JOURNAL

触れて感じる確かなニット- Phlannèl

Phlannèlの秋冬シーズンを代表する素材の一つが、ヤク。カシミヤのような軽さと柔らかさがありながら、スポンディッシュな風合いはふっくらと心地よく身体を暖かく包み込みます。そして何より、その風合いの素晴らしさが長く続き取り扱いもしやすい¬—究極の日常着を目指すPhlannèlの理念を実現してくれる大切な素材がヤクなのです。
今回はPhlannèlデザイナーの浅川とともにヤク素材を生産されている紡毛紡績会社の小金毛織さんを訪ね、ヤクという素材について詳しく伺いながら、その素材作りの工程を取材しました。

 

 

 

 

 

撚糸まで自社で行う
日本で唯一の紡績会社

 

 

小金毛織は1952年に創業した日本で数少ない紡毛紡績会社の一つ。ウールをはじめカシミヤをはじめとする獣毛素材を幅広く取り扱っており、現在は秋田にある工場で製品の100%を生産しています。
日本にある紡績会社の中でも、カシミヤを紡績しているのは現在4社。そのうちの一社である小金毛織は日本で唯一、糸の撚糸工程までを自社で一貫して行っているのだそうです。

 

「カシミヤを紡績している企業は現在日本には4社しかありません。紡毛糸を作るまでには『染色』、『紡績』、そして『撚糸』の工程があります。『紡績』工程の中にも細かくは原料を調合する工程、それらを揃えていくカーディングという工程、そしてできたものを実際に撚って単糸を作るミュールという工程があります。その後、1本の糸を2つ、3つ合わせて撚糸する工程がありますが、染色以外のそれらの工程を全て一貫して自社で行っているのは当社だけなんです」(小金毛織社長 石井さん、以下敬称略)

 

手横機。ニット工場に出さずにサンプルを自社で編めるように廃棄になる機械を買い取り設備を整えた。

 

今回訪問させていただいた千葉本社には、廃業になった撚糸会社から譲り受けたという古い機械を小型に改良したものが並んでいます。これらを使い、取引先からの要望にクイックに対応してサンプルを作ったりすることができるそう。マニアックなものづくりをするブランドなどの取引先が多いのも、そういった細かな要望を聞き取り対応してくれる体制が整っているからなのだと頷けます。

 

サンプルカード機。原料を混ぜ合わせて糸になる色を作る。

 

 

「Phlannèlでは3年前からヤク素材を使わせてもらっています。昔、別のブランドに在籍していたころにヤクを使ったニットを作った経験があり、その時に素材の素晴らしさに感動しました。ただ、色を染めづらいことなどもあったのかあまり出回っていなかった記憶があります。その後、Phlannèlで小金毛織さんとニット製品を作らせていただいている中で、ヤク素材をご提案いただきヤクのニットを作るようになりましたね」(Phlannèlデザイナー浅川)

 

「ヤクという素材は昔から原料としては存在していたんです。ただ、野生のヤクは国際保護動物になっていて、原料を仕入れることができるのは飼育されたヤクに限られます。昔は仕入れようと思っても産地証明がちゃんとついてこなくて、港で止められてしまったりと輸入するハードルが高かったんです。そしてヤク自体、もともとの毛が色の濃いブラウンなんですね。その原色では染色も難しいので、輸入の問題と、色の問題、大きくその二つが障壁となってこれまではあまり日本では使われていなかったと思います。それが産地証明もしっかりなされるようになってきてコンスタントに輸入できるようになってきた頃、当社としてもヤクの素材の保温性や風合いの魅力に惹かれていて取り扱いたいと思っていて、はじめたんですよね」(石井)

 

ヤクの原料。この原料が調合され、糸へと紡績されていく。

 

「それはいつ頃の話なんですか?」(浅川)

 

「10年くらい前でしょうか。ただ、原料をみた通り、ヤクの毛は短く、この短さだとなかなか細い番手をひくのが難しかったんです。それで撚り回数を変えたり、何度もいろいろとトライして今のクオリティのヤク糸ができるようになりました。この素材をみなさんに見せると、まずぴんとこなかったり、動物の写真を見て剛毛そうだと敬遠される方も多かったんですよね。それでも一回使っていただいた方には、素材の良さをわかっていただけて、リピーターも増えていき、当社としても打ち出していきたいねと。こうして年々、使っていただけるところが増えていきました。多分、今日本でヤク100%の糸を紡績しているのは当社だけではないでしょうか」(石井)

 

 

「ヤクの素材はカシミヤに匹敵する暖かさと言われていますが、私としてはカシミヤよりも一層ふんわりとした風合いに魅力を感じているのと、毛玉になりづらい手入れのしやすさが日常着に大変嬉しい、優しい素材だなと感じているんです。石井社長から見るヤク素材の魅力を教えてください」(浅川)

 

「当社で仕入れているカシミヤの糸の細さは15.5マイクロンくらいなんですね、それに比べるとヤクは18〜19マイクロンくらいのものなので、数値的にはヤクは結構太いんですよね。それなのに、カシミヤに匹敵する柔らかさを持っているのがヤクの魅力です。あとはカシミヤよりはヤクの方が保温性があると思います。非常にあったかいですし、カシミヤのようにぺたっとなってしまうことがない膨らみが、より一層の軽さを感じさせてくれるとも思います」(石井)

 

 

 

 

 

自然の生み出す原料でも
確かな品質を安定して提供すること

 

 

これまではカシミヤの1/3〜1/4程度の価格で取引されていたヤク素材も、近年需要の高まりとともに少しずつ価値も高まっており、それに伴って品質の安定したヤクが輸入できるようになっているのだそうです。

 

「ヤクはカシミヤが育つような高地で基本的には放牧されているのですが、モンゴルなんかではヤクのミルクを牛乳の代わりに飲まれていたり、食用肉にもされているんです。そういった人たちはかなり多くの頭数を飼育しています。ヤクはカシミヤと同じく表面は剛毛に覆われていて、その下に産毛が生えていますが、原料として使うのはこの産毛のみです。それを牧場の人たちが梳いて集め、中国の企業が原料を買って整毛機にかけ、日本に入ってきます。モンゴルには整毛機がないからなんですね。昔は剛毛が混ざっていることも多かったですが、今ではいい原料がコンスタントにはいってくるようになりました」(石井)

 

「原料が安定してきたのには、需要の高まりがどのように関係しているのですが?」(浅川)

 

「牧場の人たちも、ヤクが売れることがわかっているので仕事が単純に丁寧になされるようになったかと思いますし、集める彼らも経験が積まれて目利きになっているので良い素材を集めることができるようになっています。そしてそれを買い取る中国の企業や日本の企業からも、品質に対する指針がしっかりと示されるようになったからだと思います。当社ではまず、素材が集まったらサンプルをもらいケケン(一般財団法人ケケン試験認証センター)で試験を受けてヤクの毛の混率、マイクロンを調べます。そして当社基準に合格のものを買ってきますが、荷物を積む前にシッピングサンプルを取り寄せ、港に着港した際にもまたもう一度サンプルをとって試験し、その段階で合格のものを使っています。ただこれは経験値ですが、数値で出るマイクロンと、実際に触って感じるマイクロンの差があるんですね。だから我々が見てOKかどうか、というところも基準にしています」(石井)

 

「先ほど、もともとのヤクはブラウンとおっしゃっていましたが、Phlannèlのナチュラルカラーで使用しているホワイトヤクというのは、これまでも存在していたのですか? 」(浅川)

 

 

「もともとホワイトヤクというものは存在していたんです。ただ、生息の割合としては8:2でブラウンの方が多いそうで、これまではホワイトヤクの毛はそれ単体だと売買の単位にも満たなかったためかブラウンの方に混ぜられていたそうなんですね。ある時、『ホワイトヤクの毛もあるらしいですよ』という話を聞いて。もともと牧場の人たちも、白だからニーズがあるなんて思ってもいないでしょうし、選別に手間がかかるのでそんなことをしていなかったそうなんですよね。それからホワイトの原料をもらい、ホワイトだけを集めた原料を使うようになりました。ただ、ヤクの白は真っ白ではなく、このミルキーな色なんですよね。なので真っ白なホワイトカシミヤなどに比べると染色が難しかったりといったこともありました」(石井)

 

「今シーズン、本当は赤いニットを作ってみたいなと思って糸染めしていただいたら、うまく風合いがでませんでした」(浅川)

 

「糸染めだと風合いがどうしても出にくくなってしまいますね。ヤクの場合は特にデリケートで、糸が痩せる感じがします。風合いを損なわないように、染色出来たものだけは採用し、それらを組み合わせたカラーと、あとはナチュラルカラーの糸をブレンドした色だけを当社では展開しています。ただもちろん、ヤクも動物なので、今年のナチュラルホワイトも来年には原料の色が変わってしまうんですよ。なので当社では、前の原料を保存しておいて、次のシーズンに仕入れた糸と調合して使うことで、毎年の色差がなるべく少ないようにしています。なので動物だからといって毎年違う色になったり、『今年の素材はいい素材ですよ』ということにはならないようにしています。一貫して、我々の基準をクリアできるクオリティのものを作り続けられるよう、仕入れにも、その後の素材の使い方にも細心の注意を払っています」(石井)

 

 

 

 

 

風合いを損なわないために

 

 

「Phlannèlが展開するヤクニットでは、染色でうまく風合いが出なかったものは採用を諦めたほど、ヤク本来風合いを最大限に楽しめる製品になることを目指しました。その方が、何年も着た時の変化の美しさや満足度が圧倒的に高いからと感じたからです。実際、私もヤクのニットを数年着ていますが毛玉にならない扱いのしやすさと、ふわふわと風合いが増していく素材特性が何よりお気に入りなんです」(浅川)

 

「カシミヤよりマイクロンが太いことは、毛玉の出来にくさには関係していると思います。それでも柔らかく、そして着込んでいくと風合いが増して、その状態が長く保たれるのは、カシミヤ以上なのではないかと、個人的に感じています。数値的根拠ではなくこれは体感によるものですが、カシミヤは数年着て風合いがよくなったら、その後素材が痩せていってしまうのが早い気がするんです。それに比べるとヤクは、風合いが増してからその状態がすごく長く続く気がします」(石井)

 

「Phlannèlでは最初の製品の状態で、着込んだ風合いの良さというよりは綺麗すぎない、ふんわりとした素材特性が最大限活きるような、そんなニットを作りたかったのですが、それが結構大変でしたね」(浅川)

 

「ヤクは縮絨性がそこまでよくはない素材なので、風合いがしっかり出た製品にするという点では大変でしたし、縮絨屋さんも苦労されていたと伺っています」(石井)

 

「その点、縮絨性が低いことは、お客さまにとっては扱いやすいということになりますよね。仮に家庭洗濯したとしても気をつけて洗えば縮みにくいです。ウール製のニットには、洗うときゅっと縮んで素材がかちかちに硬くなってしまうものがたまにありますが、あれは縮絨性がいいからこその現象ですよね。そういったことや、毛玉の出来にくさなどが、日常で扱いがしやすいと感じるところです。そして繊細な表情というよりは少し粗野で優しい感じが、見た目にも暖かく、安心感を感じさせてくれるような、そんな素材だなと感じています」(浅川)

 

 

ヤクの毛を梳くシーズンは4月から6月。その2ヶ月で一年分の原料が決まってきます。7月から8月に原料が出始めると、質の良い原料を確保できるようなるべく早めに調達を行い、サンプルを試験して数値的な裏付けを取り、そして目で見て手で触れ、調達を行う石井社長。長きに渡りあらゆる絨毛を、そしてヤクを見続けてきた経験から判断され、品質を保証された確かなニットが、今年も無事に届きました。

 

 

 

 

photo : Ryuhei Komura

text : Yukina Moriya