BLOG

ACOMA POTTERY / Household

ACOMA POTTERY<br />
Small Plate<br />
PRICE / 4,000+tax (Each)<br />

ACOMA POTTERY
Small Plate
PRICE / 4,000+tax (Each)

こんにちは。スタッフの近藤です。

本日は、ディレクターが稀少なACOMA POTTERYを見つけてきましたので、そのお話をさせていただきます。先ず、ACOMAとはアメリカ・ニューメキシコ州の天空都市としても知られるアコマ・プエブロに集落をかまえるインディアン部族です。日本では、インディアン部族というと、同州ズニ族、ナバホ族のインディアンジュエリーが有名です。アコマ族は、陶器を唯一の産業としている部族で、壷や瓶が多く作られています。その中で非常に珍しい70年代から80年代のお皿や灰皿をBLOOM&BRANCHでは取り扱いすることができました。一点一点、ハンドペイントが施され、すなわち唯一無二なわけです。ものによっては、年代とアーティスト名が描かれているものもありさらに稀少といえます。

ACOMA POTTERY<br />
Small Plate<br />
PRICE / 4,000+tax (Each)<br />

ACOMA POTTERY
Medium Plate
PRICE / 6,000+tax (Each)

ACOMA POTTERY<br />
Small Plate<br />
PRICE / 4,000+tax (Each)<br />

ACOMA POTTERY
Ashtray
PRICE / 6,500+tax (Left)
PRICE / 11,000+tax (Right)

ACOMA POTTERY<br />
Small Plate<br />
PRICE / 4,000+tax (Each)<br />

小皿、中皿、灰皿とご用意がございますが、食器としてというよりも、写真のようにアクセサリー置きや、鍵を置いたりとインテリアの一部としていかがでしょうか。アコマ独特の絵柄が室内のアクセントとしてそっと佇んでくれます。是非一度、ショップでお手に触れてみてください。ご来店お待ちしております。

スタッフ 近藤

MAUVIEL / Household

はじめまして、店長の吉岡です。
BLOOM&BRANCHでは、ルーツを掘り下げ伝統を重んじており、キッチンツールも同じ視点でセレクトしています。本日ご紹介するのは、フランス・ノルマンディの「鍋の村」として古くから有名な“Villedieu les Poeles”に、1830年に設立されたMAUVIEL(モヴィエル)というブランドです。MAUVIELの歴史はとても古く、モン・サン・ミッシェルの伝統的な中泡状のオムレツを作るのに使われていたり、最も美しい客船として名高い“Titanic(タイタニック)”のキッチンでも使われていました。今も高級フレンチ、ヌーベルフレンチ、イタリアンそしてスイーツ(製菓)などの厨房で料理人の信頼が厚いブランドとして君臨しています。その数あるプロダクトの中で、今回はフライパンに注目したいと思います。

当店では、ステンレスの20cmと24cmをご用意しています。こちらは、焦げ付きにくく、弱火で全体に香ばしい焼き色がつきます。例えばお肉を焼く際は、一度先にガンガンにフライパンを熱くしてから、油を引かずお肉を焼きます。そうすると、自然と肉汁が出てきますので、その旨みと共に残った焦げもソース材として利用できます。女性はもちろん、男性の方も簡単に調理できますよ。また、お手入れをしていただくことで、3代に渡り引き継がれ愛用していただけるのもMAUVIELの魅力のひとつです。

MAUVIEL
Frying pan
SIZE / 20cm,24cm
Made in France
PRICE / 23,000+tax(20cm), 26,000+tax(24cm)

一家におひとついかがでしょうか。私も料理をするので購入予定です。キッチンツールをそろえていく喜びもまた楽しいものです。ご来店お待ちしております。

店長 吉岡

浜田窯 / Household

浜田窯                                 浜田窯<br />
青磁釉(せいじゆう) 柿釉(かきゆう) 段付皿大           柿釉(かきゆう) 型皿小<br />
価格 各3,000円(税別)                         価格 各1,000円(税別)<br />
<br />

浜田窯                                 浜田窯
青磁釉(せいじゆう) 柿釉(かきゆう) 段付皿大           柿釉(かきゆう) 型皿小
価格 各3,000円(税別)                         価格 各1,000円(税別)

こんばんは、スタッフの野田です。
新しい器が入荷いたしました。栃木県・益子焼を日本屈指の焼き物産地まで押し上げた、濱田庄司氏が開窯した『浜田窯』です。柳宗悦と共に民藝運動をおこし、現在は孫の濱田友緒氏に引き継がれています。浜田窯の魅力は益子焼らしいボテッとした厚みと重量感のおりなす存在感です。

浜田窯                                 浜田窯<br />
青磁釉(せいじゆう) 柿釉(かきゆう) 段付皿大           柿釉(かきゆう) 型皿小<br />
価格 各3,000円(税別)                         価格 各1,000円(税別)<br />
<br />

浜田窯(濱田庄司デザイン)
飴釉ビアジョッキ
価格 3,000円(税別)

こちらは濱田庄司氏がデザインしたもので、今も受け継がれている稀少なデザインのひとつであり、長年におけるベストセラーです。これからの季節、仕事帰りのホッと一息美味しいビールを飲むのに最高なビアマグです。

浜田窯                                 浜田窯<br />
青磁釉(せいじゆう) 柿釉(かきゆう) 段付皿大           柿釉(かきゆう) 型皿小<br />
価格 各3,000円(税別)                         価格 各1,000円(税別)<br />
<br />

浜田窯
青磁釉(せいじゆう) 柿釉(かきゆう) カップ&ソーサ
価格 各4,000円(税別)      

そしてディレクターが数ある品の中からバイイングしたものが、茶色の柿釉と、薄い青緑色の青磁釉のもので、こちらも益子を象徴する代表的な釉薬です。特に柿釉は他の焼物産地ではほとんど使われません。益子の土は焼くと黒味がかかります。それをカバーするために釉薬の開発が盛んになり、カバーしやすい茶の柿釉が広まったと言われています。また、青磁は中国発祥の綺麗な緑みの青色ですが、高温焼きで色を出していき同じ色が出しずらい釉薬のひとつです。色目が各々に違います。最後に浜田窯の特徴をもうひとつ。こちらの窯は薪を使って登り窯で焼き上げます。色目同様、大きさ、形もすべて違いますので、ご自身のお気に入りを見つけて下さい。ご来店お待ちしております。

スタッフ 野田

與那原正守 特注ペルシャンブルーマグ / Household

3月1日にBLOOM&BRANCH AOYAMAはオープン致しました。生憎の雨模様ではありましたが、初日よりたくさんの方々にお越し頂き有り難うございます。このショップブログでは入荷情報、商品情報をメインに更新させて頂く予定です。お時間ある際に是非、ご覧下さい。

まず、オープン記念別注品としてご用意した商品、與那原正守(よなはらまさもり)さんに制作頂いたマグカップをご紹介致します。

與那原正守
特注ペルシャンブルーマグ
価格 4,000円(税別)

與那原さんは沖縄読谷村・北窯の陶芸家です。13連窯共同釜で4人の名工による北窯は、その温かさと存在感で全国的にファンの多い窯元と言えます。その4人の中で唯一“ペルシャンブルー”と言われる鮮やかな色を表現できる與那原さんに今回、BLOOM&BRANCH特注デザインのマグを制作頂きました。

バイヤーが現地の工房を訪ねた際、小さなメモ用紙にものの数分で描き上げたそうです。多忙な方なので本当に出来上がるのか半信半疑といった具合でしたが、その数ヶ月後にはとても素敵なマグが到着しました。上から見るとペルシャンブルーの花弁、胴部分には葉を見立て焼締めたもので、これはショップ名の『BLOOM=開花』から膨らませたデザインとのことです。登り窯特有で1点1点微妙に形、大きさ、厚さ、発色も異なり、それがかえって複数並べた時に自然の中で花が咲いている情景と重なります。與那原さんの自由で独創的な作風が表れたメモリアルなマグとなりました。

限定数につきお1人様2点までとさせて頂いておりますが、初日から相当な数が動き残り点数僅かとなっております。完売の際はご了承下さい。別注ではありませんが、與那原さんオリジナルの長角皿もございます。オープンしたばかりのBLOOM&BRANCH AOYAMAに是非、遊びにいらして下さい。

スタッフ 野田

CATEGORY
RECENT POST
それぞれが持つ唯一無二の装身具
Phlannèl / Arles Wool Tweed Balmacaan Coat / 20.10.24-Release / Okawa
Phlannèl / Arles Wool Tweed Balmacaan Coat / 20.10.24-Release / Kawasaki
KAPTAIN SUNSHINE / Stand Collar Traveller Coat,Big Transporter / 20.10.24-Release / Yonamine
Phlannèl / Cotton Yak Hoodie / 20.10.24-Release / Ito
ARCHIVE

RSS Feed