BLOG

KIJI / Cotton Tencel Denim / 21AW New Collection / Terashima

意思疎通において言葉だけで伝えるというのは完全ではありません。当たり前のことかもしれませんが、意外とこれに気付くのが難しかったりします。伝達者の感情や間合い、空気感や時にはアイコンタクトなんかの情報を組み入れ、伝えようとしないと伝わらない時が多々あります。もちろんその情報を享受される側にも重要なファクターが様々あることは周知の事実です。我々の仕事というのはお客様の求めているもの、その需要に合うものを色々な情報を引き出したうえでご提案する事です。いつまでたってもこれが非常に難しく、且つ醍醐味の一つであることは言うまでもありません。その中で私が非常に苦労するのは口頭で生地の質感をお伝えすること。硬いのか柔らかいのか、風合いや経年後の着心地の変化までをすべてお伝えするのが容易ではないのです。綿素材をはじめ麻やウールにカシミア、シルク…と並べるときりがないのですが、今ではそれぞれにクオリティのピラミッドが存在し、その一つ一つを紐解いていくと、それはもう膨大な情報量です。"コットンテンセル"は、文字通りの綿素材とテンセル素材の混紡糸です。この素材が持つポテンシャルを口頭でお伝えすることがいかに難しいか、これは私だけが感じていることではないと思います。実際に手に取っていただくのが一番手っ取り早いのですが、今の情勢ではなかなか店舗でご購入することが難しい方もいらっしゃいます。そういう方にも何とか伝えたいという気持ちで、今回は私なりのコーディネートを付加価値としてKIJI 21AW New Collection、新型のSUSUと定番OUDOとの比較とともに、新型パンツMAKIをご紹介したいと思います。

まずはじめに、素材の記述をします。テンセルとは、木材パルプを再利用し紡績された原料。世界で今最もエコな製法で作られたサスティナブル素材を代表する繊維です。そしてその混紡糸、"コットンテンセル"は私の感覚値ではありますが、"言葉だけでは伝えきれないほどの滑らかな風合い"を表現する素材で、リネン素材のプルプルとした感覚とはまた違って、洗いこむことでシルクのようなトロっとした質感になり、独特のドレープ感を生み出します。14オンスというしっかりとした重量感を感じないほどに柔らかくなり、バキッとしたデニム特有の硬さはなく、全くの新感覚とおっしゃる方も多い素材です。

Jacket / KIJI / SUSU / 3 / 30,800
Shirt / Phlannèl / Suvin Cotton Wide Collar Dress Shirt / 2 / 28,600
HEIGHT / 173cm

1940年代のエンジニアジャケットをベースにブランドのフィルターを通して焼き直した新型のSUSU。ベースはワークウェアですが、身幅がゆったりとしたシルエットで袖つきがラグランスリーブ、且つ衿をなくした仕様はシャツやニットを中に着込みアウターとして使えるだけでなく、コートのインナーとして着用出来るようサイズ設定がされています。つまりは着回しが抜群です。

私は、一年を通してシャツを着用することが多くワークウェアやミリタリーアイテムを身に付けることが極端に少ないので、今回コーディネートを組むにあたり両者に馴染みが無い方にも手に取っていただきやすいよう、いい塩梅のオールド感やクラシックな装いを意識しました。イメージは70,80年代の雰囲気です。そしてシャツだけでなく、タートルニットを着合わせるなどして、季節感の演出が容易だと感じました。

そして細かい部分ではありますが、注目したポイントが袖裾のステッチワーク。SUSUはインナーでもアウターでも着用可能であるため、後述する定番のデニムジャケットOUDOと比較して袖丈がやや長めに。袖を折りやすいよう肩側に向かってVステッチを施しています。これは一種の気遣いです。例えば、女性がメンズサイズをオーバーに着用してもこのステッチワークがあるのとないのとでは、着用時のストレスが全く異なります。力を入れて折るというより畳む感覚です。

Pants / KIJI / MAKI / 3 / 27,500
Shoes / Le Yucca's / U-Tip Shoes / 39 / 143,000

SUSUと同じ1940年代を舞台として台頭した、US NAVY SAILOR PANTSをベースにした新型のMAKI。定番で展開のあるペインターパンツ・SHIMAと比較して、ワタリが少し狭いもののサイドシームが無い分肌あたりのストレスがより少なく、軽い履き心地となります。通称、巻きパンツの特徴を良くとらえ、高温多湿の日本特有の気候でも快適に着用できる一本です。

Jacket / KIJI / OUDO / 3 / 33,000

長く定番としてご好評を頂いているOUDOはデニムジャケットとしての体裁がSUSUよりも強く、そのディテールも様々です。大きく異なる点に、襟があることと脇線のポケットが挙げられます。襟があることでアウターとしての見え方、上品な面持ちとなりカジュアル過ぎない点が着る人を選ばず提案できます。また、ボタンを全開にしバサッと羽織るだけでも様になりますので、カチッとしたデニムジャケットが苦手な方にも是非お勧めしたい一着です。

時の流れは感じ方が人それぞれなのですが、私は後ろに伸びる影の長さに季節の進みを感じます。いよいよ来たかと、現状猛暑の真っ只中ではありますが、店頭には早くも秋の便りが続々と届いております。春物・秋物は通年お召しいただけるものばかりです。今回ご紹介いたしました、KIJIのコットンテンセルデニムシリーズはどれをとっても今からでも着用いただけるものばかりです。今に目を向け着実に夏を楽しむのも一興ですが、少し先に目をやって新作を見るのも洋服好きの一つの楽しみでもあるのかと思います。今後も皆様の手がスッと伸びるようなご提案をさせていただきたいと思っておりますので、是非店頭に遊びにいらしてください。併せて、私が着用しておりますLe Yucca'sのリストック分が店頭に到着しております。定番で最も支持されているU-Tip / Ghillie ShoesのBlack。既にサイズ欠けもございますのでこちらもお早めにご覧いただけると幸いです。(KYOTO 寺島)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH KYOTO Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH KYOTO
TEL 075-585-5179

NICENESS / 21AW New Arrival vol.1 / Ueda

茹だる暑さの中でも秋冬は立ち上がっており、NICENESSの新作も入荷しております。既に完売しているアイテムもありますが、本日はレザーアイテムを中心にご紹介致します。

最高級のグローブレザー(羊革)を全体に使用したレザーシャツ。一般的にグローブレザーはサイズが極端に小さい為、この分量の使用は珍しく、贅沢な一着。滑らかで軽く、柔らかいシープスキンならではの質感と適度にマットで、自然な光沢感。加えて襟、ボタン、カフスとシャツのディテールで仕上げており、シャツ型でありながらもイン・アウトのどちらの着用も想定したデザインバランスな為、無骨なレザージャケットとは一線を画した仕上がり。

Shirt / NICENESS / CHARLIE / M / 138,600
Pants / Phlannèl / Cotton Silk Komon Pajamas Pants / 2 / 35,200
Shoes / CHEREVICHKIOTVICHKI / OVERLAP DERBY / 39 / 151,800

元々柔らかい着心地ですが、使い込む毎に少しずつ伸びることで身体により馴染み、細やかな皺といった革本来の表情を楽しむことが出来ます。レザーシャツは久しぶりに着る気がしますが、スタイリングが締まるので、合わせるパンツのシルエットや柄は少し遊びを加えても纏まってくれるかと思います。

Bag / NICENESS / LOWE / Free / 52,800
Bag / NICENESS / LOWE-MEDI / Free / 64,900

ホースレザーを使用した定番のショルダーバッグ。今季は一回り大きくしたサイズも展開しています。NICENESSのレザーアイテムは職人が裁断から縫製まで一貫して仕上げており、細かい部分まで完成度の高い仕上がりというのは手に取っていただければ感じてもらえるかと思います。

フロントにフラップポケット、バックにはNICENESSのNNを取ったパンチングワッペンを配置。正直どっちが前で後ろかは自由なので、しっくりくる向きでお使いいただければと思います。ショルダー部分はクリップ式の金具にて接続しているので、ハンドバッグにも早変わり。レディースはショルダー使いよりハンドバッグとしての方がしっくりくるかもしれません。

U字の金具は別売りのコインケースをつける以外にもお手持ちのキーホルダーなどでも取り付け可能です。程よく肉厚で弾力のある質感は、言葉で表さずとも触れた時の高揚感があり、革のアイテム選びにとってかなり重要なポイントでしょうか。

贅沢なレザーをショッパーバッグに革紐でリンクしたかたちに落とし込んだバランスは上品且つカジュアルな佇まい。この時期はカットソーやシャツに合わせるだけで装いは完成し、気温が下がるにつれてベージュやグレーのウール、カシミアといったシンプルなニットへの合わせも想像出来ます。特段に合わせを気にする必要がないが故にスタイリングの想像は膨らみやすく、単にバッグとして好きかどうかで決めていただくので良いかと個人的には思います。

40'sのブリティッシュデニソンジャケットとUS ARMYのM43 ジャケットと掛け合わせたデザインの一着。何と言ってもカモ柄が目を惹きます。職人に手書き染色を依頼し、一点ずつハケを用いてブリティッシュインディアンアーミーのカモフラージュに染め上げております。

Jacket / NICENESS / ANTHONY / M / 64,900

コットンを高密度に織り上げたハリ感のある生地は着込む毎にアタリが増し、雰囲気も増していきます。生地が立った立体的なシルエットも徐々にラインに沿って馴染んでいくかと思います。NICENESSの洋服はよく言われるのは玄人向けという印象。ですが、デザインソース云々は抜きにしても、拘った素材選びは誰もが良いなと納得できるからこそ、ファンが増え続けているのかなと感じております。(AOYAMA 上田)

blurhms, blurhms ROOTSTOK / 21AW Collection Vol.1 / kajiwara

連日猛暑が続いておりますが、店頭には秋冬シーズンの新作が少しずつ入荷しております。今回は入荷まもないblurhms、blurhms ROOTSTOKの21AW Collectionをご紹介させていただきます。

Jacket / blurhms / Wool Surge Cardigan Jacket / 2 / 56,100
 Pants / blurhms / Wool Surge Super Wide Easy Slacks / 2 / 46,200
T-Shirt / PHLANNÈL SOL / Cotton Open-end Yarn / 9,900
HEIGHT / 169cm

毎シーズンご好評いただいております、Cardigan Jacket。ボタンを排除したカーディガンのように羽織れるデザインは、カットソーの上からさらりと着こなしたいアイテム。今回は原料を厳選したウールサージを使用し上品な印象へとアップデート。着用してみた感じは、生地に厚みがあることでウールサージ特有の重厚感があり、きちんとジャケットを着ている感覚になります。

同素材のパンツは、ボリュームのあるワイドシルエット。大きくワタリを取り、立体的なパターンで作成されたデザインは、動きに合わせてドレープが綺麗に出ます。ベルトループを排除し、ウェストの内側にあるドローコードで絞る仕様の為、腰回りがすっきりとしたデザインに。

Shirt / blurhms ROOTSTOK / Classic Chambray Band Collar Work Shirt / 2 / 31,900
Glasses / Lunor / A5 226 / 40,700

こちらのシャンブレーシャツは、光沢感が出すぎない超長綿を使用し、できるだけオーセンティックなシャンブレーに近い見え方で、少し柔らかな生地になるように作成されております。

両フラップポケットに同素材のエルボーパッチ、マチ付きの裾に三本針ステッチと、ヴィンテージ好きの心を燻るデザインです。襟元がバンドカラーになっていることで抜け感があり、アメリカとユーロを掛け合わせたようなデザインですね。フランス軍M-47パンツにLunorの眼鏡を合わせて、ユーロミックスなスタイリングにしてみました。是非、店頭でご覧ください。(KYOTO 梶原)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH KYOTO Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH KYOTO
TEL 075-585-5179

AULAREE / 21aw Collection Vol.1 / Yonamine

AULAREE 21aw Collectionが届きました。ファーストデリバリーは毎シーズン好評なデニムシリーズやチェックシャツ、スウェットなどオーラリーらしいラインナップです。

Shirt / AURALEE /  Wool Recycled Polyester Cloth Shirts / 3,4 / 37,400
HEIGHT / 173cm

ウールとリサイクルポリエステルを特殊な紡績技術により毛羽立ちを抑え、細番手に紡績した糸を使用した多色のチェック柄素材。程よい透け感がありながら、ウールの温かみのある上品な風合いと洗えてシワになりにくい素材感が特徴です。

Pants / AURALEE /  Hard Twist Denim Wide Pants/ 30,32 / 26,400

洗いこんでも生デニムのようなカリッとした風合いが特徴的なデニム。米綿のムラ糸を限界まで強撚し、INDIGOは、ピュアインディゴでロープ染色した糸をタテ糸に使用。シャリ感のある風合いと自然な弾力のあるストレッチが特徴です。BROWNは21AWの新色です。

 Blouzon/ AURALEE /  Washed Hard Twist Denim Blouzon / 4,5 / 37,400

Skirt / AURALEE /  ELASTIC HIGH GAUGE SWEAT P/O / 3,4 / 17,600

アメリカの超⻑綿であるスーピマコットンの極細番⼿の⽷を使⽤し、希少な編み機で超ハイゲージに編み⽴て両⾯に起⽑加⼯を施したスウェット素材。特殊な洗い加⼯を施しており、独特で軽くて弾⼒のある⽣地感と光沢のある綺麗な編み地が特徴です。
どれも動きの速いアイテムですので、ぜひお早めにご検討ください。(YOKOHAMA与那嶺)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH YOKOHAMA Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH YOKOHAMA
TEL 045-534-5210

PHLANNÈL SOL / UA-143 / Kawasaki

梅雨も終盤に差し掛かり、スッキリとした夏空の日が多くなってきている気がしますね。いよいよ夏本番という勢いを日に日に感じております。そんな中、今回ご紹介するのは、早くも登場しました21AWのアイテムから、これからの季節はもちろん、ほぼシーズンに関係なく着用してもらえるパンツをご紹介させて頂きます。

T-shirt / PHLANNÈL SOL / Cotton Open-end Yarn T-shirt / 4 / 9,900
pants / PHLANNÈL SOL / UA-143 / 3 / 25,300
HEIGHT / 172cm

「UA-143」というこのパンツ。勘の良い方はお気づきかもしれませんが、U.S ARMY のM-43フィールドパンツをベースにしており、直線的で迫力のあるシルエットが印象的な一本で、昨今注目されているフランス軍の「M-47フィールドパンツ」の先代モデルとしても有名なデザインです。そのパンツにPHLANNÈL SOLのエッセンスを注ぎ、無骨さや迫力を感じつつも、上品で親しみやすい味付けを加えています。

採用している生地は、フィンクスコットンという高品質なエジプト超長綿を使って作られた平織生地を使っており、シルクの様な光沢と優しい肌触りが特徴です。もちろん丈夫さにも優れています。この生地をミリタリーベースのアイテムに使い、ブランド独自の世界観を感じれる仕様になっています。

シルエットはやや太めといったところでしょうか。腰回りから膝辺りまでふっくらと直線的なデザインで、そこから裾にかけて緩くテーパードがかっており、着用感はチョイスするサイズにもよりますが、程よいゆとりが生まれる楽な履き心地を実感できる仕様となっています。ミリタリーベースならではのギミックも再現しており、幅広のベルトループや腰部のアジャスター、裾を絞れるボタン付きアジャスターなど、ベースモデルのパンツの特徴を再現した、洋服好きの心をくすぐってくれる仕様になっています。

Shirt / Phlannèl / Cotton Silk Komon Pajamas Shirt / 2 / 30,800

暑くなるこれからの時期はシンプルな色のTシャツや、ボタンシャツなどと合わせて足元をサンダルにしたりと、力の抜けた上品な楽しみ方に。コレクションシーズン本番の秋以降は、ニットやスウェット、コートやジャケットなど幅広いアイテムと合わせる事ができ、履く時の楽しみ方が広がりますね。写真の様な軽いシャツジャケットを羽織るのもお勧めです。

展開しているカラーは2色あり、両方共に奥深い魅力ある色合いになっております。上記でご紹介したディティールや生地の質感を、実際に見て、触って、体感して頂ければ幸いです。何かに特化した意味のあるデザインと現代の技術やアイデンティティを合わせた、どこか懐かしくも新しさを感じる逸品を手にとってみてはいかかでしょうか。(KYOTO 河崎)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH KYOTO Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH KYOTO
TEL 075-585-5179

KaILI for BLOOM&BRANCH / TRANSFORM BAG L , ACTION BACK ROLL / 21.7.10- Release / Suzuki

融合する事の大切さは、それぞれの感覚により違うものが個々にあるかもしれない。その感覚を一つの物体へと形成し、時代、材質、用途などを上手くプロダクトに落とし込むことができるのはKaILIというブランドが多くの人に支持されている理由の一つである。「矛盾あるデザイン」をコンセプトにしているものの、そこには計算された美しさや用途、品質など一切妥協のない、矛盾を感じさせないプロダクトへと変貌させるのである。今回、BLOOM & BRANCHではKaILIと共に時代背景や色の組み合わせ・質感などの拘りを更に詰め込んだ2型の鞄を製作した。

Bag / KaILI / TRANSFORM BAG L / 33,000
T-Shirt / blurhms ROOTSTOCK / Layered 2 Pack Tee / M / 17,600
Pants / PHLANNÈL SOL / FW-128 / 2 /25,300
HEIGHT / 169cm

KaILIを代表するTRANSFORM BAG Lは本来のインラインならばブラックなどベーシックな色やナイロン素材など綺麗目で癖のない仕上げとなっていた。今回、BLOOM & BRANCHが別注として製作した物は、ドイツ軍のUSEDテント地を使用し製造年代やロットによって色や質感の違いを思う存分楽しんで頂ける仕様となっている。その時代背景による色の違い等は組み合わせる事で程よい色の違いを一つの鞄で見せてくれる。そして素材の裏側の質感にほれ込み敢えて裏側を使用する事で「ただ一つの鞄」ではなく「たった一つの鞄」となる。また軍物テント生地の特徴でもある経年変化は見過ごすわけにはいかない。程よく皺がはいりアタリが出る事で 所有者の生きざまが鞄へと反映され愛着あるものへとなっていく。

上記でも示したように一つの鞄の中に色や質感の違いがみてとれる。これは今回の別注で最も拘った部分でもある。カーキといっても様々なカーキが存在する。今回の別注はカーキのなかでもグレーやベージュよりの物を選び鞄に落ち着きを与えると共に土っぽさを残した力強いものにもなっている。この色合いにする事でテントとして使われていた補修の痕跡やダメージ、汚れなどは程よくインパクトのあるデザインへとなる。新しい形の中に過去に使われてきた傷跡は将来つくであろう傷跡と融合し唯一無二の存在となるだろう。私たちの生きざまをアップデートしていくのも所有する嬉しさでもある。

KaILIには「矛盾あるデザイン」のほかにいくつかのコンセプトがあると私は思う。一つ目は「機能性のあるデザイン」。KaILIは「1つの鞄」ではなく「1つの中に2つの鞄」があることが多い。このTRANSFORM BAG L も名前の通りショルダーバッグからトートバッグへと変形する。そしてその形の変貌は元々の形を一切、感じさせない為、使用用途やコーディネイトに合わせてみるのも良いだろう。また内側に大き目なポケットが付いている為、iPadなど楽に収納ができ必然的に鞄が整理されるのである。

2つ目が「人にやさしいデザイン」。TRANSFORM BAG Lのショルダーベルトは一見すると普通のベルトに見えるかもしれない。調整などは当たり前のように出来るが調整部の金属が私たちの体に直接当たらない様に作られている。また持ち手などは滑りにくい素材を使用する事で重さの感じ方の軽減や手への負担を少しでもなくすKaILIの優しさがこの1つの鞄の中に散りばめられている。

2つ目の別注モデルである ACTION BACK ROLLは様々な特徴があるデザインである。正面から見た時のS字に曲がったショルダーはデザイン性の他に体に沿うように設計され肩への負担を軽減させてくれる。またチェストストラップはアジャスターを比翼で隠すことで肩回りをよりすっきり見せてくれる。またチェストストラップも外せる仕様となっている為、使い手がより持ちやすいように配慮されている。

通常のデイパックは上部に凹みができやすいがKaILIの ACTION BACK ROLLは上部の凹みを軽減させるため、メインファスナーは大き目の80サイズを使用しデザインだけでなく操作性にも拘りを持たせた。また多容量にするためマチを大きくとり立体的なデザインも程よく溶け込んでいる。

ACTION BACK ROLLの最大の特徴でもある開口部は上部をロールトップの巻き方にすることで容量が調整可能となる。そして巻いた時のデザインは通常のデイパックよりもデザイン性を増し楽しませてくれる。また持ち手を付ける事で全体のバランスを整え様々なシーンで役に立つであろう。

利便性の面でも2通りの開け口があり、ロールトップとは別に上部にもう一つの開ける為のファスナーがある。何かと忙しい私たちの生活スタイルでは少しの時間も合理的に使い無駄の少ない時間をより求める。その為に動作一つでもより早さを求めてしまう。そう考えがちな私たちにとってこのような利便性の高いデザインは非常にありがたい。

Bag / KaILI / ACTION BACK ROLL / 49,000

私たちは日々の生活のおいて、それぞれの様式がある。それは特別な個性でもあり、当たり前のように過ぎてしまう普通の時間なのかもしれない。ただ日々の時間で生活スタイルが変わるタイミングは必ず訪れる。その時間の中で私たちは持つ物も変わり、どんな時間の変化にも対応できる丈夫さでもあり、多機能性のある物を求めていくのではないだろうか。そして時間が経過する中で過去から引き継がれた物を新しいものへと変化させ、そこに私たちが生きざまを加えていくことができるこの鞄は唯一無二の物へと更に変化するのであろう。(TOKYO 鈴木)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP 
BLOOM&BRANCH TOKYO Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH TOKYO
TEL 03-5379-2016

 

KaILI for BLOOM&BRANCH / TRANSFORM BAG L , ACTION BACK ROLL / 21.7.10- Release / Ogawa

明日7月10日(土)より「矛盾あるデザイン」をコンセプトとし、福岡を拠点に活動するブランド“KaILI”との別注BAG2型をリリース致します。ドイツ軍のUSEDテント地同系2色を使用し組み合わせたバッグは、BLOOM&BRANCHらしい雰囲気に仕上がっております。

TRANSFORM BAG L / Asote / ¥33,000

ブランドを代表するモデルの一つである「TRANSFORM BAG L」は、ショルダー・トートの2つの形状に変化するのが特徴的。ショルダーバッグ時に折り返している部分を伸ばすことでトートバッグへと姿を変え内容量も拡大。トートバッグ時は内側に仕切りのポケットが備わっている為、荷物が増えた場合も区分けして収納可能です。シンプルなデザインながら日常的な使用の中で、手間取ることなく変形できる点はとても秀逸です。

ACTION BACK ROLL / Asset / ¥49,500

20AWシーズンに新作としてリリースされた“ACTION BACK ROLL”。アウトドアテイストを踏襲したロールトップ型ながらどこか都会的な印象を与えてくれるデイパック。1層目となるフロントポケットは縦型のジッパー仕様になっており、収納物の落下や紛失の心配もありません。

2層目となる開口ポケットは両サイドよりアクセスすることができ、 背負っているバッグを降ろすことなく、片方のショルダーを外すことで簡単に荷物を取り出すことが可能です。出し入れする機会が多いお財布やパスケース、携帯電話などを収納するのに最適です。

上部のロールトップを開放することで、メインスペースが現れます。また、背部上に設けられたジッパーポケットからロールトップを開くことなくメインスペースへアクセスすることも可能です。大きな荷物は上部のロールトップから、PCや小物類のみの出し入れであれば背部からなど物によって使い分けることができる利便性の高さもポイントの一つです。インナーには緩衝材を使用したPCスリーブが設けらており、PCを持ってお出掛けされる方も安心してお使いいただけます。

バッグ両サイドにはアジャスターが付属しており、荷物の容量によって広げたり絞ったりと調整する為のディテール。また、機能性だけでなく、デザイン要素としても欠かせない存在です。

製造年代やロットによって色や質感が異なるテント素材を組み合わせて一つに形成した唯一無二のバッグを是非お手にとってご覧ください。(YOKOHAMA 小川)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH YOKOHAMA Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH YOKOHAMA
TEL 045-534-5210

Lesca LUNETIER POP UP STORE / 21.7.10-21.7.18 / EVENT / Yonamine

7月10日(土)より開催いたしますLesca LUNETIER POP UP STORE。先日のブログでご紹介させて頂いた即売のヴィンテージコレクションに続き、本日はインラインの受注会アイテムをご紹介いたします。納期は8末~9月を予定していますが、モデルやカラーによっては数か月いただくものもございますのでお問い合わせくださいませ。

Corb's / ¥40,700

レスカと言えば真っ先に思い浮かべる方もいらっしゃるのではないでしょうか。こちらはその名の通り建築家のル・コルビジェがデザインし、パリのべっ甲眼鏡店に作らせていたモデルの原型をレスカが譲り受け復刻したモデルです。

PICA/ ¥40,700

こちらも定番のPICA。昨今のフレンチヴィンテージの賑わいにより更に存在感が増した印象を受けます。問い合わせも多く受ける人気モデルですので、ぜひこの機会にオーダーいただけたらと思います。世界的な映画監督のスパイク・リーが愛用しているモデルとしても有名です。

BURT/ ¥40,700

コンパクトで丸みのあるフォルムが特徴的なモデル。エコールドパリを代表する日本人画家、レオナールフジタが愛用していたことでも知られています。

P21/ ¥40,700

小ぶりなフォルムに山型にとがったブリッジデザインが特徴的なモデル。細身のフレームとブリッジのコントラストが目を引きます。太めのフレームが苦手な方はこちらをおすすめします。1930‐40年代に活躍したフランスの哲学者であるアンドレ・マルローや小説家のアンドレ・ジットが当時かけていたモデルからインスピレーションを受け作られたモデルです。

YOGA/ ¥40,700

1920年代のアーカイブモデルからインスピレーションを受け作られたYOGA。キーホールブリッジにクラウンパントのデザインはクラシックな印象も強く、ヴィンテージアイテムがお好みの方は探されている方も多いのではないでしょうか。細身のフレームなのでバランスよく合わせられます。

HERI/ ¥40,700

クラウンパント型のデザインに細身のラインが繊細な印象を与えてくれるHERI。小ぶりなサイズとブリッジのバランス感が男女問わず人気のモデルです。カラーも4色ご用意していますので、是非お好みの1本を見つけて頂けたらと思います。

カラーレンズ交換/ ¥3,850
鼻盛り加工/ ¥1,100

今回のイベントではカラーレンズ交換と鼻盛り加工のオプションもご用意しています。カラーは6色厳選させて頂きました。オーダーサンプルはすべてクリアレンズとなりますので、ご希望の方はぜひご検討くださいませ。これらのオプションは即売品でも承れますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。納期はオーダー品の納期+10日ほど頂きます。

ヴィンテージの即売とインラインの受注会ということで、今までレスカをお探しだった方にはまたと無い良い機会かと思います。男女ともに掛けやすいモデルも多数ございますので、ぜひこの機会にレスカの世界観をお楽しみいただけたら嬉しく思います。(YOKOHAMA与那嶺)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH YOKOHAMA Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH YOKOHAMA
TEL 045-534-5210

 

Lesca LUNETIER POP UP STORE / 21.7.10-21.7.18 / EVENT / Yonamine

ヨーロッパの眼鏡産地として有名なフランス・ジュラ地方で20世紀初頭から眼鏡に携わってきたレスカ家によって1964年に立ち上げられたアイウェアブランド「Lesca LUNETIER (レスカルネティエ)」。以来、古くから手作業が盛んなこの地域の職人達と深い信頼関係を築き上げ、伝統的な眼鏡製法やフレンチトラッドなデザインのエッセンスをアップデートさせながら、色褪せる事のないスタイルを作り上げています。

この度横浜店にて、Lesca LUNETIER POPUP STOREを7月10日(土)から18日(日)の期間開催いたします。イベント内容は40年代ごろの稀少なVintage Collection、ヴィンテージセルロイドを用いアップグレードをした復刻フレームのUpcycling Collectionの即売会に加え、現行の人気モデルのサンプルを豊富にご用意した受注会を開催いたします。今までレスカヴィンテージをお探しだった方、現行モデルをお探しだった方にはぜひお越しいただきたいイベントです。本日は即売のVintage Collection、Upcycling Collectionのご紹介をさせて頂き、受注会アイテムの詳細は後日アップさせて頂きます。

Vintage Collection 6mm / Ask

Vintage Collection 8mm / Ask

Vintage Collection 8mm / Vintage Glasslens / Ask

Vintage Collectionは製造工場やアトリエで長く保管されていた当時のヴィンテージです。そして熟練された職人の最終仕上げにより完成されます。リアルヴィンテージだからこその佇まい、素材、デザインに魅了されます。今回のイベントでは10数本ご用意していますが、もちろん同じものは無く1本1本それぞれの個性があります。是非店頭にて掛け比べて頂き、ご自身に合う1本を見つけてみてください。すべてフランス製となります。

Vintage Collection 6mm / Ask

Vintage Collection / Ask

Upcycling Collectionは当時のヴィンテージセルロイドを用い限定生産されているシリーズです。分かりやすく言うと素材はヴィンテージ、製造は現代です。こちらも当時のセルロイドを使用しているため希少な限定生産となります。今回は4本ご用意させて頂きました。温かみのあるブラウンベースのクラウンパントと定番のブラック。こちらもフランス製です。

Upcycling Collection / CROWN / 60’sVintage Celluloid / ¥60,500-

冒頭にお伝えさせて頂きました通り、本日は即売のヴィンテージモデルをメインにご紹介させて頂きました。このボリューム感でヴィンテージが揃う事もなかなかありませんので、ぜひお越しいただけたら嬉しいです。後日受注会にてご案内させていただく商品のラインナップをご紹介させて頂きますので宜しくお願い致します。(YOKOHAMA与那嶺)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH YOKOHAMA Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH YOKOHAMA
TEL 045-534-5210

 

 

 

forme for BLOOM&BRANCH / Short Wallet , Hand Wallet Exclusive / 21.7.3- Release / Terashima

理由のないことに敢えて理由を付帯させるとしたら。この世に生を受けた者であれば、"出会う"という事象は少なからず一度は経験していることでしょう。紡ぐ紡がれる時間の中で、もはや"出会い"というのは一種の至上命題、我々が経験しなければならない義務のようなものだと感じます。しかしながら、ひとえに出会いといっても偶然の産物なのか、必然に起こり得るものなのかはそれらに理由付けができるかどうか、という点で一分されるようにも思えます。いつ・どこで・誰が・何を...という風に、都度それぞれに一つ一つ理由付けが出来れば、極論すべての事象には存在理由が生れます。そうはいかないのが我々の自然の摂理で、敢えて理由付けをせずありのままに受け入れるからこそ面白いんだ、という意見もごもっともです。この考え方はある意味でいたちごっこのような論点だから、私は面白いなと思います。生きるということは、考え続けることだと思って私は積極的に出会いを求めますし、他の人より少しだけ多く理由付けをするように心掛けています。なぜなら理由を付けることによって言葉だけでなく色、音、匂いなどから識別できるカテゴリーを数多く持つことが出来ますし、それだけ人生の引き出しが多くなると信じているからです。

ちょうど半年前、約7年ぶりに納得のいくお財布に出会いました。まさに本日ご紹介するHorween社製のコードバンを使用したformeのお財布です。「ずっと身に付けるものだから妥協は許せない」というわがままな理由で、かれこれ時間が経ってしまいましたね。お話を聞いていると同じ境遇の方、たくさんおられるようです。新調するタイミングなどで悩まれている方へ、少しでもお手伝いが出来れば、という思いでこの度は綴らせていただきます。

forme×BLOOM&BRANCH / Short Wallet Cordvan Exclusive /  F / 52,800

革靴、革物が好きな方であれば誰しもが一度は耳にしたことがあるであろうアメリカのHorween社製のコードバン。1905年の創業当時から変わらぬ手法、道具を使うことに拘り続け革の鞣しにかかる歳月はなんと約8ヶ月。熟練の職人によって時間をかけて丁寧に鞣された革は、他のコードバンに比べ重厚に輝く艶感が最大の特徴です。

内側には同社のSingle Horse Frontを採用し、内外で異なる経年変化が楽しめるformeらしいデザインとなっております。またホック、ファスナーに本金メッキを施したBLOOM&BRANCHだけの特別仕様。表情が美しい綺麗なカーブライン、コバの端処理、本金メッキのYKKエクセラZIPなど手に取った方の表情が思わず緩んでしまうほどの完璧な仕上がりです。

必要十分な機能を備えながらコンパクトにまとめたformeの名作"Short Wallet"は、収まりの良いコンパクトなサイズ感ながら、カードや小銭もしっかりと収納可能。紙幣を折り畳まず入れられる秀逸な設計が最大の強みです。

稀にHorween社のスタンプが隠れています。どんな人の手に渡るんだろうかと想像して毎回ワクワクしています。私もこの唯一無二感漂うスタンプ入りの財布が欲しかったのですが、残念ながら見つからず…これだけは是非お早めにご覧ください。

(Left) forme×BLOOM&BRANCH / Short Wallet GUIDI All  Vachetta Exclusive  / F / 39,600
(Right) forme×BLOOM&BRANCH / Hand Wallet GUIDI Vachetta Exclusive / F / 33,000

Hand Walletは紙幣を折って収納していただく仕様です。L字ジップで間口の広い小銭入れ、カード収納も付属しキャッシュレス時代の要求を満たしてくれる機能が充実しています。またフロントにある本金メッキのボタンが愛らしい点と、Short Walletに比較して厚みがない点で女性様にもより手に取っていただきやすいお財布です。

GUIDI Vachetta Exclusiveは100年以上もイタリア・トスカーナ地方に続く伝統技術を駆使した、最高級且つ希少なGUIDI社製のバケッタレザーを纏った逸品。オイルを多く含むレザーの経年変化は色に深みと艶を生み出していきます。深く艶やかで奥行きのある紺色が魅力的なミッドナイトブルーと、より深いブラックとのコンビネーション。吸い込まれそうな質感と色味に是非魅了されてください。

Cordvan Exclusiveと同様にホック・ファスナーには本金メッキを使用し、特別感をさらに高める装いです。名実ともに人気の高いformeとBLOOM&BRANCHが提案する最高の革小物と言っても過言ではありません。

何かを身に付けるという行為はそこに生きる文明やその文化によって成す意味は異なります。魔除けの意味を持つ装身具だったり、伝統的に受け継がれ付帯義務のある宝石だったり、現代における誇示消費の意味だったり、様々あるわけです。それでも全ての異なる行為にも存在理由は潜在しています。表立って意味を見せないもの、あるいは周囲にアピールせんばかりの存在感のあるもの、服を着る・アクセサリーを身に付けるという行為は現代においてはすべて後者。でもそれはそれでいいのです。しっかりと役割を果たしているなら、所有者の気分を上げているなら、縁の下の力持ちとして存在感があるなら、、少なくとも実際、私にとってformeのお財布はそんな存在になってくれています。まだまだ近況の情勢に変化はなく混沌とする日々が続きますが、それでもいつかどこかで思いがけなく出会う機会、"邂逅"は偶然でも必然でもあります。数年、数十年を共にするパートナーを見つけにご来店いただければ、そして多くの人に手に取っていただければこの上なく嬉しく思います。(KYOTO 寺島)

BLOOM&BRANCH WEB SHOP
BLOOM&BRANCH KYOTO Instagram
Phlannèl Instagram
KIJI Instagram

BLOOM&BRANCH KYOTO
TEL 075-585-5179

CATEGORY
RECENT POST
m's braque / 21AW Collection Vol.1 / New Arrival / Suzuki
KIJI / Cotton Tencel Denim / 21AW New Collection / Terashima
SIRI SIRI POP UP STORE / 21.7.31-21.8.9 / EVENT /Okawa
R&D.M.Co- / Chambray Pull Over Shirt , Chambray Buggy Shirt / Saito
続けること
ARCHIVE

RSS Feed