマフラーの様に、ウエストで巻いてメリハリをつける様にと着こなしの幅を広げてくれます。シンプルなデザインだからこそのアレンジの幅広さは何度着用しても新鮮な気持ちにさせてくれます。

ダウンのスペックはフィルパワーで表されますがこちらは700フィルパワー。一般的に700フィルパワーを超えると街での着用は十分、軽いアウトドアシーンでも使えるくらいの高品質なダウンと言う事になります。デザインだけでなく「アウター」としての機能もしっかりと兼ね備えています。

身幅やアームホールに余裕のあるサイズスペックなのでゆったりしたニットでもストレス無く着用出来ます。シルエットはゆとりがありながらもダブつかず、そしてダウン特有の着膨れも感じにくくなっています。着膨れるからダウンが苦手、と言う方でも着用し易いかと思います。こちらの別注ダウンコート、10月31日(土)より発売致します。是非店頭でご覧ください。(TOKYO 大坂)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP 
BLOOM&BRANCH TOKYO Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH TOKYO
TEL 03-5379-2016

それぞれが持つ唯一無二の装身具

YLÈVE / BLOCK PRINT SILK PLEATS SK / 62,000+tax

草花のようにしなやかで、芯の強さがあり、けれど時々はかない表情を見せぐっと周りの人を引き込むような女性はとても魅力的であります。そんなしなやかな人が、幾何学的な模様を纏っている時、その人はきっとひらりとその表情を変えていて、柔和で繊細な顔は影を潜め、やや真面目できりりとした鉱石のような一面を見せるのでしょう。

あどけない表情の女性が、テーラードジャケットを羽織ったとたんにその視線は鋭く何かを見つめるようになった時、あるいは素朴な女性がきらきらと輝くジュエリーを首もとに輝かせながら現れた時など、その人自身が持つオーラとは少し離れたところにある衣服や装身具を纏った時に垣間見えるその意外性のある側面は、そのギャップが大きければ大きいほどおそらく周囲の人をはっとさせる勢いというものがあると思います。

普段のその人から全く新しい人に生まれ変わるのではなくて、その人の普段のオーラがあるなかに、普段とは違う側面が見えるという、少しの不安定さや異質感、不自然さは、マイナスの要素のように見えて実は大きくプラスに転じる言わば大逆転のツールなのです。

洋服そのものの雰囲気だけではなく、普段とは違う柄、違う素材、違うアイテム、または洋服に限らず普段とは違うジュエリー使い、シューズ選び、そしてメイクアップやヘアスタイル。少しの冒険で少しのギャップを作ってみるとありふれた日常の中に新しい光を感じられるような、そんな女性ならではの楽しみはいつどんな時代であっても忘れてはならない感性ですね。(守屋)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH Instagram

CATEGORY
RECENT POST
Phlannèl / 21SS COLLECTION / Cotton Linen Canvas Double Breasted Jacket, Tankers Combat Torusers / 21.2.27-Release / Takasaki
Cristaseya / New Arrival / 21.2.20 - Release / Osaka
YLÈVE / New Arrival / Adachi
UTO×Phlannèl / FRANCE APRON,Duffle Bag / 21.2.27- Release / Azegami
Phlannèl / Cotton Linen Voile Series / 21.2.27- Release / Ogawa
ARCHIVE

RSS Feed